Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

アプリ「台湾高鉄T Express」登場:台湾

2011年10月29日 18時03分06秒 | 中華民國 ニュース


アプリ「台湾高鉄T Express」登場

台湾新幹線こと台湾高速鉄道を運営する台湾高鉄公司は27日、きっぷの予約、決済、QRコードをかざすだけで改札を通って乗車や下車ができるなどの機能を持つ、スマートフォン用アプリケーション「台湾高鉄T Express」のサービスを開始した。現在はアップル社のスマートフォン「iPhone」又はタブレット型コンピュータ「iPad」限定となっており、アプリ配信サービス「App Store」でダウンロードすることができる。来年の旧正月前までにはグーグル社のOS「アンドロイド」に対応したスマートフォン向けにも同様のアプリを提供する。

台湾高速鉄道は毎月延べ350万人が利用している。QRコードを使って改札を通れるようになれば、きっぷを発行する必要がなくなるため、環境保護にもつながる。


台北デザイン博、入場者100万人突破

南港展覧館などの3会場で開催中の台北世界デザイン博覧会の入場者数が28日、開催から29日目で延べ100万人の大台を突破した。

大会を主催する経済部の統計によると、ほかの2会場に先立ち先月30日に展示を始めた松山文創園区の入場者数はすでに、延べ70万人を上回っているほか、今月22日に開幕した南港展覧館と世界貿易センター1号館でもそれぞれ15万人以上を数え、100万人突破は予定より早い達成だ。展示は3会場とも30日まで。

イベントには34カ国・地域から6000点以上の作品が結集。タバコ工場の跡地だった松山文創園区での展示はインテリア、グラフィック、インダストリアルの境界を越えた、前衛的で実験性の高いオブジェが目玉となっている。

南港展覧館では関係企業、団体、中国大陸の新鋭デザイナーの作品、世界貿易センターではデザイナーのたまごである学生たち(国内外から計26校)の活力あふれるアイデアの結晶を楽しむことができる。

.
高校生の100キロ募金行脚、最終目的地に到着

台湾中部・彰化県の高校による、100キロのコースを歩きながらアフリカの恵まれない子どもたちへの募金を呼びかける活動が28日無事終了、台湾や日本など各国から集まった約70人の高校生たちは、到着地の南部・嘉義県で、イベントの成功を喜び合った。

6回目を迎えた今年の募金行脚には、日本をはじめ、アメリカ・カナダ・ケニア・スワジランドからも高校生が参加。24日に彰化県を出発し、嘉義県までの100キロの道のりを5日間かけて歩き、募金を集めた。

日本からは、東日本大震災の被災経験から人道支援に関心を持つようになったという、宮城県石巻市の好文館高校の生徒らが参加。両親が被災しまだ入院中だという生徒もいたが、人のためになることができたと笑顔を見せた。

.
警察がヘルメットなしの少年少女を追跡した末に事故

台中市の李少年(15歳)は、スクーターで唐少女(14歳)を載せ家に戻る途中、2人ともヘルメットを被らなかったため、パトロール中の警察官に止められた。2人が慌てて逃げたところ、スクーターを乗っていた警察官がサイレンを鳴らしながら、10数分間も追跡。追い詰められた李少年は運転を誤り、路上に停まっていた車に衝突し、2人とも重傷を負い病院に運ばれて少女は重体。親族は警察の追跡は過剰であると批判している。


台北動物園で30日にタンチョウ披露

台北市立動物園は27日、現在地に移転して25周年目を迎える30日に、北海道・釧路市動物園から送られたタンチョウを披露し、高橋はるみ・北海道知事がその祝賀式典に出席すると発表した。タンチョウは雄の「ビッグ(BIG)」と雌の「キカ(貴華)」の2羽だが、今回はビッグだけの披露で、キカは来年の旧正月後の一般公開の予定。ビッグの一般公開は30日正午から。


世界七不思議景観に玉山の投票を

「世界新七不思議景観」の投票イベントは最終段階に入った。世界で28カ所の不思議な景観がノミネートされており、その景観で競争する。台湾最高峰である玉山もノミネートされている。東アジアでは、台湾の玉山と韓国の済州島だけが残っており、韓国に負けないようにと、多くの人の投票を呼び掛けている。締め切りは来月11日。


芸能人のココさんが6億元の結婚披露宴

台湾出身で現在は香港に定住している女芸能人である李玟(COCO)さん(36歳)は27日、香港グローバル貿易広場の100階で、利豊グループのCEOである樂裕民(Bruce Rockowitz)さん(52歳)と結婚式を挙げた。2人は8年間の交際を経て、建国百年にゴールインした。新郎である樂さんは40億元の資産を持つと言われ、結婚式や披露宴、アフターパーティーなどに、約6億元をかけたという。披露宴には、世界の有名人やセレブが多数出席し、女性歌手のビヨンセ、マライア・キャリーや名司会者のオプラらも姿を現すという。


日本人外交官と不倫の前駐フィジー代表が出国禁止に

台北地方検察署は26日、公費流用や日本人女性書記官との不倫事件で司法調査を受けていた秦日新・前駐フィジー代表を被告として取り調べ、出国禁止を言い渡した。外交部政風処の調べでは、秦被告は公費や代表処支給の携帯電話を利用して女性書記官と不適切な関係を続けたことや、子供の学費や真珠のネックレス代を不当請求したなどの疑いがあったという。秦被告は女性書記官とは仕事上やりとりしただけで不適切な関係はないと、否定している。


阿里山森林鉄道祝山線が運行を再開

脱線転覆事故後の検査や改善作業のため4月から運休していた、阿里山森林鉄道祝山線は27日午前5時から運行を再開した。安全性に配慮して1車両の定員を従来の84人から70人に減らした。発車時刻は日の出時刻により調整し、日の出前の1~2時間に3本程度を運行する。問い合わせは、電話05-267-9200へ。


日本の美容コンテストで台湾人に厚労大臣賞

東京でこのほど開かれた美容コンテストである第61回芸術祭全国大会(国際美容協会主催)で、台中市の弘光科技大学がアーティスティックデザインとメイクアップの2部門で最優秀賞に輝いた。最優秀賞を獲得したのは、前者の部門で戴美瑩・ヘアデザイン学科主任と、後者の部門で化粧品応用学科学生の李欣儒さんの2人。両部門とも厚生労働大臣賞でもあり、海外からの受賞は同大会開設以来初めてとなる快挙。このほか台湾人2人が審査員特別賞を受賞した。





中国による台湾攻略 5つのシナリオをシミュレーション:台湾

2011年10月26日 08時52分38秒 | 中華民國 ニュース


新北市が「国際スマートシティ21」入り

新北市は今年初めて「智慧城市論壇(スマートシティフォーラム)」に参加したところ、世界400以上の都市の中から「国際スマートシティ21」にリストアップされたという。次はトップ7に挑戦するという。同市は生活、産業、政府などのテーマと段階的に成果を獲得している点が評価されたという。朱立倫・同市長は今回の栄誉は新北市への評価で、国際都市に発展している証と述べた。


謝・女流本因坊がタイトル防衛

第30期女流本因坊戦挑戦手合五番勝負第4局は24日、東京・日本棋院で行い、台湾・苗栗出身の謝依旻・女流本因坊が挑戦者の向井千瑛・四段を下してタイトルを防衛した。女流本因坊戦史上初の5連覇の快挙。謝の通算タイトル数は12となり、自らの女流棋士最多タイトル獲得記録を更新した。


台鉄南港駅整備が完了し高鉄乗り入れも可能に

台北エリアの鉄道立体化計画の最後となっていた台湾鉄道(台鉄)南港駅の整備が23日完了し、台北MRTと台湾高速鉄道(高鉄)の乗り入れが可能になった。新しくなった南港駅は台鉄と台北MRT両駅間の連絡通路が完成し、乗り換え時間が3~5分に短縮された。将来は高鉄が開通するが、当初予定の2009年から遅れており、乗り入れの目処は2015年という。


台北世界デザイン展覧会が開催中

台北世界デザイン展覧会は台北市の世界貿易センターや松山文化創意園区で開かれている。22日の正式開幕記者会見では、行政副院長や経済部長、台北市長ら政府幹部が出席した。同展覧会には世界16カ国が参加し、企業200社やデザイン会社、デザイン学校や組織、都市なども加え、内外のトップデザイナーやアーティストらを集めている。


ガスタンクを載せたトラックが追突事故

ガスタンクを満載したトラックが24日、西濱快速道路でドライバーが運転操作を誤り、前を走っていた牡蠣を積んだトラックに衝突した。双方のドライバーは軽傷で済んだが、現場にガスタンクが転がっていて、緊張感が走ったという。すぐに自動車修理工場の人間が駆けつけ、ガスタンクを載せたトラックのエンジンを止めた。


米食料理チャンピオン店の滷肉飯は9元?!

台北市政府が手がけた第1回台北米食料理大会の結果が出た。消費を刺激するため、4組のチャンピオン店による50%オフの割引のほか、6軒の有名店も優待価格でサービスしているという。伝統部門チャンピオンの店は、滷肉飯(挽肉の煮込み飯)が一杯20元から9元になるサービス。業者によると、知名度を上げるためで赤字になるという。


台湾成功号が来年台湾一周の航海へ

17世紀後半の「台湾船」を復元した「台湾成功号」が11月から試験航行を始め、来年には台湾一周の航海に出る。オランダの台湾統治を終わらせた鄭成功(1624-1662)時代の軍艦がモデル。長崎県平戸市の松浦史料館に収蔵されている清朝・康煕帝時代の絵図を元に作られた。全長29.5メートル、幅7.26メートル、重さ約300トン、排水量150トン。2006年に着工した当初は1年後の完成予定だったが、技師の一部引退や設計変更などで工期は3年近くに延びた。将来的には鄭成功の生まれ故郷の同市などへの航海も視野に入れているという。


会社員の9割が有給休暇使い切れず

求人サイトのYes123が行った調査によると、会社員の9割以上が有給休暇を使い切れないことが分かった。有休消化が多ければ自らの業務評価に影響があるとの心配があるようだ。使い切れないと回答した人の中には、今年に入って1度も有給休暇を取得していない人も含まれているという。


昨年の自殺者3889人 14年ぶりに十大死因の圏外へ

行政院衛生署の統計によると、昨年度の自殺者は台湾全体で3889人で、11番目の死亡原因となっていた。毎年の十大死亡原因から自殺が外れたのは、1996年以来14年ぶり。

昨年度の死亡原因トップは例年と変わらず「悪性腫瘍」、以降、各種疾患や事故などが続くが、一昨年には8番目に多かった「自殺」は、174人減の3889人で11番目へと後退した。

自殺者の男女比は、男性68%、女性32%で、男性が女性の2倍以上。また、台北市について見ると、65歳以上で自殺率が最も高く、次いで多いのが45~64歳で、原因としては闘病や経済的要因などが目立っている。

馬英九総統は昨年、経済の回復が自殺者減少につながるとの考えを示すとともに、自殺を回避するため各界が手を携えるよう呼びかけている。

.

アフリカ児童を救え 募金行脚に日本の被災生徒参加

アフリカの恵まれない子どもたちへの募金をつのるため、台湾中部・彰化県の国立彰化高校が行っている100キロ行進のイベントに、日本の被災地から高校生が参加、各国の生徒たちと共に5日間の徒歩行進を行っている。

今回で6回目を迎えるこのイベントには、台湾をはじめ、日本・アメリカ・カナダ・ケニア・スワジランドから10の高校が参加、100人ほどの生徒・教師たちが、5日間100キロのコースを徒歩で移動し、募金を呼びかけている。

参加者は、食糧難にあえぐアフリカの子どもたちの辛さを実体験するため、1日1食で歩き続けている。宮城県石巻市の好文館高校から参加した生徒らは、東日本大震災で被災した際に、飲み水も食べ物もないつらさを味わった体験から、ボランティア活動に関心を持つようになったと話し、台湾など世界から受けた被災支援への恩返しとして、人助けがしたいと参加の動機を語っている。

.


