Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

被災地の子供たちが台湾で餃子作りに挑戦

2011年07月30日 19時52分34秒 | 中華民國 ニュース



被災地の子供たちが台湾で餃子作りに挑戦


東日本大震災の被災地、岩手県岩泉町の小本中学校の学生が台湾嘉義県でのホームステイに招かれ、28日には餃子作りを体験して笑顔を見せた。

★ 謝謝 台湾  真的 非常感謝



タイヤル族の「紋面」が切手に


中華郵政は8月1日、タイヤル族で顔に伝統的な刺青をした(紋面)女性が織物を作る図案の切手を発売。額面台湾元25元。刺青は集落での栄誉の象徴だった。





福建省住民の台湾離島個人旅行開始

台湾では2008年7月からツアー形式での中国大陸住民の観光旅行が解禁され、6月28日には、北京・上海・アモイの三都市の住民に限り、個人旅行も受け入れが始まった。今月29日からは更に、中国大陸福建省の住民を対象に、台湾の離島三島(金門・馬祖・澎湖)に限定した個人旅行受け入れが始まった。初日の29日には400人近い中国大陸個人旅行客が金門と馬祖に到着。地元では経済効果への期待が高まっている。

なお、6月28日に始まった中国大陸住民の台湾個人旅行は、一日最高500人までを受け入れ上限としているが、開始から一ヶ月でまだ合計578人に留まっている。

8月1日より可塑剤不使用証明不要に

行政院衛生署は29日、飲料メーカーなどに義務付けていた「DEHP(可塑剤の一種)不使用証明」を停止すると発表した。この5月、大手香辛料業者が飲料メーカーなどに販売していた可塑剤(食品添加薬品)に、食品使用が禁じられている「DEHP」が混じっていた事が発覚。行政院衛生署では、スポーツ飲料・お茶類・果汁飲料・ゼリーおよび果汁ソース・顆粒飲料について、DEHP不使用を証明せねば販売を認めない措置を採っていた。衛生署では、混入が懸念される商品が市場に出回る可能性が完全になくなったとして、8月1日より不使用証明義務付けなどの関連措置を停止する。


31日、台北で性犯罪防止法修正要求デモ

台湾では昨年来、未成年者を含む女性への性的暴行事件の加害者が、軽微な判決に留まったり即時釈放されるなどし、市民の不信が高まっている。昨年、性犯罪防止法の修正を求め数万人規模のデモを行った市民団体は、今月31日に再び台北市内で大規模集会を開き、加害者の個人情報公開および性犯罪者に対する生殖能力剥奪治療の実施などを求める呼びかけを行う。性犯罪防止法修正法案は次回国会の優先議題となる見通しだが、加害者の実名公表については国会内での議論が難航するとの見方も出ている。また行政院衛生署では、生殖能力剥奪治療を修正法案に盛り込むのは難しいとと指摘している。

米アマゾンとアップル台湾のICデザイン会社からのタブレットPC向けIC調達量引上げか

アメリカのオンラインストア大手のアマゾンと電子機器ブランドのアップルは、近く発売すると伝えられているタブレットPCに、台湾のICデザイン会社からのIC調達を増やしていると伝えられている。

このうちアマゾンは、早ければ第3四半期(7~9月)に7インチと10インチのタブレットPCを発売するもよう。タブレットPCには、台湾の聯詠科技(NOVATEK)がパネル用ドライバICを、立科技(RICHTEK)がパワーマネージメントICを、奕力科技(ILITEK)がタッチICとパネル用ドライバICの採用が決まっており、最近になって出荷が始まった。

またアップルも年末に「iPad3」を発売するとみられており、コストダウンを図るため、台湾企業からのIC調達を増やす方向で検討しているもよう。







【台湾ブログ】日本へワーホリ、過剰な期待は持たないように!

2011年07月29日 18時56分39秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】日本へワーホリ、過剰な期待は持たないように!

レコチャイより・・・

  日本在住の台湾人男性・比柏士(ハンドルネーム)さんが、ワーキングホリデーで日本行きを目指す若者たちに、アルバイトを探す方法をアドバイス。ブログを使って、方法や現状を伝えた。

  「台湾ではワーキングホリデーが流行っている」と述べた比柏士さんは、「ワーキングよりも、ホリデーにポイントを置いた方がいい」と提言。「すぐに仕事が見つかるような広告を出している一部の紹介所があるが、外国人がそうそう簡単に仕事に就けることはない。広告やいい話を信じ込んでいると、挫折感を味わうことになる」と現状を伝えた。「ただ日本語がベラベラで言葉の問題がないのなら、仕事を探しやすいのかもしれない。先進国には労力が必要だ」とも。

  続けて比柏士さんは「とにかく日本語レベルによると思う。敬語の使い分けができない場合は、やはり労力を使うバイトの方が見つけやすい。一番簡単なのは飲食店。特にチェーン店は、外国人を多く受け入れてくれる。日本の若者は夜遅い飲食店での仕事を好まない傾向にあるので、雇い主にとってそして日本で仕事がしたい外国人にとって、ちょうどいいのかもしれない」とつづった。

  そして「ワーキングホリデービザを持っている、あなた! 力作業や飲食店での仕事位しかやらせてもらえないことを、念頭に入れてほしい。それが現実。理想を大きく持たない方が明るい気持ちになれる。物価の高い日本社会で、お金を貯めることも難しい。日本での生活が人生経験の1つになる程度だ」と言い放った。

  また比柏士さんはインターネットを使ってバイトを探すことも薦めており、「新宿にある外国人向けの職業紹介所に行ったが、スタッフに“日本語ができればインターネットで探した方が早い。我々は漢字のわからない外国人を助けている”と言われた。日本語を理解していてパソコン入力ができるのなら、紹介所に行く人なんていない。でも番号札をもらって2時間待ち、2~3カ所教えてくれるだけの紹介所……行く必要はないのかもしれない」と経験談をつづり、日本で外国人が仕事に就くことの難しさを訴えた。






【台湾ブログ】人との交流、文化…日本に住むと学べること

2011年07月29日 18時55分52秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】人との交流、文化…日本に住むと学べること

レコチャイより・・・

  日本在住の台湾人・notalk123(ハンドルネーム)さんが、「日本に来て良かったと痛感している」という思いをブログで公開。「日本ではいろいろなことを学ぶことができる」と述べた。

  「人の縁は不思議なものだとつくづく思う」というnotalk123さんは、「日本に来てから、台湾人同士の絆が自然と強まった。台湾で会うのは当たり前のことだが、海外に来るとお互いの存在を大切に感じる。日本に来たばかりの私たちと、長く住んでいる先輩たちでは視点や感覚が違うのも面白い。とにかく、日本に来て良かったと私は思う。もっといろいろ学びたい!」と意欲を感じさせる文章をつづっている。

  notalk123さんは今年の4月に大阪に来たそうで、住んでいるのは難波から徒歩約10分のところ。「にぎやかな繁華街に住んでいるからこそ、生き生きとした大阪の活気を肌で感じる。日本はアジアの中でいち早く西洋文化を受けいれたからなのか、西洋人の姿をよく見かける」、「大阪市は外国人を温かく受け入れ、日本の生活に早く慣れるようさまざまな情報をネット上で教えてくれる。そして留学先の仲間たちもとても親切だ」などと書いており、楽しく暮らしている様子が伝わってくる。

  文の最後は「日本はテクノロジーが進んでいるほか、人と人との交流の仕方や文化なども奥深い。国際的な影響力もあり、世界に向けて貢献している」など、日本のすごさを挙げているnotalk123さん。「台湾人は日本から学ぶべきことが多い」と日々感じているそうだ。




中国と台湾の違いを「井戸」を例示して解説:台湾

2011年07月29日 16時57分37秒 | 中華民國 ニュース


観光局、映画風PVで台湾観光をPR

交通部観光局はこのほど、初めて映画の手法を用いて台湾観光をアピール。製作したのは短編映画風のPV(プロモーションビデオ)。タイトルは「タイム・フォー・タイワン、マイ ビューティフル・アイランド」。16分と10分、60秒と30秒の四つのバージョンが作られた。16分と30秒のバージョンは28日に公開され、「日本の若い女性観光客三人とアメリカの男性バックパッカーの見た台湾」という角度から台湾観光を紹介。紆余曲折のストーリーこそないが、視聴者は主人公と共に、台湾の漁村や牧場、お寺や廟、ナイトマーケットなどを見て回ることになる。

昨年、台湾を訪れた海外の旅行客数は延べ556万7000人で過去最高。今年、観光局は全世界の若いバックパッカー、シルバー族の夫婦、若い女性、若い家族をターゲットに、台湾観光の宣伝に更に力を入れる。このため、観光局では、アイドル歌手らをイメージキャラクターとして起用した従来の手法を変更、台湾の著名な新鋭監督、羅申駿・監督に映画の手法で台湾の観光資源を紹介するPV製作を依頼した。羅・監督はこのPVで台湾の人情味を伝えたいとしている。

【動画 1】
【動画 2】 
【動画 3】 


ベネチア映画祭に『セデック・バレ』コンペ入り

世界3大映画祭の1つとされるイタリアの第68回ベネチア国際映画祭で、最高賞「金獅子賞」などの対象となるコンペティション部門の上映作品に、魏聖監督の『賽克‧巴萊(セデック・バレ)』が選ばれた。同映画祭事務局が28日発表した。同映画祭は8月31日から開催され、最終日の9月10日に主要各賞が発表される。セデック・バレは日本統治時代の1930年に霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった、原住民による大規模な抗日蜂起をテーマとした映画。これまで台湾からは李安監督の『ラスト、コーション(色、戒)』、侯孝賢監督の『非情城市』などが金獅子賞を受賞している。セデック・バレの前編『太陽旗』は9月9日から、後編『彩虹橋』が同30日から公開される。



最も勇気がある台湾人に楊志良・元衛生署長

「遠見雑誌」は28日、国民の勇気に関する調査結果を初めて発表した。調査対象のうち約5割の人が社会モラルに対する勇気を持っていないという結果になった。さらに約6割の人が、政府の役人は政策に異議申し立てをする勇気がないと回答している。最も勇気がある台湾人に選ばれたのは、舌鋒が鋭い楊志良・元行政院衛生署長。2位は馬英九総統だった。


