Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

台湾ニュース

2010年05月24日 20時21分43秒 | 中華民國 ニュース
「ふとっちょ」がドジャースタジアムで熱唱

 
台湾時間23日、米大リーグのドジャースタジアムでは「台湾デー」が。女性のような声で歌うアマチュア歌手、林育群さんが台湾のキャンペーンソングを。






台湾・与那国間の空路が約20分短縮

これまで遠回りしていた台湾と与那国、石垣の飛行ルートの時間が短縮されることになった。台湾・与那国間は、約185キロ短くなり約20分短縮。台湾・石垣間は約28キロ短くなり約4分短縮となる。これは国際航空路R595上にある飛行ポイントのうち、これまでは台湾から遠いセデックを通過しなければならなかったが、台湾に近いパルトから与那国、石垣へそれぞれ向えることになったため。7月29日から短縮ルートが実施される。


日本の鬼太鼓座が苗栗県で公演、しなやかな筋肉も密かな人気

苗栗県の西湖渡假村では日本の鬼太鼓座(おんでこざ)を招き、6月27日までパフォーマンスが行われる。鬼太鼓座はプロの和太鼓集団で国内、海外で公演を行い高い評価を得ている。約3カ月間の海外長期駐在は今回が初めてで、450キロの大太鼓など全ての演出道具を日本から持ち込んでいる。週末には多くの人が公演を見に訪れ、初めての和太鼓に感激する観客も多い。また、ふんどし姿で和太鼓を打つ姿も話題で、しなやかな筋肉も人気だ。


高速鉄道駅で台湾鉄道弁当売り出し、カツカレーが人気

23日高速鉄道台中駅で初めて、台湾鉄道の駅弁の販売を開始した。一日で500個以上が売れ一番人気は新商品のカツカレー、次いで台湾式トンカツ弁当だった。25日から高速鉄道左営駅でも台湾鉄道の駅弁を販売する。台湾鉄道側は、伝統的な台湾式弁当以外の新メニュー開発にも力を入れている。


MTI製品、コンビニ7-11で販売へ

経済部工業局によると、政府が販売に力を入れるMIT(メイド・イン・タイワン)商品について、コンビニエンスストア・セブンイレブンとタイアップに向けて交渉中だと明らかにした。セブンイレブンは台湾全域に4700店舗を有する台湾最大手。コンビニでの販売に合わせて、靴下やタオルなど、小型の日用品が主になるという。

MIT商品はすでに生活雑貨を販売する「三商百貨」15店舗でも売られている。さらに4月には量販店「愛買」の台北大直店でもコーナーを設けて販売をスタート、「家楽福(カルフール)」や「大潤発」なども販売する意向だという。

政府は2009年12月24日より、「MIT」のマークで品質を認証する制度を実施、これまでに対象となる品目は既製服、下着、セーター、水着、タオル、寝具、靴下、靴、バッグ・トランク、陶磁器、石材の11品目に。5177の商品に認証が与えられている。


左営・蓮池澤で水陸両用観光バス運行

運行ルートは台鉄「新左營」站(捷運左營站2號出口)→蓮池潭1周→台鉄「新左營」站で、乗降場所は台鐵新左營站。

【動画】 




2010年5月22日神南小学校 第13回おはら祭りパレード

2010年05月22日 16時26分19秒 | イベント・フェステイバル
2010年5月22日神南小学校 第13回おはら祭りパレード 



1




2


3


4
交通少年団の行進です。
ほとんどのメンバーが後に続く神南小学校の生徒さん達です。




5


6



7
左が校長先生。右がPTA副会長




8


9


10
横断幕を持っているのは先生たちです。


11


12


13
緊張気味で並ぶのは音楽の先生だそうです。




14


15


16
スーツ姿で付き添うのはみなさん先生たち。




17
この辺りは6年生が中心です、今回がこのパレードは最終になるそうです。



18


19


20




(台湾ニュース)女スパイ川島芳子の生存説を否定

2010年05月13日 19時50分24秒 | 中華民國 ニュース
北投の「三二行館」、CNNの「アジア最高の温泉」に

アメリカの大手ケーブルテレビ、CNNはアジアで最高の温泉施設28箇所の一つに台北市北投の「三二行館」を選出。CNNでは北投は温泉で有名で、日本統治時代にすでにいくつかの温泉旅館があったと紹介。三二行館は当時、「黄金貴賓楼」と呼ばれた温泉旅館が前身で、日本の昭和天皇は皇太子の時代の1923年にここに滞在している。特色は白い硫黄泉で、湯船につかり湯気に包まれる感覚は仙人の里にいるかのような気にさせるという。

三二行館では今回選ばれた原因を、「利用者の心と体をリラックスさせる空間を用意していること」と分析。中国の「経絡(ツボ)」を意識したマッサージと静かな雰囲気が他との違いで、香港や日本の芸能人もよく訪れるが、プライバシー保護を重視する同施設のスタイルにより、ほとんど外部には知られないという。


家庭用液晶モニターなど輸入関税撤廃へ

立法院は11日、電子部品などの19品目の輸入関税引き下げを盛り込んだ法令の一部改正案を最終可決した。これによって、一眼レフカメラ用レンズやEPD、家庭用液晶モニターなどの関税が撤廃されるなど、大幅な関税引き下げが実施される。政府は減税で5億6000万元の税収減少になると見積もっているが、関税引き下げによって製品の店頭価格が抑えられる効果もあると期待されている。電子部品のほか、燃料や車両エンジン、食品も含まれている。現在は、原料や部品の関税率が完成品よりも高い。実施は早ければ1カ月以内という。



