Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

銀座「緊縛展」 客の半分は女性

2017年03月31日 07時48分42秒 | 世界のニュース



心の奥に潜めていたものが、解(ほぐ)れつつあるのか。世の女性たちは「緊縛」に興味津々なようである。

 東京・銀座にあるヴァニラ画廊では、4月1日まで、緊縛画と写真を展示した「縄のあわれ」展を開催している。

 ギャラリーの広報担当者によれば、
「日頃からフェティッシュなテーマの作品を多く扱っていますが、最近、若手カメラマンから、緊縛をテーマにした作品を持ちこまれる機会が多くなりました。そこで新旧の緊縛作品を一緒に展示することで、時代の流れが見えてくるのではないかと、企画したのです」
 展示されるのは、緊縛画の先駆者である伊藤晴雨にはじまり、切り絵作家の小宮山逢邦といったベテランのほか若手写真家などによる作品の数々。なかには、ジャニーズ系のイケメン男子が縛られている作品もあって、いずれも、2万5000円~5万円ほどで販売されている。

「SM系の展覧会は久々となりますが、従来のファンの他に、若い女性の方もいらっしゃいます。女性のお客様は増えていて、5割ぐらいが女性です。アート志向が強い作品もありますので、プレイに興味があるというより、未知の世界を美しい作品として見に来られるようです」(同)

 実際、会場を覗いてみると、もちろん男性の姿はあるのだが、確かに女性が目立つ。中年男性と一緒のワケあり風な女性もいれば、1人で作品に目を凝らす女性の姿も……。
 来場者の1人、IT系の企業で働くという30代の女性に聞くと、
「こちらには、たまに足を運んでいますが、いろんな表現の仕方があるなと思いました。おおーって、じっくり見てしまいました」

 もはやアブノーマルではなくなった?
「週刊新潮」2017年3月30日号 掲載


インド、国境線の封鎖計画 パキスタンとバングラ対象

2017年03月31日 07時48分11秒 | 世界のニュース



ニューデリー(CNN) インドのラジナート・シン内相は30日までに、テロリストの越境侵入などを阻止するためパキスタンとバングラデシュとの国境を完全に封鎖する方針を再確認した。

同国の国境警備隊の卒業式典で述べた。一部の国境線は山間部、密林や河川に位置する地形的な障害に直面しているが、出来るだけ早急な封鎖を決めたと述べた。両国との国境線沿いの約9割の場所にはフェンスが構築されているが、テロリストの侵入は絶えないという。
内務省報道官は、大半の国境線での治安には問題ないが、残る10%の地域での安全対策が今後の課題になるとしている。パキスタン、バングラデシュとの国境線の完全封鎖は2018年末までの終了を見込む。

米中央情報局(CIA)の世界便覧によると、インドは6カ国と国境を接し、その総距離は1万3000キロ以上。インドの懸念が特に強いのはパキスタンとバングラデシュで、インド北部のカシミール地方は1947年以降、パキスタンと帰属権を争う。インド内務省報道官によると、カシミール地方では実効支配線の封鎖をさらに進める。

インド東部ではバングラデシュからの不法移民が重大な問題になっている。インド内に住むバングラデシュの不法移民は最多で1500万人との推定数字もある。

ただ、パキスタン、バングラデシュとの国境線の完全封鎖はほぼ不可能との見方もある。ニューデリーに拠点があるシンクタンク「政策研究センター」の国家安全保障門専門家はいかなる先端技術を導入しても封鎖は無理と指摘。カシミール地方の場合は、豪雪が築いたフェンスを消失させる恐れがあり、国境線沿いのバングラデシュ領内は湿地や河川が多いと指摘した。