地理オリンピックで台湾初の3位獲得

中学生対象の「地理オリンピック」(米ナショナルジオグラフィック協会主催)の決勝が27日、米サンフランシスコで行われた。台湾は15点で2005年の大会初参加以来最高の3位を獲得した。ロシアが優勝し、カナダが2位に。地理オリンピックは1993年から2年に1度開催されている。今年の大会には17の国と地域が参加した。


台湾経済研究院が今年の成長率を5.70%と予想

台湾経済研究院は28日、今年の台湾の経済成長率(GDP年増率)を前回予想より0.02ポイント低い5.70%に下方修正した。民間消費成長率については3.82%と予想した。今回の民間消費成長率の予想は、2005年以来最高で、2010年の平均成長率の2.49%を大きく上回っている。


台南の農薬工場が爆発

台南市新化区の新力美科技会社で28日、爆発事故が起こった。事故現場から5キロ離れたところでも煙が見えたという。工場内に大量の有機薬剤が保存されていて、有毒ガスが漏れ出すことを防ぐため、周辺1500世帯と病院の患者が避難した。水撒きと救助活動が行われて10時間後の夜8時に、ようやく鎮火したという。この事故で作業員7人が怪我をし、そのうち2人が重体になり、消防関係者3人も怪我を負ったという。


共働きでない家庭に新たな育児手当月2500元

少子化対策のため内政部は新たな「育児手当」支給を検討している。2歳以下の幼児がいる家庭で、年収が113万元以下、片親が働いていない家庭には、月2500元の育児手当を支給するという。これによって中・低収入家庭には月4000元、低収入家庭は月5000元の育児手当となる。早ければ来年から実施されるという。


元恋人を殺し遺体を200キロも運んだ

基隆市に住む鄭成宇(29歳)容疑者は28日、台中市に住む別れた元恋人に会いに行き、車の中で殺害した。殺されたのは、中台科技大2年生で元恋人の張雅慧(22歳)さん。鄭容疑者はこの日、張さんに仲直りを要求したところ、何回も断わられたため腹を立て、事前に用意していたナイフを取り出し、張さんの心臓を刺したという。鄭容疑者は殺害後、張さんの遺体を車に載せ、約200キロ離れた基隆まで運んだ。


上半期の来台観光客数が昨年比約5%増

交通部観光局の統計によると、今年上半期の来台観光客数が昨年比で約5%増のみだったことが分かった。同局は東日本大震災、阿里山鉄道の事故、塑化劑事件が影響したものとみている。昨年の来台観光客数は556万7000人余りで、今年は600万人を目標にしている。しかし行政院は目標を650万人に引き上げることを要請。これに対して瑟珍・観光局長は挑戦的な目標数だが、努力すると表明している。


離島も中国人個人旅行解禁=金門など―福建省住民対象に

台湾の対中窓口交流機関、海峡交流基金会などは27日、台湾本島に続き、中国大陸に近い離島の金門と馬祖、澎湖でも中国人の個人旅行を解禁することで、中国側と合意したと発表した。29日から実施する。離島はいずれも台湾の軍事的要衝だが、馬英九政権は中国人観光客をより多く呼び込むことで、停滞する離島経済の振興を優先させた格好だ。
 離島への個人旅行はまず、中国福建省住民を対象に先行実施し、状況を見ながら対象を拡大する方針。離島では、台湾本島で1日500人としている受け入れ枠も設けず、収入証明などの提出も不要とする。ただ、離島を経由して台湾本島に渡航することは禁止する。滞在日数は最長15日。 


短歌が結ぶ日台の絆 二十数年ぶりの音信

台北市に住む元公務員、林蘇綿さん(86)の趣味は短歌。日本統治の少年時代、公学校(小学校に相当)で進学を支援してくれた恩師、前田寛先生のすすめがきっかけだった。

 その前田先生は1988(昭和63)年、75歳で他界した。今年3月、東日本大震災のニュースを見た林さんは、先生の引き揚げ先、宮城県石巻市で暮らすはずの「師母」(恩師の夫人)の安否が気になったものの、連絡がつかない。

 「石巻の大地震(ない)と津波独り居の卒寿の師母は如何にぞと聞く」

 心配の余り詠んだ一首は所属する「台湾歌壇」を通じ、台湾引き揚げ者などでつくる日本の財団法人台湾協会(東京)の5月会報紙の片隅に転載された。

 「私は無事よ。林さんの短歌に励まされました」

 協会を通じて前田京子さん(90)から林さんにお礼があったのは6月初め。恩師他界後、二十数年ぶりの音信だった。津波で家財を失った京子さんは、避難所暮らしの後、同市内で借りたアパートで転送された会報紙から林さんの短歌を見つけた。

 林さんは、先週、内臓疾患の手術を受けて入院中だが「また日本に行きたい」と笑顔。今度は「師母」の方から「早く元気になって」と激励の便りが届いた。


「犬のふん集めて金塊当てよう」、台湾で新たな試み

台湾の台北市に隣接する新北市はこのほど、路上などに放置された犬のふん対策として、ふんを袋に集めて市当局に提出した人に対し、金塊が当たる「くじ」を配布することを決めた。金価格の高騰を背景に、市当局者は多くの参加者が見込めると期待を寄せている。

 くじが配布されるのは8月1日から。犬のふんを入れた袋を市の清掃局に持ち込んだ人が対象となる。景品として6万台湾ドル(約16万1600円)、1万8000台湾ドル(約4万8500円)、1万2000台湾ドル(約3万2300円)の3種類の金塊を用意し、当せん者を10月に発表する。配布するくじの枚数に制限はないという。

 新北市は犬のふんを入れる専用の袋を希望者に無料で配布する。市はこのほか、犬のふん放置現場を撮影した人への褒賞や、犬愛好家に人気のある場所でのパトロール強化を計画している。

 台湾では2009年、台中市が犬のふん1キロに対し100台湾ドルの買い物券を提供している。


<高速鉄道脱線事故>中国と台湾の違いを「井戸」を例示して解説

2011年7月27日、台湾紙・聯合報は中台の高速鉄道の違いについて報じた。地盤沈下防止のための沿線の井戸の封鎖を例に挙げ、中国では強制的な井戸封鎖によっても安全は確保できなかったが、台湾では強制的な手段を講ずることなく安全を確保するなど、民主政治の原則に基づいて様々な問題の解決に取り組んでいるとした。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

中国は官が強く民が弱い。一方、台湾は民が強く官が弱い。地盤沈下を防ぐための沿線の井戸の封鎖について言えば、中国では政府が封鎖と決めれば封鎖でき、民間にはこれに対抗する能力はない。一方、台湾では、高速鉄道建設着工とともに井戸の封鎖が唱えられてきたが、現在になってようやくその作業が開始されようとしている。しかも10年間に公共の井戸900カ所余りが対象となるだけで、灌漑用の民間の井戸18万カ所はそのまま残される計画だという。

中国では民間のことを考慮せず、たった1つの命令でことが済むが、台湾ではそういう訳にはいかない。選挙に対する考慮が、政府に軽率な行動を思いとどまらせるからである。台湾では高速鉄道と井戸の共存を達成しなければならない。

中国では井戸を封鎖できたが、高速鉄道の安全は保証できなかった。台湾は井戸を封鎖することはできないが、高速鉄道の地盤沈下を何とか防いできた。台湾政府は“高速鉄道と井戸”のような難問に常に直面しているが、こうしたやり方こそが民主政治の原則のあり方であり、民主政府の責任の示し方でもある。






鼎泰豊が台北101に出店:台湾

2011年07月29日 12時00分43秒 | 中華民國 ニュース

29日から世界少年野球大会

第21回世界少年野球大会(世界少年野球推進財団など主催)があす29日から8月4日まで、高雄市と台北市で開催される。同財団理事長を務める福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長の王貞治さんが27日、高雄市で記者会見を開き、会期中、子供たちに野球の面白さを感じ取ってもらうため野球教室を開くほか、参加者に開催地の文化や歴史を紹介するコースも設けると述べた。野球教室には台湾、日本、オーストラリア、カナダ、香港など19の国と地域から180人が参加する。国際交流試合には日本から2チーム、台湾から10チームの計12チームが出場して、10試合が行われる。


中国人個人ツアーは1カ月でわずか578人

中国人個人ツアーが解禁されてきょう28日でちょうど1カ月。初日は200人以上が台湾を訪れたが、現在は毎日2、3人程度という。内政部移民署の統計によると、個人ツアーの実施から26日までに、台湾を訪れた中国人個人観光客はわずか578人。当初の予測と実態には、大きな落差がある。

小三通ルート利用の福建省住民に離島個人旅行を解禁
対中国窓口期間の海峡交流基金会は27日、「小三通ルート」を利用した中国・福建省住民対象の台湾離島への個人旅行を、あす29日に解禁すると発表した。同ルートは2001年に開設された金門・アモイ間、金門・泉州間、馬祖・馬尾間の船舶の航路。解禁後、このルートを利用して、同省住民による離島の金門、馬祖、澎湖への個人旅行が可能となる。到着翌日から15日間滞在することができる。


同行の友人7人が河で溺れた少年を放置

26日午後3時過ぎ、屏東県に住む14歳少年の沈育安君は友達7人と一緒に、林邊河へ泳ぎに行った。8人で河を渡るとき、沈君は溺れた、他の7人は慌てて帰ったという。そのうち少年3人は、ばれないようにと沈君の服と携帯を隠した。同日夜、沈君の家族が警察に届け、河で溺れたことが分かった。警察が一日中、河で捜索したが、いまだに沈君は見つかっていない。


上半身裸の女性ダンサーが原住民の踊り披露

行政院原住民族委員会が企画した、「世界原住民舞楽節」が27日から3日間、花蓮で行われている。19組の原住民ダンスチームが参加している。花蓮市内の街頭で、多くの原住民は伝統衣装を纏い、民族音楽と供に踊りまわっている。ペルーから来た4人の女性ダンサーは上半身裸で踊り、観客を驚かせていた。


中国人男性観光客向けに新手の性サービス「五木MMT」

歓楽街として有名な台北市林森北路エリアのホテルで、中国人男性観光客を狙った新手の性サービス商法「五木MMT」が盛んだという。これは「林森」の意味である「五木」と「お触り喫茶店」を表す隠語「摸摸茶(MoMoTea)」の組み合わせた言葉で、ホテル内で正午から午後9時ごろまで、若い女性がサービスを提供している。「飲まない、脱がない」がルールという。中国からアクセスできる香港のウェブサイトで、十数店の五木MMTが紹介されている。


