Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

★ 第二回青年トラベラー大募集:台湾

2010年01月31日 22時16分40秒 | 中華民國 ニュース

チャレンジ台湾 第二回青年トラベラー大募集あなたの夢を実現しませんか

  台湾行政院青年輔導委員会主催「チャレンジ台湾 第二回青年トラベラー大募集」が始まりました。募集期間は2010年2月28日まで。年齢が18-30歳で、日本・韓国・シンガポール・マレーシア・香港マカオ籍を持ち、旅行・撮影・執筆を趣味とする青年なら誰でもエントリーできます。希望者は、オフィシャルサイトに、滞在10日以上の台湾旅行計画書をアップしてください。当選者には2000米ドル(含税)の台湾ツアーを実践する賞金が進呈され(各区3名、計15名)、中華航空からは航空券の優待が受けられます。さらに優秀者には、お友人とともに四泊五日の台湾体験旅行がプレゼントされます。台湾の旅の感動を世界の仲間たちに伝えてみませんか。

 世界の青年バックパッカーの来台を奨励するために、青輔会では「チャレンジ台湾 第二回青年トラベラー大募集」を実施しています。青年バックパッカーの方に、台湾の社会・文化・環境への認識を深めてもらい、若者の視点から自らの体験を記録してもらい、その成果を世界の青年たちと分かち合っていただきたいのです。旅の過程では、青輔会が15-30歳の青年のために用意しているユーストラベルサービス体系や青年トラベルスポットを活用いただきます。例えば、700以上の優待スポットを擁するユーストラベルカード・無料レンタル端末・低価格宿泊体系・TR PASS・無料ガイド「Tour Buddy」といったサービスを利用して、バリアのない台湾を旅を満喫していただくという構想です。

 昨年2月から5月にかけて、第一回青年トラベラー大募集に合格した11名の青年が来台し台湾旅行計画を実践し、それぞれ台湾というこの土地に美しい思い出を刻まれたようです。国際交流に興味をもつ日本人の平松香織さんは、台湾学生の日常生活を体験しました。実際に台湾の各級学校を訪問して学生と交流するほか、教室では日本の学校での授業風景を紹介したりしました。またマレーシアの青年教師鄭立明さんは、かつて台湾に4年留学していた地の利を生かして、青輔会の『ユーストラベルカード』を利用し、台湾中の社会教育組織を訪問しました。おかげで実に効率かつリーズナブルな経費で台湾を一周することができたと後輩に青輔会プログラムの積極的利用を薦めています。

 韓国の安玧さんは、経験豊富なバックパッカーの大学生で、彼は25日間をかけて自転車で台湾を一周しました。体力に自身のある彼は途中中央山脈も越えました。そうした貴重な経験を韓国のバックパッカーの仲間たちにも伝えました。香港の陸嘉欣さんは折畳み式自転車をもって鉄道・バス・船などさまざまな公共交通機関を利用する冒険旅行。駅に着くと自転車に乗り換えて、路地の隅々にいたるまで走り回ります。そうしてこそ、地域の人びとや地方の文化に直接触れられるということです。

 またシンガポールとマカオから来た林真好さんと留婷婷さんは、日頃大都会に暮らしているため、台湾の壮大な山と海の風景を楽しみにしていました。二人は、旅の過程でのロックバンド-蘇打緑との出会い、また離島の風情がとくに忘れられない思い出になったと語ります。

 今年の募集期間は2010年2月28日締切。日本・韓国・シンガポール・マレーシア・香港マカオの18-30歳の青年諸君、勇気を出して、オリジナルの独創的な台湾の旅を計画してみませんか。
詳しくはオフィシャルサイトへ

http://youthtravel.tw/youthtrekker

【行政院青年輔導委員会 2010年1月】





各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース 韓国ニュース
 



【台湾ブログ】資生堂「TSUBAKI」

2010年01月31日 08時55分33秒 | 各国ブログ



 
【台湾ブログ】資生堂「TSUBAKI」はCMも使用感も最高!