女スパイ川島芳子の生存説を否定する資料展示

「歴史の名残り―刑務所関連貴重公文書100点展示会」(法務部・行政院研考会主催)が11日から台北市の国父紀念館で始まった。
保存されている12万点の関係文献から101点の代表的な資料を選び展示しているが、注目されているのは、女スパイとして名高い川島芳子関連の資料。川島芳子は清朝の皇族の王女だが、川島浪速の養女として日本で教育を受けた。後に中国にわたり日本軍のスパイとして活動して、国民党政府に捕まり処刑された。その後、身代わりが処刑されたという匿名の告発があり、生存説が根強く伝えられている。公開された公文書では、銃殺後、検視官が3度確認したほか、新聞記者が銃殺後の遺体を写真撮影したと記載されている。同展は7月8日まで。その後、高雄市立歴史博物館でも展示される予定。


親しみ感じる企業はセブン・イレブン、ソニー、ヤクルト

12日付の台湾紙『蘋果日報』によると、ヤフー奇摩がインターネット上で行ったアンケートで、台湾人が最も親しみを感じる企業・ブランドとして、各部門で日系勢が上位入りしていることが分かった。改めて台湾の親日ぶりが示された格好だ。それによると、全体のトップはセブン・イレブン、2位はソニー、3位はヤクルトだった。各部門の1位は、飲料はヤクルト、化粧品は資生堂、自動車はトヨタ、家電はソニーとあって、日系企業が圧倒的な人気を誇っている。


中国人留学生の結婚滞在変更の場合は退学処分

教育部は11日、大学・大学院・専門学校に中国からの留学生を受け入れるに際して、中国人留学生が台湾人と結婚する場合についての方針を明らかにした。それによると、就学滞在から結婚滞在に変更した場合、学校は退学処分となり、在台居留期間に就学するためには、改めて入学試験を受けなければならない。


高雄市の民族一路、4年連続で交通事故の発生最多

高雄市で最も事故が多い道路は民族一路で、4年連続で最も危険な通りとなった。過去4年の統計によると、計8人死亡、交通事故は毎年平均756件発生、毎年平均699人が負傷、事故発生ピーク時刻は午後4時から6時だった。交通局はこれを受けて道路設計に問題がないか調査し、改善する方針だ。また高雄市で事故発生多発道路は他に九如一路、中山四路、中正一路、大順二路だった。


台北陽明大学登山道から、200の骨壷見つかる

台北陽明大学付近の登山道にある赤レンガの建物の中から、200以上の骨壷が発見された。墓碑には民国68年(1979年)と記されており、30年以上が経過していた。その時期周辺は墓地が多くあり、同建物は当時の第七公共墓地の可能性が高く、周辺の墓地を移した際に残されたものと見られる。同建物は陽明大学から数百メートルだが、市政府管轄の公園。今後市政府は整備を行い、骨壷は富徳公共墓地に安置する予定だ。


護符1枚で3万3000元、インチキ占い師有罪

51歳の施天生・容疑者は占い師として「明聖堂命相館」を開き、道で占いを行っていた。陳さんという男性を占った後、開運のために護符を書き1枚で3万3000元で売りつけた。護符には「一生禁食牛肉、犬肉。民国100年に博士課程入学、民国99年に結婚」と書かれていた。家に帰った陳さんは何度考えてもおかしいと思い告訴、高等法院は詐欺罪に当たるとして3万元の罰金と30日の服役とした。同元占い師は過去1993年に女性から300万元前後、2004年に軍人から200万元前後を開運のためと言って払わせており、詐欺罪で2年の服役となっていた。その後服役を終え、再度占いを行っていた。

台湾ニュース

2010年05月12日 19時29分12秒 | 中華民國 ニュース
テレサ・テンさん逝去15年でファンが追悼



テレサ・テンさんの命日の8日、台北県金宝山のお墓には内外のファンが詰め掛けてテレサ・テンさんを偲んだ。花には日本語のメッセージも。






鉄道映画『記得我們愛過』が記者会見


公共テレビが鉄道をテーマにした映画『愛したことを忘れないで』を製作。

10日には台湾鉄道操車場で記者会見を。「茂伯」(後列中心)らが主演で期待高まる。





国民党が政府直轄5市の党公認候補を発表

国民党は11日、11月27日に行われる政府直轄5市の党公認候補者名を発表した。それによると、台北市は現職の郝龍斌市長、新北市は朱立倫・行政院副院長、台中市は現職の胡志強市長、台南市は郭添財・元立法委員、高雄市は黄昭順・立法委員。これらの人選はきょう12日の同党中央常務委員会で最終的に決まる。


円山大飯店でトップレスショー解禁

台北市の円山大飯店でトップレスショーが解禁された。フレンチ・カンカン風の踊りで世界的には珍しいものではないが、「事実上のストリップショー」と物議を醸している。開演初日の10日は、会場は約7割の客で埋まった。中高齢者がほとんどで、親子連れ姿も。約1時間半の公演のうちトップレスショーの部分は3回あり、計10分ほど。正視できず手で目を覆う男性もいる一方、「露出が少なすぎる」などと感想を述べる人もいて反応はさまざまだった。




コメント (2)

高速鉄道運転士が居眠り

2010年05月11日 20時53分28秒 | 中華民國 ニュース

仲介者にパプアニューギニア工作資金の返還命じる

シンガポールの高等裁判所は10日、台湾がパプアニューギニアとの外交関係樹立のために準備した工作資金2980万ドルを仲介者が着服した事件で、仲介者に返還を命じる判決を下し、シンガポールにある仲介者の財産を差し押さえた。2006年8月、当時の外交部長が仲介者らにパプアニューギニアとの外交関係樹立の交渉を委託し、そのための工作資金として同年9月に2980万ドルを送金したが、その後、台湾政府はパプアニューギニアとの国交樹立交渉の中止を決定。仲介者に返金を求めたが、行方が分からず資金も不明となっていた。外交部は2008年にシンガポール高等裁判所に提訴し、工作資金の返還を請求していた。