2010年の平均寿命は79.18歳、台北市民が82.42歳で県・市別での最高

内政部によると、2010年の平均寿命は79.18歳で、前年比0.18歳上昇した。そのうち、男性は76.13歳で0.1歳上昇、女性は82.55歳で0.2歳上昇した。

県・市別に見ると、台北市民が82.42歳で最高だった。男性は80.06歳、女性は84.81歳に達した。次いで、新北市80.3歳、新竹市80.2歳の順。

一方、最低だったのは台東県で74.24歳にとどまった。次いで、花蓮県74.96歳、屏東県75.96歳の順だった。

また、先住民の平均寿命は70.3歳だった。男性は66歳、女性は74.78歳だった。


統一超商(セブンイレブン)、松山空港第1ターミナルにショッピングモールを開設

統一超商(セブンイレブン)は24日、台北国際空港(松山空港)第1ターミナルでショッピングモールの営業を正式に開始した。セブンイレブン、ドラッグストアの康是美(COSMED)、飲食店の春水堂、スターバックスコーヒー、土産店の維格餅家、裕珍馨など11ブランドが出店している。月間の売上高は合わせて800万~1000万台湾元に達する見込み。

同ショッピングモールはビジネスマン、日本人旅客、中国人旅客をターゲットにしている。21日から試験営業を開始したところ、売上高は予測を上回った。


中国による台湾攻略 5つのシナリオをシミュレーションする

 中国の軍事力が米国をも凌ぐほどに進化・増強している。中国の軍事増強の目的はアジアの覇権をめざすためのものであり、人民解放軍の任務も多様化してきている。だが、中国の最大の目的が台湾併合であることはいまなお変わっていない。中国は「核心的利益」台湾をどう攻略しようとしているのか。ジャーナリストの古森義久氏が解説する。

 * * *
 中国軍は実際に台湾攻略のシナリオとしてどんな作戦を考えているのか。現実の台湾有事となると、米軍の対応や台湾側の抵抗の度合いなど複雑な要素がからむため、中国側も複数の選択肢を準備しているようだ。

 このへんの米側の読み方を国防総省顧問のマイケル・ピルズベリー氏が語った。同氏はレーガン政権の国防副次官などを務めた中国軍事研究の長老である。

「国防総省の見解として話しますが、中国はいざ軍事力で台湾の攻略から併合を目指すことが必要だとみなせば、まず全面的な上陸侵攻作戦を実行せずに目的を達することを狙うでしょう。

 それはふだんの演習の拡大という形で台湾側が実効支配する東沙諸島、澎湖島、太平島などを一気に軍事占領する作戦です。その侵攻で軍事力の強大さと政治決意の強固さを誇示すれば、台湾が屈服すると期待するわけです。流血も少なく、中国側の抑制を外部に印象づけられるかもしれません」

 軍事コストの最も低い台湾攻略法だろう。

 だがピルズベリー氏によれば、この方法は台湾本島全面攻撃の予告ともなり、台湾側の官民をかえって団結させる可能性もあるという。

「第二のシナリオは海上封鎖です。艦艇による伝統的な海上封鎖は台湾を締めつける威力は絶大ですが、中国海軍の負担も過大となりうる。次善の封鎖策として台湾の港や空港を閉鎖させるための空中封鎖、ミサイル攻撃、機雷封鎖なども中国軍の戦略家たちは提案しています。

 中国当局は台湾に向かう各国船舶にまず中国本土に寄港させて、検査を求めるという措置もとれる。中国はさらに台湾の各主要港近くの海域で軍事演習を実行し、事実上の封鎖をもたらすという選択もあるでしょう。中国は1995年から1996年にかけての台湾への威嚇ではこの措置をとり、大型船を実際に中国本土に迂回させました。

 第三は軍事力の限定的な行使、非戦争の選択です」

 この第三のシナリオは中国軍部が台湾に対し破壊的、懲罰的な軍事行動を限定的に仕かける作戦だという。同時に台湾の政治、軍事、経済のインフラに対するコンピュータ攻撃や秘密の攪乱工作をもともなう。

 この種の工作は台湾住民の指導部への信頼を失わせることを目的とする。また中国人民解放軍の特別部隊が台湾に侵入して、軍事的な破壊工作を実施する。要するに中国軍自体による台湾内部攪乱作戦ともいえるという。

 ピルズベリー氏はさらに中国の台湾攻略作戦の形態について語った。

「第四の攻撃方法は空爆とミサイル発射の同時実行です。配備された短距離弾道ミサイルの一部と拠点限定の空爆により台湾側の空軍基地や通信基地、防空網、宇宙資産などを重点的に機能破壊していく。台湾の軍や政治の指導層を骨抜きにして、一般住民の戦闘意欲をも削いでしまおうという意図です」

 ここまでくると、実態はもう戦争である。そしてピルズベリー氏が最後にあげた中国軍の作戦は次のようだった。

「第五の戦略は中国軍による台湾侵攻上陸作戦です。海と空から電子戦争をも含めての大規模な上陸作戦展開のシナリオです。中国軍はそのために水陸両用車や揚陸艇、戦車輸送艇など合計46隻を保有しています。

 目標としては台湾西海岸の北と南の特定地点に守備軍の防衛線を破って上陸し、橋頭堡を築き、そこから台湾全体の重要拠点を攻撃し、占領していくことです」

 ピルズベリー氏によれば、こうした台湾攻略の多様な軍事シナリオは中国軍の参謀たちが実際に論文などで明記しているのだという。



9月の失業人口は前月比2.1万人減少、失業率は4.28%で同0.17ポイント低下

行政院主計処が24日に発表した台湾地区人力資源調査統計によると、今年9月の失業率は4.28%で前月比0.17ポイント低下、昨年同月比では0.77ポイント低下した。

世界主要国・地域の最新失業率は、アメリカ9.1%、イギリス8.1%、カナダ7.1%、ドイツ6.6%、日本4.3%、香港3.2%、韓国3.2%、シンガポール2.1%(居民の失業率は3.0%)となった。

台湾の9月および通年の就業市場概況は次の通りだった。

一 労働力状況:

9月の労働力人口は1123万1000人で前月比5万3000人(0.47%)増加した。昨年同月比では14万人(1.26%)増加した。労働力率は58.22%で前月比0.32ポイント低下、昨年同月比では0.15ポイント上昇した。

今年1~9月の平均労働力率は58.13%で、昨年同期比0.08ポイント上昇した。

9月の労働力率を年齢層別で見ると、15~24歳:28.86%、25~44歳:85.75%、45~64歳:60.32%となった。

二 就業状況:

9月の就業人口は1075万人で前月比3万2000人(0.30%)減少した。夏休みが終わり、学生アルバイトが離職したことや、夏季の臨時性の就労期間が終わったのが減少の主因。昨年同月比では21万9000人(2.08%)増加した。

1~9月の平均就業人口は1068万3000人で、昨年同期比22万3000人(2.14%)増加した。このうち、大学および専科学校(高専に相当)卒以上の高学歴者は昨年同期比20万5000人(4.53%)増加、高卒(職業高校を含む)以上は6万7000人(1.89%)増加、中卒以下は4万9000人(2.07%)減少した。大学および専科学校卒以上の就業人口は就業人口全体の44.27%を占めた。

9月の各部門の就業人口を前月と比較するとサービス業部門は2万3000人(0.36%)減少、工業部門は8000人(0.21%)減少、農業部門は1000人(0.17%)減少した。

また昨年同月との比較では、サービス業部門は13万4000人(2.17%)増加、工業部門は9万1000人(2.39%)増加したのに対し、農業部門は7000人(1.20%)減少した。

三 失業状況:

9月の失業人口は48万1000人で前月比2万1000人減少した。失業の原因から分析すると、「初めて就職活動を行う」は前月比7000人減少した。ここには新卒者が含まれる。「勤務先への不満」は5000人減少した。また「季節性あるいは臨時性の就業期間が終了した」は4000人減少、「勤務先の業務縮小または閉業」は2000人減少した。

9月の失業人口を昨年同月と比較すると、7万9000人減少となった。今年1~9月の平均失業人口は49万5000人で、昨年同期比9万7000人減少した。

このほか、9月の「失業が波及した人数」(世帯主が失業し、その影響を受けた家族など)は91万8000人で前月比3万1000人減少した。

9月の失業率は4.28%で前月比0.17ポイント低下、昨年同月比では0.77ポイント低下した。季節調整後の失業率は4.27%で前月比0.09ポイント低下、昨年同月比0.78ポイント低下した。

今年1~9月の平均失業率は4.43%で、昨年同期比0.93ポイント低下した。

9月の失業率を学歴別で見ると、中卒以下は3.32%、高卒(職業高校を含む)は4.52%、大学および専科学校卒以上は4.56%だった。また大学以上(専科学校を含まない)は5.31%で、学歴が高くなるほど、失業率が高まっていることが分かった。

9月の失業率を年齢層別で見ると、15~24歳:12.75%、25~44歳:4.29%、45~64歳:2.54%となった。

9月の失業者の平均失業週数は26.7週で前月比1.0週延長した。このうち「初めて就職活動を行う」という失業者の場合は23.0週で前月比3.6週延長、それ以外の失業者は27.8週で0.2週延長となった。また長期失業者(失業期間が連続で1年以上)の数は7万8000人で、前月比2000人増加した。

四 非労働力:

9月の非労働力人口は806万人で、前月比6万8000人(0.86%)増加した。内訳は「就職したいがまだ就職活動をしておらず、いつでも仕事に従事できる」人:15万人、「就学中および進学準備中」の人:216万人、「家事に従事している」人:239万8000人、「高齡者、心身障害者」:237万5000人。合計すると昨年同月比5万2000人(0.65%)増加となった。

1~9月の平均の非労働力人口は805万1000人で、昨年同期比6万5000人(0.81%)増加した。

行政院主計処は、今回の調査結果から失業率の悪化は見られないと強調した。しかし労働団体は、確かに失業率そのものは低下しているが、その一方で長期失業者が増加し、また企業の無給休暇実施が最近になって明らかになるなど、失業問題はますます深刻化していると指摘している。










馬総統「条件付きで和平対話」 中国へアピール、世論の警戒配慮 :台湾

2011年10月21日 05時30分36秒 | 中華民國 ニュース

台湾映画黄金期、27作品で約15億元

台湾映画が今、好調だ。今月上旬までに上映された台湾映画27作品の興行収入は、総額で約15億元に達した。このうち『セデック・バレ』(賽徳克・巴莱)『あの頃、君を追いかけた』(那些年,我們一起追的女孩)、『鶏排英雄』(Night Market Hero)の3本の興行収入は、いずれも1億元を突破した。なかでも『あの頃、君を追いかけた』は、現在までの興行収入4億元に対して制作費4000万元で、既に多額の利益が出ている。



台湾の国旗がLPGA会場で掲揚される

一部メデイアの報道によると、行政院体育委員会は今回初めて台湾で開催される全米女子ゴルフ(LPGA)試合で、オリンピック方式に従い、国旗を揚げないことを指示したとされる。しかし同委員会はこの報道について、強く否定した。きょう20日からLPGAゴルフ公開試合は揚昇ゴルフ場で始まり、台湾の国旗は他国の国旗とともに掲揚される。


台湾の資産は11兆元増加し世界で16位

スイスの信用賃貸機構は19日、「世界資産報告2011」を公表した。それによると、6月までに世界資産の総額は231兆ドルに達し、昨年の203兆ドルより14%も成長した。米国は2008年の金融危機を経て、資産は4兆5550億ドルも増加したという。台湾の総資産は3870億ドルで、増加金額は世界ランキングで16位という。


台湾のサメ捕獲量は世界で4番目

米国の「環境保護組織(PEW ENVIRONMENT GROUP)」は19日、台湾でサメを捕獲している写真や動画を公開した。なかには絶滅の恐れがあるサメもあったという。この組織によると、台湾は世界で4番目に多いサメを捕獲する国という。サメの捕獲を制限すべきと呼び掛け、絶滅の危機のあるサメを捕獲禁止にすべきという。


牛乳同時値上げの3大企業に3000万元の罰金

販売されている牛乳の価格が今月から値上がりし、乳製品も上がった。公平会は19日、3社で市場占有率9割となる味全、統一、光泉の乳製品業者に、計3000万元の罰金を科した。公平会はこの3大企業が同時に値上げしたことに対して、今後、改善を図らないと、罰金を科し続けるという。


静岡・台南間にチャーター便導入で合意

高雄市でこのほど開催された「第1回アジア都市観光サミット」で、静岡・台南間にチャーター便を導入することで、日台が基本的に合意した。来年初旬のフライトを目指す。静岡空港は離発着時に富士山が見え、富士山観光に便利。同サミットはアジア各都市の観光産業が交流する場として、日本、韓国など各国と、台湾の台南、高雄など地方都市が民間主導で開催した。

高雄地裁が日本での慰謝料判決を認める

高雄地裁は18日、台湾籍男性と離婚した日本人女性に対する慰謝料と養育費請求を認める判決を下した。女性は2004年1月にこの男性と台湾で結婚したが、07年5月に離婚。大阪地裁が被告の台湾男性に慰謝料300万円と子供の扶養費として毎月5万円を支払うとする判決が言い渡したが、被告がこれを拒否したため、女性は来台して高雄地裁に大阪地裁の判決の強制執行を求めていた。日台間に外交関係はないが、司法上相互尊重の原則から日本の裁判所の判決を承認した。


コンビニエンスストアの入れたてコーヒー値上がり

台湾のヤフー(ヤフー奇摩)の調査によると、コンビニエンスストアが牛乳を使用した入れたてコーヒーを値上げしたことに対して、「購入回数を減らす」と回答した消費者は47.3%、「今後は購入しない」は40.7%で、合わせて88%に達した。

統一超商はこれに対して、コーヒー豆が最近7年で80%値上がりし、牛乳も4年で30%以上値上がりしているものの、コーヒーの値上げを実施したことがなく、今回の値上げはこれまでのコスト増加を反映させたものだと説明している。

このほか最近、値上げを実施したコーヒーチェーンの統一星巴克(スターバックスコーヒー)は、最近3年間に増加した原料コストを反映させたと指摘している。


清華大学、化学災害・放射線事故演習を実施

台湾北部の新竹市にある国立清華大学で20日、化学災害・放射線防護緊急時演習が行われた。

同校の葉銘泉副学長は演習を行う理由として、台湾には台湾電力の原子力発電所のほか、教育・研究を目的として建設された台湾唯一の「原子炉」が同大学にあること、また同大学には研究センターや実験室が多く、扱っている有毒化学物質が120種類以上あり、年間使用量も多いため、これらの有毒化学物質を厳しく管理しなければならないことを挙げた。

同大学は毎年、放射線災害演習を行ってきたが、今年は東日本大震災の発生を受け特別に規模を拡大、化学災害や放射線事故が実際に起きたと想定した演習を行った。

.