日本のメジャーな生活用品は、街中のスーパーやドラッグストアで簡単に購入できる台湾。日本で大ヒットを飛ばした、資生堂のヘアケア用品「TSUBAKI」は、台湾女性をも魅了した。

  「資生堂史上、最も美しい広告!」と絶賛するshowは、「20人以上の有名女優が出演するCMを、今まで見たことがなかった。自信にあふれた表情を見せる女優たちは、とても美しい!」とブログにつづり、「資生堂は日本の奇跡」と述べている。「化粧品にヘアケア用品…日本人女性は、誰もが1つは資生堂の商品を持っていると思う。価格設定が高めなTSUBAKIも、質の良さが認められファンが多い。複数の女優のCMを制作し、CMソングはSMAPが歌うなんてヒットが約束されたもの」と感じたというshowは、「TSUBAKI効果で、日本女性は黒髪を好むようになった。私もTSUBAKIを使って美しい髪をキープしたい」とヘアケアに気を遣うようになったそうだ。

  「TSUBAKIを愛用したら、髪質が良くなった!」というのはsyaoranfanで、自慢の黒髪の写真をブログに掲載。「泡立ちが良く、香りのいいTSUBAKIは最高。使用前と使用後は、髪のつやが全然違う。まだ使ったことのない人は、小さなサイズを買ってぜひ試してほしい」と薦めている。

  また、「多くの有名女優をCMに起用した資生堂は、お金のある大企業」だと痛感したという雪奈は、「私は好きな芸能人に影響されて商品を買うタイプなので、TSUBAKIが気になった。大好きな竹内結子が宣伝しているので、使いたくなったの」と述べている。使ってみたら実際に髪質が良くなったそうで、「品質が確かでCMも素敵なTSUBAKIをずっと愛用する」と心に誓ったそうだ。






各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース 韓国ニュース
 



1月29日はテレサ・テンの誕生日

2010年01月30日 22時23分06秒 | テレサテン
テレサ・テン


昨1月29日は麗君テレサ・テンの誕生日。

彼女は長年の想い、お母さんの生まれ故郷の中国で歌いたい・・・・・と願いつつ亡くなってしまいました。
大の仲良しだったお母さんと天国から二人で故郷の空へ旅たつことが出来たのでしょうか?

いっぱい我々を幸せにしてくれたテレサ・テン・・・今度はあなた自身が楽しむ姿を想像しています。

今晩はこの曲を聞きながら眠りにつきます・・・・・



・・・「ふるさとはどこですか」 テレサ・テン






台湾はお正月前

2010年01月30日 19時58分41秒 | 中華民國 ニュース



台北市、29日より年越し用品販売開


華人社会ではお正月は旧正月が本番だ。今年の旧暦の元日は2月14日。現在、台湾の人たちは旧正月を迎える準備で忙しくなっており、年越しの風習と関係のある各業種も相次いで商戦を展開している。年の瀬押し迫る頃になると、台湾各地では年越し用品を売る店が一堂に会する「年貨大街(年越し用品大通り)」販促イベントが登場する。台北市内の「年貨大街(年越し用品大通り)」では29日より年越し用品の販売を開始した。

台北市内の「年貨大街(年越し用品大通り)」は主に六つに分かれている。この六つの「年貨大街(年越し用品大通り)」とは迪化街商業エリア、寧夏商業エリア、華陰街商業エリア、台北地下街商業エリア、台北駅裏駅商業エリア、濱江街商業エリア。赤い提灯が飾られているこの六つの商業エリアにある店は29日より一斉に年越し用品の販売を開始した。

この六つの商業エリアのうち、干し椎茸、干し貝柱、あわび、ふかひれなど、大晦日の夜に食べられるおせち料理で使われる食材を売る乾物屋がずらりと並んでいる迪化街商業エリアが特に有名で、ここ数年、日本と中国大陸の観光客もよく訪れる観光スポットとなっている。エリア内には試食できる店がたくさんあるほか、縁結びの神様を祭る廟もあって台湾の旧正月前の雰囲気をたっぷり味わえるところとしても有名。