老人高速道路で10キロも逆走

台東の76歳の蔡さんは、披露宴に出席するため、妻を車に載せて台中へ向かった。翌日、中山高速道路で台東へ戻ろうとして、インターチェンジで間違えて、北方面への車線に入ってしまった。そのため、蔡さんが運転していた車は逆走する形となり、他の車に避けられながら10キロも走行した。15分後、高速警察が蔡さんの車を停止させ、3000元の罰金を科した。

宜蘭県が日本統治時代年代に日本の年号使用提案
宜蘭県教育処は近く、日本統治時代の年代表記に、明治、大正、昭和という日本の年号を使用するよう政府に提案する予定という。現在、台湾の教科書や教育活動では、日本統治時代の年代に日本の年号は使用されておらず、民国暦や西暦が使用されている。このため、同処は歴史教育の混乱を招いており、日本統治時代に発生したことは民国暦とは関係がないと強調している。


被災者向け「台湾希望の旅」第1陣が到着

交通部観光局が東日本大震災の被災者に、14日間の台湾滞在を招待する企画「台湾希望の旅」の第1陣14人が26日、中華航空機で桃園空港に到着した。そのうち佐々木さん一家は家族4人で訪れ、4カ月以上が経ったが復興の道はまだ遠いと話した。今回の台湾滞在で最も行きたい場所として、1999年に発生した台湾大地震で被害が最も大きい地区を挙げた。同じ震災地の住民として、台湾の再建ぶりを見たいという。この企画は同局が航空会社、宿泊施設、旅行業者などに協力を呼び掛けて実現する。対象は岩手、宮城、福島の東北3県在住の被災証明書をもつ被災者1000人。宿泊費と往復の航空運賃はホテル、航空会社など協賛企業が負担し、参加者は空港税と燃油サーチャージの1万6000円のみ。さらに、台湾大地震被災地への日帰りツアーなどが提供される。2000人あまりから応募があった。


立栄航空機の乗客退避に必要なしの見解

行政院飛航安全委員会は25日、台北発マカオ行きの立栄航空機が24日、異常ランプが点灯したため離陸を断念して乗客を機外退避させたことについて、「出火確認がない段階での乗客の機外退避の必要はなかった」との見解を示した。しかし機長が乗客の動揺や狭いタイプの機体、小さな子供がいたことを考慮して機外退避を決断したことに理解を示した。また乗客が避難途中で軽傷を負ったことについては、避難方法に改善の余地があるとした。


中国への機密漏えいで少将に無期懲役

中国へ機密を漏洩したなどとして、スパイ活動罪で起訴されていた陸軍通信電子情報処の元処長の羅賢哲・少将に対する国防部高等軍事裁判所の判決が25日下った。羅少将は職務期間中に中国のためにスパイ活動を行ったが、捜査の過程で自白したため、判決では無期懲役に軽減された。


上海への往復深夜航空チケットがわずか8000元

台湾から中国への往復航空便は、370便から558便に増加。新たに毎週水曜日の桃園―上海浦東の深夜便が8月から始まる。この便のチケットは通常より安く、14日間有効のエコノミー席のチケットは8000元という。これまでで最も安い価格となっている。北京行きのチケットも1万2000元以下という。


高鉄の地盤沈下防ぐため雲林・彰化の井戸1000本封鎖へ

行政院は25日、台湾高速鉄道(高鉄)の地盤沈下を食い止めるため関係部署の会議を開き、雲林・彰化県で地下150メートル以上の深層井戸967本を封鎖する対策を策定した。今年からスタートして2021年までの間に528億元を投入する。これによって4億9000万トンの地下水利用を減らすことが可能となる見込み。高鉄が通過する雲林県、彰化県では地盤沈下が深刻化しており、10年後には60センチ以上に達するという。


15億元で作った屏東空港は5年半で運用停止へ

正式運用から5年半になる、毎週立栄航空の3便しか運航していない屏東空港が運用停止になる。民航局によると、行政院は屏東空港の運用停止に同意した。早ければ8月10日の立栄航空機が同空港の最終便となる。屏東空港は14億9600万元をかけ、2005年12月に運用がスタートした。屏東地区では同空港以外に、恆春空港が利用できる。


西濱高速の布袋地帯の通行が可能に

新北市八里と台南市九塊厝を結ぶ西濱高速道路の嘉義・布袋から好美寮の工事が終わり、30日夕から供用を開始する。公路総局によると、雲林・台西から台南・七股までの所要時間は、これまでより20分間短縮される。雲・嘉・南地区の約341万人が利用できる。6年後に全ての工事が終われば、台北から台南までは3時間少々で着くという。


北部の雨のPH度はトマトジュースに相当

行政院環保署は26日、この20年間の降雨のPH数値の調査結果を発表した。近年、各地に降った雨のPH数値は下がっているが、北部では毎年冬から春にかけ、中国の汚染物質を含んだ東北気流の影響で、雨のPH数値は4.5に達しているという。これはトマトジュースの酸度に相当するという。PH数値は4.6の中国に次ぎ、東アジアで2番目に高い。


中国、台湾への武器売却の停止を米国に要求

 中国国防部の耿雁生報道官は27日、「米国の台湾への武器売却は中国の核心的利益を損なう行為であり、中国は武器売却停止を米国に求める」と述べた。中国国際放送局が報じた。

 耿雁生報道官は「米国の台湾への武器売却に断固反対する中国の立場は一貫して明確なものだ。米中両国と両軍の関係にマイナス影響を与えないためにも、米国は3つの米中声明を厳守し、台湾への武器売却を停止するべきだ」と要求した。

 さらに「米国の対台湾武器売却と、米軍艦が搭載した対中国偵察機、そして中国に対し偏見を持った米国の法律は依然として両国の関係発展の主な障壁となっている。食い違いが存在するのは普通だが、これらの矛盾と食い違いに正しく対応することが重要だ。双方は、相手の利益を損なわないよう着実に行動すべきであり、中国は米国とともに努力し『尊重、平等、互恵』という基礎を踏まえ、両軍間の健全な発展を推進していきたい。」との考えを示した。


日本人が驚きあきれた…中国の高速鉄道、まだ乗る人々

 台湾メディアの中央社は26日、「日本が驚きあきれた、復旧した(中国大陸の)高速鉄道にいまだに多くの乗客が」とする記事を発表した。日本での報道をまとめた。「日本人の目」を通して、台湾人読者の中国大陸に対する不信感を増大する効果をもたらしたと考えられる。

■「中国高速鉄道、温州で衝突事故(2011年)」写真特集

 日本のメディアの多くが、中国当局が「(被害者に対する)愛を宣伝せよ」、「疑問を書くな」、「事故のニュースを転載するな」などと、報道に圧力を加えているとの疑惑を表明したと紹介。

 NHKは、政府責任者の鉄道部長が群集に取り巻かれて頭をすくめる様子を報じたが、取材時に警察官がカメラ撮影を阻止した様子も紹介したことなども伝えた。

 「事故原因もはっきりしないのに車両を埋めた。発生後1日半で復旧させた。金もうけは人々の生命より大切なのか。しかも、多くの人が乗っている」と、驚いたニュースキャスターもいたという。

 産経新聞は、日本の鉄道・航空・船舶事故調査を担当する運輸安全委員会の大倉正義広報室長の「調査の観点からすれば現場保存は最も大事。(車両を埋めるのは)普通あり得ない」との談話を紹介した。

 記事は、中国大陸出身で日本国籍を取得した評論家による「あらゆる不可思議なことが、大陸では発生する。人々の生活における危険度は、日本人の何倍にもなる」との言葉も紹介した

 高速鉄道の事故に対する中国の対応が「あまりにも異常」として、日本人が驚き、かつ、あきれていることを強調した。台湾人読者の大陸に対する不信感を増大する効果をもたらしたと考えられる。

 写真は23日の追突事故発生後、復旧した同区間を走る高速鉄道車両の内部。乗車率は高く「空き席は少なかった」という。中国新聞社が25日に撮影。


鼎泰豊が台北101に出店、台湾最大店舗で個室も提供

小籠包(ショーロンポー)で有名なレストランの鼎泰豊はきょう(28日)、台北101購物中心に支店を開設する。同店の広さは400坪近くで、同社の台湾の店舗中で最大となる。

また、同店は台湾の店舗の中で初めて個室を提供するほか、初めて高粱(コーリャン)酒、ワインなどアルコール度数が比較的高い酒類を販売する。個室は8室で、利用する際の最低消費額は8000~1万2000台湾元。




バナナ専区を設置、日本・中国・韓国への輸出競争力を強化:台湾

2011年07月25日 16時47分30秒 | 中華民國 ニュース

ゲーム機代理販売の博優が任天堂を相手取り訴訟

任天堂製品の台湾総代理の博優は、近く任天堂を相手取り訴訟を起こすことを決めた。

博優はこれまで30年にわたり、台湾で任天堂製品の代理販売を行ってきた。同社の創立者である曽愛玉氏は、任天堂の台湾支社である「任天堂薄天」の総経理を20年間勤めていた。

しかし日本の任天堂は、今年3月1日に曽氏を解任するとともに、博優との代理販売契約を打ち切った。現在、任天堂製品を代理販売しているのは展碁国際(WEBLINK)の1社のみとなっている。

博優は、こうした任天堂の一方的な措置により同社が7億台湾元以上の損失を受けることになり、また長年にわたる関係を突然打ち切られたことに「心を痛めるとともに不満を感じている」と指摘し、任天堂に損失の賠償を請求する訴えを起こした。


バナナ専区を設置、日本・中国・韓国への輸出競争力を強化

馬英九総統は22日、バナナ専区を設置して日本・中国・韓国への輸出競争力を強化する考えを示した。これは、バナナの価格暴落を受けて打ち出した政策で、バナナの輸出企業と生産者の間で契約生産を行い、バナナ専区を設置するとともに、輸出業者が共同で連合組織を結成することを提案している。それにより、日本市場への輸出減少を挽回(ばんかい)し、中国、香港、韓国で市場開拓を進める。

財政部関税総局と行政院農業委員会の統計によると、台湾から日本へのバナナの輸出はこの20年近く、台湾のバナナ輸出の95%以上を占めている。しかし、1950年代には年間40万トンが日本に輸出されていたが、現在は1万トンほどしかなく、日本市場でのシェアはわずか1%未満にとどまっている。