オンラインショップの米アマゾン第2世代タブレットPCをEMS大手の鴻海精密に発注か

市場では最近、オンラインショップ大手の米アマゾンが、タブレットPC「Kindle Fire」第2世代機種の代理生産を、EMS(電子機器受託生産サービス)大手である鴻海精密(HONHAI)に発注する方針を固めたと伝えられた。新製品は来年上半期に出荷が始まるとみられる。

アマゾンが最近に発表した第1世代のKindle Fireは、低価格戦略を採用したことで、発売前のオンライン予約販売台数が初日で9万5000台に達した。11月15日の発売開始以降、第4四半期(10~12月)の販売台数は400万~500万台に達すると予測されている。

現在、Kindle Fireの第1世代機種は台湾の広達電脳(QUANTA)が代理生産を受注している。鴻海精密はすでに米アップルのタブレットPC「iPad」シリーズを製造しているほか、ソニーのタブレットPCも受注したと伝えられており、Kindle Fireの第2世代機種を受注したとすれば、世界のタブレットPC出荷量の80%以上を生産していることになる。


野党、馬総統政策は「台湾を危険に」

 台湾の馬英九総統が、今後10年を見据えた政策発表の中で、中国との「平和協定」の交渉や締結の可能性に言及したことを受け、政権奪還をめざす最大野党・民主進歩党の蔡英文主席は19日、現状の協議では「台湾の主権を危険にさらす」などとする声明を発表した。蔡主席は、中国との政治対話に理解を示す一方で、「1つの中国」の前提では中国は台湾との問題を国内問題として処理することが危惧されるとしている。


汚職疑惑、あす李登輝氏らの初公判

 外交機密費を流用したとして汚職の罪に問われている台湾の李登輝元総統と、李氏が名誉理事長を務めたシンクタンクの創設者、劉泰英氏の初公判が21日に台湾の台北地方法院(地裁)で開かれることが19日、決まった。最高機密にかかわるとして審理は非公開で行われる。最高検察署(最高検)の特別偵査組(特捜部)は今年6月、李氏らが1994年に南アフリカに3億台湾元を援助した際、後に2億元をシンクタンク設立に流用したとして李氏らを起訴した。(


馬総統「条件付きで和平対話」 中国へアピール、世論の警戒配慮

来年1月の台湾総統選で再選をめざす馬英九総統が17日に行った政策発表の中で、条件付きで中台の和平協定を締結する可能性に初めて触れたことについて、18日の台湾各紙は大きく取り上げた。専門家からは「統一に期待を寄せる中国側と、『現状維持』を望む住民の両にらみ発言」との見方が出ている。

 馬総統は台北の総統府での会見で、(1)台湾の民意による支持(2)台湾社会のニーズ(3)立法院(国会に相当)による監督-の3条件が整えば、「10年以内の和平協定の協議、締結の可能性は排除しない」とした。馬総統が中国との政治対話について、10年という期間や具体的な条件を設けて可能性を示したのは初めて。

 発言を受け、政権奪還をめざす野党・民主進歩党寄りの自由時報は18日付で、「統一への一歩」とする野党側の警戒の声などを紹介。一方、与党・中国国民党寄りの聯合報は社説で、和平協議とは従来の「三不」(統一せず、独立せず、武力行使せず)の法制化にすぎないと分析した。

 馬総統は2008年の就任以降、中台間で経済協力枠組み協定(ECFA)を結ぶなど、経済優先で中国との関係改善を推進。中国の胡錦濤政権としては、来年の総統選では野党の蔡英文民進党主席より馬総統の再選の方が望ましいのが本音とみられる。これに対し、台湾当局の9月の世論調査で、87%が「(中台関係の)現状維持」を望んでいるという台湾住民側としては、馬総統が今後どこまで対中接近を図るつもりなのかという警戒感もある。

 こうしたことから馬総統の今回の発言は、再選されれば和平協定締結を含む対中政治対話に入っていくという中国側へのメッセージであると同時に、「3つの条件が整わない限り、和平協定は締結しない」と台湾住民にも一定の安心感を与えることを狙ったものとの見方が強い。

 ある専門家は「3条件が実際に10年以内に整う可能性は低い。『再選すれば政治対話は行うが、実現は容易ではない』との意を含めている」と分析している。










【台湾ブログ】着物・浴衣に魅せられ、着付けを学んでショーに出演

2011年10月20日 11時55分12秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】着物・浴衣に魅せられ、着付けを学んでショーに出演

レコチャイより・・・

  日本人男性と結婚して10年になるという、台湾人女性のerin(ハンドルネーム)さんが、「久し振りに浴衣を着た」ということで、記念写真をブログに掲載。着物や浴衣に魅せられた思いをつづった。

  今年の6月に8年ぶりに浴衣を着た、というerinさん。「日本に来たばかりの頃、着物や浴衣姿の女性を見つけると、じっと眺めていました。とてもうらやましかったんです。そしてついに、私にも浴衣を着るチャンスが到来。花火大会に参加する時、初めて着たんです。自分で着ることはできなかったので、姑が着せてくれました。それはすべて8年前のこと」と思い出をつづり、「今では私も成長し、日本の生活や文化に溶け込みました。8年前の自分を思い出すと微笑ましくなる」と述べた。

  その後着付け教室に通い本格的に勉強を始めたというerinさんは、1人で着物が着られるようになったという。そして「なんと10月末には着付けショーの出演が決定! 優勝したいという欲はないので、成長を実感する経験になればいい」と報告。「とにかく頑張るのみです!」と宣言している。

  そして暑い夏の日に浴衣を着て下駄を履き、髪の毛をアップにして街を歩いたerinさんは、「注目を浴びて恥ずかしかった。でも堂々と歩こうと自分に言い聞かせました」と述べ、偶然会った知人に浴衣について質問され、ちょっぴり得意げになった様子をつづっている。日本文化の習得に努める、台湾女性のひとりである。




【台湾ブログ】秋の東京~大好きな吉祥寺&新宿へGO!~

2011年10月20日 11時53分36秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】秋の東京~大好きな吉祥寺&新宿へGO!~

レコチャイより・・・

  2011年秋の日本旅行の思い出を、ブログに載せている台湾人男性のfinduheart(ハンドルネーム)さん。「東京のお気に入りの街は吉祥寺と新宿」で、「到着後ホテルに荷物を置いて、すぐに目的地の吉祥寺に向かった……」と、訪ねた店や食べ歩きについて楽しくつづった。

  「ドラッグストアに行くなら吉祥寺がいい」と、台湾の友人たちに薦めたfinduheartさん。「新宿や上野よりも価格が安いのが、その理由」と述べ、「美食も多いのでグルメも楽しめる」と名店を紹介。「さとうのメンチカツはとにかく有名。前に一緒に来た友人は牛肉を食べなかったので店を通り過ぎたが、今回は1人で来たので絶対食べたい! でも大勢の人が行列を作っていたので、後で来よう」と決め、隣の和菓子店・小ざさに行ったという。そして「小ざさは羊かんと最中の名店。1日150本限定の羊かんをゲットしたい場合は、早朝4時頃から並ばないと買えないらしい。最中は5個入りを買いたがったが売り切れで、10個入りを買った。味は妻の感想を聞いてから書き込みたい」と述べ、続けてさとうのメンチカツをゲット。「それほど大きくはないが、食べごたえがあって味はジューシー。値段は手頃で、大人気の理由がわかった」と食後の感想を書いた。

  そして焼き鳥で有名ないせやへ。「1本80円の焼き鳥を食べに行った。この店は人気店で、店内に入る時も持ち帰りする時も並んで待つ人が多い。僕は3本買って食べてみたが鶏肉がおいしくて、つみれもおいしかった。でもネギは、台湾産ネギがおいしいかも……」とfinduheartさんは正直に述べている。

  満腹感を覚えずラーメンを食べたいと思ったfinduheartさんは、人気店・麺屋武蔵虎洞へ。「吉祥寺にはたくさんの有名ラーメン店があるが、迷わず武蔵虎洞を選んだ」そうだ。食べ終わると夜8時前になっていることに気づいたfinduheartさんは、「日本では店の多くが閉店準備をしている頃だろう。こういう時はどこでショッピングをすればいいのか?」と考え、24時間営業の新宿ドン・キホーテを思い出して向かった。「行ってみると、各フロアにお買い得商品があり迷いに迷った」と述べ、「もっといろいろ買い物したい!」という心残りを持ちながら、帰路についたそうだ。1日だけの散策では、買い物もグルメもまだまだ物足りない、といった様子のfinduheartさんだった。




国民党幹部ら36人 あすから訪日:台湾

2011年10月20日 03時21分08秒 | 中華民國 ニュース

国民党幹部ら36人 あすから訪日

  来年1月の台湾総統選で、再選をめざす馬英九総統の選挙事務所幹部らが17日、日本メディアと会見し、与党・中国国民党(国民党)幹部や、総統選と同じ日に行われる立法委員(国会議員に相当)選の候補者ら36人が19日から23日まで訪日すると発表した。

 立法院副院長(国会副議長)の曽永権・国民党副主席が団長を、国民党前秘書長で馬総統の選挙事務所トップ、金溥聡執行長が副団長を務める。日本滞在中、一行は与野党議員と懇談するほか、在日華僑らとも交流し、選挙での支持を訴える。


ソニーが台湾でAndroid搭載のタブレットPC「tablet S」発表、広達電脳が代理生産

ソニーは18日、OSにAndroidを搭載したタブレットPC「SONY tablet S」を台湾で発表した。すでに欧米・日本では9月に発売されている。同社のタブレットPCが台湾で発売されるのは、これが初めて。

さらにディスプレーを2画面搭載した「tablet P」は、来年初めに発売される見通し。

今回発売されるtablet Sの製造は、台湾の電子機器メーカーの広達電脳(QUANTA)が行っている。今後、ソニーがタブレットPC分野で成功すれば、広達電脳にも多くのビジネスチャンスが生まれるとみられている。

市場の消息によると、同社が開発中の裸眼による3D(立体視)タブレットPCについても、広達電脳が受注したという消息が伝えられているが、同社はコメントしなかった。


国民党の金溥聡前秘書長、早大で講演

立法院の曽永権副院長が率いる訪日団が今日から日本を訪問、同行している国民党の金溥聡前秘書長が早稲田大学で講演した。

金前秘書長は現在、馬英九総統の次期総統選選対事務所「台湾加油讃」で執行長を務めている。講演は早稲田大学の台湾研究所が企画したもので、テーマは「日台関係構築への新思考」。

この中で金氏は、馬政権が対日関係を「特別なパートナー関係」と位置づけ、「羽田―松山便」開設や「台日民間投資取り決め」が結ばれたことなどを挙げた。その上で、「中華民国と日本の関係は、経済・貿易による利益をはるかに上回るものである」とし、双方の人々の深い友情に支えられてこそ、全面的な“特別なパートナー関係”を構築することができる」と強調した。

このあと一行は日本外国特派員協会で記者会見を行うほか、自民党や民主党の幹部、また麻生太郎元首相や鳩山由紀夫元首相らとも会見し、大阪に移動したあと23日に帰台する。

.