・・・動画ニュース 


「バカ殿騒動」の台湾人がブログで公開

2010年01月30日 18時38分27秒 | 各国ブログ
「バカ殿騒動」の台湾人がブログで見解、「動物のような群衆を見た」

2010年1月7日放送のフジテレビ「志村けんのバカ殿様 初笑い!時代劇スペシャル」に出演した台湾のマジシャン劉謙氏がこのほど、バカ殿と天皇とを誤認した中国ネットユーザーから「天皇に跪(ひざまず)いた」との批判を受け、売国奴とまで罵(ののし)られる事件が発生した。

  中国大手メディアが「バカ殿は天皇に扮しているわけではなく、勘違いだ」と報道したことによって事態は沈静化したが、27日、事件の当事者となった劉謙氏が自らのブログに「バカ殿騒動」についての見解を綴った。

  まず劉謙氏は冒頭で、「私を支持してくれた人びとに感謝する」と語り、各掲示板で劉謙氏に対する批判が誤解であることを説明したファンの人びとに謝意を表すとともに、いつか必ず恩返しがしたいと語った。

  続けて、「バカ殿騒動」について、「無知で愚かで、つまらない騒動に対しては、意見や弁解をする時間も費やすに値しない」と切り捨て、今回の騒動を通じて思考も常識もなく、動物のように退化した群衆を見たと語り、ネット上で劉謙氏を批判していたネットユーザーたちを批判した。

  劉謙氏が騒動に関して綴ったブログは、すでに20万弱のアクセスが集まっているほか、4000を超えるコメントが寄せられているが、そのほとんどがファンから応援の声だった。



【台湾ブログ】台湾で小林幸子のコンサート

2010年01月30日 12時32分43秒 | 各国ブログ
【台湾ブログ】22歳の女子大生、小林幸子の歌に酔いしれる


日本の演歌の女王・小林幸子が、1月16~17日に台北国際会議中心でコンサートを開催した。プライベートでは何度も台湾を訪問しているという小林だが、コンサートを行うのは初。また女性演歌歌手の台湾コンサートは初めてで、“あの紅白の衣装が初めて海を渡る”ということも話題になり、大注目を浴びた。

  「子どもの頃から日本の演歌が大好き」!
とブログにつづっているのは、なんと22歳の女子大生・小新。「流行のポップソングも聴くけれど、心を落ち着かせたい時に聴くのは演歌」という小新は、あこがれの小林幸子の公演を見に行き、感想を述べている。

  「今一番好きな演歌歌手は、小林幸子さん。小林さんの歌声は人々を魅了するが、もっとすごいのは紅白歌合戦の衣装。華麗な衣装で観客を楽しませる小林さんは、本当に素晴らしい歌手だ」という小新は、台湾コンサート開催のニュースを聞き、一番高い席のチケットを購入。「コンサートの日がどんなに待ち遠しかったことか。開演1時間前に会場に到着した私はCDを買って張り切っていたが、周囲を見てビックリ!座っているのはおじいちゃんとおばあちゃんばかりだったのだ。観客3000人の中で自分が一番若い、と感じた」そうだ。

  衣装をはっきりと見るために、6列目の席に座ったという小新は小林が歌った曲目を記憶し、ブログに載せている。ファンとデュエットしたり、テレサ・テンの曲を歌うなど、台湾ならではのパフォーマンスがあったようだ。