米中首脳、トランプ氏別荘で会談へ 4月6~7日

2017年03月31日 07時46分53秒 | 世界のニュース




(CNN) 中国外務省は、習近平(シーチンピン)国家主席が4月6~7日に米フロリダ州のトランプ米大統領の別荘を訪れ、米中首脳会談が行われると発表した。

両者が顔を合わせて会談するのは初。北朝鮮の核兵器開発の脅威が高まる中、トランプ氏は中国に北朝鮮への働きかけを求めている。

北朝鮮問題のほか、中国が人工島の建設を進める南シナ海の領有権問題や米中間の通商関係も議題になると見られる。

中国外務省によると、習主席はフィンランドへの外遊の後にフロリダを訪問する予定。
トランプ氏は昨年の大統領選で、中国は米国経済を「レイプ」し、数百万の雇用を奪ったなどと手厳しく批判した。だが、政権発足後は比較的干渉しない立場をとっている。

トランプ氏は就任初日に中国を「為替操作国」に認定するとの公約をしていたが実行しなかった。また、当選後に疑問を呈していた「1つの中国」原則も支持する姿勢を明確にした。
会談場所となるトランプ氏の別荘「マー・ア・ラゴ」には先月、日本の安倍首相が招待されている。


米、バーレーンにF16機売却へ 人権対策条件にせず

2017年03月31日 07時45分40秒 | 世界のニュース



(CNN) ティラーソン米国務長官は30日までに、中東バーレーンへの米国製戦闘機の売却の前提条件としていた同国の人権対策の評価を見送る方針を米連邦議会に通告した。上院外交委員会の報道担当者がCNNに確認した。
オバマ前政権は昨年、バーレーンへのF16型戦闘機の輸出計画を承認していたが、同国の人権対策の改善を前提条件にしていた。上院外交委の報道担当者によると、国務省は条件なしに同機売却を進める意向を示した。議会は国務省からの通告を踏まえ、輸出の是非を検討し、場合によっては反対も可能となっている。
バーレーンは米国の同盟国で、米海軍の第5艦隊の司令部も抱えている。

上院外交委のコーカー委員長(共和党)は声明で、バーレーンへの戦闘機供与に絡む前提条件の設定は前例がなく、安全保障における協力態勢の維持や人権問題への対処に非生産的な意味合いを持つと主張。パートナー国の政策問題で変化を促すためにはより効果的な方途があるだろうとも述べた。


金正男氏の遺体、北朝鮮に移送へ マレーシア首相が発表

2017年03月31日 07時42分30秒 | 世界のニュース

クアラルンプールの病院を出発する、金正男氏の遺体を搬送しているとみられる車両



マレーシアのナジブ・ラザク首相は30日、同国の首都クアラルンプールの空港で金正男氏が殺害された事件で、同氏の遺体を北朝鮮に移送する一方で、北朝鮮の首都平壌にマレーシア人の出国が認められることになったと発表した。

クアラルンプールに滞在する北朝鮮国民も、出国が認められるという。

 ナジブ首相は声明で、「死者への検視が完了するとともに、遺体を北朝鮮に戻して欲しいとの書簡を遺族から受領したことを受け、検視官が遺体の移送を承認した」と述べた。

 また同首相は、外交関係の悪化を受け、北朝鮮からの出国が認められていなかったマレーシア人9人が、「マレーシアへの帰還が認められた」と語り、「平壌をマレーシア時間の午後7時45分(日本時間同日午後8時45分)に発った。クアラルンプールには明日午前5時(日本時間31日午前6時)頃に降り立つことになる」と説明。だが、同首相は声明で、正男氏の名前には言及せず、正男氏をただ「死者」と呼ぶにとどまった。(c)AFP


北朝鮮大使館員ら北京着 遺体のせたとみられる飛行機

2017年03月31日 07時41分05秒 | 世界のニュース



 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が先月13日にマレーシアで殺された事件で、正男氏殺害に関与した疑いを持たれたまま、マレーシアを出国した北朝鮮大使館の2等書記官や高麗航空職員とみられる複数の男性が31日未明、マレーシア航空機で経由地の北京に到着した。

書記官とみられる男性らは北京空港のVIP用通路から出て、北朝鮮大使館が用意した2台の車に分乗し、空港を出た。その後、男性らは31日午前3時過ぎ、多くの報道陣が待ち構える北京市内の北朝鮮大使館に入った。