ウォール街占拠に呼応、大学生らが台北101包囲 :台湾

2011年10月18日 05時48分12秒 | 中華民國 ニュース

テレビをよく見る中学生は暴力的傾向

中山医大公共衛生学科の陸玓玲教授の研究調査によると、中学生の暴力行為はテレビ視聴の頻度に比例していることが分かった。それによると、暴力的でない生徒が週3回テレビを2時間以上見続けると、暴力に向かう可能性がテレビの視聴が週3回以下の生徒より42%増加するという。2200人の中学生を対象に、過去1カ月で暴力行為を振るったかどうか、最近1週間のテレビ視聴頻度についてアンケート調査した。



貧富の差の拡大に抗議して44時間断食

貧富の差の拡大や国民所得の不公平な分配に抗議するために、反貧困聯盟など多くの市民団体が16日から、立法院前で「飢餓44」という座り込んで断食する抗議活動を始めた。座り込んだ11人は44時間、食事をすることなく、水だけで過ごすという。また同日は「世界食料デー」で、家扶基金会が国内で毎年は275万トンの食物が浪費されていることを訴える活動を行った。


台湾のCO2排出量5.4%減少し世界第23位

国際エネルギー機関(IEA)の発表によると、台湾の二酸化炭素の総排出量が2008年より5.4%減少した。世界順位も2008年より1つ下がって23位となった。減少幅は世界の総排出量の減少幅やOECD(経済協力開発機構)の減少幅を上回っている。台湾が経済のプラス成長を維持しながら、二酸化炭素の排出削減に取り組んだ結果という。


天灯創意大会でカボチャ天灯が1位

新北市政府は16日、平渓区で「地球を愛するエコー創意天灯大会」決勝戦を開いた。18組の選手が挑んだ。勝利を獲得したのは天灯職人の王登鴻さんが作った、ハローウイーンに似せたカボチャ型の天灯。2位も王さんが作った母鶏と子鶏の作品である。これら作品のアイデアは、すべて日常生活から来ているという。


大学教授が橋から墜落して死亡

国立聯合大学光電科の主任教授である黄富財さん(60歳)は16日夜、飲酒した後、スクーターを運転して帰宅する途中、橋の上でスクーターを停め、嘔吐や小便をした。しかし、酔っていたためバランスを崩し高さ9メートルの橋の上から地面に墜落したという。黄さんは病院に運ばれたが、死亡した。同日には同大学生の林威仲さんが、スクーターで交差点を通りかかった際に、飲酒運転の自動車にぶつけられた事故もあった。


息子に怒り母親が自殺図る

高雄に住むシングルマザーの陳さん(50歳)は、20数年間パートで働き2人の子供を成人まで育てた。一緒に暮らしている息子(25歳)は約4万元の給料があるが、母親には2000元の小遣いしか渡さないという。親子は何度もお金の問題で喧嘩を繰り返していたという。8日朝、陳さんは息子が仕事に出かけた後、旗津港で海に飛び込み自殺を図ったという。近くにいた人の通報で、無事に助けられた。


次期総統選のテレビ政見発表会を4回予定

来年1月の次期総統選挙に向けた総統、副総統候補のテレビ政見発表会が4回行われる。総統候補は3回(12/23、12/30、1/6)、副総統候補は1回(1/2)となっている。いずれも総統候補は金曜日午後8時から、副総統候補は月曜午後8時から。以前は土曜の午後に行われていたが、視聴率が低かったことや、土曜は選挙活動が集中するため、前回の総統選から変更された。


あす米日台の国会議員による安全保障シンポ

米国、日本、台湾の国会議員が初めて一堂に会する安全保障シンポジウムが17日開催される。議題は米日台のパートナーシップ関係やアジア太平洋地域の安全情勢など。会議には台湾から立法委員や安全保障の研究者ら、日本からは新党改革代表の舛添要一参議院議員、藤末健三参議院議員、米国からは下院議員らが出席する。


ウォール街占拠に呼応、大学生らが台北101包囲

アメリカから広がる、「ウォール街占拠」の運動に呼応し、世界82カ国以上、951の都市で15日、各地での「占拠運動」が。台湾でも一部のインターネットユーザーが、フィイスブック上で「台北占拠運動」を発起、15日の午前10時01分に台北市の松智路に集合して、午後1時01分に、世界で二番目に高い高層ビル、台北101を包囲した。

参加したのは国立台湾大学など各大学の学生および社会運動団体のメンバーたち。午前から集まり始め、午後1時01分には約300人が肩を組んで台北101の周りをシュプレヒコールをしながらデモ行進した。参加者によると、同活動の目的は貧富の差に対する不満を示すことで、台北の住宅価格の高騰や失業問題への不満をぶちまける人も。

午後1時25分には雨が激しくなり、徐々に解散。それでも数十人は台北101のショッピングモールに座り込み、「資本家の権力に挑戦する、搾取や財閥に抵抗する」と訴えた。


「台湾書院」がニューヨークなど米3箇所で開幕

台湾の文化や中国語の普及を目指す、台湾のソフトパワーの発信拠点、「台湾書院」(Taiwan Academy)は、馬英九・総統が2008年に総統選挙で当選した時の公約で、中華民国政府が数年前から計画を進めていたもの。「台湾書院」は台湾華語(台湾で使われる中国語)や正体字(台湾で使われる漢字。繁体字のこと)の普及、台湾研究及び漢学研究の推進、台湾の多元的文化のアピールの3つを主要な任務とする。

「台湾書院」はアメリカ時間の14日、ニューヨーク、ヒューストン、ロサンゼルスで開幕した。馬英九・総統の夫人、周美青・女史と、行政院文化建設委員会の盛治仁・主任委員は渡米、中華民国のニューヨーク駐在弁事処で、「台湾書院」の開幕セレモニーに出席した。「台湾書院」は弁事処内に設置される。

馬英九・総統はテレビ会議の方式で参加、「中華文化は5千年の歴史を経て、台湾において完全な保存と発展を実現している。台湾書院が文化交流のプラットホームとなり、世界と結びつき、中華文化を愛する人たちすべてと、悠久の歴史を持つ中華文化、台湾の特色ある中華文化を共有できるよう希望する」と述べた。


震災義援金後押し 投資協定締結 深まる日台交流、対中関係に新秩序

日本と台湾の間で相互の投資を保護、促進、自由化する投資協定「日台民間投資取り決め」が9月に締結され、日台関係に「新時代」が開幕したことを印象付けた。17日には中国進出を視野に入れた日台合作アニメ「孫中山」の制作契約も発表される。日台関係の進展の背景には、東日本大震災後の友情の共鳴に加え、台頭する中国との関係をめぐる東アジアの情勢変化があった。


『忍ぶ恋』の時代は終わった。もう堂々と恋文が出せる関係だ」

 9月23日、台北で開かれた日台交流のレセプションで、台湾側の交流窓口、亜東関係協会の彭栄次会長は、前日の取り決め締結を受けてこう表現した。

 日台関係を「兄弟」に例える彭会長は「台湾が寄せた巨額の義援金の前では2人の間柄に誰も文句がつけられなくなった」ともいう。当然、中国も含めて、という意味だろう。事実、震災支援は台湾の民衆が中心となった。コンビニエンスストア「セブン-イレブン」が6月に発表した店頭義援金額によると、1位は台湾で約3億368万円。2位の米国・カナダ(約6534万円)、3位のタイ(約1600万円)とはけた違いだった。日本側の窓口機関・財団法人交流協会台北事務所の今井正代表も「友情の大合唱ともいえる状況がおきた」と話す。日台は震災を機に「絆(厚重情誼)」イニシアチブを結び、交流の輪は今も広がり続けている。

 一方で、日台関係の急速な深まりは、中国との微妙なバランスの上に成り立っているのも事実だ。「内国民待遇」「最恵国待遇」などを柱とする投資取り決めの締結で、日台企業双方の狙いは、台湾を拠点に連携して、急成長する中国市場の開拓に乗り出すことにある。台湾は中台間でも自由貿易協定(FTA)にあたる経済協力枠組み協定(ECFA)を締結し、特定品目の段階的な関税引き下げが始まった。“後ろ盾”の米国の影響力に陰りが見える中、「日台の利害が『中国の時代』で強く一致した」と台湾の財界人もいう。

 アニメ「孫中山」の日台合作も、台湾資本が50%以上なら「年間約50本」という中国の外国映画の輸入制限が免除されるという規制緩和に伴う動きだ。9月には講談社と城邦媒体集団の出版大手同士で合弁会社設立を発表。人気漫画の中国語による電子配信などをめざしている。

 一方で、日台の結びつきとともに「台湾側の対中対話は、ますます難易度が高くなる」と馬英九政権中枢の一人は解説してくれた。中台の民間窓口機関によるトップ会談は、当初8月開催の予定が10月20日に延び、目玉の投資保護協定は持ち越しに。同調するかのように、日台の航空自由化(オープンスカイ)協定も足踏み状態だ。一部には「時間切れで来年1月の台湾の総統選後をにらむ段階に入った」という見方も。

 ただし、独立志向が強い最大野党・民主進歩党の蔡英文主席も、対中対話を見すえて「現状維持」を前面にスタンスを軟化。「選挙結果で日中台の関係が芯からゆらぐことはない」というのが大方の見方だ。

 今年はくしくも第二次大戦後、日本が主権を回復し、台湾の領有権を正式に放棄したサンフランシスコ講和条約の調印から60周年。還暦を機に始まった日台の新時代について、日本の外交官OBの一人は「東アジアに精密な均衡による新秩序が誕生した年となった」と分析している。


麻生元総理、100周年イベントに出席し支援に謝意―台湾メディア

麻生太郎元総理が、先日台湾を訪問。10月10日の建国100周年イベントに出席したほか、台中の小学校を訪問し地元の人々と交流を持った。

 テレビ局:中華電視公司(華視/CTS)のウェブニュースは、「日本の元総理、麻生太郎氏が29人を連れ台湾を訪問。百年国慶イベントに出席し、台中の健民小学校を訪ねた」と報道。「麻生元総理は東日本大震災に義援金を寄せた健民小学校の教師や生徒たちに感謝。義援金の総額は67万台湾ドル(約175万円)と高額ではなかったが、日本の復興を願う気持ちは大きい」と伝えた。

 続けて「小学生たちは、自ら描いた絵を掲げて麻生氏を歓迎。花束も贈られた麻生氏は笑顔を浮かべ、子どもたちのダンスを鑑賞した。健民小学校と日本の縁は、1999年の921台湾大地震後に結ばれた。学校の再建のために日本側は、当時7000万台湾ドル(約1億9000万円)以上の義援金を送っていたのだ。学校側は日本への感謝の気持ちとばかりに、校内に記念亭を建てている」と詳細を伝えた。また、「東日本大震災の被災者にエールを送り、その気持ちを日本に届けたいという希望から、今回麻生氏の訪問が実現した」とのことだ。

★ 台湾の小学校で175万円集めることがどれだけ大変だったか!!
   相変わらずだな~麻生!





日本からの「建国100年国慶祝賀団」一行を歓迎:台湾

2011年10月15日 20時56分03秒 | 中華民國 ニュース


陳・前総統の控訴審で一転懲役18年

台湾高等裁判所は13日、総統在任中に金融業界の再編にからんだ収賄と資金洗浄の罪で起訴されている陳水扁・前総統の控訴審を開き、1審の無罪判決を破棄し、一転して懲役18年と罰金1億8000万元とする実刑判決を言い渡した。1審では陳氏が金融機関幹部から計約7億元を受け取ったとされたが、職務上の収賄行為ではないとして無罪になっていた。また、同様に収賄や資金洗浄などの罪で起訴されている陳氏の妻の呉淑珍・女史には懲役11年、罰金1億200万元が言い渡された。



9月の出生者数が過去21カ月で最高記録

内政部がこのほど発表した最新出生者数統計によると、9月の出生者数は1万8003人で、過去21カ月で最高記録となった。1~9月の出生者数は14万2345人で、前年同期比15.94%(1万9567人)の大幅増。人口1000人当たりの出生数を表す粗出生率は8.21で、前年の7.21から1.00ポイント上昇した。同部は今年の出生者数が19万人を超える可能性もあるという。出生者数の大幅増について、今年は中華民国建国百年であることや、タイミングよく少子化対策を実施したためとみられる。


台湾版「ウォール街を占拠しよう」デモは「台北101を占拠」に

9月中旬に米・ニューヨークのウォール街で始まった「ウォール街を占拠しよう」といわれる運動は各国に飛び火し、あす15日に各国で同様のデモが行われるという。台湾でもフェイスブックで「台北101を占拠」というデモが呼び掛けられ、約4200人が賛成の意を表明しており、当日は数百人が台北101を占拠する予定という。


iPhone4Sはきょうから7カ国で発売

米アップル社はき昨日14日から、米国、カナダ、英国、日本など7カ国で、iPhone4Sを発売する。また、先日、発表された最新OSのiOS5のダウンロード数が、大量に発生している。アップルファンは新型iPhone4Sを購入することで、死去したジョブス氏を追悼するとみられている。予約台数は初日の7日だけで100万台を超えた。台湾での発売は年末からという。


