Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

外国人が次々に日本脱出 仏・韓は臨時便も

2011年03月31日 17時10分56秒 | 世界のニュース


外国人が次々に日本脱出 仏・韓は臨時便も


東北関東大震災を受けて、外国人が続々と日本を脱出している。脱出用の臨時便を飛ばす国もあれば、仙台から新潟までバスをチャーターして、新潟港から国外に退避させるなど、様々な手段を講じている。また、定期便の機材を大型化するなど、航空会社も、国外退避に向けて動きを進めている。

在京フランス大使館は2011年3月16日、日本在住のフランス人に対して、出国するか日本の南部に退避するように勧告する声明を出した。声明によると、すでに帰国用に手配したエール・フランス機2機が日本に向かっている。

中国外務省は、被災地域から退避を勧告

中国外務省は、被災地域から退避を勧告。宮城、福島、茨城、岩手の4県にバス数十台派遣し、帰国を希望する中国人を成田空港と羽田空港に運ぶ予定だ。

ロシア国営の「ロシアの声」によると、ロシア外務省は「必要性が発生した場合、日本は自国民を避難させるために、あらゆる手段を用いる」との声明を発表している。

インドネシア政府は、被災したインドネシア人約100人を、定期便で帰国させた。

民間航空会社は、増便する社と減便する社があり、対応が分かれている。

大韓航空は、3月16日夜、成田から仁川線行きの臨時便を2便運航するほか、羽田発金浦行きの定期便の機材を大型化した。



この記事をはてなブックマークに追加

日本からの輸入食品は放射線検査すべて合格

2011年03月31日 16時03分17秒 | 中華民國 ニュース


海水魚の取り引き急減、養殖物は2割以上の値上がり

  日本の福島第1原発での放射能漏れのため、台湾で水産物の取り引きが急減している。そのうち海産物は、価格の下落は小幅だが、取引量はほぼ半分に減っており、この13年で同時期としては最低となっている。これに対して、比較的に安全と考えられている養殖物は2割以上の値上がりとなり、この13年で同時期としては最高値となっている。

 行政院農業委員会漁業署は相次いで海水の放射性物質の検査を行ったが、すべて合格となっており、台湾の水産品に放射能汚染はないことが証明されているが、取り引きは縮小している。

 台湾の14の魚市場では30日、魚の平均価格は1キログラム当たり106.5台湾元で、昨年同期に比べて2%値上がりした。しかし取り引き量は昨年同期の413トンから、300トンへと27%減少した。

 そのうち海水魚は取引量が43%減少して、108トンにとどまった。価格は2.3%下落し、1キログラム当たり122.3台湾元だった。

 これに対して養殖魚は、取引量が19%減少して123トンだったが、価格は22.2%上昇して93.1台湾元だった。

 台北漁産運銷公司によると、日本で原発事故が発生して以来、水産品の取り引きが縮小を続けており、特にカジキ、マグロ、サメなどで販売が落ち込んでいる。ただし、冷蔵、冷凍施設を備えているため保存が可能で、価格には大きな影響がない。

ファストフード市場でチキン系製品が増加、飼料の値上がりで


 ファストフード市場では最近、台湾産鶏肉を使用した製品が相次いで発売されている。そのうち、マクドナルド(麦当労)は3月初めに3種のチキン系バーガーを発売し、ケンタッキーフライドチキン(肯徳基)に対抗している。また、ピザハット(必勝客)は30日に5種のチキン系ピザを発売する。ライバルのドミノピザ(達美楽)はすでにチキン系ピザを販売している。

 また、ブロイラー事業の大成グループ傘下のバーガーキング(漢堡王)は、5月からチキン系バーガーを販売する予定。価格を59台湾元に抑える。

同グループは、鶏の飼育時間は比較的短く、使用する飼料に対して生産できる肉が多い上、鶏肉を食べる人が多いため、バーガーキングでチキン系バーガーの販売促進を行うことを決定した。バーガーキングのハンバーガー製品のうち、これまではビーフ系が60%に対してチキン系が40%だったが、将来は各50%に調整される。

同グループによると、昨年4月からこれまでに飼料の原料となる小麦が50%値上がり、トウモロコシが40%値上がり、大豆が25%値上がりしている。同グループは、台湾のブロイラー市場でシェア25%を占めている。



日本からの輸入食品は放射線検査すべて合格、水産品も検出なし

 行政院農業委員会漁業署によると、台湾近海で捕獲された水産品のうち15件、台湾北部近海の漁場で採取した海水12件の放射線を検査したところ、いずれも正常だった。また、人工衛星による監視の結果、台湾漁船は福島第1原発から1200キロメートル以内で操業していない。