行政院農業委員会によると、1960、70年代にアメリカのドールがフィリピンでのバナナ栽培に投資したこと、中南米産のバナナが日本に輸出されるようになったことで、日本での台湾バナナのシェアが急速に低下した。台湾バナナは味が良く、形もきれいだが、台湾の土地と労働力のコストが上昇したため、フィリピン産や中南米産に比べて値段が約2倍と高いので、シェア低下の大きな原因となっている。

コンビニエンスストアの中秋節向け商品の予約販売好調

コンビニエンスストアの統一超商(セブンイレブン)、全家便利商店(ファミリーマート)は、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月12日)向け商品の予約販売を積極的に行っている。今年の中秋節向け予約販売による営業収入は昨年比10~20%増加する見込み。

そのうち、統一超商は現在、月餅の予約数が昨年同期比15%増加している。今年は中秋節向け商品の90%以上の単価を650台湾元以下に抑えている。また、予約数に応じて割り引きなどの優待サービスを提供している。

全家便利商店によると1箱400台湾元以下の月餅が人気を集めている一方で、1箱1000台湾元以上の高級な月餅も注目を集めている。


風力発電機プロペラ用樹脂の上緯企業政府の風力発電機調達で受注目指す

風力発電機のプロペラ用樹脂を製造する上緯企業(SWANCOR)は、政府が近く実施する風力発電機の調達計画で受注を目指している。

施顔祥・経済部長は最近、洋上式風力発電の設置を積極的に進める考えを示し、2030年までに新たに1000基を増設することを目標に掲げている。

同部は近く、試験的に2カ所での洋上式風力発電の設置計画を公表する。年末までに最低10億台湾元の補助金を支出し、台湾西部で洋上式風力発電モデル発電所を設置する企業の支援を行う。2015年の完成後、引き続き彰化県、雲林県、嘉義県などの海域にも開設する計画。毎年新たに240MW(メガワット)のスピードで開設が推進される見込み。





衆議議員と石川県知事が八田與一氏銅像に献花 :台湾

2011年07月25日 14時37分39秒 | 中華民國 ニュース

国防部が中国の電磁パルス兵器に注視

国防部の羅紹和スポークスマンは23日、米国の日刊紙『ワシントン・タイムズ』が軍事報告を引用して人民解放軍は将来、台湾海峡で軍事衝突が起きた際、電磁パルス兵器を使う可能性があると報道したことを受け、国軍は対岸の軍事面における発展を厳密に注視しており、対策も練っているため、国民は安心するよう呼びかけている。電磁パルス兵器は、コンピューターや電話など、あらゆる電子機器を使用不能にし、台湾の指揮、規制と情報通信システムの機能を瞬時に消失させるが、人体に危害を加えることはないという。



立栄航空機が離陸時にエンジンから煙、15人が怪我

長栄航空傘下の立栄航空機が24日、機長が離陸時に異常な作動を気づき、飛行を断念して駐機場に戻った。この航空機は桃園からマカオに向かう便。乗客152人はエンジンから出た煙の匂いを嗅いで、慌てて飛行機から降りようとした。このうち142人が脱出用スライダーで滑り降りたが、混乱の中で乗客15人が怪我をしたという。


日本輸出用のアップルマンゴーが台湾で買える

行政院農業委員会は24日、これまで日本向け輸出用だった高額の台南産アップルマンゴー(愛文芒果)を、初めて台湾で販売することを明らかにした。今年のマンゴー生産が低温の影響を受けて通常より半月遅れ、日本での中元贈答シーズンに間に合わなかったための措置。日本で愛文芒果は1斤(600グラム)当たり300~400元で売られているが、台湾ではその10分の1に当たる1斤当たり40~50元。しかし今年はそれより更に安い値段、1斤当たり24元で入手できるという。


プラダー・ウィリー症候群の児童は食べ物を乞いに家出

新北市のプラダー・ウィリー症候群を患う林君(12歳)は20日夜、食事の後も母親に食べ物を要求した。母親が食べさせなかったところ、林君は家出をして通行人に食べ物を求めた。そこで林君に肉団子スープ4杯を食べさた女性が、林君が虐待されていると疑い、警察に届けた。この女性は交番でさらに弁当とパン2つを食べさせたという。調べによると、林君は病気のため食欲を抑えることができず、親も困っているという。


父の日に父親対象のラーメンサービス

台中でラーメン店を経営している淑芳(50歳)さんは、元々は小麦粉工場の3代目である。3年前に亡くなった父の希望で、ラーメン店を開いた。開店3周年祝いとして、父親を対象にした店の定番ラーメン一杯無料サービスを父の日まで実施するという。店の前には地元民が行列を作っているという。


毒入りの注射器で父を安楽死させた男性を逮捕

男性の王卓星(55歳)は24日、入院していた父親(83歳)を訪れた時、トルエン入りの注射を父親に打ち安楽死させようとした。しかし動脈に繋がっている警報機に触れたため、ナースに発見され、警察に通報された。調べによると、王は病気に苦しんでいる父が早く楽になるように、犯行を図ったという。王は直系血親親族殺人未遂罪で、検察に移送された。


『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーが訪台

台湾でも人気を誇っている米国の連続テレビドラマ、『セックス・アンド・ザ・シティ』でメインキャラクターを務めるサラ・ジェシカ・パーカーが23日、台湾を訪れた。24日夜、台北アリーナで開かれた「安麗ARTISTRY 2011 on ICE」の開幕式に参加するための訪台。故宮博物院を見学したり、大好きな中華料理を堪能したりするという。



台北市、24日に今夏最高の37.7℃を記録

中央気象局は24日正午12時43分、今夏最高の37.7℃を観測。台北市では23日、今夏最高の37.2℃を記録したばかりだった。中央気象局によると、太平洋高気圧の勢力が強いとのことで台湾各地では高温が観測され、台北市の気温は24日正午12時20分の37.5℃から12時42分の37.6℃、12時43分の37.7℃へと上昇した。中央気象局の統計では今年に入っての台湾の最高気温は台東の大武で観測された37.8℃だという。


川崎汽船、アジア-インド西岸間週2便に

 川崎汽船は8月から、エバグリーン・ライン(台湾)、シマテック・シッピング(UAE)と協調で、北中国-海峡地-インド西岸を結ぶ新サービス(CIX-2)を開始する。現在、川崎汽船はアジア-インド西岸間で週1便の直航サービス(INDFEX)を運航しているが、CIX-2サービスの開始で週2便体制に強化できる。また、新たに北中国の天津、青島を直接寄港地に加えるなど、アジア域内のサービスが向上するとしている。新サービスの概要は以下の通り。

 投入船は2500-2800TEU型コンテナ船6隻(川崎汽船1隻、エバグリーン/シマテック5隻)、寄港地は、天津-青島-上海-寧波-シンガポール-タンジュンペラパス-ポートケラン-ナバシェバ-カラチ-コロンボ-ポートケラン-タンジュンペラパス-シンガポール-天津。航海頻度はウィークリー。8月10日に天津に入港予定。


衆議議員と石川県知事が八田與一氏銅像に献花

中津川博郷・衆議院議員と谷本正憲・石川県知事一行は24日、台南市烏山頭ダムを訪れ、建設に尽力した八田與一氏の銅像に献花するとともに、台湾から東日本大震災の被災者支援に対し深く感謝した。同県は八田氏の故郷。一行は清徳・台南市長の案内で八田與一メモリアルパークを参観した。その際、一行と市長は、テニス大会を通じた国際交流を促進することで意見を交わした。また市長からは台南空港と石川県・小松空港間に航空機を飛ばし、日台間の交流をさらに図ることができるという提案があった。








記事のタイトルを入力してください(必須)

2011年07月25日 08時28分22秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】少女時代が日本で大人気!若者への影響力にビックリ

レコチャイより・・・

  韓流女子ユニット・少女時代のファンだという、台湾人男性のSONE(ハンドルネーム)さんが「少女時代は日本の若い女性のライフスタイルを変えた!」とブログに掲載。「歌がヒットしているのはもちろん、ファッションやメイクに影響を与えている」とつづった。

  SONEさんは「韓国の歌手は、中国・日本・タイなどのアジア各国でK-POPというトレンドを作り出した。最近はアジアに留まらず、ヨーロッパや南米まで人気が広がっていると聞いた」と述べ、「日本の韓国エンタメ専門チャンネル・Mnetは、初めて日本全国コンサートを行った少女時代の人気ぶりを番組にして紹介。併せてスタッフが新宿や渋谷・原宿で女性にアンケートを取り、少女時代の魅力を調査。知名度や好かれる理由のほか、若い女性のライフスタイルにまで影響がある、という興味深い結果を発表した」とつづっている。

  続けて「Mnetでは、“韓国人は団体で行動するが、日本人は個人で動くことが多かった”というファンの特徴も伝え、K-POPブームが日本に来た頃から、日本人ファンも韓国のような団体行動が増えたそうだ。そして一番驚いたのは、日本の10代~30代女性が、少女時代のファッションやメイク法を真似ているということ。Mnetは“韓流がもたらしている日本女性のライフスタイルの変化を研究し、伝えていきたい”と報告している」と述べたSONEさん。今後も日本女性に対する少女時代の影響力に注目し、チェックを続けるようだ。





中共の電磁波武器は台湾が標的:米軍事報告

2011年07月24日 06時22分04秒 | 中華民國 ニュース

外交部、ノルウェーへの渡航警告を引き上げ

ノルウェーの首都オスロでは現地時間の22日、爆弾が爆発する事故と銃の乱射事件が相次いでおき、少なくとも87人が死亡したと伝えられている。中華民国外交部は23日、オスロに対する渡航警告レベルを、「きわめて慎重にして不要な渡航は避ける」とする、オレンジ色に引き上げ、ノルウェー全域に対しては、「旅行の安全には特別に注意し、渡航計画は見直す」という黄色レベルに引き上げた。外交部は国民に対し、必要のない場合、当面オスロには行かないよう呼びかけている。

ノルウェーに滞在する中華民国の国民・華僑同胞は300人あまりで、外交部では中華民国のノルウェー駐在代表処と23日早くにとった連絡をもとに、これまでにこれらの人たちが被害を受けたとの情報はないとしている。