高速鉄道運転士が居眠りで、13分間自動システム作動

時速300キロで走行中の高速鉄道列車の運転士が、居眠りをしていたことが発覚した。運転士はすでに失職しており、睡眠薬を服用していたため意識がはっきりしていなかった。列車は台中市南部を走行中で数百人の乗客を乗せていた。列車制御担当者らが運転装置に触れていないことに気付き、台中駅までの13分間自動システムを作動し、コントロールしたという。 




テレサ・テン没後15周年で墓地にファン数百人

2010年05月10日 21時11分37秒 | テレサテン


テレサ・テン没後15周年で墓地にファン数百人

アジアの歌姫といわれた歌手のテレサ・テンさんの没後15年目となる8日、台北県金山の金寶山メモリアルパークの墓地に、内外のファン数百人が集まりテレサ・テンさんを偲んだ。

お墓には紙や布で作られた蝶が飾られ、ファンたちは懐かしんでいた。この日は、遺族10数人が集まった。テレサ・テンさんの姪の女子大生は「叔母は家で『甜蜜蜜』や『夜來香』などを歌ってくれた」と思い出を話していた。7日には台北市内で、テレサ・テンさんの影響力を研究テーマとする学術セミナーが行われた。日本、台湾、中国、香港の芸能人や学者らが一堂に会して、いわゆる「テレサ・テン現象」について意見交換を行い、中華圏のポップスなどの流行文化や経済に対する影響力を討論した。




フランフランの台湾代理店、期限切れ化粧品のラベル張替え

日本の家具、生活雑貨を販売しているFrancfranc(フランフラン)の台湾代理店「高林実業有限公司」が、使用期限切れの化粧品を販売していたことが分かった。店員が密告したため明らかとなり、同代理店は保存期限が切れた化粧品などの中国語ラベルを、昨年製造のものに張り替えるよう指示していた。台北市衛生局では台北微風広場、SOGO復興店、天母店の各販売所を監査し、商品を回収した。


中国の官僚が万引きで捕まる

8日付の台湾紙『自由時報』によると、中国・福建省泉州市豊沢区台湾・香港・マカオ在住華僑連絡交流弁公室の倪子川主任が7日、新竹市で万引きの現行犯として逮捕された。台湾で中国の官僚が逮捕されたのは初。泉州市の企業家とともに台湾入りした倪主任は7日、ホテル近くのコンビニエンスストア・セブンイレブンを訪れた際、目的の品は見つからなかったが、99元の化粧品類をポケットに隠した。店員に万引きを発見されて逮捕された倪主任は、自らの身分を明かした。しかし警察ではにわかに信じることはできず、インターネットで確認して倪主任の身分が判明したという。微罪のうえ、被害店舗と和解が成立しているため不起訴処分となった。


ドラゴンライチの生産量、昨年比20%以上落ち込む

高雄県農業処によると、今年のライチ「玉荷包」(ドラゴンライチ)の生産量が約1万5000トンとなり、昨年比205%以上減少する見通しであることが分かった。気温差が激しい日が続き、南風が吹いたことも加わり、小さい実のままで落ちたことが要因とみられる。最盛期を迎えるのは今月末で、同県大樹郷では22日から2週連続の土、日曜にライチ・フェスティバルを開催する。

■ 5月8日はテレサ・テンの命日

2010年05月09日 11時16分08秒 | テレサテン
テレサ・テン没後15年 中国でブーム再び

台湾出身の女性歌手で日本でも活躍したテレサ・テン(トウ麗君)さんが1995年5月に滞在先のタイで42歳の若さで急死してから8日で15年を迎えるが、中国ではこのところ「テレサ・テンブーム」が静かに広がっている。気管支喘息(ぜんそく)による発作とされた死因を改めて検証する動きや、テレサ・テンさんが熱望しながら果たせなかった中国でのコンサートを、江蘇省南京で“再現”させる計画がある。

 89年6月の天安門事件など中国の民主化運動に深く傾倒したテレサ・テンの歌声に、経済発展の陰で封殺された民意の苦悩を重ねている節もあり、社会の格差が極端に広がる中で、このブームが民主化運動のマグマになる可能性もある。

 中国のネットサイト「中国網」が昨年秋に行った調査で、新中国成立後、最も影響力のあった中華圏の文化人として首位に選ばれたのがテレサ・テンさん。

 中台が緊張関係にあった80年代、テレサ・テンさんの楽曲販売が中国で禁じられたものの、「白天聴トウ小平、晩上聴トウ麗君(昼はトウ小平の話を聞き、夜はテレサ・テンの歌を聴く)」といわれるなど、同じ姓のトウ小平氏の実権に劣らぬ影響力のあるテレサ・テンさんの人気は衰えなかった。

 没後15周年を前に、中国のメディアは医療関係者やテレサ・テンさんの遺族や友人らへの取材から、「テレサ・テンさんがチェンマイに連れていったフランス人の男友達の暴力が死の原因ではないか」といった説を唱えたり、テレサ・テンさんの友人が撮影した未公開のプライベート写真などを紙面に掲載したりしている。