 同機には、正男氏の遺体も載せてきたとみられる。近く平壌行きの便で北朝鮮に運ばれる見通しだ。


「北朝鮮人を奴隷のように…」英紙がロシアW杯の闇を衝撃レポート

2017年03月31日 07時38分29秒 | 世界のニュース



ブラジルが4試合を残して21大会連続の本大会出場を決めたことで、来夏に開催されるロシア・ワールドカップに向けて少しずつ熱を帯びつつある。

 そんな最中、英紙『サン』が大会組織委員の闇をリークしている。なんと「大会で使用されるスタジアム建設にあたって、ロシアが北朝鮮人に奴隷のような重労働を強いた」と伝えたのだ。

 同紙が伝えたのはノルウェー人研究者のジョジマールの報告書。それによれば、本大会に向けたゼニト・アリーナ(ガスプロム・アリーナ)の建設には、多くの北朝鮮人労働者が関わっており、彼らはスタジアムから数ヤード離れた金網に囲まれた場所で移送用コンテナで生活を強いられていた、という衝撃的な内容をリークしている。

 また、北朝鮮人たちは1日17時間労働で8ポンド(約1120円)ほどしか貰っておらず、そのうち一人は心臓発作で亡くなり、さらに4人が感電や落下事故などで帰らぬ人となったというのだ。

 この醜態についてロシア人人類学者のアンドレイ・ヤキモフは、北朝鮮政府がロシアの会社に労働者を売っているとし、「彼らは常に監視されていて、外部と関わることはほとんどない。微量な賃金は受け取っているが、その仕事に終わりはない」と語った。

 しかし、同紙の取材に対してロシア・ワールドカップの組織委員会は、「大会に関わる全ての移住労働者が法律の下で正しく扱われている」とその事実を否定。「北朝鮮の労働者はわずかであり、人権の尊重は国籍や市民権に関係なく重要なものだ」と主張したという。

 それに対してジョジマールは、「FIFAはいかなる人権侵害も許さないとしている。もし、この実態が把握されれば、ワールドカップ・スタジアムの建設であろうとその状況を大目に見ることはないだろう」と警鐘を鳴らした。


遺体をマレ大使館員らと交換

2017年03月31日 07時37分05秒 | 世界のニュース



北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が先月13日に殺害された事件で、マレーシアのナジブ首相は30日、正男氏の遺体について「家族の要請を受けて北朝鮮側に引き渡す」とする声明を発表した。北朝鮮が出国を禁じていたマレーシアの大使館員ら9人も31日早朝、クアラルンプールに戻るという。

 ナジブ氏は声明で、「北朝鮮人がマレーシアを出国することを許可する」と表明した。名指しはしなかったが、正男氏殺害に関与した疑いのある在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官や高麗航空職員らを北朝鮮に引き渡す交換条件で合意したとみられる。地元華字紙は「高麗航空職員らはマレーシアを出国した」などと報じている。

 マレーシア政府が2等書記官らの出国を認めたことで、事件直後に帰国した主犯格とされる北朝鮮国籍の男4人も含め有力な手がかりを失い、真相究明は困難になった。事件を受けて北朝鮮で事実上の「人質」になったマレーシア人の帰国を優先させるため、正男氏の遺体引き渡しを含め、北朝鮮側の求めに応じることで外交決着させた形だ。

 マレーシアと北朝鮮は遺体の引き取りや捜査方法をめぐって対立し、13日から両国が協議を続けていた。 正男氏の遺体は30日午後1時半すぎ、事件から40日間以上安置されていたクアラルンプールの病院から車で運ばれたとみられる。

捜査関係者によると、正装で棺(ひつぎ)に納められたといい、棺は民間機に積み込まれて同午後7時20分(日本時間同8時20分)すぎに、事件が起きたクアラルンプール国際空港を出発し、北京経由で北朝鮮へ向かった。

 一方、マレーシア政府は今回、平壌に小型ジェット機を派遣。30日午後7時45分に同国の大使館員ら9人を乗せて離陸した。軍幹部によると、31日午前5時ごろにクアラルンプール国際空港のVIPターミナルに到着する見通し。