  「コンサートを見ることができて、本当に嬉しかった」と感動した小新は、「演歌のコンサートが台湾で見られるなんて、夢の中にいたような気分。衣装がきらびやかなだけではなく、小林さんは一曲ずつ心をこめて丁寧に歌い、ステージに立つ姿は華麗だった。観客全員が、小林幸子の歌の世界に連れていかれたと思う。素晴らしいコンサートだった」と絶賛。歌手生活45年の小林が観客に感謝し思いやる気持ち、紅白の一曲のために、半年以上かけて衣装を準備するその努力に感服したそうだ。そして「小林幸子は演歌の概念を変えた」と力説。「“着物姿で悲しい曲を歌うのが演歌”というイメージだったが、彼女はそれを変えた。成功者の小林さんは、私のような新世代の若者の心もつかんだ。
私の同世代、そしてもっと若い人たちも、演歌の魅力に気づいてほしい」と文を結んでいる。

【台湾ニュース】台北国際ブックフェアに楳図かずおさんが登場

2010年01月29日 18時00分15秒 | 中華民國 ニュース


「台湾へ美容整形に」が増加、大規模ツアーも

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、台湾で美容整形手術を受けることが、裕福となった中国人の間で流行している。中国より設備も技術も進んでいるからだという。19日付で環球時報が伝えた。

北京市で会社を経営する46歳の李さんはこのほど9日間のツアーで高雄を訪れ、美容整形を受けた。他のツアー参加者30人も平均10万台湾ドル(約28万7000円)をかけ、歯のホワイトニングやボツリヌス菌毒素注射によるシワとり、二重整形などを受けたという。

台湾衛生局の医療事務機関の責任者によれば、2008年に美容整形や健康診断などを目的に台湾を訪れた人は約5000人に上る。中国の医療観光市場は年20%という高い成長を続けており、台湾・高雄の業界団体の責任者も「中国からの医療観光客は増加の一途を辿っている。今月は100人規模のツアーが3つも入っている」と話している。



台北国際ブックフェアに楳図かずおさんが登場

 

 



1月27日、「2010台北国際ブックフェア(台北国際書展)」が台北世界貿易センターで開幕した。同展は行政院新聞局が主催し、財団法人台北書展基金会が主管し2月1日までの6日間開催されるもので、今年で18回目を迎えた。

 会場は、台北世界貿易センターの1号館~3号館に分かれ、1号館は「国際書エリア」「総合書エリア」「デジタル出版エリア」「テーマエリア」などが設けられ、国内外の一般書籍およびデジタル書籍、政府刊行物などが展示されている。2号館は、「アニメ館」として漫画コミックやアニメの展示などが行われ、3号館は「児童書、文房具館」となっており、とりわけ人気があるのが2号館の「アニメ館」であり、開幕初日の早朝には入場を待つ長蛇の列が2号館の周囲を幾重にも巻くほどだった。

 同展の中で、この2号館の「アニメ館」の開幕式が最も早く行われ、台北書展基金会の林文・執行長は、「アニメ館はこの台北国際ブックフェアで最も人気のある展示エリアである」とあいさつした。さらに、この開幕式で最も注目を集めたのが、日本のホラー漫画家の楳図かずおさんだった。楳図さんは特製の衣装で歌を披露し、その曲風も画風と同様独特なものだったが、会場の観客からは楳図さんに大きな拍手が送られた。そのほか、中国大陸から来た「Cosplay天団杭州『304』」の5名のメンバーもアニメの登場人物になって現れ、台湾のコスプレ・マニアとパフォーマンスを披露した。また同日午後には会場で楳図さんによるサイン会も開かれ、大いににぎわった。

 同展のアニメ館は毎年、人気絶頂の漫画家や人気声優のサイン会、アニメヒーローショー、コスプレ・コンテストなどが行われ、会場はアニメファンが押し寄せ熱気にあふれたものになっている。

 主催者側では「今年のアニメ館では従来同様に会場内を『サイン舞台エリア』など3つのエリアに分けて設営し、楳図さんのほか、日本から漫画家の小花美穂さんや人気アニメ声優の竹内順子さんや釘宮理恵さんなども登場する予定である」と紹介した。