 また、今月21日には江蘇省南京の人民大会堂で、テレサ・テンさんが歌う映像を特殊技術で舞台上に投影し、その場で本人が歌っているかのように姿を映し出すコンサートが開かれる予定だ。テレサ・テンさんの歌声にそっくりというトウ雅之さん(27)も登場。80年代の中国で民族の精神的汚染を招くとして禁じられた「何日君再来」などを歌う。

 こうしたブームについて上海の芸能関係者は、「テレサの楽曲への高い評価のみならず、テレサの歌が政府への抗議どころか不満を漏らすことさえ難しい中国の大衆の心を代弁しているからだ」と話している。



テレサ・テンさん没後15年、墓園にファンが集う

台湾を代表する女性シンガー、テレサ・テンさんの逝去15年となる8日、台北県金宝山にあるお墓には内外のファン数百人が集まってテレサ・テンさんを偲んだ。お墓には花や紙で作った蝶々などが飾られ、ファンたちは標準中国語、台湾語、広東語、日本語、英語などでテレサ・テンさんについての思い出などを語り合った。

テレサ・テンさんの三番目の兄である長富さんは、「15年たってもこの日が来ると妹を誇りに感じる。生涯を描く映画やミュージカルの準備をしており、ミュージカルの部分は今年年末に香港で披露できる」と話した。また、この日は長富さんの娘、テレサ・テンさんの姪にあたる女子大生が姿を見せ、「叔母はときどき帰ってきては歌を歌ってくれた」と思い出を話した。

なお、7日には台北市内で、テレサ・テンさんの思い出、中華ポップスの経済や文化に対する影響、台湾海峡両岸間の流行音楽の交流など関する学術セミナーが行われた。




  ● テレサ・テン新曲発売・・・日本人歌手とのデュエットも
・・・・・・ ・・・詳  細 







台湾ニュース

2010年05月08日 20時47分47秒 | 中華民國 ニュース
ジュネーブ国際発明展で28個の金賞を獲得

スイス・ジュネーブ国際発明展の授賞式が24日に開催された。台湾は金賞28個、銀賞21個、銅賞10個を獲得した。参加各国の中で台湾が最も得賞率が高かった。台湾から63作品が出品された。そのなかで最も受賞が多かったのは、北台湾科学技術学院の金3個、銀6個、銅4個だった。



現実版「海角七号」、山間部で未配達雑誌大量に見つかる

映画「海角七号」の主人公である郵便配達人が、大量の郵便物を配達せずにいたシーンがあったが、現実世界でも似た状況が起こった。3日汐止区の山間部で封筒に入った雑誌7、8000通分が、未開封のまま環境保護員に発見された。雑誌社が民間の配送会社に依頼したもの。同配送会社は「家庭廃棄物」として誰かが捨てたものだと強調したが、雑誌社側は驚きと怒りを訴えた。雑誌は購読者宛てに配送依頼されたもので、去年の5、6月分だった。


福建省長ら3千人の大訪問団が訪台、700億円を即受注

2010年5月6日、香港紙・大公報によると、黄小晶(ホアン・シャオジン)福建省長を団長とする3000人からなる福建省経済貿易文化交流団が5日、台北市に到着した。黄省長らは、6日間の滞在期間に11都市を訪問、240億台湾ドル(約695億円)に上る受注を行う予定だという。環球時報が伝えた。

記事によると、今回組織された同交流団は、国民党政府の国政研究基金会が招待して実現したもの。同省長は今回の訪台の目的を「親類・友人である同胞を訪ねて商売をすること」としている。古い友人を訪ね、理解を深めあうとともに、更なる経済協力の可能性を探りたい構えだ。

6日正午、同交流団が台湾の対中国交流窓口機関である海峡交流基金会の江丙坤(ジアン・ビンクン)理事長と会食した際、江理事長も「福建省はすでに台湾企業の積極的投資先となっている。黄小晶省長の訪台により、経済、文化、観光、購買・受注などの分野における相互投資がさらに前進することを信じる」と述べた。また、午後には黄省長の講演が行われ、同省長は「中台間の協力においては福建・台湾間が試験的に先行して行う」との中国国務院の方針にも触れた。

同省長が講演で最初に言及したのが福州市平潭県の平潭総合実験区建設についてだ。同実験区は台湾の出資者が直接開発・建設し、台湾側が自主管理を行うという構想で、税務、融資、サービス機関の設立など台湾企業などの便宜を最大限にはかるとしている。実験区には企業だけでなく農家も誘致し、現地収穫の台湾農産品を中国市場に提供していくという。



テレサ・テンさんの愛国心を国会議長が称える


王金平・立法院長は7日、テレサ・テンさん逝去15年の記念セミナーに出席。

「かつて彼女の歌声は国民を大いに励ました。その愛国心に感動する」と述べた。




テレサテン影響力研究セミナーが台北で開催

日本などでも絶大な人気を誇る台湾の歌姫、テレサテンさんの影響力を研究テーマとする学術セミナーが7日、台北で行われた。テレサテンさんの日本デビューを実現させたトーラスレコードの舟木稔元社長、テレサテンさんの台湾における音楽の先生左宏元氏、香港の著名な男性シンガー阿B(ケニー・ビー)、中国大陸の北京師範大学の于丹・教授など、台湾、日本、中国大陸、香港の芸能人や学者らが一堂に会して、いわゆる「テレサテン現象」について意見交換を行い、中華圏のポップスなどの流行文化、経済生活に対するテレサテンさんの影響力を討論した。台湾、中国大陸、香港の関係者が学術シンポジウムを行ってテレサテンさんの影響力を討論したのは初めて。

台湾の国会に当たる、立法院の王金平・院長は開幕式で挨拶を行い、「台湾が豊かな物質に恵まれていなかったとき、テレサテンさんはその生まれつきのすばらしい歌声と努力で人心を励まし、台湾の人たちと共に、経済や文化などの面での発展促進に励んできた」とし、国に対する影響は実に大きいと称えた。