 行政院原子能委員会は30日午前11時までに日本から輸入された乳製品、酒、果物、海産物、カレー、ヤマイモ、調味料、菓子、ソラマメ、麺類などの食品539件に対して検査を行った結果、いずれも規定に合格した(3月19日に1件のソラマメの殻からヨウ素131、セシウム137が検出された。3月23日に1件のミル貝からヨウ素131、テルル132が検出された。3月26日に2ロットのうどんの外箱からヨウ素131、セシウム134、セシウム137が検出された。ただし、いずれも規定の範囲内だった)。

 日本からの輸入食品は。同委員会の放射線検査に合格し、他の不合格項目がなければ、輸入許可が発行され、別に放射線安全を証明する文書を取得する必要はない。

 経済部標準検験局は、3月29日までに日本から輸入された工業製品および他の貨物70件について放射線のサンプル検査を行ったが、いずれも規定に合格した。






この記事をはてなブックマークに追加

グランドプリンスホテル赤坂閉館セレモニー

2011年03月31日 16時01分26秒 | 世界のニュース

赤プリで-55年の歴史に幕 /東京

赤坂見附のグランドプリンスホテル赤坂(千代田区紀尾井町1)が3月31日、55年の歴史に幕を閉じた。(赤坂経済新聞)

 同ホテルは1955年10月1日に開業。バブル時代には「赤プリ」と呼ばれトレンディスポットとなったが、建物の老朽化を理由に閉館を決めた。閉館後は敷地内にある複数の施設のうち、歴史的価値が高い旧館(旧李王家邸)を残し、それ以外の施設を解体。ホテルや商業・業務施設からなる複合棟と、住宅・商業施設で構成する住宅棟の超高層ビル2棟を建設するという。

 閉館に際して行われたセレモニーでは、同ホテル総支配人の松下学さんが「多くの方から閉館を惜しむ声を頂き、長年の営業を通じて、自分たちはお客様に育てられてきたのだと実感している」と挨拶。その後、およそ3千通を超える利用者からのメッセージが詰まったタイムカプセル「赤プリメッセージボックス」に鍵をかけた。

 また、同ホテルは取り壊しが行われる7月までの3か月間、東日本大震災による福島県の被災者受け入れ施設となることが決まっている。

 「最後に被災者支援という形でご奉公できるのは嬉しい。同館のスタッフは全国に散らばってしまうが、今後も変わらぬご愛顧を頂ければ」と松下さん。





この記事をはてなブックマークに追加

桃園空港周辺の都市計画構想進行中

2011年03月31日 14時19分13秒 | 中華民國 ニュース


桃園空港周辺の都市計画構想進行中

桃園県では、台湾桃園国際空港を中心に、自由貿易区や航空業発展区、また見本市や農業発展、海浜レジャーなどの各エリアを備えた大規模総合開発計画「桃園エアロトロポリス計画(通称)」を進めている。呉志揚・桃園県長は29日、同開発区を通る新交通システム・グリーンライン計画について呉敦義・行政院長に説明を行った。同計画は、現在行政院経済建設委員会で検討されているが、全長約30キロの路線に15年間の建設予定は長すぎるとの見方が強く、県側に対し財務計画や新路線周辺の経済効果などを考慮し効率を上げるようを求めている。呉・行政院長は、開発計画を打ち出した当初から観光産業の状況は大きく変化しており、韓国・仁川空港や中国大陸の上海・北京などの空港との競争関係を意識するよう求めた。

民進党政権時代に公文書の9割以上紛失

総統府は29日、陳水扁・前総統による8年間の民進党政権時代に、公文書3万8,924件のうち9割以上に当たる3万6,292件が紛失していたことを明らかにした。総統府が2年余りをかけ公文書の整理をしていて発見した。陳前総統の事務室を含む5事務室で発覚したが、1万4,000件余りは陳前総統の事務室だった。そのうち94%が機密文書。2万5,398 件あった外交関係の文書のうち、発見されたのはわずか64件にとどまった。これを受けた馬英九総統は、監察院に調査を依頼した。故意の公文書紛失は機密漏えいに当たり、刑事責任を問われる可能性があるという。



台湾からの義援金総額100億円に迫る

東日本大震災に対する台湾からの義援金総額が30日現在、35億1,324万元(約98.8億円)に達した。日本交流協会が同日ホームページ上に掲載した。その内訳は外交部が1億元、交流協会事務所での義援金受付や民間からの義援金からなる。このほか、発電機、毛布、食料品など約400トンの支援物資が被災地の福島、宮城、盛岡県に送り届けられた。



昨年の成婚18.5%増、国際結婚率は下落


内政部統計によると、2010年に結婚したカップルは13万8819組で、前年比2万1720組増加したことが分かった。増加率は18.5%だったが、2009年が結婚に適さないとされる「孤鸞年」のため、その翌年が大幅に増加したとみられる。また外国籍の配偶者は2万1501人で、前年比1.9%減少した。国際結婚カップルの割合は、平均6.5組に1組で、2003年の3.1組に1組に比べて減少した。