来年の旧正月の航空チケットの予約は来月から

来年の旧正月連休期間の両岸間の航空便の増便が、13日深夜決まった。期間は1月9日から2月6日までで、便数の制限ないという。ただ北京、上海・浦東、広州など過密な発着空港には制限がある。遅くても来月末からチケットの予約ができるという。


第7回両岸窓口機関トップ会談19日から天津で開催

第7回両岸窓口機関トップ会談が19日から21日まで、中国・天津市で開催される。予定されているには原発安全提携協定の調印で、現在、事務レベルで締結に向け準備を進めている。以前から協議している投資保障協定については、いまだクリアされていない点があるため、今回は締結には至らないとみられる。


新竹県が「インド村」構想

行政院経済建設委員会の劉憶如・主任委員は12日、新竹県がインドからの投資専用エリア「インド村」設置計画を進めていることを明らかにした。インドからの企業誘致のため、レストランや居住施設、スーパーマーケット、娯楽施設などを設け、インド人の居住環境を整える。インド側は、IT、グリーンエネルギー、スマートカー、バイオテクノロジー、映画などの分野での進出に意欲を持っているという。


台湾の富裕層が13.7%増加

富裕層向け資産管理会社「メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメント」と仏コンサルタント会社「キャップジェミニ」が13日公表した調査報告によると、2010年の台湾の富裕層が前年の8万2800人から9万4100人に増えたことが分かった。率にして13.7%の増加。保有資産は前年比14.7%増の3020億米ドルに達した。株式と不動産市場での好調が続いたことが、その原因という。自ら使用する不動産や耐久消費財など以外に、100万米ドル以上の投資可能資産を保有することが、富裕層と定義されている。


観光地の日月潭と阿里山を結ぶバスが運行開始

バス会社の員林客運は10日、日月潭(南投県)-阿里山(嘉義県)で運行を開始した。毎日2往復で午前7時、9時に日月潭の水社遊客中心を出発し、阿里山に到着するまでに向山、信義農会(農協)梅子夢工廠、和社、塔塔加に停車する。阿里山の発車時刻は午後1時、2時。


台湾の児童、5人に1人が近視

台湾の児童の5人に1人が近視であることが、衛生署国民健康局の調査でわかった。

国健局が5年ごとに行っている6歳から18歳の児童・青少年を対象とした視力調査によると、1990年当時の小学1年生の近視率は6.5パーセントだったのに対し、2010年度の調査では21.5パーセントまで上昇、小1児童の5人に1人が近視であることが判明した。

これとは別に、2009年の国民健康調査では、3歳から6歳の就学前の子供がTVやパソコンなどのモニターに向かう時間は平日で2時間以上、休日は3.5時間となっており、7歳から11歳の児童では休日で5時間にも及んでいる。

台湾大学付属病院の林隆光眼科医は、子供は近視になると進行が速く、眼軸がいったん長くなると網膜はく離や黄斑変性を発症し、失明の可能性も出てくると警告。両親が多忙を理由に子供に電子機器を与えると近視になりやすいため、子供の視力維持のため、ひいては親子関係の促進のためにも、両親は子供を屋外に連れ出して一緒に遊ぶようアドバイスしている。

.
台北市のSOGO商圏、店舗価格が1坪当たり900万台湾元

住宅情報サイト「HouseFun」によると、台北市のSOGO商圏、信義商圏、西門商圏の店舗価格を比較した場合、SOGO商圏が1坪当たり900万台湾元で最高だった。月間賃貸料も1坪当たり2万5000台湾元に達し、3つの商圏中で最高となった。SOGO商圏には年間の営業収入が200億元近くの太平洋崇光百貨(そごう)忠孝館がある。

一方、信義商圏は映画館の威秀影城、新光三越百貨新天地などが開設された後、台北国際金融ビル(通称=台北101)などがオープンした。最近も多くのデパート、高級ホテルが相次いで進出している。店舗価格は1坪当たり550万台湾元、賃貸料は1坪当たり4500~1万1000台湾元に達している。


王金平・立法院長が日本からの「建国100年国慶祝賀団」一行を歓迎  
《2011年10月12日 台湾週報》

 10月9日夜、王金平・立法院長(国会議長)は、中華民国建国100年双十国慶節祝賀式典に出席のため、訪台した「中華民国100年国慶日本慶賀団」の一行を歓迎し祝宴を開いた。会場には、麻生太郎元首相、中華民国(台湾)を支援する日本の超党派の国会議員で組織された「日華議員懇談会」の会長である平沼赳夫・衆議院議員らも出席した。

 王院長はあいさつの中で、「東日本大震災は未曾有の被害をもたらしたが、台湾人はこれを我が事のように感じている。同震災発生後、台湾の政府はただちに1億元(約2億6,000万円)の寄付を発表すると共に、救済物資の提供に協力した。現在までに台湾の民間および政府から日本への義援金は日本円で180億円を超えた。この額は被災地区の復興・再建にはわずかな額ではあるかもしれないが、台湾人の日本に対する思いやりと貴重な友好関係を十分に示すものである」と強調した。

 さらに、「台日間には正式な外交関係はないが、双方の関係は良好で緊密であり、経済・貿易、文化、観光、スポーツ、若者などの交流面においてはきわめて活発に行われている。両国の国民は互いに励まし合い、さらには好感をも持っている。わが国の駐日代表処が今年行った調査によると、67%の日本人は台湾に対し親近感を持っており、84%が台湾は信頼できると考えており、91%が台日関係は良好であると認識しており、喜ばしい限りである」と紹介した。

 また、「日本人は大きな災難に遭った際にも、冷静で、粘り強く、理性的な民族性を示し、世界各国の人々の手本であると賞賛され、台湾人もこれを大いに学んだ。さらには、このような親友を持っていることは台湾人の誇りでもある」と賞賛した。

 麻生元首相はあいさつの中で、同日午後に台中市にある健民国小(小学校)を訪問し、同校から東日本大震災の被災者への義援金寄付に対し感謝の意を示したことを紹介した。平沼・会長は、「100年あまり前に、日本の政財界の人々が孫文の革命を支援した。日本人として私は、かつての日本人が孫文の革命を支援したことを誇りに思っている。私の事務所にも孫文の墨宝『天下為公(天下もって公と為す。天下 は為政者のためにあるのではなく、公民の為にあるという意)』が掛けてあり、毎日これを見て常に自分を戒めている」と述べた。





【台湾ブログ】社員旅行で日本へ

2011年10月14日 06時12分40秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】社員旅行で日本へ……家族がついて来るので欠席!?

レコチャイより・・・

  会社勤めをしている台湾人女性の往前衝(ハンドルネーム)さんが、「社員旅行をあきらめなければいけないかも……」とブログにぼやき。家族が一緒に行きたがっているため、参加するのが難しくなってきたという。

  社員旅行の行き先が日本に決まって、張りきっていた往前衝さん。「もう何年も海外に行っていないし、その上行き先は日本!」と喜び、「夫が同行したいと言ってきた。でも費用は高く、毎日温泉三昧というスケジュールは子どもたちには向かない。なので“今回はパパと2人で行って来る”」と子供たちに伝えたそうだ。

  子供たちは少し怒っていたが、すぐにおとなしくなり安心したという往前衝さん。でもホッとしたのは束の間。テレビにマンガ、子どもたちは事ある度に、日本の話題を出すようになったという。「テレビをつけると日本の音楽番組が流れたので、“つまらないからチャンネルを変えて”と息子に言うと、“もうすぐ日本に行くので、日本の歌を聞かなきゃいけない!”とダメだしされた」、「夜になると息子は日本のマンガを持って来て、地名や人名を覚えなきゃと声をかけて来る」など、とにかく日本の話題ばかり出すようになったという。そしてついにスーツケースを用意して、旅支度。「“パパ、ママ! もういつでも日本に出発できる”と笑顔を見せた」そうだ。

  「今回は連れて行かないと言ったのに、どうして子どもたちはこんなに日本行きを楽しみにしているの?」と、戸惑ってしまった往前衝さんは、「私が行くなら、子どもたちを連れて行かなければいけない状況になりそうだ。うれしそうな姿を見ると、自分だけ行くのは恥ずかしい。なので、費用面で行けるかどうか検討しよう。それとも社員旅行はあきらめ、お金をもらって家族旅行に当てるべきか」と考え始めたそうだ。数年ぶりの海外旅行に期待していた往前衝さんだが、“ついて行きたい”という子どもたちの思いと、日本の話題を小出しにしてその気にさせる作戦に降参することになってしまいそうだ。






女子バレー・北朝鮮コーチ、敗戦の憂さ晴らしにコンビニで万引き:台湾

2011年10月14日 05時12分18秒 | 中華民國 ニュース

台東の八百屋の陳さんがまた寄付

昨年、米国の雑誌『タイム』が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた、台東市の陳樹菊さん(60歳)は10日、中華民国赤十字総会に100万元を寄付した。陳さんは同市中央市場で野菜を売っているが、母校の小学校の図書館建設のために450万元を寄付したり、児童福祉施設で児童に援助したりしている。陳さんはこの日、台北市の総統府前で開かれた中華民国100周年の祝賀式典に招かれて出席した後、2月に出版された自伝の印税と貯金などを合わせて計100万元を同赤十字総会に持参した。


太子自動車で9か月分の給料欠配、社員らがストライキ

日本の自動車の鈴木を代理している、社員800人の太子自動車が社員の給料9カ月分を支払っていないことが分かった。社員組合は11日、各拠点にいる社員710人の給料が支払われるまで無期限ストライキに入ると発表した。同日全国にある鈴木の展示センターや自動車の修理工場は6割以上が営業停止になっているという。



工場のガス爆発で8人が怪我

運動用機材を生産している力伽實業会社の台南科技工業区にある工場で11日、燃焼ガス炉が爆発した。この爆発で作業員8人は飛び散ったガラスなどで火傷や怪我を負った。いずれも病院に運ばれたが、命に別状はないという。300坪の工場は爆発により崩壊した。現在、爆発を調べているという。


高雄市文化局が古い映画館取り壊しを阻止

64年の歴史を持つ高雄市の大舞台映画館は12年間の営業停止を経て、最近、建物を取り壊す動きがあることが発覚。高雄市文化局は急きょ現場へ人員を派遣して、映画館を「暫定古跡」と認定した。所有者と相談した結果、取り壊しを止めることで話しがついた。同市鹽埕区建国路に位置するこの映画館は、同市で最も古い映画館。


新しい寮の家賃は現在の2倍?!

台北市の政治大学は古い校舎や学生寮を改修するため、寮生の女子学生761人に対して、後期から新設の寮に引っ越すよう要求した。家賃は現在最低の6600元から2.3万元以上に引き上げられるという。上げ幅は2倍以上となるため、学生らは学校に対して苦情を寄せた。学校側は公開聴取会を開き、その際に説明をする予定。


SONYは世界に160万台の液晶テレビを回収

SONYは12日、世界中で販売された160万台の液晶テレビBRAVIAを修理するため、回収を呼び掛けた。テレビ内部のパーツ不良のため、テレビが溶けたり燃えたりする恐れがあるという。代理商によると、台湾では1台の40インチ液晶テレビを回収するだけというが、他のルートで購入したものについても、自らSONYに届けてほしいと話している。


<女子バレー>北朝鮮コーチ、敗戦の憂さ晴らしにコンビニで万引き

2011年10月11日、台湾・NOWnewsは記事「国際的な大恥=北朝鮮女子バレー監督、アジア選手権での敗戦後に憂さ晴らしで窃盗」を掲載した。

今年9月、台湾で2011年女子バレー・アジア選手権が開催された。大会に参加した北朝鮮代表は5~8位決定戦に臨んだ。18日、チャイニーズタイペイ代表との試合で敗戦、最終的に6位で終わっている。

その18日夜、アシスタントコーチのJang Kyong Su(44歳)とトレーナーのRi Chol Gyu(42歳)は宿舎から500メートル離れたコンビニに立ち寄り、カミソリや下着、靴下など10点、1712台湾ドル(約4360円)相当を盗んだ。

盗みに気付いた女性店員が追い掛け、未払いだと英語で伝えたが、2人は朝鮮語しか話せないふりでごまかそうとした。それでも無理だと悟ると、10ドル(約770円)を渡して立ち去ろうとして女性店員ともみ合いになったが、ちょうどやってきた警察に逮捕された。

警察の取り調べに2人は「むしゃくしゃしていた。自分が何をやっているか、よくわかっていなかった」と回答している。間もなく大会も終わるとあって2人は起訴猶予処分となった。



陳前総統に懲役18年 金融改革収賄案2審で

台湾高等裁判所は13日、在任中の収賄および資金洗浄の罪で起訴されている陳水扁前総統に対し、1審の無罪を覆し、懲役18年・罰金1億8000万台湾ドル(約4億5700万円)・公民権剥奪9年の有罪判決を下した。

陳前総統は退任後の2008年、在任中の収賄や国務機密費横領などで起訴された。うち、金融機関の合併にからむ6億台湾ドルあまり(当時約17億円)の収賄については、昨年11月の1審で、金銭のやり取りはあったが検察側の言う「総統職務上の収賄行為」とは判断できないとして無罪になっていた。

金融改革収賄案では、陳氏の家族らも収賄や資金洗浄などの罪で起訴されており、陳氏の妻(呉淑珍)には今回、懲役11年、罰金1億200万台湾ドル(約2億6000万円)、公民権剥奪8年が言い渡された。陳氏、呉氏いずれも上告が可能。

.