米軍事報告:中共の電磁波武器は台湾が標的

アメリカの大手日刊紙『ワシントンタイムズ』 は22日、アメリカ国家地上情報センターが最近発表した電磁波を利用した武器の研究報告を引用して、この種の武器は科学技術で劣る中国大陸がアメリカ軍を破るのに十分な威力を持つと報じた。この報告では、中国大陸は現在、この種の武器を開発中だと指摘。これを用いて台湾に対抗する場合、中共は30キロから40キロの高度から電磁波を発射し、その効果を台湾とその周辺に集中することができるとしている。

『ワシントンタイムズ』は、中共はねずみやうさぎ、犬、サルを使って電磁波の効果をテストしており、目や農、骨髄やその他の内臓を傷つけることがわかっているとしている。一方で、この実験は犯罪者への処罰や軍事人員、武器の安全基準を測るためのものである可能性もあると指摘。

アメリカ国家地上情報センターの報告では、中共が空から電磁波を発射する場合の目的は二つ考えられ、一つは台湾とアメリカの航空母艦などに対抗すること、もう一つはアメリカの台湾防衛の動きを抑止することとしている。

6月の失業率は新卒者の影響で上昇

行政院主計処が22日、6月の失業率を発表。6月の失業率は5月に比べて0.08ポイント高い4.35%だった。主計処では、6月は卒業シーズンで新卒者が就職市場に流れ込んだことで失業率が上昇、7月もこの要因でさらに高くなるとしている。

しかし、6月の就業人数は1069万6000人で5月に比べて2万6000人増加、昨年の6月と比べた場合、21万3000人多く、労働市場が安定して成長していることが示された。今年上半期の平均失業率は4.45%で、昨年同期比で1.02ポイント低くなった。


馬・総統、農作物販売問題対策を承認

天候の影響で、コメ・バナナ・パパイヤ・ニンニクなどが過剰生産となり価格が暴落している。馬英九・総統は22日、行政院農業委員会の専門家チームによる、生産・販売バランス改善のための6つの方策を承認。政府米出荷の際の農家側コスト減や、農家と食品工場などとの契約生産の促進、スマートフォンなどを利用した、生産農家が直接最新の情報を取得できるシステムの構築などが含まれている。馬・総統はこのほか、季節ごとの生産量の調節について農家への指導を強化し、また香港・韓国・中国大陸など、輸出先の大幅開拓を指示したほか、農家への所得保険などの支援策検討も呼びかけた。


民進党:高齢者と農家への補助金増額を

野党・民進党は、高齢者および農家への補助金を、現行の月額6000元から7000元に増額すべきと提案。来年1月には次期総統選挙・立法委員選挙が控えているが、高齢者・農家補助金は、大型選挙のたびに与野党を問わず選挙対策的に増額されてきた側面があり、民進党に近いとされる学者の一部は、社会的弱者への補助金は国民年金制度と一体化させるべきとして反対している。





【台湾ブログ】和風旅館に泊まって浴衣で散歩…夏の京都の思い出

2011年07月23日 21時57分16秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】和風旅館に泊まって浴衣で散歩…夏の京都の思い出

レコチィより・・・

  旅行記やお薦めのお店をブログで紹介している、台湾人のpia(ハンドルネーム)さん。「夏と言えば京都旅行! 私の京都の思い出を、みなさんにお伝えします」と書きつづった。

  「個人旅行は節約を考えるのが大事」というpiaさんは、「日本は何をするのもとにかくお金がかかる。そして食べることが大好きな私は、人一倍お金がかかる」と述べ、宿泊代を抑えてお金を浮かせる方法を実行。日本の食を楽しむため、「1日の宿泊代を1000台湾ドル(約3000円)以下にする」と決め、選んで泊まっていたそうだ。

  だが友人の強い薦めで、1晩だけは祇園の和風旅館・新門荘に宿泊。「1泊6000台湾ドル(約18000円)ほどで私にとっては高かったが、贅沢(ぜいたく)な1泊2日になった」と述べたpiaさん。「この値段で夕食は懐石料理が食べられて、朝食もついている。夏気分を味わえる浴衣一式の着用サービスや、抹茶アイスのクーポン、よーじやのあぶら取り紙のプレゼントもあった」そうだ。

  そして「夕食はすごくおいしかった! 季節限定メニューをたたみに座って食べ、とても良かった。抹茶アイスは高いが、クーポンを使って味わった。店内は和の雰囲気であふれていて、アイスはすごくすごくおいしかった! そして浴衣を着てお散歩するのも素敵な思い出になった」と、次々感想をつづったpiaさん。

  「ここまで書くと旅館の宣伝をしているようですが、五つ星ホテルと比べると安いはず。チャンスがあればぜひ行って、京都の楽しさを体験してください」とブログを締めくくり、夏の京都の思い出をかみしめていた。




【台湾ブログ】和風旅館に泊まって浴衣で散歩…夏の京都の思い出

2011年07月23日 21時57分16秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】和風旅館に泊まって浴衣で散歩…夏の京都の思い出

レコチィより・・・

  旅行記やお薦めのお店をブログで紹介している、台湾人のpia(ハンドルネーム)さん。「夏と言えば京都旅行! 私の京都の思い出を、みなさんにお伝えします」と書きつづった。

  「個人旅行は節約を考えるのが大事」というpiaさんは、「日本は何をするのもとにかくお金がかかる。そして食べることが大好きな私は、人一倍お金がかかる」と述べ、宿泊代を抑えてお金を浮かせる方法を実行。日本の食を楽しむため、「1日の宿泊代を1000台湾ドル(約3000円)以下にする」と決め、選んで泊まっていたそうだ。

  だが友人の強い薦めで、1晩だけは祇園の和風旅館・新門荘に宿泊。「1泊6000台湾ドル(約18000円)ほどで私にとっては高かったが、贅沢(ぜいたく)な1泊2日になった」と述べたpiaさん。「この値段で夕食は懐石料理が食べられて、朝食もついている。夏気分を味わえる浴衣一式の着用サービスや、抹茶アイスのクーポン、よーじやのあぶら取り紙のプレゼントもあった」そうだ。

  そして「夕食はすごくおいしかった! 季節限定メニューをたたみに座って食べ、とても良かった。抹茶アイスは高いが、クーポンを使って味わった。店内は和の雰囲気であふれていて、アイスはすごくすごくおいしかった! そして浴衣を着てお散歩するのも素敵な思い出になった」と、次々感想をつづったpiaさん。

  「ここまで書くと旅館の宣伝をしているようですが、五つ星ホテルと比べると安いはず。チャンスがあればぜひ行って、京都の楽しさを体験してください」とブログを締めくくり、夏の京都の思い出をかみしめていた。




エイサー、米クラウド企業買収:台湾

2011年07月23日 18時56分58秒 | 中華民國 ニュース


筍が旬、「ジューシーで甘い」



台中市潭子区の黄金たけのこは今が旬。市議会議員は22日、台中市長を招いて品評会を。「ジューシーで蒸して食べると梨より甘い」と絶賛。




『読売』『日経』、22日に馬・総統インタビュー特集

馬英九・総統は21日、読売新聞グループの老川祥一・最高顧問と、日本経済新聞社の杉田亮毅・会長をそれぞれ代表とする両紙の合同インタビューに応じ、22日の両紙朝刊で大きく報じられている。馬・総統は、釣魚台列島(日本名・尖閣諸島)の領有権問題について、釣魚台は中華民国固有の領土との一貫した立場を強調すると同時に、同じく領有権を主張している中国大陸とは協力しないと明言。この問題が台日関係に影響することはなく、争いは棚上げし資源の共同開発を、と呼びかけた。また、台日両企業の中国大陸共同進出は有益だとし、日本とのFTA・自由貿易協定および投資保障協定に強い期待を示したほか、TPP・環太平洋戦略経済協定にも参与したいと述べた。国立故宮博物院の日本展開催については、2013年に行いたいとの目安を示した。


民進党:高齢者と農家への補助金増額を

野党・民進党は、高齢者および農家への補助金を、現行の月額6000元から7000元に増額すべきと提案。来年1月には次期総統選挙・立法委員選挙が控えているが、高齢者・農家補助金は、大型選挙のたびに与野党を問わず選挙対策的に増額されてきた側面があり、民進党に近いとされる学者の一部は、社会的弱者への補助金は国民年金制度と一体化させるべきとして反対している。


エイサー、米クラウド企業買収

宏碁(エイサー)は21日、総額3億2,000万米ドル(約253億円)相当を投じて米クラウドコンピューティング技術のアイジーウエアを買収すると発表した。台湾企業のソフトウエア企業の買収としては過去最大規模となる。独自のクラウドコンピューティングサービスを打ち出す。

現金1億5,000万米ドルと1億7,000万米ドル相当の自社株4.5%の株式交換でアイジーウエアの全株式を取得する。このほか、業績に応じた奨励金7,500万米ドルもアイジーウエアに支払う計画。買収後の社名は「エイサークラウドテクノロジー」とする。

独自の同サービス「エイサークラウド」を宏碁製の携帯電話やノートPC、タブレット端末向けに来年から提供する。米グーグルや米マイクロソフト(MS)のように開放型のプラットホームと、米アップルの「アイクラウド(iCloud)」に対抗する考えだ。

工商時報などによると、アイジーウエアのクラウドコンピューティングサービスは、任天堂の携帯型ゲーム機3DSやWiiなどのユーザー1億人以上が使用している。任天堂のシステムメンテナンスも請け負っており、宏碁は向こう4~5年内に計1億2,000万米ドルのサービス料の収入を得ることができる。ただ、任天堂はNNAの取材に対して、「サービス料の支払いを含め、クラウドコンピューティングサービスでのアイジーウエアとの関係は一切ない」と報道内容を否定している。

■業績、下半期は回復へ

王董事長は同日、エイサーの業績は下半期に回復し、通年で黒字となる見方を示した。

第2四半期は欧州で積み上がった在庫の問題が響いて赤字となったが、6月時点で在庫の回転率に改善がみられたとして、今四半期に黒字転換できる見通し。今四半期には7インチの新タブレット端末、第4四半期には超薄型・軽量PC「ウルトラブック」の発表をそれぞれ予定しており、第4四半期も成長が続くとみている。








X JAPAN2年ぶりの台湾コンサート決定!

