Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

高木菜那に報奨金4千万円 日本電産、3階級特進で係長

2018年02月28日 17時39分50秒 | 国内ニュース

高木菜那選手 


平昌五輪のスピードスケート女子で二つの金メダルを獲得した高木菜那選手(日本電産サンキョー)に対し、親会社で精密モーター大手の日本電産(京都市)の永守重信社長兼会長が28日、報奨金4千万円を出すことを明かした。

 また、3階級特進して係長になることも決まり、高木菜那選手は「いつもサポートしてもらっている。感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを語った。

 高木菜那選手は、女子団体追い抜きで金、女子1500メートルで銀、女子1000メートルで銅の三つのメダルを獲得している高木美帆選手(日体大助手)の姉。団体追い抜きとマススタートで金メダルを獲得した。

 日本電産は2010年のバンクーバー冬季五輪でも、男子スピードスケートの銅メダリスト加藤条治選手ら日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)の選手2人に、報奨金計1600万円を支給。半分を日本電産の永守重信会長兼社長がポケットマネーから支給したほか、2階級特進させた。

 高木菜那選手が所属する日本電産サンキョーの前身、旧三協精機製作所のスピードスケート部は、長野冬季五輪の金メダリスト清水宏保選手らが所属していた名門で、経営不振のため03年に日本電産傘下に入り活動を続けている。

朝日新聞デジタル


警備先のデパートから衣料品盗む、男逮捕

2018年02月28日 17時38分49秒 | 国内ニュース

本人は否定 


警備会社ALSOKの子会社の元社員が、警備先のデパートから衣料品を盗んだなどとして逮捕された。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは、ALSOK神奈川の元社員・横溝和夫容疑者。警視庁によると横溝容疑者は先月15日の午前6時前、当時、警備員として勤めていた東京・世田谷区の玉川高島屋ショッピングセンターの衣料品店から、仕入価格でおよそ4万円のダウンジャケットを盗んだ疑いが持たれている。

横溝容疑者はこの日、警備に入っていたが、休憩時間中に衣料品店に忍び込んで商品を持ち出す姿が防犯カメラに映っていたという。

横溝容疑者は27日、会社を自主退職していて、調べに対し「その時間は屋上にたばこを吸いに行っていた」と容疑を否認しているという。

日テレNEWS24


サービスの押し売り、中国人観光客への「特別待遇」に怒り

2018年02月28日 15時50分14秒 | 世界のニュース

税関係員までもが堂々とチップを求める 

中国新聞網は、東南アジアなどの国で中国人観光客に対するチップの強要などが横行しており、税関係員までもが堂々とチップを求める状態だと伝えた。

昨年9月に新婚旅行でタイを旅行した王(ワン)さんは、バスの運転手からガイド、ホテルのポーターや清掃係、レストラン、商店まで至る所でチップを渡した。記事によると、東南アジアではサービス担当者の給料が安く、チップを渡すのが慣例的なルールになっているという。

しかし、記事によると、現地では担当者がチップを強要するケースも目立つという。王さんは「ホテルに入ると、必要なかったのにポーターに荷物を奪われた。しかも荷物が届くまで部屋で30分も待たされたのに謝罪の言葉もなく、ドアの前で突っ立っている。チップをもらうまで帰らないのだと分かった。6日間で300元(約5100円)のチップを渡したが、本当に労働とサービスの対価として支払ったチップはどれだけだっただろうか」と語った。

春節でベトナムに家族旅行した北京の女性は、出発前に添乗員から「出入国の際には10元(約170円)のチップをパスポートに挟み、係員に渡してください。そうしないと別室に連れて行かれます」という注意を受けた。渋々従ったが、一緒に並んでいたロシアの人たちが誰もチップを用意していないことに気付いたという。さらに出国時には係員がリュックサックに付いている人形をくれと言ってきた。女性は「面倒を起こしたくないからあげたけれど、本来楽しいはずの旅行が台無し」と漏らしたという。

記事は、「ベトナム以外にもカンボジア、タイのプーケット、インドネシア、さらにはメキシコの税関でもチップを求められるケースがしばしば発生しており、拒否したことで暴力的な扱いを受けるケースも少なくないようだ」とも伝えた。

中国人ばかりにチップを強要してくる現象について、ある専門家は「元々は一部の中国人観光客が出入国の際、便宜を図るために係員にお金を渡していたことが始まり」と指摘している