テレサテンさんの兄の長富さんは、テレサテンさんの台湾の流行音楽に対する貢献として、「歌声を通して中国語の流行音楽を世界各地に押し広めたことは、台湾の音楽に対するテレサテンさんの最大の貢献だと言える」と話した。

今回の学術会議に参加するために来台した、北京師範大学の于丹・教授はテレサテンさんの歌声には誠意と感情が感じられ、これが時間と空間の制限を受けずに人心を感動させている原因との見方を示すと共に、テレサテンさんの歌声は文化の啓蒙であり、一種の愛に対する記憶であり、百科事典でもあると称え、中国大陸の多くのファンを代表し、台湾を訪れてテレサテンさんの死を悼む気持ちを伝えたいと希望していると話した。

テレサテンさんは1995年5月8日喘息発作でタイでなくなった。今年はテレサテンさんが死去して15年目。台湾各界は学術研究討論会とテレサテンの歌のコンサートの開催やテレサテンさんの記念切手の発行などを通じてテレサテンさんを偲んでいる。










【台湾ニュース】爆弾所持と嘘をついた男を2万元で保釈

2010年05月06日 19時46分45秒 | 中華民國 ニュース

爆弾所持と嘘をついた男を2万元で保釈

1日午前、台北発上海行きの中華航空機内で爆弾を所持しているというデタラメを言って中国の警察当局に拘束された林南海容疑者が5日深夜、台湾に強制送還された。
検察当局の取り調べの結果、居住制限付きで保釈金2万元で解放された。中華航空機は中国・杭州空港に緊急着陸して機内を捜索したが、爆弾は発見できなかった。

・・・動  画 


台湾史上最高額、100億元相当の違法薬物を公開焼却廃棄 a

調査局は5日午後一時過ぎ局本部倉庫から、押収した違法薬物を木柵の倉庫に運び出し、公開焼却廃棄を行った。今回焼却廃棄された薬物は、過去1万5000件の事件で押収されたもので、総重量1415キロ、闇取引で100億元以上といわれる。台湾史上最高額の公開廃棄だけに、厳重な警備となった。

警衛隊は特別銃を携帯、輸送には台湾銀行から借りた防弾現金輸送車を使用、空からはヘリコプターで輸送車の進路を確認した。押収された薬物の中で最も多かったのが大麻で980キロ、次いでヘロイン380キロ、そのほかケタミン、アンフェタミンなど。ここ4年でケタミンの押収量が目立って増加しており、去年は全台湾で1100キロ押収された。


女子中学生の喫煙率2年で5%増加

行政院衛生署によると中学生の喫煙率が2%上がり、女子中学生においては2年で約2倍になった。衛生署国健局は2年ごとに中学生を対象に喫煙状況の調査を行ってきた。
2006年度の調査では中学生の喫煙率は9.34%、2008年度調査では11.66%に上昇。なかでも女子中学生は2006年度の6%から11.24%へと約2倍上昇。衛生署ではアイドルドラマを改編し、喫煙が身体に及ぼす影響を再認識してもらうなどしている。


絶滅危機の中華シロイルカ、迅速な両岸協力の必要性

行政院農業委員会は、絶滅危機の野性動物とされている中華シロイルカ(学名:シナウスシロイルカ)の保護には、迅速な対応と両岸の協力が不可欠であると発表した。金門国家公園管理処によると、中華シロイルカは台湾西部、香港近海、インドネシア近郊の浅瀬に生息。
体長2、3メートルで150キロから230キロ。成長すると白くなり尾と腹部がピンクになる。媽祖の誕生日である旧暦の3月23日前後に活動が活発になるため、金門島民から「媽祖魚」と呼ばれ親しまれてきた。近年海洋汚染や、漁民の網にかかる事故などが原因で数が激減しており、両岸での迅速な保護協力と対応の必要性を呼びかけた。


6月19日から「南投世界茶業博覧会」開催予定

南投県政府は6月19日から9日間「南投世界茶業博覧会」を開催するとした。中国、日本、韓国など十数カ国が参加し、茶葉をはじめとする農産品の大型展覧イベントとなる。
期間中は千人が同時にお茶を点てる「千人茶会」で、世界記録のギネスにも挑戦する。各国の茶道文化紹介や茶葉、茶菓子、茶芸品展示もあり、多くの人に茶文化を知ってもらう機会にしてほしいとコメントした。


 ・・・夜市のしょば代、ヤクザが仲介




台湾ニュース

2010年05月05日 15時58分14秒 | 中華民國 ニュース

ラファイエット事件のICC仲介で台湾が勝訴

軍艦購入を巡る汚職事件のラファイエット事件で、国際商業会議所仲裁裁判所(ICC)はフランス時間の3日、台湾海軍からリベートを受け取ったフランス企業に対して、リベートに利息分、弁護士費用などを加えた8億6100万ドルを支払わなければならないという仲介判断を出した。世界の軍備購入を巡る賠償金としては過去最高。これに対してフランス企業側は、今回の判決を不服として控訴するとしている。同事件で海軍司令部が1991年にフランス企業からラファイエット級フリゲート艦6隻を購入した際、同社が契約違反の巨額のリベートを海軍側から受け取っている。このため海軍は2001年、フランス企業に対してリベートの払い戻しを求めてICCに仲介請求していた。