花蓮の観光客は地震に泣かされる

30日午後零時時22分、花蓮県中心部から西南11キロの地域を震源とするマグニチュード4.7の地震があった。震度は大きくなかったが、震源地に近い同県寿豊郷の瞬間震度は震度6に達した。この地震ではけが人は出なかったものの、山道の岩がいくつか落ちたという。落石の音に驚き、泣き出す観光客もいたという。


携帯電話通話料の4.04%値下げに不満

国家通信メデイア委員会(NCC)は30日、携帯電話通話料の調整を決定した。4月1日から他社携帯への通話料、市内電話、メールなどの料金が4.04%下がる。これによって国内で約2800万の契約者が利益を受ける。しかし基本月額のみ利用者はこの恩恵を受けることはなく、NCCは携帯通信会社に対して1カ月以内に優待案を提示するよう指示した。利用者などは今回の下げ幅に対して不満を示しており、直接基本使用料を下げるのが最も分かやすいとしている。


大学生は拾った大金にビビル

台中市の男子大学生の曾さんは29日、アルバイト帰りに同市の交差点で現金10万元を拾った。最初は偽物だと思い、バイト先の店主とともに警察へ届けた。大金を拾った大学生は緊張のあまりに、100枚の千元札を99枚と数えて、警察官らに面白がられた。曾さんは落し主からの謝礼は受けとらないという。


校内暴力事件は警察に移送

新竹市光復中の夜間部の女生徒が他校の女生徒3人から暴力を受けた事件が発生し、教育部による「反イジメ」政策で抑えることができなかったとして、社会の注目を集めている。呉清基・教育部長は30日、次々と起こる校内暴力事件に対して、校内で傷害や脅迫など刑法に違反する行動が発生すれば、すべて警察に処理を任せるとした。これに対するアンケートでは、58%の人が賛成で、32%が「必要ない」と回答している。


酒類輸入代理店最大手が日本酒の輸入を停止

酒類輸入代理店最大手の橡木桶は29日、放射能物質の汚染がないことが確定されるまで、日本酒の輸入を停止すると発表した。同社は30店舗を台湾全島に展開しており、「男山」「富貴」など多く銘柄の輸入代理も行っている。在庫からみて、中秋節の9月12日後には品切れとなる見込みという。











この記事をはてなブックマークに追加

入学式の中止相次ぐ=被災学生の支援拡大-首都圏の各大学・東日本大震災

2011年03月30日 20時58分20秒 | 世界のニュース

入学式の中止相次ぐ=被災学生の支援拡大-首都圏の各大学・東日本大震災


 東日本大震災の影響で、入学式の中止や延期、授業開始日の延期に踏み切る首都圏の大学が相次いでいる。計画停電に伴う交通機関の混乱などを考慮した措置で、春のキャンパスは大きく様変わりしている。
 私立大では、早稲田大が入学式を中止し、授業開始日を1カ月遅らせた。慶応大は4月1日に予定していた入学式を延期。授業開始日も学部や学年により遅らせた。

 上智大、明治大、立教大、中央大、法政大、学習院大、青山学院大、駒沢大も入学式を中止。日大と専修大は大学全体の入学式を中止し学部ごとに実施。東洋大では時間短縮し予定通り実施する。
 国公立大では、東京大が式典規模を縮小の上、4月12日に実施する。一橋大では2日に予定していた入学式を17日に延期した。東工大、首都大学東京では入学式を中止。お茶の水女子大、東京学芸大は予定通り実施する。

 一方、各大学は被災地出身の入学予定者や在学生らに対し、入学金や学費の減免など支援を拡大。中央大では、実家が被災した在学生に対し、全壊と半壊の場合は学費の全額免除、一部損壊の場合は半額免除を決めた


この記事をはてなブックマークに追加

都職員延べ1000人派遣 宮城、岩手へ

2011年03月30日 20時37分48秒 | 世界のニュース

米兵、泥だらけの高校清掃=生徒らと協力―宮城

津波で校舎が浸水した宮城県石巻市の県立石巻工業高校で30日、日本各地に駐留する在日米軍の兵士約50人と自衛隊員が、同校生徒らとともに、泥だらけになった校内の清掃を行った。
 同校は延期された2次募集の入学試験を4月5日に控えており、片付けが必要なため、石巻市が自衛隊に協力を要請していた。
 午前9時前、大型トラックなど5台で現地入りした海兵隊と陸海空軍の米部隊は、陸上自衛隊第6師団の隊員約40人と校舎前に整列。教職員や生徒ら140人を代表してあいさつした小黒秀紀校長が「皆さんの親切は忘れません」と英語で呼び掛けた。
 米兵らは掃除用具を手に校舎内各所に散らばり、自衛隊員らと身ぶりでコミュニケーションを取りながらがれきや泥を除去。泥に足を取られた生徒に、ほほ笑みながら「OK? 」と手を差し伸べる姿も見られた。
 海兵隊のショーン・マクマーン中尉は「皆さんの(災害から)立ち上がろうという強い不屈の精神に感銘を受けている。日本に駐留しており助け合えることはうれしい」と述べた。
 自衛隊によると、米部隊は同市内で今後、五つの小学校でがれきや泥の除去作業を計画しているという。 