勤務先の生徒を性的虐待、学校用務員に禁錮572年 トルコ

2018年02月28日 15時49分10秒 | 世界のニュース

トルコ国旗 


トルコ南部アドゥヤマンの裁判所は、勤務先の学校の生徒18人に性的虐待を加えていた用務員の男に禁錮571年11か月25日という異例の判決を言い渡した。同国の複数メディアが27日伝えた。トルコでは子供の性的虐待が社会問題になっている。

 男は勤務していた男子高校で常習的に生徒らをレイプしたり寝ている生徒らのベッドに忍び込んだりしていたと日刊紙ヒュリエトは報じた。

 ヒュリエトと民営ドアン(Dogan)通信によると、裁判所は「児童性的虐待」を含む複数の罪で男を有罪とし、男子生徒18人に対する性的虐待のそれぞれについて禁錮30年としたほか、他人の自由を剥奪した罪、わいせつ罪、恐喝罪など複数の罪で約32年の禁錮刑とし、合わせて禁錮571年11か月25日を言い渡した。

 報道によれば、男は2012年からアドゥヤマンにあるイスラム教の導師(イマーム)や説教師を養成する宗教職業学校(イマーム・ハティプ学校)に勤務。校内に居住するようになった13~15年のある時点から生徒らに殴るなどの暴行を加えたり、無理やりポルノ映画を見せたり、喫煙を強要したりしていたという。

 トルコではこの1週間に2件の児童虐待事件が相次いで報じられ、国民から怒りの声が上がっていた。人権擁護団体が引用しているトルコ司法省の統計によると、トルコにおける児童性的虐待の件数は2006 年の3778件から2016年には2万1189件へと急増している。

 トルコ政府は小児性愛者に対し性的衝動を抑制する薬物を投与する「化学的去勢」の実施を検討すると発表している。
【翻訳編集】AFPBB News


米共和党、銃購入の最低年齢引き上げず 教師武装化も見送り

2018年02月28日 15時48分26秒 | 世界のニュース

共和党のライアン下院議長 

米議会の共和党指導部は27日、フロリダ州の高校で17人が殺害された銃乱射事件を受けてトランプ大統領が提案していた銃購入の最低年齢引き上げについて、採用を見送る考えを明らかにした。

共和党のライアン下院議長は会見で、「法を順守する市民に対して銃を禁止にすべきではない。まず、銃を入手すべきでない人が銃を手にできないことを確実にすべきだ」と述べた。

トランプ氏は、教師の武装化のほか、銃を購入できる最低年齢を現行の18歳から21歳に引き上げることを提案していたが、ライアン氏によると、議会はどちらの案も導入しない見込みだという。

ロイター


アタカマ砂漠の休眠微生物群、「火星の生命」示唆する存在か 研究

2018年02月28日 15時47分25秒 | 世界のニュース

南米アタカマ砂漠の微小な細菌や微生物研究


雨が10年に1度降るか降らないかの南米アタカマ砂漠の微小な細菌や微生物は、火星に同様の生命体が存在する可能性を示唆する存在なのかもしれない。研究論文が26日、発表された。

 アタカマ砂漠は、チリとペルーの一部に広がる地球上で最も乾燥した非極地砂漠だが、米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文によると、ここには火星に最もよく似た環境が存在していると考えられるという。

 研究を率いた独ベルリン工科大学の惑星科学者のディルク・シュルツェマクッフ教授と研究チームは2015年、アタカマ砂漠にどのような種類の生命体が存在し得るか調べる目的で現地調査を実施した。

 調査の最中に予想外の雨が降った。土壌中の生物活動が急増したことに気づいた研究チームは、すぐに殺菌消毒したスプーンを用いてサンプルをすくい集めた。

 その後、ゲノム解析によって固有種とみられる微小生命体を数種同定できた。微小生命体は大半が細菌で何年もの間休眠状態となるが、雨が降るとすぐに蘇生・繁殖することにより、過酷な環境でも生き延びられるよう適応していた。

「過去の研究では、アタカマ砂漠の表面近くで瀕死(ひんし)の状態にある生命体やDNAの断片が見つかっていたが、土壌中に生息する持続的な形態の生命体を同定したのは今回の研究が本当に初めてだ」とシュルツェマクッフ教授は指摘する。

「これらの微生物群は、火星のような惑星にあると考えられる環境に酷似した条件下で数百年あるいは数千年もの間休眠状態で過ごし、雨が降ると目覚めて活動することができると考えられる」