2011年07月22日 19時18分42秒 | 中華民國 ニュース



最低基本賃金は5.03%増の1万8780元

行政院労工委員会の王如玄主任委員は21日、基本賃金審議委員会を開き、今年の最低賃金を、昨年比5.03%増の1万8780元とすることを決めた。時給は98元から103元に調整した。労使双方とも、審議委員会の結論に不満の意を表明している。労働側はきょう22日、馬英九総統に訴えるという。最低賃金の改定はこの10年間で3度目。今回の決定は、来年元日から実施される。



フェラーリ販売台数で台湾はアジア3位

イタリアの高級スポーツカーのフェラーリやマセラティを取り扱う代理店によると、今年台湾に割り当てられたフェラーリとマセラティは130台で、既に予約完売の状態。スポーツカーの販売台数は、昨年から2割増になっており過去最高となっている。このためフェラーリの販売台数は、台湾は中国を除くアジアで日本と香港に次いでいる。フェラーリ本社はこれを受けて、新車の販売割当を今後増やしていくという。来年はフェラーリ、マセラティともに年間100台以上が台湾で売られることになる可能性が高い。また高級車のロールスロイスもきょう22日、台湾初のショールームを台北にオープンさせる。


秦・駐フィジー代表が辞任

公費流用や日本人外交官との不倫事件で司法調査を受け、辞表を提出していた秦日新・駐フィジー代表の辞任が21日認められた。外交部によると、秦氏は同部のイメージをダウンさせたとして、自ら辞職を求めたという。秦氏は代表職を辞任したが、月給10数万元の14職等外交官のままで、同部内で勤務するという。


世界ポーカー大会で台湾選手が1000万元獲得


ポーカー競技の最高峰である「世界ポーカー大会」が19日、幕を閉じた。台湾のプロ選手、石駿岡(30歳)さんは、チャンピオンになれなかったが、18位という優秀な成績を残した。石さんはこれまでも、同大会で20位入りしたことがある。今大会でも38万ドル(約1100万元)の賞金を獲得した。





14億元かけた風力発電機は撮影道具?

台中市の高美湿地の砂浜や夕日、風力発電発電機を組み合わせた風景が、人気撮影スポットになっている。このなかにある風力発電機18基は、台湾電力が14億4000万元をかけ、設置した。しかしメディアの調査によると、この発電機の稼動率は3割にも達しておらず、故障率も20%と高いという。台湾電力によると、台中にあるこの発電機は初期的のもので、そのため故障が多いとしている。


NCCが壹電視新聞台を許可

国家通訊伝播委員会(NCC)は20日、新たにテレビニュースチャンネル「壹電視新聞台」の開設を許可した。壹電視は香港系で、『蘋果日報』と『壹週刊』と同じグループ。2年前にネット上だけで開局したが、過激で猥褻な映像表現だったため、テレビ放送には適さないとして、テレビ放送としての開設は許可されていなかった。しかし最近は、ニュース番組を含む放送内容に改善が見られ、テレビ放送の基準に達したとして開設が認められた。


8月末から樹林・板橋間で浮州駅の使用開始

台湾鉄道管理局は21日、板橋市に浮州駅を8月末から使用を開始することを明らかにした。これによって浮州地区の約1万4300人が恩恵を受けることになる。
同駅は樹林と板橋間に設けられる。同地区には華僑高校と台湾芸術大学があり、毎日約500人が乗車するとみられる。台鉄はMRT化を進めており、各地で簡易通勤駅を設けている。


歯科医師12人が岩手県の被災地で無料診療へ

台湾の歯科医師12人が20日、東日本大震災の被災地である岩手県大槌町でボランティア歯科診療をするため日本へ向かった。東京歯科大学の招請を受けて、同大とチームを組んで3日間、診療を行う。口腔内清掃、フッ素塗布、虫歯や歯周病の予防などを実施する。台湾では多くの歯科医が以前から、被災地での無料治療に意欲を示しており、日本側の招請を待っていた。


中国から旅行者、急ブレーキ:阿里山事故、総統選への配慮で

 増え続けていた中国からの旅行者の客足に急ブレーキがかかっている。阿里山での鉄道事故など安全面の懸念やサービス低下を受けて、上半期は2008年7月の解禁以来初めて前年同期比マイナスに転じた。来年の台湾の総統選挙を前に、中国側が省クラス以上の幹部による訪台を見合わせる方針を固めたことが影を落とし、下半期は25%減るとの悲観的な見方も出ている。

 鳴り物入りで解禁になった中国人ツアー客の受け入れは、当初は直行便数が少なくアクセスが不便、ツアー料金が割高などの理由で伸び悩んだが、交通部観光局によると、その後は年々増加を続け、昨年には日本人を抜いて国・地域別で首位に浮上した。月ベースでは多い時で前年同月比3倍以上に膨れ上がるなど、右肩上がりの成長が続いていた。

 この間、記録的な豪雨をもたらした09年8月の台風8号、中国人客も土砂崩れに巻き込まれた昨年10月の台風13号など、訪台意欲を冷え込ませる出来事はあったが、前年実績を割り込むことはなかった。

 変化のきっかけは今年4月に起きた阿里山での鉄道事故。中国人に人気の観光地だけにイメージダウンは避けられず、翌5月の中国人客数は前年同月比16.1%減と解禁以来初めて減少に転じた。その後、可塑剤による食品・飲料の汚染問題や業者間の価格競争によるサービスの質低下などが拍車をかけ、6月も15.6%減少。1~6月の累計でも前年同期比1.3%の減少に転じた。

 ■高官が訪台見合わせ

 下半期はさらに減ることが予測される。21日付経済日報は政府高官の話として、中国が来年1月の総統選挙までは省クラス以上の幹部による台湾訪問を取りやめると伝えた。選挙への影響を考慮したものとされる。

 今年に入ってからは江蘇省南京市や安徽省、広西チワン族自治区、海峡両岸関係協会(海協会)などが訪台しているが、地方レベルでは先ごろ訪台した山東省の代表団、中央政府レベルでは台湾に滞在中の商務部の蒋耀平副部長率いる調達団が年内最後となるもようだ。

 旅行業界関係者によると、昨年は毎月、中国の省クラス以上の高官が産学官の関係者300人以上を率いて台湾を訪問。高官らは中国に戻った後、宣伝塔として台湾旅行を奨励し、1万人規模の観光客を動員していただけに、訪問見合わせは大きな痛手となりそうだ。先月末に個人旅行が解禁され、中国人客増加の機運が高まっていた観光業の好景気に水を差す恐れが出ている。

 ただ業界では、昨年から訪問団中止のうわさが流れていたとされ、各社は今年上半期に積極的に旅行関連の展示会に出展し、域内の観光客囲い込みに動いた。また中国人客の落ち込みによる減収を補うため、旅行会社は査証が免除される欧州旅行の売り込みに力を入れているほか、中国への観光も積極的に売り出している。 .


中国の軍事力、台湾の10倍に―台湾報告書

2011年7月21 日、新華網によると、台湾国防部は19日に行った記者会見で、2011年国防報告書を公布し、その内容について、中国の軍事力は台湾の10倍、軍事費は21倍に上り、台湾は非常に厳しい状態に置かれていると述べた。

報告書によると、中国軍は2020年を目標に、国産の空母とステルス機を完成させるほか、衛星測位システム「北斗」を打ち上げることにより長期にわたる米国GPSへの依存からの脱却と、長距離ミサイルの照準精度向上を目指している。中国軍の兵力が約230万人なのに対し、台湾軍はわずか27万人。弾道ミサイル、潜水艦、無人航空機などを備える中国軍は、軍備の面でも台湾をはるかに上回っている。

両政府の努力の結果、最近の中台関係は安定してきてはいるものの、軍事的緊張が緩和する兆しはない。

台湾は今後、中国の膨大な予算で築き上げた強固な軍隊をもってしても、対戦相手にはしたくないと思わせるような、少数精鋭の強固な軍隊を備えることを方針としている。


台湾、上半期の輸出受注額が過去最高に

 台湾の今年上半期の輸出受注額が、過去最高の2147億200万ドル(約16兆8884億6000万円)に達したことが22日までに経済部(通産省に相当)のまとめでわかった。情報・通信機器などが好調で、前年同期比10・63%増。香港を含む中国と米国で約49パーセントを占めた。日本からは前年同期比6・1パーセント減の215億9100万ドル(約1兆6979億200万円)にとどまり、4位から5位に転落した。



日本とシンガポールが中国人観光客の獲得に注力

日本が中国人観光客の増加を目指し、1日から条件付きで中国からの個人観光客に対してビザの発給を開始した。このため、旅行先として台湾より日本を選ぶ中国人観光客が増えていることから、今後、台湾を訪れる中国人観光客が減少すると懸念されている。

このほか、シンガポール航空は20日、下半期にシンガポール-中国間の便数を大幅に増やすと発表した。このため、中国人観光客の獲得をめぐり、日本のほか、シンガポールも台湾のライバルとなる。


acer3.2億米ドルでクラウドコンピューティングの米iGware買収

パソコンブランドの宏碁(acer)は21日、3億2000万米ドルを投じてクラウドコンピューティング会社の米iGwareを買収すると発表した。

宏碁の王振堂・董事長(会長)は、iGwareを買収した後、同社は自社でクラウドコンピューティングのプラットフォーム「acer Cloud」を開設し、将来は同社のノートパソコン、スマートフォン、タブレットPCなどの製品すべてで利用できるようにする計画だと指摘した。

iGwareはカリフォルニア州シリコンバレーにある企業。知名度は高くないものの、主要顧客には任天堂がある。任天堂のゲーム機「Wii」「ニンテンドー3DS」、発表されたばかりの「Wii U」のインターネット接続によるサービスは、いずれもiGwareのクラウド技術が採用されており、利用経験者は1億人余りに達している。年間の営業収入は2000万~3000万ドル。

王董事長によると、任天堂はすでに宏碁のiGware買収に同意している。iGwareは任天堂と今後5年間で1億2000万ドルの契約を結んでおり、宏碁が経営を引き継いだ後も引き続きサービスを提供することになっている。さらに双方は今より一歩進んだ提携関係を結ぶことも考慮している。


中華民国建国100周年を記念した聖火リレーイベントが福岡で開催

 2011年3月28日、日本中華聯合総会の劉東光・会長、大阪中華総会の洪勝信・会長ら一行は、国父、孫文が「興中会」を創設した地である米国のホノルルを訪れ、「辛亥革命―中華民国建国百年」=「百齢薪伝(建国100年聖火リレー)」のための聖火の火を3つ受け取り、日本に持ち帰った。