.震災後の客数21%減=東京メトロ

 東京メトロが30日発表した東日本大震災後の輸送客数動向によると、13日から29日の間に自動改札機を通過した客数は前年同期比21.4%減となった。特に、定期券を利用しない乗客数は30.2%の大幅減。梅崎寿社長は記者会見で「計画停電の影響で外出を控える動きなどがあったのだろう。(地下鉄サリン事件後も含め)短期間でこれだけ落ち込んだことはないと思う」と述べた。 


死者・行方不明者2万7602人に 30日午後6時現在 警察庁

警察庁によると、30日午後6時現在、12都道県警が検視などで確認した死者は1万1258人、家族らから届け出があった行方不明者は1万6344人で、計2万7602人になった。

 不明者のうち、福島第1原発がある福島県大熊町など8町村を管轄する双葉署だけで1500人以上(29日時点)を占めており、原発周辺の捜索が大きな課題になっている。

 岩手、宮城、福島3県の死者で検視を終えたのは1万1152人。身元確認も徐々に進んでおり、約79%の8799人が判明した。手続き上では8412人の遺体が引き渡されたが、実際に引き取ることが難しいケースもあり、安置所で預かられている遺体も多いとみられる。

 都県別の死者数は、北海道1人▽青森3人▽岩手3326人▽宮城6843人▽山形1人▽福島1030人▽東京7人▽茨城21人▽栃木4人▽群馬1人▽千葉17人▽神奈川4人。

 17都県2057カ所の避難所で暮らす人は17万3765人。建物被害は全壊・流失が9都県で1万8699戸。このうち岩手が6割以上を占めており、宮城と福島では依然、把握が難しい状況が続いている。




都職員延べ1000人派遣 宮城、岩手へ

東日本巨大地震により深刻な被害を受けた宮城、岩手県内での行政事務や避難所運営を手助けするため、都は4月2日から、職員から希望者も募り、延べ約1000人の職員を県庁や避難所などに派遣すると発表した。少なくとも5月中旬までは続け、約100人を常時派遣している状態を維持するという。

 都はこれまで、東京消防庁の緊急消防援助隊、警視庁の広域緊急援助隊のほか、医療救護班、水道局の技術者など、技術系の職員を中心にすでに1000人規模で被災地に派遣している。

 これに加え、来月からは、事務系の職員を中心に派遣する。第1陣の約100人のうち、約70人は2日に宮城県入りし、残りは岩手県に派遣される。宮城県庁などの場合、県職員が災害現場で復興作業などに当たっているため、県庁内の本来業務が滞りがちになっている。都職員は、人員不足の部署の応援に入るほか、各地の避難所の運営にも当たる予定だという。

 都は「フットワークの軽い若手職員を中心に、全庁的に希望者を募っている」としている。

 一方、都では、被災地で何が求められているのか正確に把握するため、これまでに宮城、福島県に設置した「被災地支援事務所」を、岩手県にも開設することを決めた。3か所で、それぞれ部長級と課長級の職員3~4人を配置し、都からの支援を円滑に行うための調整などを行う。





この記事をはてなブックマークに追加

三陸道、全面復旧被災地へのアクセス大幅に改善

2011年03月30日 18時00分06秒 | 世界のニュース

都が宿泊など用意 ボランティア募集

宮城に200人派遣 都は29日、被災地に負担をかけないように、都がボランティアの宿泊場所や食事などを用意した上で派遣する「自立型ボランティア」約200人を募集すると発表した。都内在住、在勤、在学者が対象で、来週にも宮城県内に順次、派遣される。

 被災地での支援活動は、ボランティア自身の食事や宿泊所の確保が難しく、希望者でも現地入りしにくい状況が続いている。このため都は、寝泊まりする場所や寝袋などをあらかじめ確保し、食事も提供することで希望者が現地に入りやすい環境を作る。希望者は1日程度の研修を受けた上で、3~4人のチームで現地に向かう。1週間程度、掃除やがれきの除去作業などにあたる。問い合わせや受け付けは「東京ボランティア・市民活動センター」(03・3235・1171)。


仙台市ボランテイアセンター設置



・自身の責任で参加しましょう!!
  