 2016年と2017年に追跡調査のためにアタカマ砂漠を再訪した研究チームは、土壌中の同じ微生物群が徐々に休眠状態に戻りつつあることを確認した。

■数十億年前の火星には海や湖

 PNASの論文では、微生物群が死滅しているわけではなく、主に深層に生息する単細胞生物群は「何百万年もの間、活動的な群落を形成し、過酷な条件を切り抜けるように進化した」と説明された。

 数十億年前の火星には海や湖があったことから初期の生命体がそこで繁栄していた可能性もあると、研究者らは主張する。

 今回の研究についてシュルツェマクッフ教授は、火星の微生物研究への道を目指す科学者らの一助となる可能性があると話す。火星の微生物は、時代を経るにつれて寒冷化・乾燥化した火星の気候に対応して、アタカマ砂漠の微生物と酷似した進化を遂げたと考えることができる。

「火星の土壌中には凍結した水があることが知られており、また最近の研究では夜間の降雪などの表面付近の湿度上昇につながる現象が起きていることが強く示唆されている」と同教授。「火星上でかつて生命が進化したとすると、その生命体は現在の厳しい超乾燥状態の表面下にある地下の微小生息環境を見つけた可能性があることも考えられる」
【翻訳編集】AFPBB News


ドイツ、ディーゼル規制強化へ 都市での走行禁止認める

2018年02月28日 15時22分33秒 | 世界のニュース

ドイツの連邦行政裁判所 


ロンドン(CNNMoney) ドイツの連邦行政裁判所は27日、国内の各都市に対し、ディーゼル車の走行を禁止する措置の導入を認める判断を下した。環境負荷の軽減を念頭に置いた動きで、同様の規制の実現を目指す欧州各国の取り組みにとって追い風となる可能性がある。

裁判所はシュツットガルトとデュッセルドルフの市当局について、一部の車両に対する市内乗り入れ禁止を実施する権限があるとした。一方でそうした措置に踏み切る際は、利用者が被る不利益とのバランスを考慮しなければならないとも定めた。

シュツットガルトには大手自動車メーカーのダイムラー傘下のブランド、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲン(VW)傘下のポルシェが本拠地を置く。デュッセルドルフとその周辺にも自動車製造の拠点が集中している。両市の大気汚染レベルは欧州でも最悪の水準に達しているとされる。

大気汚染対策としてディーゼル車への規制強化を訴えてきたロビー団体DUHの幹部によれば、当該の都市は年内にもディーゼル車の走行禁止措置に踏み切る可能性がある。

シュツットガルトを含む州のヴィンフリート・ヘルマン交通相は、一部車両の規制を含め、自治体での環境計画を直ちに見直すと述べた。裁判所は同市に対し、ガソリン車であっても一定の排出基準を満たしていない場合は規制の対象とすることを検討すべきだと指摘している。

一方、デュッセルドルフのある州の環境相は、大気の質の向上に向けた戦略を吟味し、ディーゼル車の走行禁止措置は避ける意向を示した。

実際に走行禁止の措置が導入されれば、国内のディーゼル車の需要は落ち込み、自動車業界にとって打撃となる公算が大きい。ドイツ国内の自動車のおよそ3分の1はディーゼル車が占める。

VWは声明で、裁判所の判断について「規制の乱立につながりかねず、多くのドライバーを不安にさせる」「今回の決定が具体的にどのような形で実行に移されるのか、現時点で全く不透明なままだ」と強調した。


パリのディズニーランドに新アトラクション、米ディズニーが大規模投資

2018年02月28日 15時21分06秒 | 世界のニュース

パリのディズニーランドが新アトラクション建設へ 


ロンドン(CNNMoney) 米ウォルト・ディズニーは27日、20億ユーロ(約2600億円)を投じてフランス・パリのディズニーランドを拡張する計画を発表した。「アナと雪の女王」や「スター・ウォーズ」、マーベルなどの映画をテーマにした新アトラクションを建設する。

発表に先立ち、フランスのマクロン大統領は、ウォルト・ディズニーのアイガー最高経営責任者(CEO)と会談。「フランスの復活」に向けたディズニーの貢献に期待を寄せた。

ディズニーによると、新アトラクションは2021年から段階的に建設に着工する。

パリのディズニーランドは欧州でも有数の人気観光地だが、巨額の負債を抱え、欧州の債務危機やフランスで相次いだテロの影響で客足が落ち込んでいた。

ディズニーは2014年にも、同パークに10億ユーロを投資して新アトラクションやホテルを建設している。

昨年は同パークの経営権もディズニーが完全掌握。同テーマパークを運営するユーロディズニーの持ち株比率を76.7%から85.7%に増やした後、残る株式も買い取って、パリ証券取引所への上場を廃止している。