各地で建国100年祝賀イベント:台湾

2011年10月12日 03時54分36秒 | 中華民國 ニュース


建国100周年を祝う式典で軍事パレード

中華民国の建国100周年を祝う式典が10日、台北市の総統府前で開かれた。式典で馬英九総統は「孫文がかつて中国では実現できなかった理想を、台湾で達成した」と、挨拶した。日本からは自民党の麻生太郎・元首相や超党派の国会議員で構成する「日華議員懇談会」の平沼赴夫会長ら多数が出席した。式典の開幕は、過去最大規模といわれる軍事パレードで、約1800人を動員して装甲車や戦闘機、ミサイルなどの最新兵器を次々と披露した。注目されたのは、パラシュートチームの5000フィート上空からの降下。半数が予定通り目的地に降り立ち、観衆から拍手喝采を受けていた。



入場証明がないため1000人が式典会場に入れず

今年の建国祝賀は100年記念とあって、10日明け方から1000人以上が総統府前に集まった。しかし記念式典会場に入るには入場証明が必要だったため、多くの市民は会場外のエリアでそのまま国旗を掲げ、国歌を歌ったという。会場の安全検査は厳密で、入場証明のほか、金属探知ゲートを通らなければならなかった。


各地で建国100年祝賀イベント

中華建国100年祝賀の花火大会は10日夜、台北市・大稲埕と彰化県彰濱工業区で開かれた。この2カ所の花火大会で計約50万人が花火に歓声を上げた。このほか建国祝いのイベントとして、台中円満劇場でミュージカル『夢想家』が上演された。あいにく雨だったが、数千人の観客が観賞したという。原住民歌手の胡徳夫さんの歌声が響いた。


麻生・元首相らが義援金集めた台中・健民小を訪問

麻生太郎・元首相が率いる自民党青年局祝賀団約30人が9日、台中市の健民小学校を訪れた。同小の先生と生徒らが東日本大震災発生後に約67万元の義援金を集め、日本に送ったことに謝意を表明するため。同小は1999年9月の台湾大地震の際、校舎倒壊の被害を受けたが、日本からの義援金などで建て直した。


蔡・民進党主席「台湾は中華民国」と発言

来年1月の総統選挙に出馬する蔡英文・民進党主席は8日、遊説先の高雄市で「台湾は中華民国」と発言した。蔡氏が台湾を中華民国と明言したのは初めて。さらに蔡氏は国民党に対して「政権運営に不満はあるが、台湾の民主化に参与している」と述べた。「台湾イコール中華民国」とした背景には、民進党が政権を奪還した際の中国との関係改善の配慮があるものとみられる。


墾丁の有名海産物料理店がホテルに進出

墾丁で有名な海産物料理店「阿利海産」が台中永豊棧ホテルに進出した。ホテルのロビーには大型の水槽が設置されており、注文を受けたらすぐに新鮮な海産物を調理できるという。一方、瑞石旅館グループは、台中市霧峰にある音楽文化園区内に台湾で初となる音楽旅館を設けた。館内には音楽の種類ごとに、それぞれのリビングルームがあるという。


ハトレースの100匹以上のハトを乗せた漁船

南海ハトレース協会は9日ハトレースを行い、午前7時に約1万数匹のハトを台湾の西南方向150キロの海域で放した。天候が悪かったため、昼前には2~3割のハトしかハト小屋に戻らなかったという。高雄籍の漁船「金洁億」号が高雄の外海で作業している際、海面に落ちた数十匹のハトを発見し、救い上げた。漁船は船にいたハトと合わせて、100匹以上のハトを港付近まで運んだ。

民国100年10月10日結婚ブーム 5634組が入籍

中華民国暦で「100年10月10日」とごろ合わせのよい記念日となった国慶節の昨日、台湾全体で5634組のカップルが婚姻届を提出した。

100年10月10日の昨日、台湾各地では「記念日に入籍を」というカップルたちの婚姻届提出が相次いだ。届け出数が最も多かった自治体は新北市で、1261組。新北市政府は「民国100年」の結婚ブームを盛り上げようと10日、合同結婚セレモニーを開催、参加した125組の新郎新婦が熱い誓いのキスを交した。

台湾は少子化が深刻で、昨年度の合計特殊出生率は初めて1を切り、世界最低を記録している。その背景には婚姻率の低下があるとされているが、内政部の統計によると、今年1月から9月の婚姻届け出数は10万6066件で、昨年の同じ時期よりも6853件(6.91%)増えている。

中華社会には数字で縁起を担ぐ習慣があり、今年の元旦(民国100年1月1日)には7050組が入籍している。今年は中華民国建国100年の節目に当たることもあり、婚姻件数の増加が期待されている。

.

麻生元首相ら、台湾小学校義援金に謝意

 麻生太郎元首相を団長とする自民党議員団約30人が9日、台湾を訪れ、小遣いを持ち寄って東日本大震災の義援金を日本に送った台中市の建国国民小学校を訪問し、謝意を表明した。


台湾4年ぶりの大規模軍事パレード

清朝を倒した辛亥革命から100年となった10日、台湾当局は台北の総統府周辺で「中華民国建国100年」を祝う式典を開催した。

 4年ぶりに大規模軍事パレードが行われたほか、馬英九総統が演説し、中国に対して「(辛亥革命を主導した孫文が理想とした)自由で民主的で国民が等しく富める国家建設を目指すべきだ」と呼びかけた。

 軍事パレードは、独立志向が強かった陳前政権時代の2007年10月10日に実施された時と同規模。主力戦闘機、装甲車が動員されたほか、独自開発した対艦ミサイルを搭載した発射装置などが公開された。 .


<辛亥革命100年>消えた中台共同開催式典 台湾、取り込み警戒

 辛亥革命100周年を重視するもう一つの当事者、台湾。馬英九総統は、中国との最大の違いとして「自由と民主」を強調する。3日に総統府直属のシンクタンク・中央研究院で開かれた辛亥革命100年を振り返る学術会議で馬総統は「国父・孫中山(孫文)が中国大陸で実現できなかった理念を、台湾で徐々に実現してきた。台湾の自由と民主は真に国父の精神を継承した」と語った。

 辛亥革命によって1912年に成立した中華民国。台湾では10日、「中華民国建国」を祝う100回目の式典が開かれる。当初は記念行事を中台で共同開催する案が浮上していた。馬政権が08年5月に発足して以来、陳水扁前政権時代に緊張状態に陥った対中関係の改善が進み、中国側はさらに共同開催で中台の同族性を世界に示し、「一つの中国」を印象づけようと考えていた。

 中華民国の国民党政権は中国大陸で中国共産党との内戦に敗れ、1949年に台湾に逃れた。中台分断後も台湾では「中華民国」の年号を使い、「中華民国は存続している」という立場だ。一方、中国は「中華民国を倒して中華人民共和国を建国した」という立場で台湾側とは相いれない。中台は経済を中心に交流を深めているが、「誰と誰」の交流なのかを突き詰める政治問題は脇に追いやられたままだ。

 辛亥革命の序章とも言える1911年3月29日の反清朝武装蜂起「黄花崗起義」を記念する中国のイベントには、台湾の呉伯雄・国民党名誉主席が出席する計画だったが、結局、取りやめとなった。台湾にとって「中華民国」を認めない中国側との協調は、中国に取り込まれた印象をぬぐえない。来年1月の総統選で再選を目指す馬総統が「台湾の主権をないがしろにした」と批判されるのは必至だ。

 台湾の中でも矛盾はある。辛亥革命は中国大陸での出来事だ。辛亥革命の当時、台湾は日本に統治されていた。中台分断で中国大陸から台湾に逃れてきた外省人やその子孫と、もともと台湾で生まれ育った本省人やその子孫とでは、辛亥革命を「我がこと」と思うか否かの差は大きい。

 辛亥革命に焦点を当てると、両者の根深い対立に火をつけかねない。外省人である馬総統が、10日の式典を辛亥革命100周年ではなく「中華民国100年」としたのにはこうした背景もある。

 「中華振興の大願は海峡両岸(中台)の同胞がともに追求すべき目標」「ともに中華民族の偉大な復興を実現させる歴史的なチャンスを迎えている」。胡主席は9日の演説でこう強調し、台湾側に「平和的な方式で統一を実現することは台湾同胞を含む中国人民の根本的な利益に最も合致している」と呼びかけた。だが、辛亥革命100周年を巡る中台の立ち位置はあまりにかけ離れているように見える。









日本のインフラ整備に感謝する台湾、中国人には信じられない:台湾

2011年10月11日 07時51分13秒 | 中華民國 ニュース


日本のインフラ整備に感謝する台湾、中国人には信じられない―中国

2011年10月6日、中国のジャーナリスト、王錦思(ワン・ジンスー)氏はブログで「台湾、香港は侵略者のため記念碑を建てた」と題した記事を発表した。

8月、黒竜江省ハルビン市方正県が建てた満州開拓団記念碑が話題となった。中国のネット世論は沸騰、記念碑にペンキをかけた5人は「荘子」とたたえられ、ついに方正県は記念碑撤去を余儀なくされた。

かつて周恩来首相は日本国民も軍国主義の被害者だと言ったが、中国の人々はいまだに強い反日感情を抱いている。だが台湾では状況は異なると学者の林泉忠(りん・せんちゅう)氏は指摘する。確かにその通りだ。

今年5月、台湾に八田與一記念園区が落成した。八田氏は日本植民地時代の台湾で上下水道の整備を担当し、烏山頭ダムなど当時アジア最大の水利プロジェクトを成功させた。落成式に出席した台湾の馬英九(マー・インジウ)総統は「異なる歴史観で日本植民地時代の台湾の愛憎をとらえて欲しい。八田氏が残した水利施設は戦後、台湾人に多大な恩恵をもたらした」と発言している。

中国では八田氏は植民地主義の代表者ととらえられており、台湾の評価とはまったく異なる。今後、中台統一が実現したとしても、自分たちの仇敵が台湾人の感謝の対象だと気づいた時、中国の人々は薄ら寒い思いをすることになるだろう。

●王錦思(ワン・ジンスー)
吉林省出身、北京在住のジャーナリスト。北京大学でメディア学を専攻。日中歴史問題や抗日戦争史を研究課題としている。著書に「日本行、中国更行」。11年3月に日本で「中国『反日』活動家の証言」を出版。


台湾民進党の蔡英文主席訪日=日本メディアの冷淡な扱い―日本華字紙

2011年10月8日、日本華字紙・日本新華僑報は、日本を訪問した台湾総統選候補、民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)主席がメディアの扱いが小さかったと不満を抱いていると報じた。

3日から5日まで日本を訪問した蔡主席は、与野党議員と会談し、外国特派員協会で講演するなど積極的に活動した。地域安全保障問題については、日米安保の重要性を認め、また台湾と日本の対話を深めることに意欲を示すなど、総統選マニフェストを改めて説明した。

しかし、日本メディアの反応は鈍く、大きく扱われることはなかったと不満を抱いたと消息筋は明かしている。日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は、蔡主席の「台湾独立」の主張は目新しさを欠くため扱いが小さいのも当然だと主張。馬英九政権下でつちかわれた中台の平和的対話の中断を誰も望んでいないことを、蔡主席も悟ったと評した。(翻訳・編集/KT)


台南で台日文化交流イベント 剣道の招待試合が開催

台湾南部の台南市で8日、「日光のパワーと魅力 台日文化交流・剣道招待試合」が開幕、10日までの期間中、栃木県日光市からの訪問団が日本の伝統芸能を披露するほか、台日間で剣道の交流試合も行われる。

台南市と日光市は友好都市関係にあり、今年5月には、東日本大震災で打撃を受けた日光の観光産業復興のため、頼清徳台南市長率いる300人規模の訪問団が日光を訪れている。