 





三陸道、全面復旧被災地へのアクセス大幅に改善

 東日本大震災の影響で一般車両が通行止めとなっていた三陸自動車道の鳴瀬奥松島インターチェンジ(IC)―登米東和IC間(45.3キロ)が30日午前6時、規制が解除され通行可能となった。甚大な被害を受けた宮城県石巻市や宮城県南三陸町など沿岸部へのアクセスが大幅に改善され、被災地への救援、生活物資の輸送が加速する。
 補修工事のため、全車両が通行止めになっていた三陸道と仙台東部道路にまたがる利府ジャンクション(JCT)―仙台若林JCT間の上り線も、30日午後2時に規制解除。東日本大震災の地震と津波の発生から20日目で、宮城県内の高速道は全て通行可能に。
 宮城県警は、三陸道の復旧工事が完了するとともに、国道45号の仙台―石巻市(旧河北町)間の通行ができるようになったことで、規制解除可能と判断した。
 定期航路、鉄道の復活と復旧見通しの前倒しも相次いだ。気仙沼港と大島を結ぶ大島航路が30日午前、再開した。安全航行を確保するための航路調査や漂流物除去が済み、第1便は大島を午前6時に出港した。
 JR東日本は30日、JR常磐線岩沼―亘理間の再開を、当初の4月下旬から4月中旬に早めると発表した。「復旧工事の資材調達のめどが立ったため」(仙台支社)という。
 大震災の死者は警察庁の午前10時現在のまとめで1万1232人、家族が警察へ届けた行方不明者は1万6361人で、計2万7593人となった。宮城県内の死者は6843人、行方不明者は6950人。宮城県災害対策本部によると、県内の避難者(30日午前9時現在)は7万4253人となっている。




この記事をはてなブックマークに追加

記録破り1687台の名車が到着

2011年03月30日 13時17分00秒 | 中華民國 ニュース


7割以上のサラリーパーソンは旧正月以降昇給なし

物価の高騰で政府側は企業に社員の昇給を呼び掛けてきたが、インターネットのアンケートによると、7割以上のサラリーパーソンは今年の旧正月以降、給料の調整がないという。昇給があっても、わずか2%以下の上げ幅が約9割だった。景気は良くなるが、多くの産業で業績が上昇していないのは、社員の昇給がないのが原因だという見方がある。


台湾鉄道に2人目の女性運転手が誕生

台湾鉄道局(台鉄)に2人目の女性運転手が誕生した。この人は、25歳になる陳淑盈さん。学生時代から毎日電車で通学し、唯一の夢は台鉄に就職することだったという。昨年大学院を卒業し、台鉄の応募試験を受けて晴れて合格。彰化機械部で電車の修理と、線路の維持を行っていた。先週の台鉄の内部選考で、運転資格を獲得して、台鉄2人目の女性運転手となった。


タバコの消し忘れで最愛の娘が死亡

昨年新北市で発生した中学3年生の女子が死亡した火災で、その父親のタバコの消し忘れが原因であることが分かった。火災当時、この女子学生は調子が悪いため、学校を休んで家で静養していた。検察側は父親を公共危険罪、過失殺人罪で起訴することになるが、父親の悲痛な姿に執行猶予を申請するという。


記録破り1687台の名車が到着

外国の高級車1687台が29日、台中港に到着した。今回輸入された自動車の総額は52億3000万元で、台中港が開放されて以来、数、額とも最も高い記録となった。ポルシェが204台もあり、港のスタッフらは「今までこんな数の名車を見たことがない」と驚異の声を上げていた。7月から300万元以上の車には贅沢税がかかるため、その前に輸入したものとみられる。


嘉義で開催の国際親善野球大会に日本から5チーム

第5回阿里山杯国際親善野球大会が27日から31日まで、嘉義県立野球場など4カ所で開かれている。日本から東京、関東などの5チーム、台湾から11チームが参加している。同野球大会は、リトルシニア(中学生)対象。開幕式では出場選手入場後、出席者全員が東日本大震災の被災者のために1分間の黙とうを行った。


呉・行政院長「2015年の国軍志願制化の目標変えず」

呉敦義・行政院長は29日、国軍の2015年の全面的な志願制移行について「財政面で難しさはあるが、これをなんとか克服したい」と述べ、当初の予定通りであることを強調した。財政面については、行政院内に専門チームを組織させ、関連部会と効果的な方法を検討するよう指示したことを明らかにした。



日本への花見ツアーほとんどキャンセル

福島第1原発の放射線漏れ事故の影響で、日本への花見ツアーがほとんどキャンセルとなり、チャーター便もほぼ取り消されている。大手旅行代理店では、関西と東京が中心の花見ツアーは、既に4月までのツアーは9割以上がキャンセルとなっており、損失は50億元に達する見込みという。原発事故の影響は、福島から1500キロ以上離れた沖縄へのツアーまでキャンセルが出ている。