今回の発表によって、ディズニーが過去4年でパリのディズニーランドへの投資を約束した総額は、少なくとも54億ドル(約5800億円)になる。

パリのディズニーランドは1992年の開業以来、3億2000万人あまりが訪れ、フランスの観光収入の6.2%を占める。雇用数は1万6000人。


北極で「真夏並み」の暖かさ、世界の異常気象の原因に

2018年02月28日 15時19分57秒 | 世界のニュース

北極で「真夏並み」の暖かさ、世界の異常気象の原因に 

(CNN) まだ冬の真っただ中のはずの北極で、気温が急上昇して真夏のような暖かさになる異常気象が観測されている。

北極は今、1日24時間太陽が昇らない極夜の闇に包まれている。ところがデンマーク気象庁によると、気温は今週に入って零度を超え、同地の冬としては観測史上最高を記録した。 世界最北の陸地にあるモリスジェサップ岬測候所の観測では、グリーンランド東部と北極中部の2月の平均気温は、平年を約15度上回った。

デンマーク気象庁によれば、北極の気温は数十年前から上昇を続けているが、ここ数年は特に極端な変化が起きている。過去20年の間に2月の気温が零度を超えたのは、2011年と17年、今年の3回のみだった。

特に今月のような異常な暖かさは前例がなく、過去最長の9日連続で零度を上回る状況が続いているという。

ノルウェー北極研究所の専門家によると、北極の「熱波」の原因は、南からの暖かい風と海氷の後退、海面の上昇と温暖化にある。

北極に流れ込む暖かい風は、例年であれば海氷によって冷却されるが、海氷が後退したために南風が暖かいまま北上を続けた。海面の上昇と温暖化も続いているため、暖かい風は北極海を覆い、北極点に達している。

北極の異常気象は悪循環を生み、欧州全土やアラスカにも影響が及んでいる。

アラスカのダイオミード島は、例年であれば2月は海氷が押し寄せる季節だが、今年は流氷に代わって波が海岸に打ち寄せ、沿岸部の地形も変化した。

長年北極の観測を続けている米国立測候所の専門家によると、2017年は観測史上初めて、アラスカ沖の海上で海氷が1度も観測されなかったという。

1月~2月にかけての北極の海氷は、1980年以来、縮小を続けている。米国立雪氷データセンターによると、2018年1月から2月にかけては記録的な激減が観測され、昨年の海氷減少は過去最悪だった。

一方、北極の温暖化とは対照的に、欧州は異例の寒波に襲われている。「東から来た野獣」と呼ばれるこの寒波は、シベリアからの寒気が欧州全土を覆ったことによる。

氷河に詳しい専門家のジェイソン・ボックス氏は、北極の寒気が通常停滞している場所から押し流されたと解説する。この寒気が、イタリア・ローマのように通常は温暖な場所にも異例の積雪をもたらした。

北極は地球の空調装置の役割を果たし、中緯度地域の気温調節や気象パターンの調節を担っている。そのバランスが崩れれば、異常気象が発生する。



関東版“住みたい街”No.1は横浜 吉祥寺、恵比寿を抑えトップに

2018年02月28日 15時18分51秒 | 国内ニュース

No.1は横浜 


不動産・住宅サイト『SUUMO 住みたい街ランキング2018関東版』発表会が28日、都内で行われ、総合ランキングで横浜が1位に輝いた。トップ10には、東京都から6駅、神奈川県から2駅、埼玉県から2駅がランクイン。山手線の駅が5駅を占める結果となった。

同ランキングは、関東圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)在住の20~49歳までの男女を対象に、住みたい街(駅)を調査。2010年に開始して以降、11年を除いて毎年実施されてきたが、本年の調査では統計の精度を向上させるため、調査母数を3966件から7000件へとアップさせた。

 また、標本抽出方法を従来の「世帯構成(ライフステージ)×性別による均等割付」から「都道府県×性別×年代による人口分布割付」に変更。さらに、駅の選択方法を「沿線→駅」から「都道府県」を追加し「都道府県→沿線→駅」とした。その結果、一昨年と昨年ともに3位だった「横浜」が昨年1位の「吉祥寺」を上回り、トップとなった。