 また、今年のアニメ館では海外の有名な漫画家および企業関係者を招き、またチャリティーオークションも今年は特別企画され、開幕当日のこの日、楳図さんがこのオークションの口火を切りスタートした。オークション会場では、市価1万元(約3万円)を超える商品も並べられており、そのほとんどが貴重なサイン入りのマンガ本ばかりで、全てが1元(約3円)からのオークション・スタートとなった。

 同展の企画チームの劉潔妃さんは「チャリティー・オークションで集まったお金は全額を内政部の『児童の家』に贈られた後、実際に必要としている子どもたちへ適切に分けられることになる」と説明した。


台北駅、3年かけて4億元以上の修復工事へ

台湾鉄道は使用から20年がたっている台北駅の修復工事を、4億元以上かけて行なうとしている。屋根の南部分に太陽光発電を設置予定で、全ての修復と改装完成までに3年かかる予定。中央ロビーなどの雨漏りも激しく、今年は屋根などの防水工事を行いガラスも1.5倍の強度に強化する。台北駅は毎日40万人が利用する台湾交通の要となっており、中国伝統宮廷の外観を取り入れた建築となっている。



3月末から悠遊カードを電子マネー化

行政院金融監督管理委員会は28日、プリペイド式ICカード「悠遊カード」を電子マネー化することを許可した。3月末以降、悠遊カードを使えば、1万元を上限にコンビニなど1万店以上の店舗での買い物が可能になる。将来的にはファーストフード店、ガソリンスタンド、映画館、病院などでの使用もできるようにするという。


各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 





台湾ニュース

2010年01月28日 20時02分40秒 | 中華民國 ニュース



台湾鉄道・旧正月期間チケット売り出しで、売切れ続出

台湾鉄道では27日、旧正月期間中のチケットを売り出した。今年は昨年より競争が激しく、特に東幹線の太魯閣号は入手困難となった。中華電信によるとインターネットの予約開始時刻には8万8000件の申し込みがあり、一時つながりにくくなるなどした。2月11日昼から13日夕方前までの東線南行きの自強号はすでに満席、15日から20日11時から夕方4時までと、21日全ての北行き自強号もすでに満席、南廻線では11日から21日の台東から高雄行き、13日から19日の高雄から台東行きの自強号もすでに満席という。



指輪強盗の容疑者、韓国で確保=東京の事件と同一犯


台湾の主要紙、自由時報などの報道によると、台北市内の超高層ビル「台北101」内の高級宝飾店で1月、日本人を装った男が指輪を盗み逃走した事件で、韓国の捜査当局は28日までに、犯行グループの韓国人容疑者1人の身柄を確保した。容疑者の男は、東京の「新宿三越アルコット」で発生した指輪強盗の容疑も認め、台湾当局は台北と東京の事件の容疑者を同一犯と断定した。 




.「バカ殿騒動」の台湾人がブログで見解、「動物のような群衆を見た」

2010年1月7日放送のフジテレビ「志村けんのバカ殿様 初笑い!時代劇スペシャル」に出演した台湾のマジシャン劉謙氏がこのほど、バカ殿と天皇とを誤認した中国ネットユーザーから「天皇に跪(ひざまず)いた」との批判を受け、売国奴とまで罵(ののし)られる事件が発生した。

 中国大手メディアが「バカ殿は天皇に扮しているわけではなく、勘違いだ」と報道したことによって事態は沈静化したが、27日、事件の当事者となった劉謙氏が自らのブログに「バカ殿騒動」についての見解を綴った。

 まず劉謙氏は冒頭で、「私を支持してくれた人びとに感謝する」と語り、各掲示板で劉謙氏に対する批判が誤解であることを説明したファンの人びとに謝意を表すとともに、いつか必ず恩返しがしたいと語った。

 続けて、「バカ殿騒動」について、「無知で愚かで、つまらない騒動に対しては、意見や弁解をする時間も費やすに値しない」と切り捨て、今回の騒動を通じて思考も常識もなく、動物のように退化した群衆を見たと語り、ネット上で劉謙氏を批判していたネットユーザーたちを批判した。