この記事をはてなブックマークに追加

韓国政府が日本に追加支援

2011年03月30日 13時05分14秒 | 各国ブログ



【韓国政府が日本に追加支援、ミネラルウォーターなど500トン分】


レコチャイより・・・

  韓国の外交通商部は29日、東日本大震災に関連し、ミネラルウォーター480トンや即席式ご飯20トンなど計500トンの救援物資を追加で日本に送る計画を発表した。

  ミネラルウォーターと即席ご飯は30日午後8時ごろ、釜山港で船積みされ、来月1日に新潟港に到着する。その後、陸路を通じて仙台など日本東北部被害地域に輸送される予定。

  韓国政府はこれまで、19日と27日に民航機を通じ、ミネラルウォーター、毛布、非常食料、ラーメン、ゴム手袋などの物品を日本に送っているが、船舶を利用した大規模な支援は初めて。

  韓国のメディアは、韓国政府の救援物資提供は、日本の教科書検定結果の発表と人道支援を分離して対応するというこれまでの方針を反映したものであると伝えた。

  一方、韓国内のネットユーザーからは「日本へ救援物資を送っても、竹島問題など絶え間なく問題が発生する日本を理解することができない」「善意で助けることはいいことが、解決すべき問題は確実にしなければならない」といった声が上がっていると紹介した韓国のメディアもみられた。

  また、韓国政府は、今回の救援物資による支援を行った後にも、予備費を緊急救援資金として活用し、日本を引き続き支援する案を検討しているという。




この記事をはてなブックマークに追加

電線工事急ピッチ 宮城・南三陸

2011年03月30日 13時03分24秒 | 世界のニュース


東日本大震災:電線工事急ピッチ 宮城・南三陸

大津波で、町の中心部が壊滅状態となった宮城県南三陸町で30日、新しく立てられた電柱に電線を張り巡らせる工事が本格的に始まった。ライフラインの復旧に向けた動きが被災者たちの励みとなっている。

 早期復旧を望む同町の要請を受けて、東北電力が急ピッチで作業を進めている。他県にある支店の応援も受けて、県外ナンバーの高所作業車に乗った作業員たちが真新しい電柱に次々と希望の糸をつないでいった。





この記事をはてなブックマークに追加

「日本がんばれ!」李登輝元総統が募金活動

2011年03月30日 10時13分52秒 | 中華民國 ニュース

「日本がんばれ!」李登輝元総統が募金活動


 台湾の李登輝元総統が、東日本大震災に心を痛め日本のために立ちあがった。台湾メディアが伝えた。

 民視(民間全民電視、FTV)のウェブニュースによると、「日本の被災状況は深刻だ。李登輝元総統は27日、台湾で募金活動を呼びかけ、義援金を募った。そしてインターネット中継で友の会の日本人メンバーと会議をし、見舞いの言葉を述べ彼らを励ました」とのこと。

 「李登輝友の会の日本人メンバーは、台湾からの厚意をしっかりと受け止めていた。李元総統は自ら義援金を寄付し、さらに台湾の各グループや企業に寄付を呼びかけている」とも伝えている。

 地震発生後、日本の議員からの電話を受けたという李登輝元総統。「1999年に台湾は大きな地震を経験しているので、どう対処すべきかという意見を聞きたかったようだ。日本政府には“被災後の効率を強化するべき”とアドバイスした」と語っており、「被災時の総統としての私の経験が、日本の役に立つといい」と願っているそうだ。






この記事をはてなブックマークに追加

汚染水の除去で仏核燃料会社トップらが訪日へ

2011年03月30日 08時49分13秒 | 世界のニュース

汚染水の除去で仏核燃料会社トップらが訪日へ エキスパートが強力支援

 フランス公共ラジオによると、同国の核燃料会社アレバは29日、福島第1原発事故対策のため社長兼最高経営責任者(CEO)のアンヌ・ロベルジョンさんが専門家5人とともに訪日することを明らかにした。事故の復旧作業の障害になっている放射性物質で汚染された水の除去作業などを支援するとみられる。

 同ラジオによると、5人の専門家はいずれも放射性物質による汚染除去や核廃棄物貯蔵プール管理のエキスパート。ロベルジョン社長は30日に経済産業省を訪問した後、東京電力幹部と会談するという。

 アレバは日本の電力会社の委託でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の加工を請け負い、福島第1原発3号機で使われているMOX燃料も製造するなど、日本の原発当局との関係が深い。日本側は福島の事故に関連してフランスに支援を要請しており、社長の訪日は支援に本腰を入れる姿勢の表れとみられる。






この記事をはてなブックマークに追加

「日本救え」巨大ポスター・モスクワ中心部にお目見え

2011年03月30日 07時30分21秒 | 世界のニュース

「日本救え」巨大ポスター・モスクワ中心部にお目見え


 【モスクワ共同】「日本を救え」―。東日本大震災に見舞われた日本への支援を訴えるポスターや看板がモスクワで急増中だ。ロシアのメディア・広告関連企業40社以上の合同キャンペーンの一環で、最大のポスターは縦14メートル、横55メートルの巨大さ。