 この日の発表会には『SUUMO』編集長の池本洋一氏、総合ランキング1位の横浜から代表してJR東日本横浜駅の駅長・神田秀俊氏、自治体ランキング1位を獲得した東京都港区を代表して同区の街づくり支援部の部長である野澤靖弘氏が出席した。総合ランキング10位までの順位と、住みたい自治体ランキングは以下の通り。

■『SUUMO 住みたい街ランキング2018関東版』(カッコ内は代表的な沿線名)
1位:横浜(JR京浜東北線)
2位:恵比寿(JR山手線)
3位:吉祥寺(JR中央線)
4位:品川(JR山手線)
5位:池袋(JR山手線)
6位:武蔵小杉(東急東横線)
7位:新宿(JR山手線)
8位:目黒(JR山手線)
9位:大宮(JR京浜東北線)
10位:浦和(JR京浜東北線)


華丸「あさイチ」初回は丸刈りで登場!「謝罪会見」にならないか不安

2018年02月28日 15時17分08秒 | 国内ニュース

「謝罪会見になるんじゃ……」と不安げな博多華丸 

お笑い芸人の博多華丸が28日、都内で行われた劇場版『めんたいぴりり』製作発表会見に出席。相方の博多大吉と共に、有働由美子アナウンサーと井ノ原快彦(V6)の後任として4月からNHKの朝の情報番組「あさイチ」の新司会を務める華丸は、ある懸念を打ち明けた。会見には、富田靖子、江口カン監督も登場した。

 本作は、戦後の混乱期を乗り越え、経済が復興から成長へとシフトしていく昭和30年代を舞台に、明太子「ふくや」の創業者・川原夫婦がモデルの海野俊之(華丸)・千代子(富田)夫婦により、辛子明太子が福岡の代表的な惣菜となるまでを、笑いと涙と人情を交えて描いた人間ドラマ。福岡で絶大な知名度と人気を誇るテレビドラマシリーズの舞台化に次ぐ劇場版だ。

 映画初主演の華丸は、「(3月3日クランインする)この映画のせいで、(『あさイチ』という)大きな番組をさせていただくプレッシャーや、こういう風にした方がいいかなと考えたり悩む余裕がなくなった」と明かすと、「そういう意味では、(『あさイチ』にとらわれることなく)映画に集中できるかな」と安心している様子。しかし、この日は撮影に向けて青山のヘアサロンのカリスマ美容師に頭をそってもらっており、「唯一心配なのは、番組の一発目に坊主で出ること。謝罪会見になるんじゃないかと不安ではある」ともらし、報道陣を笑わせた。

 初主演については、「最初にやらせてもらうならこれだと決めていたので、ひょっとしたら以前そういう(主演映画の)話を断って現在に至っているかもしれない」と含みを持たせつつ、「富田さんは大先輩なので、サポートを受けながらダブル主演、頑張ります」と意気込み。撮影には「2013年から同じスタッフメンバーでやり続けた結晶を作るつもり」で臨むことも力強く語った。とはいえ、全国公開されることに関して、「福岡でロードショーをして様子を見た方がいいんじゃないかなと思いました。怯えております」と不安げな表情をのぞかせていた。

 この日は、女優の佐々木希とアンジャッシュ渡部建との間に第1子が授かったことを受けてコメントを求められる場面もあり、華丸は「昔、テレビにあまり出ていなかった頃、東京で知っていた(数少ない)コンビの一組がアンジャッシュだった」と懐かしみながら、「やっぱり嬉しいし、早く見たかったので、男の子でも女の子でも愛らしい赤ちゃんが生まれるんじゃないかなと思います。おめでとうございます」と祝福した。


アルマーニ導入の小学校長、保護者に謝罪 不満特になし

2018年02月28日 15時16分20秒 | 国内ニュース

和田利次校長 

イタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインを監修した新標準服を新1年生から導入する東京・銀座の中央区立泰明小学校は27日夕、保護者説明会を開いた。

 和田利次校長が、混乱が生じたことや児童の安全・安心に不安を招いたことを保護者らに謝罪した。区が28日、ホームページで公表した。

 同校では、新標準服の導入が注目された後、児童が通行人に服をつままれたり、心ない言葉をかけられたりする事案が発生。保護者らの不安が高まっていた。区によると、アルマーニ側からも児童の安全確保や、保護者への経緯説明を区教委に求められていたこともあり、対応を検討したうえで説明会を開いた。

 区によると、説明会は在校生336人の保護者らが対象で、98人が出席。和田校長は会の冒頭で謝罪した。保護者らからは「子どもたちが安全・安心に教育を受けられるか」「不審者が校内に侵入するのでは」といった不安の声があがったという。