ジャンク船を基にした「台湾船」が進水

ジャンク船を基に製造した「台湾船」の進水式が1日、台南市安平港で行われた。この船は、鄭成功が活躍した明時代の戦艦を模したもので、貿易にも利用された。長崎県平戸市の松浦史料館に収蔵されている絵巻を基に製造した。全長29.5メートル、幅7.26メートル、重さ約300トン、排水量150トンで12人が乗船できる。許添財・台南市長は来年4月、この船を利用して鄭成功の母親の出身地である同市まで初航行するという。台湾船の建造には、行政院文化建設委員会が8000万元を全額補助した。


母の日を前にカーネーション価格安定

今年のカーネーションは開花時期が比較的遅かったが出来はよく、6月の郷鎮民代表選挙などの基層選挙に伴い需要も増えた。また母の日も近く需要はさらに増えると見られるが、価格も安定している。彰化田尾花卉市場によると、卸値は10本一束で60から70元の間。ここ2年は生産時期と生産量のバランスが崩れ、価格が下落したいた。


6月5日から舊山線で蒸気機関車、復刻運行 

台湾鉄路局によると三義郷舊山線で、6月5日から8月29日まで県政府と協力して蒸気機関車復刻イベントを開催する。3カ月連続で毎週土曜日、日曜日にそれぞれ4便運行予定。三義駅から勝興、魚藤坪、泰安駅まで全長17.3キロ、7つのトンネル、3つの鉄橋を通過し、美しい景色も眺めることができる。6月5日、9日(鉄道の日)、7月17日、8月29日は機関車の先頭部分も使用されるという。




義大遊楽世界は5月28日、試験営業を開始・高雄

2010年05月05日 10時46分17秒 | 中華民國 ニュース


高雄県大樹郷にあるテーマパークの義大遊楽世界は5月28日、試験営業を開始する。

(クリック)




同世界はギリシャがテーマ。3つのエリアに分けられる。アトラクションは47施設。高さ27メートルから落下する「飛天神戟」、アジア初となるU字型のジェットコースターなどが設置されている。入場料は890台湾元。台北市で開催中のトラベル・フェア「2010台北国際観光博覧会」では入場チケット4枚2370台湾元で販売されている。


・・・動  画 

・・・動  画  




コメント (2)

台湾ニュース

2010年05月04日 17時58分07秒 | 中華民國 ニュース

台湾の研究班が長寿遺伝子タンパク質を発見

国立陽明大学生命科学科、遺伝子科学研究所の蔡亭芬・教授が2日に行われた高齢医学シンポジウムで長寿遺伝子に関する新発見を発表した。

陽明大学の研究グループは昨年、長寿遺伝子の染色体の中にCisd2タンパク質を発見し、実験によってそのタンパク質を減らしたネズミの寿命が短くなることを証明した。

蔡亭芬・教授によると、Cisd2遺伝子タンパク質は年齢が高くなるに連れて減少し、老化を引き起こすが、その遺伝子タンパク質が一定量を保てば筋肉や神経の退化を遅らせることができるという。

Cisd2遺伝子タンパク質の量を通常の1.5倍にしたネズミは、寿命が一般のネズミの1.4倍になったことから、この遺伝子技術を人間に応用した場合、80歳の平均寿命が112歳になる可能性が見込まれる。

蔡亭芬・教授は、人の長寿遺伝子タンパク質は中年以降急速に減少するが、もし長寿遺伝子の活性を維持することができれば、寿命を延ばすだけでなく活力も維持できるとして、今後の研究成果に期待している。


台湾ニュース

2010年05月04日 17時22分20秒 | 中華民國 ニュース

米タイム誌「英雄」の陳樹菊さん、ニューヨークへ


  台東に住む61歳の女性、陳樹菊さんは48年間野菜を販売しながら、熱心に社会活動を行ってきた。長年多額の寄付をし、身寄りのない子供たちの援助や、図書館の建設なども行ってきた陳樹菊さんは、今年3月にフォーブス誌のアジア版で「アジア地域の 傑出した善意の人物」として選ばれ、続いて4月29日に発売されたタイム誌でも「最も影響力のある人物100人」の一人に選出さ れ、メディアに大きく報道された。

陳樹菊さんは3日アメリカニューヨークへ向かい、4日夜に行われる授賞パーティーに出席する予定。

陳樹菊さんは3日午前にアメリカのビザを取得し、その後外交部でスケジュールの報告を行った。陳樹菊さんは、「台東県長、法務部長、総統など、政府の方々が私のような一人の市民にとてもよくしてくださったことに感謝している。申し訳ないぐらいだ」と話し、自分がしていることは当たり前の小さなことだと話した。

陳樹菊さんは海外に行くのは今回が初めてで、アメリカには外交部の人員が同行する。なお、4日に行われる授賞パーティーには、アメリカのクリントン・元大統領らも出席する予定。




経営者として成功する若者たち

3日付の台湾紙『蘋果日報』によると、ある起業者向けサイトの調査で、20~29歳の若者で起業の経験があるのは16%。このうち82%が創業から1年以内に単月での損益分岐点を超えるなど、経営者として20歳代で成功する若者たちが出てきていることが分かった。
台北市教育大4年のある学生は、2年生で撮影スタジオを開き、単月で最高8万元、最低2万5000元を稼ぎ出しているという。このほか刺しゅう業や格安ギター(1890元)販売でビジネスを成り立たせている若者も。小規模顧客の需要を満足させたり、インターネットの検索機能を通じた口コミを利用したりすることが、小資金で若者が起業に成功するコツと、ある専門家は説いている。