 事件をきっかけに両国は対立が先鋭化し、互いの大使を国外退去処分にし、互いの国民を出国禁止にするなどの強硬な措置が両国関係にしこりを残した。

■両国が発表した主な合意事項
【両国共通の発表内容】
・北朝鮮にいるマレーシア人9人と、マレーシアにいる北朝鮮人の出国を容認
・死亡した北朝鮮国民の遺体を北朝鮮に送る
【北朝鮮のみ発表】
・両国はビザなし渡航の再導入を肯定的に討議し、関係発展へ努力する
【マレーシアのみ発表】
・この深刻な犯罪に対する警察の捜査は継続する


35年間爪を切っていない男性 (ベトナム)

2017年03月31日 06時59分50秒 | 世界のニュース



頭髪はどれほど長くなっても束ねて団子にしておけばよい。だが爪は違う。日常生活のなかで自分で出来ることがどんどん少なくなっていくはずだ。ところがベトナムには35年間も爪を切っていない男性がいる。このほどその男性の日常の様子が動画で紹介され、人々を仰天させている。

ベトナム・ナムディン省のYen Giaoという村に暮らす58歳のルー・コング・ホイエンさん(Luu Cong Huyen)。35年以上も爪を切らず、念入りにケアする毎日を送っている。「これは私の自慢すべき宝物なんだ。一生ものと言えるような趣味を見つけたってだけで、特に理由はない。鳥や植物を育てることが好きな人もいれば、クラシックカーに夢中な人もいる。私の場合はそれが長い爪だったんだ」とルーさんは語る。

布に引っかけてしまったらもちろん、実は濡れることでも簡単に折れてしまうというルーさんの爪。雨の日の外出はビニール袋で手をすっぽりと覆い、入浴は極力控え、衣類の脱着や体を拭くのは妻のグエン・ティ・トゥアンさんだ。当然ながら、ルーさんの口元に食事を運ぶのにも時々彼女の助けが必要になる。何から何まで全面的に世話をしてくれるグエンさんの献身抜きにルーさんの長い爪だけを称えるわけにはいかないのだ。

「その爪を切らせてくれたら大金をあげる」などと申し出る者がたまにいるようだが、ルーさんは決してそれには応じない。「最高に長く伸びた爪は55センチもあるんだ。これを美しく保ち、折らないために私は日常の様々なシーンで多くの注意を払っている。妻と一緒のベッドで寝ることだってあきらめたし、これは子育てより難しいことかもしれないね」とも話す。

たった一度だが、ふとしたことで爪の1本が折れてしまったというルーさん。激しく落ち込んで食欲が失せ、夜も眠れなくなってしまったそうだ。「もしまた爪が折れるようなことがあったら自分は死んでしまうだろう」と恐怖すら感じたルーさんは、爪を守るためにもっと注意深くならなければと心に強く念じたそうだ。

地元の大人たちはそんなルーさんをもう見慣れているが、幼い子供たちは「悪魔の爪、怖い」といって泣いてしまうとのこと。奇人、変人扱いされることもあるが、ルーさんは「気にならない。とにかく私はこの爪が大切なんだ。これが美しい姿を保っている限り私はハッピーだね」と語る。

ちなみに、ルーさんの爪が『ギネス世界記録』に認定される日はまだまだ遠いもよう。現在そのタイトルを保持しているのはインドのスリドハー・チラルさん。測定時の5本の爪の合計は909.6センチであったそうだ。



銀座「緊縛展」 客の半分は女性

2017年03月31日 06時43分28秒 | 国内ニュース



心の奥に潜めていたものが、解(ほぐ)れつつあるのか。世の女性たちは「緊縛」に興味津々なようである。

 東京・銀座にあるヴァニラ画廊では、4月1日まで、緊縛画と写真を展示した「縄のあわれ」展を開催している。

 ギャラリーの広報担当者によれば、
「日頃からフェティッシュなテーマの作品を多く扱っていますが、最近、若手カメラマンから、緊縛をテーマにした作品を持ちこまれる機会が多くなりました。そこで新旧の緊縛作品を一緒に展示することで、時代の流れが見えてくるのではないかと、企画したのです」
 展示されるのは、緊縛画の先駆者である伊藤晴雨にはじまり、切り絵作家の小宮山逢邦といったベテランのほか若手写真家などによる作品の数々。なかには、ジャニーズ系のイケメン男子が縛られている作品もあって、いずれも、2万5000円~5万円ほどで販売されている。