 劉謙氏が騒動に関して綴ったブログは、すでに20万弱のアクセスが集まっているほか、4000を超えるコメントが寄せられているが、そのほとんどがファンから応援の声だった。




各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 





【台湾ブログ】ごっちん頑張れ!モー娘ファンが応援コメント

2010年01月28日 05時36分34秒 | 各国ブログ
 


1月23日、モーニング娘。の元メンバーで歌手の後藤真希の「母親転落死のニュース」は、台湾でも多数のメディアが報道。訃報を知ったファンはブログを通して、次々とメッセージを送っている。

男性ファンのWenは、「僕の大好きなごっちん…悲しみに耐えて、絶対頑張ってほしい。2010年は再出発の年で、新しいスタートを切ろうと思っていたのに、こんなことになって悲しいね。でも僕たちはあなたを支える力になりたい。だから強い心を持って、乗り切ってほしい」と切々と思いを述べた。

  同じく男性ファンのSTARは、テレビのニュースでその事実を知りがく然。「どうしてそんなことが起きてしまったのか。復帰の道は険しく、弟は服役中。そしてお母さんまでが亡くなってしまうなんて…真希ちゃんは深い悲しみに包まれていると思う。今はお母さんのご冥福を祈るだけ…真希ちゃん、強くなってね!」とつづった。

  自称“熱狂的なモー娘ファン”という40代の男性、早早安は「かつてモーニング娘。で一番輝いていた、後藤真希。ソロ歌手として再出発を図り、これからという時に母親が突然亡くなるなんて…。父親は事故死で、弟は悪さをして服役中。多くの悲しみから乗り越えてきた彼女だったのに、母親が自殺するとはなんということだろう。ずっとモー娘を応援している僕からは、頑張れとメッセージを送ることしかできない」と無力な自分が、悲しいそうだ。

  モー娘ファミリーの私設ファンサイトを運営している白水は、「何も食べず寝ることもできないごっちんが、気丈に“大丈夫”と強がっているのが、痛々しい。ごっちんの体が心配だ」と体を気遣い、「こういう時は、思いっきり泣いた方がいい!」とメッセージ。「この3~4年、彼女は本当に辛くて大変だったと思う。胃腸炎は日常的で、体の状態が良いとは言えない。弟が窃盗事件を起こし、彼女のイメージまで悪くなった。ハロプロ脱退後は仕事が減り、パチンコで遊ぶ私生活が報道された。やっと個人の再出発が決まり、これからという時にどうしてこんなことが…衝撃的すぎる。彼女に次々不幸が降りかかるのは、一体なぜなんだろう。元々強い子だった彼女だけど、今は強がることしかできないのかもしれない」と嘆いた白水だが、「これからは強い心でしっかりと歩き続けてほしい。それが亡くなったお母さんの願いだと思う。そしてお姉さんが、ごっちんを支えながら一緒にがんばってほしい」とエール。モー娘の先輩や仲間たちから寄せられたメッセージも、台湾のファンに紹介した。



各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 

日航撤退の4路線、全日空が新規就航や増便

2010年01月27日 20時13分07秒 | 世界のニュース
  全日本空輸は27日、2010年度の事業計画を発表し、会社更生法の適用を申請した日本航空が撤退した国内・国際の各2路線で新規就航や増便などを行うことを明らかにした。


 日航撤退を収益拡大の好機として攻勢を強める。

 国内線では、関西空港―旭川に新規就航(1日1往復)し、関西―函館を期間限定で1日1往復から2往復に増やす。国際線では、成田―中国・杭州を週4往復から7往復に増便し、成田―青島は航空機を大型化する。この4路線はいずれも、日航が09年12月までに撤退した。

 また、今年10月以降の羽田空港の発着枠拡大に伴い、
台北便(週14往復)を新規就航し、チャーター便で週7~14便運航している韓国・金浦(キムポ)、北京、上海の3路線は週14~21便の定期便とする。