 学校側は、教職員や区教委職員による通学路の見守りや地元警察の見回りに加え、26日から民間警備会社が通学路や学校の警備をしていると説明。警備員は登校時と帰宅時に4人ずつで、区が費用を負担するという。

 学校や区によると、安全な通学方法などを確認するため、校長らが新1年生60人の保護者と個別面談を進めている。区の説明では、すでにほとんどの保護者との面談を終えたが、新標準服への不満の声は特に上がっていないという。同校の新標準服導入について、27日時点で全国から計659件の意見が区に寄せられており、大半は「高価で公立小にふさわしくない」「児童の安全は確保できるのか」といった否定的な内容という。

朝日新聞デジタル


トランプ氏、早くも選対責任者を指名 2020年再選目指し

2018年02月28日 11時31分19秒 | 世界のニュース

米ニューヨークのトランプ・タワーを訪れたブラッド・パースケール氏 


就任から1年が経過したばかりのドナルド・トランプ米大統領が、早くも2020年の次期大統領選に向けた選挙対策責任者を指名した。

 トランプ陣営が27日に出した声明によると、選対責任者に任命されたのはデジタル戦略専門家のブラッド・パースケール氏(42)。同氏は、非常に厳しい長期戦となることが既に予想されている次期大統領選の土台づくりに着手することになる。

 選挙戦が本格化した後もパースケール氏が選対責任者を務めるかどうかは現時点では不明。とはいえ同氏の起用は、米国のいわゆる「パーマネント・キャンペーン(永久選挙運動)」の兆候の一つといえる。

 カンザス州生まれのパースケール氏は長いひげが特徴的で、政治に関わる前はトランプ大統領の一族が経営する複合企業トランプ・オーガニゼーションでデジタルマーケティングを担当していた。

 2016年の大統領選では、フェイスブックやツイッターに大きな重点を置き、少数派の投票率抑制を目指す取り組みが物議を醸し、その名が知られるようになった。

 そのためパースケール氏は、大統領選をトランプ氏に有利な方向に動かそうとしたとされるロシアとトランプ陣営との共謀疑惑の渦中にも置かれたが、議会からの聴取要請を受け出した声明では「2016年のトランプ陣営の選挙活動のデジタルおよびデータ運用において、ロシアのいかなる関与も把握していない」と述べている。(c)AFP


「人道的停戦」発効のシリア東グータで新たな空爆、少年1人死亡

2018年02月28日 11時29分41秒 | 世界のニュース

被害は?


シリアの首都ダマスカス近郊の反体制派支配地区、東グータで27日、ロシア提案の「人道的停戦」が発効されたばかりにもかかわらず、新たな空爆および砲撃があったことが分かった。複数の情報筋が明らかにした。

 在英のNGO「シリア人権監視団」の報告によると、たる爆弾2個の投下を含む空爆やロケット弾による砲撃があったという。一方で国営メディアは、反体制派が市民を人質にし続けるため、民間人避難のための「人道的回廊」に砲撃を加えていると非難している。

 同監視団はまた、政権側による砲撃でジスリーンに住む少年1人が死亡したと発表。停戦発効後では最初の犠牲者で、この町では他にも7人が負傷したという。

 スイス・ジュネーブで取材に応じた国連人道問題調整事務所(OCHA)のイェンス・レルケ報道官は、現地からの報告だとして「(東グータの)戦闘はけさも続いている」と明らかにした。(c)AFP


米軍事基地に不審物入りの手紙、11人にやけどの症状

2018年02月28日 11時28分35秒 | 世界のニュース

現場では・・・


ワシントン(CNN) 米バージニア州アーリントンにある軍事基地に27日、不審物の入った手紙が届き、管理棟で開封された後に11人がやけどのような症状に襲われた。アーリントン郡消防局が明らかにした。

11人のうち3人は近くの病院に運ばれたが、容体は安定しているという。

海兵隊の広報は、隊員数人が手当てを受けていることを確認した。基地の関係者によると、全員が手や顔にやけどのような感覚を訴え、1人は鼻からの出血があるという。

事件は同基地内で海兵隊などが使っているヘンダーソンホールと呼ばれる建物で、27日午後1時ごろ発生。海兵隊の広報によると、同日届いた封筒に不審物が入っていた。事件を受けて、この建物内にいた人は直ちに避難させたという。

同基地は、米連邦捜査局(FBI)などと連携して捜査を進めている。