今回の交流イベントは日光側の答礼訪問に合わせて企画されたもので、訪問団長をつとめる阿部哲夫日光市副市長は、これを震災の影響から立ち直り観光を再興させる契機としたい、と述べ感謝を示した。

イベントの目玉は、孔子廟文化エリア内の武徳殿で行われる、台南市剣道協会と日光市剣道連盟との本格交流試合だ。頼台南市長は、台南市は台湾の中でも、日本の剣道の伝統を護り今日に受け継いでいる代表的な存在であり、歴史ある武徳殿での今回の交流試合は大変意義深い、と歓迎している。

.
軍用機を目玉に「国防展演」予行演習

中華民国建国百年を祝うため、政府は10月10日の国慶日に戦闘機を主とする軍用機70機を目玉に戦力展示の「国防展演」を行うため、8日最後のリハーサルを実施し、総統府広場に集まった千名以上の観衆から熱烈な拍手喝采を受けた。

午後2時からの予行演習は三軍楽団、儀仗隊のパフォーマンスで幕を開け、続いて空軍のS-70C輸送ヘリコプターをはじめ、、陸軍のOH-58D戦闘捜査ヘリコプター、UH-1H輸送ヘリコプター、AH-1W攻撃ヘリコプター、CH-47SD輸送ヘリコプター、空軍のBH-1900輸送機とC-130H輸送機を総統府の上空をゆっくりと通過した。

その次ぎにF-16戦闘機、IDF戦闘機及びミラージュ2000戦闘機が急速低空飛行、赤、白、ブルー三色のカラスモークをだした「雷虎チーム」のAT-3機7機を空中オンパレードの予行演習を締めくくった。

陸上には、来年の廃止が予定されている憲兵のオートバイ連隊のほか、2009年の「八八水害」の救援活動で大活躍した水陸両用戦闘車「AAVP7」、 配備する予定のUAV無人偵察機、「空母キラー」として注目されている国産ミサイル「雄風二型」、「雄風三型」、対空武器、対軍艦武器、武装車両などの各装備が次々に登場した。

今年の戦力展示はかつての「軍事パレード」から民主時代に相応しい「国防展演」に取って代わられている。 国防部では、1800名以上の軍人を動員し参加する「国防展演」を通じ、防衛の決意を示すと共に国民の国家安全に対する自信を高め、また国防力の近代化と災害防止・救援システムの整備に取り組んできた成果をアピールしたいとしている。

.
台湾旅客の入国ビザ免除が124国と地域に増加

馬英九総統は8日、西アフリカのブルキナファソ (Burkina Faso)は中華民国の国民に入国ビザ免除優遇を決めたと表明した。入国ビザ免除、またはランディングビザの方式で訪れることのできる国や地域は124に達している。

馬総統は8日午前総統府で中華民国建国百年祝典参加のため訪台しているブルキナファソのブレーズ・コンパオレ大統領と会見した。午後馬総統は国慶展示会で同国からの入国ビザ免除優遇を発表した。

馬総統の就任以来、中華民国の国民が入国ビザ免除、またはランディングビザの方式で訪れることのできる国や地域を就任前の54から124に増やしてきている。

馬総統は、1943年1月11日英国と米国は中華民国と不平等条約を廃除したことと今年の1月11日に欧州連盟が中華民国の国民に入国ビザ免除の優遇を提供したことは歴史の偶然ではなく、次植民地の国から「正常の国」に移り変わったことを象徴し、今日国民が他国から礼遇される国に発展してきたと述べた。

.




【台湾ブログ】沖縄県民は野球好き!

2011年10月09日 18時42分23秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】沖縄県民は野球好き! 高校の野球部はレベルが高い

レコチャイより・・・

  沖縄の情報をブログで紹介している、okinawa2gotw(ハンドルネーム)さんが、「興南高校は野球が強い」と紹介し、日本の高校野球事情についても説明した。

  「高校野球は相撲に続く国技と言ってもいいほど、日本では確固たる地位を築いている。年に2回、兵庫県の甲子園球場で開催される全国大会は多くの日本国民に注目され、日本中を熱くさせる」と述べたokinawa2gotwさん。「甲子園に行けるのは地方予選で優勝したチームで、春は32校・夏は49校が集合。実力を持ったチームが甲子園に集まるのだ」と、台湾の人々に向け概要を伝えた。

  そして「沖縄代表となった高校チームは、全国で通用する強さ」と褒め、「興南高校は2010年に甲子園で春夏二連覇を飾り、史上6校目の快挙を果たした。プロ野球界にも優秀な多数の選手を送っている」とレベルの高さを紹介。

  また「沖縄県民は野球好き」、「高校野球やプロ野球、沖縄で合宿やキャンプを行うチームも多い」などと述べ、沖縄は野球関連の話題が盛んだということを、伝えている。



国立成功大学骨粗鬆症の治療に一石:台湾

2011年10月09日 06時06分13秒 | 中華民國 ニュース

台湾への中国人観光客が毎月増加、9月は前月比22%増

 台湾観光管理機関が6日に発表したデータによれば、台湾への中国人による個人旅行が6月末に解禁されて以降、台湾への個人観光客は毎月増加している。9月は4200人を超え、8月に比べ22%増となった。中国国際放送局が報じた。

 一方、台湾出入国機関のデータによると、台湾への中国人観光客の申請人数は、9月は1日平均232人だったが、国慶節の連休を迎え、1日あたり600人を超えるほどとなっている。(


台北101、今年も利益獲得で2年連続黒字に

台北国際金融ビル(通称=台北101)は上半期の税引後利益が1億9000万台湾元を超えた。法人投資家は、同社の今年通年の税引後利益が3億8000万台湾元、EPS(1株当たり税引後利益)が0.27台湾元に達し、2年連続で利益を獲得すると見込んでいる。

同社は購物中心(ショッピングセンター)で他社より早く9月15日に周年慶(アニバーサリー・セール)を開始し、10月10日まで実施している。テナントの3分の1が改装工事を行っているものの、周年慶のこれまでの営業収入は昨年同期比20%増加している。

同社は今年の購物中心の営業収入が80億台湾元を超え、展望台の入場料、オフィスビルの賃貸料を合わせると110億台湾元に達すると見込んでいる。


雄獅旅遊(Liontravel)が3億台湾元投じて観光バス事業へ

旅行業界大手の雄獅旅遊集団(Liontravel)は6日、3億台湾元を投じて大型の観光バス35台を購入し、新会社「雄獅通運」を開設して観光バス事業を行う考えを明らかにした。同社はすでに観光バスの設立許可を得ており、当初は35台を導入する。将来は観光バスの台数を100台以上にまで増やし、台湾の観光バス市場のトップブランドになることを目指す。

「観光バスは単なる移動の手段ではなく、旅行の一部です」と語る王文傑・董事長(会長)は、観光バス会社を通じて本業の観光業務のサービス充実を図りたいと考えている。観光バス事業により、これまでより年間1億2500万台湾元の収入増加が期待できる。

同社によると、今年の営業収入(売上高)は250億台湾元に達する。また証券会社の指導により、2年以内に株式を台北株式市場に上場することが可能な状況。

交通部観光局の統計によると、中国人観光客の増加を受けて、今年1年間に台湾を訪れる外国人旅客の数は延べ600万人を超える見通し。しかし観光局は、中国人観光客を案内するために運行する観光バスは製造から5年以内の新車でなければならないと規制しているため、台湾の大型観光バス市場では、供給が需要に追い付かない状況となっている。

こうした大型観光バス不足の状況を打開するため、東南、鳳凰、山富といった大手旅行会社はそれぞれ新車の購入、あるいは借り上げで対処している。このうち鳳凰は運輸業者と共同出資して新会社を立ち上げ、観光バス事業を行っている。



中国の江蘇台湾啤酒公司、来年7月から淮安工場で台湾ビールの生産開始へ

江蘇台湾啤酒公司は来年7月、1億米ドルを投じた江蘇省淮安市の工場で生産を開始する予定。年産能力は20万トンに達する見込み。

同社は、台湾出身の陳世雯・董事長(会長)の主導により2010年に設立。台湾菸酒(TTL)から「台湾啤酒(台湾ビール)」ブランドの代理権、技術を取得しているため、中国で缶ビール、瓶ビールを生産できるほか、上海市、浙江省、江蘇省などで販売することもできる。一方で、同社は台湾菸酒に1瓶当たり0.5台湾元の権利金を支払うことが必要。

同氏によると、中国で販売されている台湾啤酒は台湾から輸出されたもので、運送コスト、関税コストが高い。数カ月前から浙江省温州市のビール工場に委託して、温州で生産した台湾啤酒を販売し、需要に即した味への調整を行っている。

同市は中国のビール市場の規模が大きく、同社の年産能力50万トン分すべてを販売してもシェア1%にとどまると強調している。3年以内にシェア0.5%、5年以内に1%達成が目標。


両岸の漁船、北海道沖で衝突 中国大陸船は沈没

北海道根室市納沙布岬の東方約900キロメートルの海上で6日未明、漁船から救難信号が発信され、捜索に向かった第一管区海上保安本部(小樽市)が上空から転覆船一隻を確認した。

転覆したのは中国大陸船籍の漁船「国際909」で、6日午前2時ごろ台湾船籍の漁船「穏春号」と衝突、沈没したが、乗組員40人全員が「穏春号」に救助され無事という。

台北駐日経済文化代表処札幌事務所によると、「穏春号」は1~2日内に最寄りの北海道の漁港に寄港できると話していて、現在大陸側と事後処理の交渉中という。

.
新北市、災害管理国際シンポジウム開催

新北市政府は6日、グローバルな気候変動による被害に備え、同市における災害の予防・救助技術などが国際レベルに達するよう、「2011災害管理国際シンポジウム」を開催した。

シンポジウムには台湾の専門家のほか、日本、アメリカ、オーストラリア、香港からも5人の専門家が参加し、それぞれの経験を分かち合った。

席上で、東日本大震災後福島第1原発事故の冷却作戦で10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁第6方面ハイパーレスキュー隊の高山幸夫総括隊長は、すべての隊員は被爆の恐怖を感じながらも犠牲になる覚悟で作業に当たっていたと述べたほか、台湾からの支援に対しても感謝の意を伝えた。

高山氏はまた、当時、自分の指示に間違いがないかどうかわからないが、事故現場に行かなかったら、指示できないのが確実だと語った。

行政院公共工程委員会の李鴻源主任委員は「ハードよりソフトが、平時より災害時が、中央より地方が重要だ」と強調するとともに、災害の予防・救助の重点は「資源と情報の周知徹底だ」との見解を示した。

.
国立成功大学、骨粗鬆症の治療に一石

国立成功大学生物化学研究所の張明熙・教授の研究チームが今年9月、骨粗鬆症が病気に転じる原因について、世界的権威のある医学雑誌『Journal of Experimental Medicine』で新たな見解を発表した。骨粗鬆症の治療に一石を投じる発見として注目される中、この発表内容が新たに2つの医学雑誌に取り上げられることになった。そのうち1つは、カバーストーリーとして掲載される。

張明熙・教授のチームは、インターロイキン20が破骨細胞の生成と分化を促進することを発見した。張教授らはこの発見の正しさを証明するため、体外実験を行い、その結果、インターロイキン20が重要な要素であることを突き止めた。

この発見について、張教授はすでにアメリカで5つの特許を取得しており、今後は海外の製薬会社と協力して、早


国慶節、一時帰国する華僑2万人強

行政院華僑委員会の薛盛華・副委員長が7日に明らかにしたところによると、今年、双十国慶節の式典に参加するために海外から帰国する華僑は、現在登録されているだけでも2万1660人に達する。これは過去20年間で最多。このため行政院華僑委員会は、10月9日午後3時から開催予定の華僑の人々のためのレセプションを、同じ日の午前9からも1つ追加して開催することを決定した。


10月10日の双十国慶節祝賀イベントが横浜中華街や横浜中華学校で開催

 今年、中華民国は建国100周年にあたり、10月10日は建国記念日に相当する「双十国慶節」となります。横浜華僑総会、横浜中華学院はこの2つの慶事を祝し、10月9日(日)と10日(祝)の2日間、横浜中華街および横浜中華学院校庭で祝賀イベントを行います。

 中華民国の歴史は、多くの革命志士たちが1911年10月10日に決起した「武昌起義」の成功により清朝を打倒し、近代的な共和制国家を樹立したところから始まります。この1911年が「辛亥」(干支を組み合わせたもの)の年であることから辛亥革命と命名され、武昌起義の起点となった「十月十日」は十が2つ重なることから「双十国慶節」または「双十節」と呼ばれるようになりました。

 横浜華僑総会ならびに横浜中華学院による祝賀行事の詳細は以下の通りです。また、横浜華僑総会のウェブサイト(http://www.kakyonet.com/)も併せてご参照ください。