「SM系の展覧会は久々となりますが、従来のファンの他に、若い女性の方もいらっしゃいます。女性のお客様は増えていて、5割ぐらいが女性です。アート志向が強い作品もありますので、プレイに興味があるというより、未知の世界を美しい作品として見に来られるようです」(同)

 実際、会場を覗いてみると、もちろん男性の姿はあるのだが、確かに女性が目立つ。中年男性と一緒のワケあり風な女性もいれば、1人で作品に目を凝らす女性の姿も……。
 来場者の1人、IT系の企業で働くという30代の女性に聞くと、
「こちらには、たまに足を運んでいますが、いろんな表現の仕方があるなと思いました。おおーって、じっくり見てしまいました」

 もはやアブノーマルではなくなった?
「週刊新潮」2017年3月30日号 掲載


世界の渡辺謙さんに「不倫」報道 お相手は元ホステスの36歳清楚系美人…「週刊文春」報じる

2017年03月30日 22時26分18秒 | 国内ニュース



 国際的俳優の渡辺謙さん(57)が、元ホステスの女性(36)と不倫関係にあると30日発売の「週刊文春」が報じた。

 渡辺さんの妻、女優の南果歩さん(53)は昨年3月に乳がんの手術をするなど闘病中で、渡辺さんの献身的な姿が報じられていたためか、ネット上では「世界の渡辺謙すら不倫する世の中か」などと落胆の声も寄せられている。

 同誌によると、女性はジュエリーデザイナーで、フリーアナウンサーの田中みな実さん(30)に似た清楚系美人。2月にニューヨークを歩く2人や、仲むつまじく顔を寄せ合っている写真をグラビア3ページ、記事5ページにわたって掲載している。

 渡辺さん夫妻は米ロサンゼルスに自宅を所有、ニューヨークでも高級アパートを借りている。渡辺さんは2月中旬に映画の撮影のため滞米。同月上旬から同行していた妻の南さんが元夫との間にもうけた長男に会うためサンフランシスコに移動した直後に、2人が会ったという。同誌は3月26日、米ロサンゼルスの自宅で渡辺さんに直撃したが取材に応じなかった。

 渡辺さんの所属事務所は産経新聞の取材に「帰国次第、事実関係を確認して今後の対応を検討します」とコメント。帰国時期については「未定」としている。
 渡辺さんと南さんは平成15年のドラマ「異端の夏」(テレビ東京系)で共演し17年12月3日に結婚。お互い再婚同士だった。

 ツイッター上では「謙ちゃん…あなたもゲスだったか…」などと失望の声がある一方、「世界の渡辺謙もストレス溜まってんだよ」と擁護する声も寄せられている。
  (WEB編集チーム)


北朝鮮、FRBから90億円の不正引き出し 中国共産党が共謀か

2017年03月30日 22時25分05秒 | 中国

米国FRBイエレン議長



2016年2月、サイバー犯罪者がニューヨーク連邦準備銀行(FRB)のバングラデシュ中央銀行口座から不正送金を行い、被害総額は8100万ドル(90億円)に上った。この事件に関し、北朝鮮が首謀ではないかと米国政府関係者は考えている。一方で、中国問題に詳しいゴードン・G. チャン氏は、中国が北朝鮮の共謀者であることを指摘した。

 「ウォールストリートジャーナル(WSJ)」の報道では、米国捜査当局が北朝鮮を首謀者と考える理由として、今回使われたコードが2014年にソニーが攻撃を受けたときのものと類似していることを挙げている。ソニーは2014年にサイバー攻撃を受けたが、中国国内の北朝鮮ハッカーの仕業だったという。