 「建国100年聖火リレー」は、日本国内で3つの地域に分かれて行われ、その中では、大阪~沖縄までが1つの地域に区分けされた。この地域を回る聖火は、孫文がかつて革命のために奔走した時に関連のあった山口県、長崎県、熊本県荒尾市、鹿児島県などの地をすでに巡回した。

 福岡県内での「建国100年聖火リレー」のイベントは、福岡台湾商工会議所が主催し、7月3日に福岡南公園にある孫文記念碑前で行なわれた。また、偉業を果たした孫文をとりわけ尊敬している福岡日華親善協会の天岡健・会長の会社においても、7月5日に厳粛な儀式が執り行われた。

【外交部 2011年7月13日】



X JAPAN、2年ぶりの台湾コンサート決定!早くも歓迎ムード


  日本のロックバンドX JAPANの台湾コンサートが決定。「2年ぶりに再び彼らがやって来る!」と、台湾メディアが一斉に報じた。

  ウェブニュース・Yahoo!奇摩は「数万人の観客を集めた2年前のX JAPAN台湾コンサートは、ファンにとっては忘れがたい思い出。今年は11月6日に台北南港展覽館でのホールコンサートが決まり、チケットは7月23日に発売開始」と伝えた。

  併せて「リーダーのYOSHIKIがアジア巡回コンサートの開催を宣言し、ファンは今か今かと緊張しながら発表を待ち望んでいた。今回のコンサートは台湾の主催者やCDショップが日本の事務所と何度も交渉し、やっと決まった」と報道。「7月17日には元メンバーのTAIJIが亡くなる悲しいニュースが流れたが、台湾コンサートの影響はないだろう。デジタル配信にてリリースされた新曲は世界各国で大好評を得ており、ニューアルバムの制作が大詰めに入っている」という近況も伝えており、早くもX JAPAN来台歓迎ムードが漂い始めた。










歯科医12名が東北の被災地で無料治療:台湾

2011年07月22日 05時32分06秒 | 中華民國 ニュース

中国進出、日台で連携を…台湾・馬総統

台湾の馬英九総統は21日、台北市内の総統府で、読売新聞グループ本社の老川祥一・最高顧問と日本経済新聞社の杉田亮毅会長の共同インタビューに応じ、日台間の経済協力について、急成長する中国市場への共同進出をにらみ、「もっと制度化することができる」と述べ、投資保護協定などの締結に期待感を表明した。

 馬総統は、「(日台が)共同で市場に出れば、成功率は高まる」と述べ、中国市場を熟知する台湾企業と技術力のある日本企業の連携の強みを指摘した。

 中台は昨年6月、事実上の自由貿易協定(FTA)にあたる経済協力枠組み協定(ECFA)を締結しており、日本企業にとって、台湾企業との協力が容易になれば、中国市場に参入しやすくなる。情報通信技術や工作機械の分野では日台連携で中国に進出する例が出ている。

生物科技展開幕、副総統「政府は重視」

台湾バイオテクノロジー(生物科技)展が21日、台北市内の世界貿易センター展示館で開幕。この展示会は今年で9年目で、今年は中華民国台湾、日本、オーストラリア、アメリカ、中国大陸などから485社が参加、950個のブースを使ってバイオテクノロジー技術を紹介する。四日間行われるこの展示会でのブースの数は過去最高に。

蕭万長・副総統は開幕式典であいさつし、政府はバイオテクノロジーを六大新興産業の一つに位置づけていると、その重視ぶりをアピール、年末にはバイオテクノロジー企業のサービスを統合するプラットフォーム、「スーパー育成センター」を推進するオフィスがスタートする他、行政院国家発展基金の投資によるTMFバイオテクノロジー・ベンチャーキャピタルも行政院に許可され、資金をこの産業に呼び込むことになると説明した。

蕭・副総統は、「バイオテクノロジー産業は、我々の情報通信産業の後を継ぐ産業界のスターになると信じている。それが皆の期待でもある」と話し、台湾のバイオテクノロジー産業は、人材、制度、資金、技術など、発展に向けての要素が日増しに整う中、その将来は大変有望であるとの見方を強調した。


法務部廉政署が20日に発足

総統は、廉政署を発足させた目的は汚職の防止を徹底させ、汚職による犯罪率を低下させ、汚職の有罪率を高めるためだと述べると共に、その発足を通じて公務員が汚職をせず、汚職をする必要がなくなり、汚職することができず、汚職する勇気がなくなるよう図るためだとしている。

クリーンな政治を推進するため、馬英九・総統は昨年7月20日に法務部・廉政署を設置すると発表した。馬・総統は1年の準備期間を経て20日に正式に発足した廉政署に対して

馬英九・総統は、「政府が汚職の一掃に努め、それを貫徹する迫力があれば、例え、混乱を招いたとしても、国民はこのような政府を信頼し続けてくれるだろう」と述べ、「これこそ、われわれの廉政署に対する期待だ」と明らかにした。

一方、法務部の曾勇夫・部長も廉政署の今後の3大目標を明らかにした。曾勇夫・法務部長は「汚職の発生率を引き下げること、その有罪率を高めること、そして冤罪などのないように人権を保障することは廉政署発足の3大主な目標だ」としている。曾・部長はまた、台湾の国際競争力向上をめざし、廉政署は20日から関連の業務を推進し、汚職の防止・反対関連作業を徹底させる自信があるを強調した。

廉政署は「総合企画、汚職一掃、汚職防止、政治風紀」の四部門に分かれており、台湾北部、中部、南部にそれぞれ「外勤調査チーム」が設けられており、総定員枠は240人。廉政官には司法警察の権力を持っており、検察官の指揮の元、捜査を進めることになる。

なお、汚職一掃のため、現在すでに14人の検察官が廉政署に転勤した。それに政治風紀、警察及び調査部門からのエリートも加わっている。政治風紀特別捜査チームの林楊斌・廉政官は廉政署のもう一つの特色として、政治風紀の行政調査を職権に組み込んだことを挙げた。それによって捜査作業がより効率的になるという。


歯科医12名が東北の被災地で無料治療

台湾の歯科医12名が20日、日本の東京歯科大学の歯科医と共に東日本大震災の被災地で無料治療を行うため日本に向かった。中華民国歯科医同業組合全国聯合会によると、台湾では多くの歯科医が日本での無料治療に意欲を示していた中、一ヶ月前に東京歯科大学より無料治療への参加を打診された。歯科医同業組合ではその後、先遣隊を出して被災地を視察し、双方の合同医療団として無料治療に当たることが決まった。

台湾からの医療団は、歯科医同業組合全国聯合会国際事務委員会の羅界山・主任委員が団長を務め、メンバー12人は20日正午に東京医科歯科大学の医療団長らと合流、21日に被災地に入って三日間の無料治療を行うと共に、将来の協力計画を検討する。

中華民国歯科医同業組合全国聯合会では、今回は移動式の医療機材を被害の深刻だった被災地に持ち込み、岩手県大槌町で歯垢の除去やフッ素の塗布、歯の充填などを行うことで、患者の虫歯や歯周病の情況を改善したいとしている。台湾からの医療団はまた、日本の全国レベルの歯科医団体、岩手県の歯科医団体を表敬訪問して、口腔医療教育の領域での双方の協力について話し合う。


台北市財務局、「豪邸税」強化を計画

台北市では今月、高級住宅、豪邸の所有コストを高めるためのいわゆる「豪邸税」がスタートした。しかし、不動産価格の高騰が問題となっている台北市政府の邱大展・財政局長は20日、住宅所有コストはまだ上げなければならないとして、今年年末にもこれをよりきびしく改める案を打ち出す考えを明らかにした。

台北市政府不動産評価委員会では今年、豪邸とされる1万戸を対象に、住宅税の計算方式に豪邸路線価格を盛り込むことで住宅税を引き上げた。一戸130坪、実勢価格台湾元2億6000万元とされる「帝宝マンション」の場合、従来の住宅税が7万6000元だったところ、この豪邸税導入で一気に四倍に増やされ、30万5000元となっている。

しかし、邱・台北市財政局長は、住宅の実勢価格から持ち主が負担する住宅税額を見ると、所有するためのコストはまだ低すぎるとし、負担をさらに増やす可能性を指摘した。台北市では、住宅の標準価格を引き上げることで住宅税を増やす考えで、台北市財政局では住宅税合理化検討中間報告が8月に発表されてから、住宅の標準価格ならびに償却率から手をつけたいとしている。住宅標準価格は31年間改められておらず、邱・局長は全面的にこれを引き上げると共に、償却年数を短くして住宅税を合理的なものにすると話している。

ぜいたく?台湾がフェラーリ販売でアジア三位

中華民国台湾では今年、いわゆる「ぜいたく税」が実施され、輸入高級自動車などには高い税率が課せられるようになった。しかし、イタリアの高級スポーツカー、フェラーリやマセラティを取り扱う代理店によると、今年台湾に割り当てられた、フェラーリとマセラティ合わせて130台の販売台数はすでに予約完売の状態で、これらスポーツカーの台湾における販売台数は昨年から2割増しの過去最高になるという。フェラーリの販売台数で、中華民国台湾は中国大陸を除くアジアにおいて日本と香港に次ぐ、三番目に大きい市場に。

この代理店では、台湾の市場の活発さにフェラーリ本社は驚き、新車の販売割当を今後増やしていくと約束、来年はフェラーリ、マセラティともに年間100台以上が台湾で売られることになる可能性が高いとしている。この代理店は20日に、マセラティのグランツーリスモMCストラダーレという車種の発表会を開催、最高時速300キロ以上、台湾元848万元の高級車ながら、今年の割り当て台数10台はすでに予約で売り切れており、この日は来年の予約受付を始めた。


中国から旅行者、急ブレーキ:阿里山事故、総統選への配慮で

増え続けていた中国からの旅行者の客足に急ブレーキがかかっている。阿里山での鉄道事故など安全面の懸念やサービス低下を受けて、上半期は2008年7月の解禁以来初めて前年同期比マイナスに転じた。来年の台湾の総統選挙を前に、中国側が省クラス以上の幹部による訪台を見合わせる方針を固めたことが影を落とし、下半期は25%減るとの悲観的な見方も出ている。