「中華民国建国100周年 双十国慶節祝賀行事」

 日時:2011年(中華民国100年)10月9日(日)~10月10日(祝)
 
 場所:横浜中華学院校庭および横浜中華街

 主催:横浜華僑総会

イベント日程:
 10月9日(日)
  双十節祝賀運動会   8:00~12:00 (横浜中華学院校庭)
  双十節祝賀音楽会  14:00~21:00 (横浜中華学院校庭)

 10月10日(祝)
  民族芸能      10:00~12:10 (横浜中華学院校庭)
  祝賀式典      12:40~13:30 (横浜中華学院校庭)
  祝賀パレード    13:30~15:00 (中華街)
  祝賀の獅子舞    16:00~20:00 (中華街全域)
  
※ 雨天決行

《2011年10月4日 台湾週報》


東京で双十国慶節レセプション

中華民国が日本に設ける大使館に相当する、台北駐日経済文化代表処は6日夜、ホテルオークラ東京で中華民国の建国100年を祝うレセプションを開催した。レセプションには約1800人が集まった。政界からは森喜朗元首相、公明党の山口夏津男代表、新党改革の舛添要一代表、自民党の小池百合子衆議院議員、鳩山邦夫元法務大臣などが出席した。駐日代表処の発表によると、レセプションに出席した日本の国会議員は170人余りで、議員秘書などを含めると、政界から約200人が参加したことになる。

また、日本の対台湾窓口機関である財団法人交流協会からは、大橋光夫会長のほか、今年6月まで会長を務めた服部礼次郎前会長、同協会台北事務所の池田維元代表などが出席した。

馮寄台・駐日代表は祝辞で、3年前、馬英九総統から駐日代表を命じられたとき、あまり気乗りがしなかったが、現在は、30年前に外交官になった当初、なぜ日本行きを志願しなかったか後悔するほどになったと述べ、会場から熱烈な拍手を受けた。

また、超党派の国会議員によって組織される「日華議員懇談会」の平沼赳夫会長は、祝辞の冒頭で、日本の東日本大震災に対する台湾からの支援について、深くお辞儀をして感謝の気持ちを伝えた。

今年6月に交流協会の会長に就任し、9月に台湾を訪問し台湾との投資取り決めを締結した大橋光夫会長は、中華民国と日本の国旗をかたどったバッジをつけて登場。大橋会長によると、このバッジは9月に台湾を訪問して馬英九・総統と会見した際、馬・総統がスーツにつけていたもの。大橋会長がどこで買ったのかと聞いたところ、馬・総統がバッジを外してプレゼントしたという。

レセプションにはこのほか、9月中旬、台湾からの義援金に感謝するために沖縄県与那国島から台湾までの110キロを泳いで渡ったオーシャンアスリート、鈴木一也さん、鈴木敦士さん、山田浩平さんも参加した。


国慶節で日本の国会議員139人訪台

今年の双十国慶節の祝賀式典に参加するため、8日以降、日本から多くの国会議員が台湾を訪れる。統計によると、今年、双十国慶節の式典に参加するために台湾を訪れる日本の国会議員は過去最高の合計139人に達する。

親台湾派の国会議員による超党派議員連盟「日華議員懇談会」からは、平沼赳夫会長が率いる「日本国会議員祝賀団」が組織され、8日から10日まで台湾に滞在する。

また、日本の最大野党・自民党からは麻生太郎元首相が組織する訪問団が台湾を訪れる。訪問団には67人の国会議員が参加しており、日本から訪れる国会議員の訪問団としては、過去最大規模のものとなる。


台湾ボランティア、ネパールに医療施設

ネパールで医療ボランティアを行う財団法人聯新文教基金会の呼び掛けで、台湾の国立交通大学建築研究所の龔書章・所長と建築家の簡志明さんを中心とする建築ボランティアのチームが結成され、ネパール南部の集落に医療サービスを提供する施設を設置する計画を進めている。ボランティアチームは今年7月に結成され、8月に現地入りし、第一期の工事計画を開始した。

建築ボランティアは、台湾の建築の手法と現地の資材を使って、すでに2階建ての建築物を完成させている。現地の人々に正確な建築の知識と管理の方法を教えるため、作業には台湾からのボランティアメンバーだけでなく、現地の人々も加わっている。

医療施設は現在、第一段階の工事が完成している。来年2月に主体となる建築物を完成させ、来年7月から正式に使用できる見通し。


水・電力いつまでも安くない:馬総統が表明

馬英九総統は6日、政府がうたう「黄金の十年」に向けた経済・社会政策について、これまで企業にとってメリットが大きかった低廉な水、電気の料金は「いつまでも保証されるものではない」と述べた。発電のエネルギー源によって電気料金体系を変えたり、大口需要家の水道代を高めに設定するなどの施策を検討する方針を表明した。

電気料金体系の見直しには、再生可能エネルギーの導入と普及を加速させる狙いがある。多様なエネルギー源によって電力を供給し、多様な料金体系を築き、使う側が市場メカニズムに基づいて選ぶ仕組みを整えたい考えだ。

一方で、中長期的には「水や電力といった資源を節約する社会の実現」(馬総統)も見据えている。経済部は、水と電気の料金に市場価格を取り入れる方向で、すでに政府関連部門が検討に着手していることを明らかにした。政府内部での議論と社会全体の合意を経た上で、実施に移すとしている。

■石炭からLNGを主役に

台湾の電力供給は、政府系の台湾電力がほぼ一手に担っている。石炭や天然ガスなどによる火力では、従来、石炭の比重が高かったが、中長期では天然ガスを主役に転換させたい意向がある。経済部は、台中港に液化天然ガス(LNG)の受入・備蓄基地を整備することを決定済みだ。

一方、風力や太陽光、地熱などの再生可能エネルギーによる発電では、「グリーン電気料金」制度を研究中。現行では発電コストが相対的に高いため、住民がこれらによる電気を買うよう誘導する措置を設ける。

水道料金は「全面的な値上げではないが、合理化を目指した調整」(水利署の楊偉甫署長)となる。雨期と乾期、山間部と平地などを基準に調整する。ただし、低所得者層の負担が増えないよう配慮する。大口需要家に対しては、水使用量によって4段階の区分があるが、さらに細分化する可能性がある。



「大故宮計画」、故宮博物院が拡張へ

国立故宮博物院をより快適に、より多くのサービスを提供できる場とすることを目指し、中華民国政府は7日から「大故宮計画」を実施する。

故宮博物院は、中華文化と中華芸術に関するコレクションでは世界でもトップレベルの博物館。収蔵品は68万点余りに上り、現在、世界各国から年間延べ300万人余りが足を運ぶ。しかし、入場者が増える一方で、展示面積の不足がネックとなり、鑑賞のクオリティに影響を与えている。

中華民国政府が推進する「大故宮計画」は、故宮博物院の展示空間を増やすための拡張工事を行うこと、故宮博物院の向かいにクリエイティブ産業関連のテーマスペースを設置すること、ハイテクやデジタルコンテンツ産業との組み合わせにより収蔵、研究、保存、展示、教育、娯楽を結合させた、近代的機能を兼ね備えた博物館にすることなどを含む。

馬英九・総統は、故宮博物院の拡張により、故宮博物院を豊富な展示品を保有する、最高水準の博物館にしたいとと述べると共に、次の総統選挙で再選を果たした後は「大故宮計画」の推進に力を尽くし、より多くの人々に、これら人類共通の遺産を楽しんでもらいたいと抱負を語った。








水道インフラ尽力の山本氏の紀念碑修復始まる:台湾

2011年10月08日 07時58分45秒 | 中華民國 ニュース


中国時報調査で馬総統41.7%蔡主席37.1%

来年1月14日に行われる次期総統選挙に関する台湾紙『中国時報』の最新支持率調査によると、国民党の馬英九総統が41.7%で、民進党の蔡英文主席の37.1%を4.6ポイント上回ってリードしていることが分かった。宋楚瑜・親民党主席が参戦した場合、支持率は馬総統40%で、蔡主席36%に下がり、両者の差は縮小する。宋主席の支持率は13%。3者の闘いとなった場合、中部では民進党が41%で、国民党の38%を3ポイント上回った。伝統的に国民党は北部が強く、民進党は南部が地盤。そのため、両者は現在、中部の攻略に力を入れている。


台湾の故宮博物院 5倍に拡張計画

 台湾の馬英九総統は6日、「黄金10年」と題する自身の政策で、中国の宮廷文物で知られる台北の故宮博物院の展示面積を5倍に拡張する「大故宮計画」を発表した。また、呉敦義行政院長(首相に相当)と、同博物院の周功●院長は同日、南部の嘉義に建設を計画してきた、中国だけでなく台湾の文物もテーマにした故宮南院(分院)を18日に起工すると発表した。2015年に開館予定という。(台北)




石川県・台南市の議会が友好交流協定調印

石川県議会と台南市議会が5日、友好交流協定に調印した。昨年12月、台南県と合併して政府直轄市に昇格してから、台南市議会が友好交流協定に調印したのは初めて。経済、文化、観光交流の促進が期待されている。石川県出身の土木技師・八田与一は、日本統治時代に台南市の烏山頭ダム建設に尽力。台湾政府はこの功績を称えるため、八田氏が当時住んでいた一帯を八田与一記念パークとして整備して、5月から公開している。9月には、金沢・台南を結ぶチャーター直航便や、金沢市観光協会と台南市旅行商業同業協会が姉妹関係を締結など、一段と石川県と台南市の友好交流関係が進展している。




アップルのジョブス会長死去に台湾で悼む声

米アップル社創業者のスティーブ・ジョブス氏が米国時間の5日死去したのを受けて、台湾の経営者から追悼の声が相次いでいる。同社のiPhoneやiPadなどの受託生産をしているといわれる、鴻海精密工業の郭台銘董事長は「世界は真の英雄を失い、自分も大切な友人を失くしてしまった」と故人を悼んだほか、世界最大級の半導体製造ファウンダリーであるTSMC(台湾積体電路製造)の張忠謀・会長や、HTC(宏達国際電子)の周永明・執行長やPC大手のAcerの創業者である施振栄氏らが哀悼の意を表明している。


水道インフラ尽力の山本氏の紀念碑修復始まる

日本統治時代に新北市板橋区の水道インフラに尽力した、山本義信氏の紀念碑の修復作業が5日、始まった。この紀念碑は1933年、山本氏の功績を称えるため中和区の公園に建てられたが老朽化していた。このため新北市政府文化局は、日台の重要な歴史をとどめるものとして、作り直すことを決めた。当時、台湾の飲料水源は不衛生で、板橋街長だった山本氏は清潔な飲料水を確保するため、29年に板橋と中和の境界に中和瑞穂配水池を造った。


脈拍は5分間止まるも救急措置で生き返る

台北市環保局で清掃員として勤務している林双進さんは9月、心筋梗塞で路上で倒れた。病院に運ばれた時点で既に脈拍はなく、死亡した状態。医者は諦めずに救急措置を施したところ、脈拍が戻ったという。林さんは倒れていた5分間の記憶がないほか、歩くことや話すことも正常である。命を救ってくれた医者に感謝しているという。


統一阪急バーゲン初日に10万人

百貨店のバーゲンセールはピーク期を迎え、昨年秋開店した統一阪急百貨台北店もきのう6日からバーゲンセールに入った。この日だけで10万人が殺到し、88%オフの冬用布団はあっという間に完売した。開店前から、300人が行列を作っていたという。数量限定の化粧品は3分間で完売するなど、好業績が期待されている。

生後23日の新生児がエアバッグの衝撃で死亡
新北市に住む新婚の黄氏夫婦は、9月に第1子を迎えたばかり。妻は出産して1カ月も経っていないのに、夫とレンタルカーを借りて、生後23日の新生児を連れて台中へ遊びに出かけた。しかし中山高速道路で車が事故を起こし、エアバッグが飛び出して助手席の赤ん坊を抱いていた妻を守ったが、新生児がこの衝撃で頭蓋骨出血となり死亡した。


李・元総統の初公判21日に
公金横領などの容疑で起訴された李登輝・元総統の初公判が21日、台北地方法院で開かれる。李氏と側近は外交機密費780万米ドルを横領して、自らが名誉理事長を務めるシンクタンク「台湾総合研究院」の設立に流用した疑い。同研究院はこの資金を使い、地元企業グループが開発した台北市内の高級オフィスを2人のために購入したという。李氏は容疑を否認している。


世界大学ランキングに台湾から8大学
英国の教育専門誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション』が6日発表した世界大学ランキングによると、台湾から台湾大学、清華大学、交通大学、中山大学など8大学がランク入りした。台湾大は昨年の115位から154位に下がるなど、ランクインした各大学は軒並み順位を下げている。今年は採点方式が変わったため、評価対象が増えて競争が激しくなったためという。