 この結果、10年度の国際線の事業規模は前年度比11・2%増と2年ぶりに増加に転じる。国内線は3・7%減と3年連続で減少する。

(2010年1月27日19時38分 読売新聞)


【台湾ニュース】台湾の「カワイイ教祖」レイニー・ヤン

2010年01月27日 14時36分12秒 | 中華民國 ニュース


ヴィック・チョウがおでんの宣伝


F4のヴィック・チョウは25日、台北でコンビニエンスストアのおでんのキャンペーンキャラクターとしてイベントに登場。

商品名は「関東煮」。





日本大好き、台湾の「カワイイ教祖」レイニー・ヤン、今度は花王の新TVCMを歌う



 


2010年1月、台湾のトップアイドル歌手で「日本大好きっ子アイドル」「可愛教主(カワイイ教祖)」としても知られるレイニー・ヤンが、今月の日本語シングル「曖昧」発売に続き、JUJUらアジアの歌姫とともに結成された音楽ユニット「The Asian Beauties」でプレミアムヘアケアブランド 花王「アジエンス」の新TVCMの楽曲を歌っている。JUJUの歌う日本語バージョンのCMは23日から全国でオンエア開始、熱い視線を浴びている。またレイニーが歌う北京語バージョンは2月1日から台湾でオンエア予定。

「The Asian Beauties」とは、アジエンスが展開する「アジアンビューティ2010プロジェクト」の一環として、世界を舞台に挑戦している美しいアジアの歌姫6人から構成される特別結成のオリジナル音楽ユニット。 日本からのJUJU(ジュジュ)のほか、Jaime Fong (ジェイミー・フォン=香港)、 JiaqingWei (ジアチン・ウェイ=中国)、MINT(ミント=タイ)、Olivia Ong(オリビア・オン=シンガポール)と並んでレイニーが参加している。


中華圏を中心にアジアの若い女性から絶大な支持を受けているレイニーだが、今月発売の初挑戦した日本語シングルは、「2005年に台湾で大ヒットし、台湾だけで30万枚のセールスを記録した」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)というレイニーの代表曲「曖昧」の日本語バージョンと「恋の魔法」。甘く切ないバラードの「曖昧」は絶品とされるが、日本で撮影した日本オリジナルジャケットも見逃せない。3月には北京語曲も収録したフルアルバムを発売予定という。


101万元消費条件の会員制VIPクラブ登場

26日付の台湾紙『中国時報』によると、台北101ビルで1度に101 万元を消費できる財力が入会資格という会員制VIPクラブ「台北101クラブ」が登場した。地下2階の会員専用特別駐車場から、専用エレベーターで上層階のクラブルームへ向かうことができる。6000 万元をかけた200坪のクラブルームには、著名なモダンアート作品が展示されているほか、600 万元もする高級音響機器があり、セレブ気分を堪能できる。会員は男性が4割で、電子、金融業界などに従事する人たち。クラブは昨年9月、ショッピング1回当たり50 万元を資格条件に会員募集して800 人を集めたが、この3月からは条件を101 万元に引き上げて200 人を集めるという。




台中のデパートのトイレが観光スポットに!


行政院環境保護署は26日、「およびトイレ評定」で優れた成績を収めた団体を表彰。ここで最も注目されたのは台中の中友百貨店。

同百貨店では、台湾元4000万元近い資金を投じ、店内に17箇所あるトイレにそれぞれテーマを与え、海底をイメージしたものや森林をイメージしたものなどユニークなデザインを施した。このトイレは、同デパートの特色としてイメージアップに一役買っているほか、一部の旅行業者はさらに観光スポットとして紹介。

トイレの休憩エリアではその快適さから、本を読んだり、スナックを食べる人もいるという。関係者によると、週末にはこのトイレを使おうという人でしばしばトイレが満員になる他、一部ではここを背景に結婚写真を撮ろうとする人もいて、デパート側を驚かせている。