釧路動物園が台北市動物園に、タンチョウ鶴寄贈

北海道の釧路動物園から台北市動物園に、一組のタンチョウ鶴が寄贈された。
タンチョウ鶴は日本の天然記念物で国外への持ち出しが規制されているが、友好関係の促進と飼育技術の発展のため、去年から準備が進められていた。釧路動物園長はタンチョウ鶴が台湾の暑い気候に適応できるか心配していたが、シンガポールなどでの飼育例があり問題なしとした。早ければ来年にも一般公開される予定だ。


台湾鉄道の採用試験、1.25%の採用率

台湾鉄道が868人の人材を募集したところ6万9000人以上が集まり、採用率は1.25%と今までで一番低い結果となった。
第一次試験は6月26日から28日におこなわれ、半分が二次試験に進める。去年の応募者は2万8000人で、今年は4万人も増え台湾鉄道側も驚いている。月収は3万2000元から4万2000元。


年収100万元以上、全台湾で8%

主計処の所得税資料と家庭調査によると、年収100万元を超えている人は全台湾の8%で、200万元を越えている人は1%だった。基本給、ボーナス、投資報酬なども含めた総収入で、中間層の年収は40万元だった。年収40万元以上の男性は458萬人で、女性の2倍との結果となった。



蔡・民進党主席「中国と政治条件を付けない対話を」

蔡英文・民進党主席は2日、「中国との政治条件を付けない対話を排除しない」と述べた。蔡主席は同日開かれた座談会で、馬英九政権の発足以来、「台湾の主権が失われる危険性がある。馬政権が中国を通じて国際社会に加わろうとの誤った戦略を取っているからだ」と批判。「中国に台湾人民の考えを正確に伝える」という直接対話の重要性を強調した。同党の蔡其昌スポークスマンは、「これまで民進党は、中国に関することには必ず反対するという誤解があったが、過去から現在まで、そのようなことはなかった」と述べている。




台湾ニュース

2010年05月03日 18時18分02秒 | 中華民國 ニュース
台湾のスイカ王は超アマ!

 
台湾スイカ祭が1日、雲林県立体育館で行われた。

今年のスイカ王は嘉義県水上郷農会の黄さんが作ったもの。

甘さは標準の11.5度を上回る13.6度だった。




小学館の高雄ソフトウエア科技園区へ投資案承認

経済部加工輸出区は4月29日、小学館による高雄市のソフトウエア科技園区への投資案を承認した。小学館は6月、同園区に「台湾小学館」を設立する。投資額は1600万元。台湾企業と共同でデジタルコンテンツの開発を進める。小学館の海外進出は初めて。今後、台湾を中国など中華圏へ進出する中継点と位置付けている。


4年ぶりに殺人犯4人の死刑執行

法務部は4月30日、4人の殺人犯の死刑を執行したことを発表した。曾勇夫・法務部長は同28日に死刑執行にサインし、同30日夜執行した。台湾ではここ4年、死刑の執行は行なわれていなかった。死刑執行をめぐって、死刑反対の立場から既に死刑判決が確定している死刑囚の執行でも行うべきではないとの考えを示していた、王清峰・前法務部長は確定済みの死刑囚は執行するという政府見解と対立して3月に辞任している。


魯肉飯を売る元客室乗務員、月50万元の売上げ

旅客機の元客室乗務員2人が開店した、魯肉飯(豚肉のそぼろ煮)の人気店がある。長栄航空と国泰航空の元客室乗員で月収は約8万元から10万元と高収入だったが、SARSをきっかけに航空業界の不景気を感じ一念発起して、魯肉飯の店を開店させた。
開店から7、8年で徐々に売上げが伸び現在は月50万元の売上げ、収入は5、6倍になった。母親が高雄で数十年営業している小吃店のコツを伝授してもらい、前職で見に付いたサービス態度も好評で人気店となった。



上海行き便、乗客の「爆弾を持っている」発言で緊急着陸=悪質冗談の男を拘束

上海行き便、乗客の「爆弾を持っている」発言で緊急着陸=悪質冗談の男を拘束

2010年5月1日、台湾桃園国際空港発上海行きの中華航空CI501便が、浙江省杭州市の空港に緊急着陸した。乗客が爆弾を所持していると冗談を言ったことが原因となった。中国新聞網が伝えた。

台湾警政署によると、乗客の林はフライト中、「自分の荷物には爆弾が入っている」と受け取られるような発言をした。機長は安全を優先してフライトを中止、杭州市への緊急着陸を実施した。

捜査の結果、荷物からは爆発物は見つからなかった。林はたんなる冗談で、こんなことになるとは思わなかったと話している。確認後、中華航空機は上海市へと向かった。林は現在、杭州市で拘束されている。







中国との有事発生でも米国の参戦求めず(ウマ)

2010年05月01日 17時24分45秒 | 中華民國 ニュース
イギリスの旅番組の名司会者、台北の魅力を紹介


イギリスの旅番組の名司会者として知られるサイモン・リーブ氏が、番組の撮影で台湾を訪れた。「北回帰線」という番組で北回帰線の通っている、アフリカのサハラから、エジプト、インド、ミャンマー、ベトナム、台湾、ハワイを旅する番組で、BBCで近日放送予定。サイモン氏は台湾の魅力について現代的でグルメも楽しめ、電子商品も素晴らしいと語った。好きなホテルは圓山飯店、おすすめレストランは鼎泰豐、台北国賓ホテルの川菜庁、陽明山の雲頂、光點カフェ。ショッピングは電子製品とオーダーメイドスーツを推薦した。高速鉄道に乗り交通の便利さを実感し、世界で最も安全な都市のひとつだと台湾の魅力を紹介。