 「ニューヨークタイムズ」の報道では、去年ポーランド銀行がハッキングされた事件はソニーが攻撃された事件と何らかの関係があるという。ソニー事件では、FBIは北朝鮮関係者が犯人だと断定している。ポーランド銀行をハッキングした犯人は、犯行グループは世界銀行やEU中央銀行を含む100以上の組織を狙っていたことをほのめかしている。

 北朝鮮が実行犯であれば、単独犯ではないことはほぼ確実だ。WSJによると、米国検察官は現在一部の中国人仲介人を調査中で、彼らが北朝鮮の犯行を手伝ったのではないかと疑っている。

アメリカがとるべき行動

 もしこのような仲介者がいた場合、中国共産党の支持を受けた金融機関は共謀者とも考えられる。共謀者であれば、中国共産党が犯罪に加担したこととなる。中国の大企業、特に金融機関は国家の監督下に置かれているため、北朝鮮とやり取りがあれば当局が知らないことはない。

 アメリカの作家ゴードン・G・チャン(章家敦)氏は「フォーブス」への寄稿文章で、アメリカは反撃として共謀を働いた中国金融機関の口座を凍結することができると主張した。
 WSJは、バングラデシュ中央銀行の事件を担当する米国検察官は、中国商人である馬暁紅氏を操作した時と同様な手法を取るとみ推測している。

 馬暁紅氏は昨年9月、北朝鮮の核開発をほう助したとして、米国財務省は馬氏自身とその所有する企業に対しい制裁を加えた。米国司法省は「大規模殺傷兵器不拡散条約違反」などの容疑で馬暁紅氏と同氏が代表を務める「丹東鴻祥実業」を起訴した。起訴状には、馬暁紅氏が米国の金融システムを利用し北朝鮮政権のためにマネーロンダリングをしたことも記載されていた。

 米国司法省は「丹東鴻祥実業」の中国系銀行における25の口座を凍結したが、銀行自体は起訴しなかった。これらの銀行には、招商銀行、上海浦東発展銀行、中国農業銀行、交通銀行、中国建設銀行、広東発展銀行及び中国工商銀行が含まれている。

 ゴードン氏は、バングラデシュ中央銀行の事件では馬暁紅氏事件と同様であってはならないとし、検察官が芋づる式に背後の画策者や共謀者を引きずり出すべきだと考える。この案件の証拠は全て平壌当局を指すものであり、その背後には北京当局が潜んでいるとする。
 ゴードン氏によれば、米国政府は中国共産党政権との関係構築を重視するあまり、ここ数十年間中共が行ってきたマネーロンダリングに片目をつぶってきた。ゴードン氏は、トランプ政権は今後しかるべき措置を取るべきで、少なくとも中国共産党の資金操作を手掛けてきた中国系銀行の口座を凍結するべきだと考える。

 米国土安全局のリチャード・レジェット氏は、バングラデシュ銀行が盗難に遭ったことを「国家主体の銀行強盗だ」と形容した。リチャード氏が指すのは北朝鮮だが、そのバックボーンとして中国共産党政権がいることを忘れてはならない。
(大紀元)


英国、EU離脱手続きを正式に開始

2017年03月30日 05時40分12秒 | 世界のニュース

ドナルド・トゥスク常任議長(EU大統領、右)にEU離脱を通知する書簡を手渡す英国のティム・バロウ駐EU大使



英国は29日、同国の欧州連合(EU)からの離脱(通称ブレグジット)を正式に通告する書簡を欧州理事会(EU首脳会議)のドナルド・トゥスク常任議長(EU大統領)に提出し、離脱の手続きを正式に開始した。

 AFPの記者によれば、テリーザ・メイ英首相が署名した書簡を、同国のティム・バロウ駐EU大使が、ベルギーの首都ブリュッセルにあるトゥスク氏の執務室に届けたという。

 トゥスク氏は書簡を受け取った後、ツイッター上でEU離脱という衝撃的な結果となった2016年6月の英国民投票に言及し、「9か月を経て、英国はブレグジット(英EU離脱)を届け出た」と投稿。