 キャンペーンは電通のロシア合弁企業、電通スマートのロマノフ社長の呼び掛けで実現した。各社は広告スペースを無償提供するなど協力。市内約100カ所に掲げられたポスターは「日本を助けよう」などと訴え。閲覧すると日本大使館とロシア赤十字の義援金口座の詳細が分かる特設ウェブサイトも設けた。



この記事をはてなブックマークに追加

我慢・他人に迷惑をかけない

2011年03月30日 06時54分03秒 | 世界のニュース

【コラム】沈む帝国の二風景(1):中央日報(韓国)

1972年、米国領グアムで原始人が発見された。 日本軍の敗残兵、横井庄一上等兵だった。 彼はジャングルにまかれたビラを見て日本の敗戦を知っていたが、投降を拒否した。 司令部からの訓令がないという理由だった。 羽田空港をぎっしり埋めた人波に彼はこう語った。 「恥ずかしながら帰って参りました」。大和魂の記憶が日本に衝撃を与えた。
 2年後、フィリピンのルバング島で30年生き続けてきた小野田寛郎少尉が発見された。 下山を拒否する彼を屈服させたのは、過去の上官の投降命令書だった。

これが帝国日本の力だった。 人類学者ベネディクトは『菊と刀』で、日本人は共同体と国家から恩恵を受けたという意識を持って生まれると書いた。 このため報恩が個人よりも優先され、それに背く行為は日本人が最も嫌悪する恥となる。 「恥ずかしながら帰って参りました」という言葉はまさにそれを表している。 国の命令なく個人の生を優先できないというのも、報恩と恥の所産だ。 国魂で武装した帝国が「大東亜」に向かって突進する時、個人は猛烈に投身した。 神風のようにそれは狂気を帯びていた。 ところが平和時はどうか。

日本大地震の復旧過程で表れた二つの相反する風景に、韓国人は少なくとも二度驚いた。 想像を超越する大災難にあった日本人はどうしてこれほど落ち着けるのか。号泣しても足りない家族と知人の死の前でどうしてこれほど静かに泣けるのか。ところが秩序・配慮・忍耐に驚きを表した韓国人は、食糧・薬品・毛布・水・電気不足に苦しむ経済大国の被災者、のろい救済活動、原子炉に海水を注ぐ先端科学大国の水冷式対処方式にもう一度驚かざるを得なかった。

韓国なら災難地域で騒動が起きていただろう。 脆弱な防災システム、国の職務遺棄を主張しながら賠償を要求し、救護物資が十分でないと喚いていたはずだ。 それと同時に災難処理も迅速に行われただろう。 政府と地方自治体、市民団体がすぐに駆けつけ、道路を通し、通信を架設し、被災者をなんとか保護したはずだ。 泰安(テアン)半島を覆った油をすべての国民が短期間で片づけてしまったように。 また、延坪島砲撃当時に数百人の避難民をとにかくサウナに収容したようにだ。 油と戦ったボランティアメンバーが公式許可を受けたこともなかったし、サウナの主人が郡庁に事前申告をしたわけでもなかった。 性急な韓国人の性格通りにしたにすぎない。



【コラム】沈む帝国の二風景(2)

日本人の報恩意識はほとんど文化的な遺伝子に近い。 国がどうしようもない自然災難をめぐり、賠償を要求して苦痛を吐露するコードが日本人の心性には存在しない。 迷惑をかける行為であるからだ。 個人的な気質と欲求を制御する共同規範を用意し、迷惑を最小化しようという合意で「マニュアル社会」が誕生した。

個人の公共性を促進したマニュアル規則網は、戦後の社会再建と経済復興に奇跡を呼び起こした。 公共秩序と法規を最もよく守る、静かで端正な社会をつくり、職務献身が最も高いワーキングアニマルを量産した。 国の代わりに企業が大衆動員の求心点、報恩の対象になると、トヨタ・ソニー・日本製鉄のような世界最高の企業が続々と誕生した。 並大抵の自然災害もマニュアルで対処が可能だった。 成功神話に助けられ、そのマニュアル化された行為様式が官僚主義と結合すると、誰も犯せない不文法に変わった。 政治もそれに閉じ込められた。