鳴り物入りで解禁になった中国人ツアー客の受け入れは、当初は直行便数が少なくアクセスが不便、ツアー料金が割高などの理由で伸び悩んだが、交通部観光局によると、その後は年々増加を続け、昨年には日本人を抜いて国・地域別で首位に浮上した。月ベースでは多い時で前年同月比3倍以上に膨れ上がるなど、右肩上がりの成長が続いていた。
この間、記録的な豪雨をもたらした09年8月の台風8号、中国人客も土砂崩れに巻き込まれた昨年10月の台風13号など、訪台意欲を冷え込ませる出来事はあったが、前年実績を割り込むことはなかった。

変化のきっかけは今年4月に起きた阿里山での鉄道事故。中国人に人気の観光地だけにイメージダウンは避けられず、翌5月の中国人客数は前年同月比16.1%減と解禁以来初めて減少に転じた。その後、可塑剤による食品・飲料の汚染問題や業者間の価格競争によるサービスの質低下などが拍車をかけ、6月も15.6%減少。1~6月の累計でも前年同期比1.3%の減少に転じた。

■高官が訪台見合わせ

下半期はさらに減ることが予測される。21日付経済日報は政府高官の話として、中国が来年1月の総統選挙までは省クラス以上の幹部による台湾訪問を取りやめると伝えた。選挙への影響を考慮したものとされる。

今年に入ってからは江蘇省南京市や安徽省、広西チワン族自治区、海峡両岸関係協会(海協会)などが訪台しているが、地方レベルでは先ごろ訪台した山東省の代表団、中央政府レベルでは台湾に滞在中の商務部の蒋耀平副部長率いる調達団が年内最後となるもようだ。

旅行業界関係者によると、昨年は毎月、中国の省クラス以上の高官が産学官の関係者300人以上を率いて台湾を訪問。高官らは中国に戻った後、宣伝塔として台湾旅行を奨励し、1万人規模の観光客を動員していただけに、訪問見合わせは大きな痛手となりそうだ。先月末に個人旅行が解禁され、中国人客増加の機運が高まっていた観光業の好景気に水を差す恐れが出ている。

ただ業界では、昨年から訪問団中止のうわさが流れていたとされ、各社は今年上半期に積極的に旅行関連の展示会に出展し、域内の観光客囲い込みに動いた。また中国人客の落ち込みによる減収を補うため、旅行会社は査証が免除される欧州旅行の売り込みに力を入れているほか、中国への観光も積極的に売り出している。







日本産より高額になった台湾産うなぎ、関係者が落胆

2011年07月21日 15時13分22秒 | 中華民國 ニュース


桃園空港で60代夫婦が1500万元持ち出し

桃園国際空港で19日正午、中華航空機に搭乗しようようとした60代夫婦が体や手荷物に現金約1500万を隠し持っているのが見つかった。妻が出境手続きの際、検査機で発見された。検査したところ、足、手荷物に現金705万元を隠し持っていた。現金は新聞紙や果物の皮、キャベツなどにくるまれていた。夫も取り調べたところ、手荷物から大量の紙幣を発見した。同空港では、これまでで最高額の現金持ち込み額。税関はマネーロンダリングの疑いもあるとみて、詳しく調べている。


フィジー駐在の秦代表は給料をもらいながら台湾に



フィジー駐在の秦日新・台湾代表は6月末、日本の女性外交官との不倫事件が報じられた。当時、台湾にいた秦代表は6月30日にフィジーへ戻ると表明したが、立法委員によると、秦代表はその後も台湾にいたという。楊進添・外交部長は20日、不倫事件で秦代表を呼び戻したと証言している。しかし秦代表はこの3週間に台湾に居ながら、外交部にも行かず、月約1万ドルの給料が支給されるという。



怒り狂うお父さんナイフで5歳の息子を人質に

高雄市の男性の黄氏(37歳)は、自分の妻と兄が不倫していることを疑い、19日夜、酒を大量に飲んだ後、ナイフで兄と妻を追いかけ回した。警察が現場に到着したところ、黄氏は5歳の息子を人質にし、ナイフを息子の首にかけていたという。3時間後、警察は子供を保護することができ、黄氏を逮捕したが、この混乱のなか、子供は父のナイフで怪我をしたという。


旅行社社長と高雄市消防副局長がドラッグパーティー?!

セレブ日本ツアーが専門の天喜旅行社の郭正利社長は20日夜、高雄市の国賓ホテルの部屋でプライベートパーティーを開いたことが分かった。高雄検察と憲兵が調べに部屋に入ったところ、同市の方和金・消防局副局長がいるのも発見した。部屋にいた6人は全て男性で、衣装が乱れていたという。検察は郭社長のバッグから、ドラッグ2種類と未使用のコンドームが見つかった。6人はドラッグの服用を否定している。


 
高鉄雲林駅が2015年にオープンへ


毛治国・交通部長は19日、台湾高速鉄道の雲林駅(雲林県虎尾鎮)が2015年にオープンする予定であることを明らかにした。同駅は総工費4700億元で、2012年7月に着工する。


雲林県、彰化県で地盤沈下が毎年5ミリのペースで進んでいるが、これについては交通部高速鉄道局が対応策を検討しているという。同駅のほか、台北市の南港区、苗栗県、彰化県にも駅が新設される予定。







フジロックフェスに台湾から3グル―プ参加

日本最大の野外音楽イベント「フジロック・フェスティバル」に、台湾のグループ3組が出演することになった。「生祥&楽団」、「甜梅号(シュガー・プラム・フェリー)」、「銀巴士(シルバーバス)」の3組。これまでも台湾のグループは同フェスに参加していたが、3組が出るのは初めて。同フェスは29日から31日まで、新潟県湯沢町で開かれる。

早ければ8月中旬に両岸窓口機関第7回トップ会談
対中国交渉窓口機関「海峡交流基金会」と、中国側の「海峡両岸関係協会」の第7回トップ会談が、早ければ8月中旬にも開催される見通しと報道されている。トップ会談は2008年に再開されて以来、半年に1度の割合で中国と台湾で交互に開催されてきた。今回は中国・青島以外の渤海沿岸都市とされている。議題は投資保障協議と原子力発電に関する安全協議。


台北市の中古住宅成約価格、6月は前月比10%下落

不動産仲介サービスの有巣氏房屋によると、台北市の中古住宅の成約価格が6月は平均1968万台湾元で、前月の2189万台湾元を下回った。下落幅は10.1%。

そのうち、文山区が前月比3.3%上昇しただけで、他の行政区はいずれも下落した。下落した行政区のうち、中山区の下落幅が1.6%で最小だった。また、成約価格は大安区が2602万台湾元で、行政区の中で最高だったが、前月比13%下落した。

また、新北市では永和区の上昇幅が最大で19.52%に達した。次いで、新店区16.5%、汐止区16.29%、中和区10.22%の順。


エナメル線の栄星電線の株式がストップ高、日本の古河電工から受注で

エナメル線メーカーの栄星電線(JUNG SHING WIRE)は20日、日本の古河電工からエナメル線2種の生産を受注したと伝えられ、第3四半期(7~9月)の業績向上が見込まれるため、株価が上昇し、ストップ高となった。

古河電工は中国での販売規模拡大に向け、子会社の古河マグネットワイヤを通じて栄星電線の株式20%を取得し、栄星電線に0.5ミリメートル以下のエナメル線の生産を委託する。

栄星電線によると、同社株主の日本の東京特殊電線から6月、保有している32%の株式のうち3分の2を古河マグネットワイヤに譲渡するという通知を受けた。栄星電線は、古河電工向けの製品を主に中国の蘇州工場(江蘇省)、東莞工場(広東省)で生産する。9月からサンプル出荷を開始する予定。


台湾の金融規制当局、銀行に引当金の積み増し要請を検討

台湾金融監督委員会(FSC)は域内銀行に対し、リスク管理を改善するため企業向け融資に関する引当金を積み増すよう求めることを検討している。銀行間での貸し出し競争を受け、融資額が増大していることを受けた措置。

 台湾の銀行は、半導体メモリーチップ・メーカーや薄型パネルメーカー、他のハイテク企業、不動産デベロッパー向けに融資競争を繰り広げており、場合によっては収益性を無視した低金利で融資を提供している。

 その結果、ハイテク業界に陰りが差している状況にあって、銀行が過度のリスクを取っているとの懸念が高まっている。

 FSCの銀行部門ディレクタージェネラルを務める Kui Hsien-nun氏は「金利は低すぎる。われわれは銀行に対し、特に半導体メーカーや大手不動産デベロッパーへの融資について、リスク管理を改善するよう求める考えだ」と語った。

 ただ、FSCが具体的な行動をとるかどうかなどの詳細については言及しなかった。


日本産より高額になった台湾産うなぎ、関係者が落胆

 7月21日は「土用の丑の日」。台湾メディアが、「日本人は“土用の丑の日”に夏バテ防止のために、うなぎを食べる習慣がある。21日を前に、日本メディアが“台湾産うなぎは日本産より高い!”と報道した」と伝えた。

 台湾・中央社(CNA)は「今年の日本は節電の影響があるせいか、うなぎを食べて元気をつけようとする人が増えている。そのような中、台湾産うなぎの高騰が目立ち不利な状況に。台湾区鰻魚発展基金会・郭董事長に話を聞くと、“毎年この時期には、うなぎのPRイベントで日本に行くのが恒例になっていたが、今年は政府の補助金が出ずにイベント開催ができなかった。その上今年はうなぎの稚魚が少なくて、日本への大量輸出ができない状況”という答えが帰ってきた。稚魚が少なく生産量が伸びずに、台湾うなぎの価格は高騰する一方だ」と報じた。

 また「日本からNHKの取材を受けた郭董事長は、“価格の高騰は望ましくなく、稚魚も売れない状況で心配が募るばかり。うなぎ関連の価格がすべて値上がりしているので、稚魚の不法輸出を政府が厳しく取り締まってほしい”と訴えた」とも伝えた。

 9割以上は日本に輸出されている、とされている台湾産うなぎ。今年は5月頃から、日本産より高くなっているという。「日本では7月になるとうなぎに関する報道が増え始め、うなぎが大好きな国民とも言える。うなぎをテーマにした歌もあるほどだ。東日本大震災で多額の義援金を送った台湾に対して、恩返しの意味を込めて台湾うなぎを食べようと思った日本人もいるという。だが量が激減している今年。日本で台湾うなぎを食べることは、難しいかもしれない」と、中央社は報道を締めくくっている。