 また報道陣に向けて短い声明を発表し、「われわれはすでに英国がいないことを寂しく思っている」と述べ、「今日が幸せな日だと装う理由はない」と付け加えた。

 一方でメイ首相は28日に首相官邸で、この書簡に署名。官邸はその様子を捉えた写真を公開している。同首相は書簡の中で、英国とEUは、離脱交渉で失敗を避けるため「懸命に働か」なければならないとし、これは「重大な」仕事だと述べるとともに、離脱交渉と将来の貿易協定を「一緒に」解決するよう求めた。
 だがEU側は貿易協定について、離脱交渉が合意した後に議論すべきだとしている。(c)AFP


群衆がナイジェリア人学生を襲撃インド

2017年03月30日 05時37分38秒 | 世界のニュース

ニューデリー近郊のグレーター・ノイダにあるショッピングモールで、
アフリカ人らを取り囲む警察と見物人ら



インドの首都ニューデリー(New Delhi)近郊で、薬物の過剰摂取によるとみられる10代の若者の死をめぐり、ナイジェリア人の学生らが群衆に襲われる事件が発生し、警察当局が29日、治安対策を強化に乗り出した。

 今回の襲撃事件は27日の夜遅く、複数の有名大学や技術系の専門学校といった教育施設が置かれ、アフリカ人の学生・生徒ら数百人が暮らす、ニューデリーの衛星都市グレーター・ノイダ(Greater Noida)で発生。ナイジェリア人の学生らが棒や金属製の椅子で殴打されるとともに、十数人が負傷した。警察は襲撃に関与した5人を拘束し、さらに別の襲撃犯を特定するため防犯カメラ映像の解析を進めている。

 地元警察の当局者はAFPに対し「若者の死にアフリカ人らが関係しているとのうわさが広がり、ソーシャルメディア上で人種差別的なコメントが投稿された。人種的なものが起因となったようだ」、「襲撃犯5人が逮捕され、別の4人が逃走中だ」と話し、さらに300人が暴動にかかわったと明かした。

 その一方、「検問所を増やし、グレーター・ノイダに配置する警察官も増員している」と述べるとともに、監視カメラの映像や、居合わせた人々によって捉えられたり、メディアによって放映されたりした襲撃の映像を解析し、40人ほどの人物を特定したとしている。

 今回の襲撃事件は、地元出身の16歳の若者が薬物の過剰摂取とみられる症状で死亡したことがきっかけ。地元の住民グループがナイジェリア人の生徒5人の自宅に押し掛け、この5人が若者を殺害したと主張した。その後、警察当局は若者の死に関連し、5人の身柄を拘束したが、証拠不十分で釈放。だが、捜査を要求して集会を開いていた群衆が、ショッピングモールから出てきたナイジェリア人学生らを発見し、一部が暴徒化した。(c)AFP


体長7メートルのヘビが人をのみ込む 腹部から男性の遺体 インドネシア

2017年03月30日 05時35分59秒 | 世界のニュース

マレーシアのクアラルンプールの動物園で飼育されているニシキヘビ



インドネシア中部スラウェシ島で、作物の収穫作業中に消息を絶った男性が29日、付近で捕らえられた巨大なニシキヘビの腹部内で発見された。地元当局が29日、発表した。
 スラウェシ島東部のサルビロ村に住むアクバルさん(25)は26日、家族が所有する農園に向かったまま戻ってこなかったため、心配した親類らが捜索を開始。その一方、地元の住民らが27日、膨張し不自然に地面を這う全長7メートルのニシキヘビを発見し、腹部を切り開いたところ、中からアクバルさんが遺体となって見つかったという。

 地元当局者は「すぐにヘビが彼をのみ込んだと疑った。ヤシの実やアクバルさんの収穫道具、長靴を見つけた場所の周辺だったから」と述べるとともに、ニシキヘビはアクバルさんの全身をのみ込んでおり、この地域で人がヘビにのみ込まれて死ぬという記録はなく、初めてのことだと明かした。

 ニシキヘビが小動物を襲うことは知られているが、人をのみ込もうとすることは珍しいという。だが、2013年には同国のバリ(Bali)島にある高級ホテルで警備員がニシキヘビに襲われ死亡するという事件も起きている。(c)AFP