ところが今回の津波は行為規則遵守の範囲を大きく超えてしまった。 救護物資の空中投下はマニュアルになかった。 学校の運動場に転がる自動車を整理するマニュアルがなかった。 高齢者が避難所で亡くなっていく時にも、どうすればよいのか教えてくれるマニュアルもなかった。 緊急提案はあったが、それを許可なく施行すれば迷惑を掛けるかもしれないという考えが行動を阻んだ。 原発爆発後に狩猟時代の闇が覆ったあの文明都市を救う方法がマニュアルにはなかった。 防災市民団体もマニュアルの外郭で地団駄を踏んだ。 マニュアル社会が「成功の危機」を表し始めたのは1990年代序盤からだ。 大衆動員の時代が過ぎて個性演出の時代が到来したのだ。 マニュアルを越える唯一の力が国であるが、一年に一度ずつ交代する政治リーダーシップは力を失った。 子どもを背負ってマスクをしたままトンネルを抜け出す中年女性の写真はそれだけに衝撃的だった。 沈む帝国のマニュアルにはもう頼れないという切迫した姿だった。

宋虎根(ソン・ホグン)ソウル大教授・社会学





この記事をはてなブックマークに追加

ガソリン26万バレル積んだタンカー、日本へ出港:韓国

2011年03月30日 06時26分44秒 | 世界のニュース

タイの発電所、日本に丸ごと貸し出しへ

 日本に貸し出されるのは、巨大な煙突、タービン、発電機といった発電設備一式、これを2セットです。発電所ほぼまるごと、日本に移設されます。

 東京電力に貸し出されるのは12万2000キロワットのガスタービン発電設備2機などで、およそ24万世帯分の電力を賄うことができます。この発電設備は日本製で、95年から稼働していますが、現在はピーク時を除いて使われていないため、電力不足に悩む日本に無償で貸し出すことになりました。

 「日本はこの困難に対し決して孤独ではありません。何でもサポートします」(タイ電力公社の社員)

 発電所は分解して船で運び、東京近郊に移設されるということで、東京電力では今年8月の運用開始を目指しています。発電機だけのレンタルはありますが、発電所が丸ごと貸し出されるケースは、世界でも極めて珍しいということです。(29日17:48)


大韓サッカー協会、日本の震災支援に2億ウォン


大韓サッカー協会は29日、日本の大震災支援に2億550万ウォン(約1400万円)を寄付すると明らかにした。

 義援金は25日にホンジュラスと親善試合を行った代表チームのコーチ陣や選手らが出した1億50万ウォンとサッカー協会が出した1億ウォンを合わせたもの。また、朴主永(パク・チュヨン)が同日の試合でMVPに選ばれ、スポンサー企業から受け取った賞金500万ウォンを追加で寄付した。



ガソリン26万バレル積んだタンカー、日本へ出港



東日本大震災を支援するため、ガソリン26万バレルを船籍したタンカーが29日、韓国東南部・蔚山港のSKエナジー第7埠頭(ふとう)を出港した。
 タンカーは4月1日、千葉港に到着する予定。ガソリンはJX日鉱日石エネルギーに届けられ、ガソリンスタンドなどを通じ、車両燃料に使われる。
 ガソリン26万バレルは日本の1日消費量の25%に当たる。
 SKエナジー関係者によると、JX日鉱日石エネルギーとコスモ石油の生産設備に火災が発生し、精油生産が停止、ガソリンスタンドではガソリン不足が続いている。支援はJX日鉱日石エネルギーの要請で行われたという。



【停電】移動式発電機 韓国から


電力不足を補うため、韓国から支援された移動式の発電機4基が日本に到着しました。8000世帯分の電力を賄えるということです。

 移動式の発電機は29日昼ごろ、横浜港に到着しました。韓国の現代(ヒョンデ)重工業が開発したもので、すべての発電設備が長さ12メートルのコンテナに収められ、移動や設置が簡単にできるようになっています。千葉県の東京電力姉ヶ崎火力発電所に設置され、首都圏の電力不足を補う役割が期待されています。1基あたり生産できる電力量は1.7メガワット、4基が稼働すれば約8000世帯分の電力を供給できることになります。


品薄のミネラルウオーター、輸入の動き広がる


品薄が続くミネラルウオーターを、海外から緊急輸入する動きが広がってきた。ペットボトル容器やキャップの不足もあって、国内では大量の増産が難しいためだ。

 日本コカ・コーラは、韓国コカ・コーラが現地で販売する商品を今週末にも輸入する検討に入った。100万ケース(2リットル入り換算で600万本分)ほど調達し、一部は空輸する方向だ。東北の被災地に無償で提供するほか、首都圏でも販売する。被災地向けの表示規制の緩和を受け、韓国語表記のラベルのままで提供することも考える。

 大手スーパーのイオンは、韓国、フランス、カナダの3カ国から輸入を始めた。2リットル入りで計130万本を仕入れる計画。グループのスーパー「マックスバリュ」やコンビニエンスストア「ミニストップ」でも販売する方針だ。食品卸売り大手の日本アクセスもカナダ産を注文しており、3月中に届く予定。韓国産の輸入も検討している。
.







この記事をはてなブックマークに追加