淡海新市へのMRT延長計画、6年完工を目指す


行政院経済建設委員会は交通部、内政部、台北県政府と共に、MRT淡水線の延長について共同討論を行った。淡海新市へのMRT延長計画で、まず「緑山線」を6年から7年以内に完工し、次いで「藍海線」を建設することを明らかにした。


格安航空会社が7月以降に高雄・クアラルンプール便

マレーシアの格安航空会社であるエアアジアのアジア太平洋地区幹部は29日、高雄市の陳菊市長と面会した際、高雄・クアラルンプール便を早ければ第3四半期にも就航させることを明らかにした。発売時のプロモーション価格は片道699元。マレーシアからの観光客は、今年第1四半期は前年同期比7割以上増えており、高雄と直行便で結ばれれば同市の観光客増加につながると期待される。


中国との有事発生でも米国の参戦求めず 台湾総統が発言

(CNN) 台湾の国民党政権を率いる馬英九(マー・インチウ)総統は4月30日、中国との有事が発生した場合、台湾支援で米国の参戦を求める考えはないとの立場を表明した。CNNとの会見で述べた。

馬氏は、中国との衝突のリスクを削ぐため米国からの武器調達は今後も続けるとしながらも、有事が起きても米国の参戦を促す考えはないと述べ、「この方針は極めて明瞭である」と強調した。また、自らこれまで進めてきた対中関係改善の成果で、中台紛争に米国が巻き込まれる危険性は過去60年間で最も少ないとし、台湾と中国との間の緊張の火種も大きく減じたとの見方も示した。

総統は会見で、航空路線、食糧、観光客招致や司法協力などの分野で中台は過去2年間で12件の協定に締結したとし、いずれの協定も台湾の主権や領土を犠牲にしたものではなく、台湾の繁栄と安定に寄与するものだと強調した。

しかし、米国からの武器調達については、台湾海峡の平和と安定の維持のために極めて重要との見解を表明。米国が武器輸出を現在の水準から縮小すれば、中台を含む地域情勢の信頼を低下させることになると述べた。

武器輸出を含む米台間の関係に中国は神経をとがらせており、今年1月には米国による台湾への地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムやヘリコプター「ブラックホーク」など総額60億米ドル以上の兵器売却決定に強く反発、撤回を要求している。ただ、米国は台湾側が求めていたF─16戦闘機の売却は見送っていた。

中国は、台湾は自国領土の一部と主張している。


★ そんな事があるか!!

台湾空軍、低い即戦力 部品欠乏、立法院が問題視

台湾空軍戦闘機の即戦力の低さが立法院(国会)で問題になっている。国防部の基準では、配備数の75%以上が常時、出撃可能な状態でなければならないが、主力戦闘機のF16(2人乗り)で70%、旧型のF5(同)では26%にとどまっている。補修部品の欠乏が主因のようだが、中国の軍備増強が急ピッチで進んでいるだけに、現状を憂慮する声が高まっている。

 戦闘機の配備数は非公開だが、民間推計によれば、F16が146機▽ミラージュ56機▽IDF128機▽F5・60機(1人、2人乗り合計)-となっている。最多のF16が30%の即戦力を欠くのは痛い。IDFは80%だが、旧型に属する。

 台湾軍は26日から30日まで「漢光26号」と称する軍事演習を実施したが、立法院では27日、ミラージュの飛行演習が「天候不順」を理由に中止されたことが問題視された。

 民間航空機はこの日、通常通り運航されたためで、「敵が悪天候下で攻撃を仕掛けてきた場合、どうするのか」(国民党立法委員)との批判も出た。

 28日の空軍当局者説明では、ミラージュの即戦力は79%と、軍の基準を満たしてはいる。しかし、台湾紙蘋果日報によれば、フランスからの部品輸入に手間取っていたかなりの期間、50%以下だったとされるだけに、悪天候による故障を避けようとしていた可能性もある。

 米国の民間研究機関「国際評価戦略センター」によると、中国はロシア製や国産の新鋭(第4世代)戦闘機を年内に400機ほどに増やすとされ、すでに中台空軍の戦力バランスは中国優勢に傾いている。台湾は財源難や馬英九政権の対中接近政策で、対策が後手に回っているようにもみえる。



上海万博を利用 中国、台湾統一工作を加速 40年ぶり台湾館出展も“付帯設備”

中国が上海万博を利用した対台湾工作を加速させている。30日付の上海紙、東方早報によると、胡錦濤国家主席は万博開会式に招待した台湾の連戦、呉伯雄の両中国国民党名誉主席や宋楚瑜親民党主席との29日の会談で、「中華民族の復興」を訴え、中台統一への下地ともなる民族意識の共有に自信を示した。上海では1970年の大阪万博以来、40年ぶりに台湾の万博パビリオン出展も認められている。


 胡主席は「台湾の万博参加は近年の両岸(中台)関係改善の重要な成果だ」と強調し、相互理解や経済協力拡大にも期待を表明した。中台間で締結交渉が進められている「経済協力枠組み協定(ECFA)」については「中小企業や農民の相互利益を考えたい」と述べた。台湾本土色の強い南部の農民や中小企業の取り込みが狙いとみられる。

 上海万博で台湾館は、浦東会場Aゾーンで中国館に隣接して置かれている。道を挟んで隔てられているが、中国館を取り囲む香港館やマカオ館と事実上、同列の扱いだ。一般来場者には、台湾館があたかも中国館の“付帯設備”のようにみえる配置となっている。

 台湾館は「台北世界貿易センター」の名義で出展。中華文化の伝統儀式「天灯上げ」がテーマで、ガラス張りの建物の中に球状の液晶スクリーンが輝く。

 台湾は70年の大阪万博時には日本と外交関係があり、「中華民国」として国連にも加盟していた。