「チャイナを失った男」蒋介石の伝記、初の“翻訳モノ”発売が大反響―中国



2010年1月24日、台湾紙・中国時報によると、英国の著名な作家ブライアン・クロージャー氏が30年以上前に書いた台湾の(しょう・かいせき)に関する伝記が、近く中国本土で発売されることになった。中国新聞網が伝えた。

原書のタイトルは「中国を失った男~蒋介石に関する初の完全な伝記」で、1976年に出版された。本土でも研究者向けに原書が輸入されたことはあったが、今回は中国語翻訳版。外国人が蒋介石に関して書いた伝記が中国語に翻訳され、本土で一般向けに販売されるのは、今回が初めてだ。


今月初めの北京ブックフェアでお披露目された際は、大変な反響を呼んだ。本土の専門家の多くは、「蒋介石の一生を冷静に客観的に考察した」と評価しているという。中台交流の活発化に伴って、本土側の見方も徐々に客観的になってきており、昨年、建国60周年を記念して制作されたドラマ「建国大業」でも、蒋介石や国民党が実に客観的に描かれていた。

本土の出版関係者は、「これを機に、欧米の作家が書いた蒋介石父子に関する伝記が相次いで出版されるかも知れない。こうした動きは中台の交流にプラスの作用を及ぼすことは間違いない」と話している。




各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 

【台湾ブログ】明治神宮に初詣、日本正月の思い出

2010年01月26日 19時50分41秒 | 各国ブログ
【台湾ブログ】明治神宮に初詣、日本正月の思い出



日本に滞在中の台湾人男性・正太(ハンドルネーム)が、初詣を体験。その思い出をブログにつづった。

  台湾で新年を迎える時は「夜遅くに外に出るより、家の中で暖かく過ごした方がいい」と思い、カウントダウン・イベントなどに参加したことがなかった、という正太。2009年の大みそか、初めて外で過ごしたそうだ。

  「日本正月の初詣はビッグイベント。だから僕は明治神宮への参拝を決めた」という正太は、“夜10時に行っても、人が多くて12時の参拝は無理”という知人の話を参考に、夜8時には原宿駅に着き万全の態勢で張り切ったという。「境内には屋台がたくさんあり、お祭り気分で楽しい!9時頃から列に並んだが、ものすごく寒かった。退屈だったのでPSPで遊んで時間つぶした」そうで、「11時頃には人が多くなり、熱気を感じた」という。

  11時45分にPSPをオフにして、カウントダウンの準備。「カウントダウンを始め、終わった時に太鼓の音が鳴り始め、2010年になった!その瞬間、みんなは一斉にコイン投げ。それはお賽銭と言って神社へ備えるお金だが、コインが飛ぶのを初めて見て驚き、当たって怪我人が出ないのだろうか」と、心配になったそうだ。

  そして気づいてみると、身動きがとれないほどの人混みになっており「こんなに大混雑する場にいるのは、生まれて初めて。警官が出動し、誘導する光景が目に映った」という正太は、お守りと絵馬を買い、おみくじを引いて初詣を満喫したそうだ。

  「帰りには日本の習慣の年越しそばを食べ、甘酒を飲んだ。お酒を飲まない僕だが、甘酒はもち米が入っていて甘くておいしい!」と日本の味も楽しんだ正太。「門松に鏡餅、お正月にしか見られない飾りがあり面白かった。そして、嬉しかったのは年賀状!ポストに3通入っていたが、僕の人生初の年賀状になった」とブログを締めくくった。台湾とはひと味違った新年を体験し、感激したそうだ。




【台湾ブログ】日本航空…日本の神話が破滅!

日本を代表する航空会社・日本航空の経営破たんのニュースは、世界中を駆け巡った。日本の時事に関心を持つ40代の台湾人男性・Pan(ハンドルネーム)は、残念な思いをブログにつづっている。

  「世界中の人に愛された日本航空が、近代の航空自由化から敗退。日本一を誇っていた神話の終えんを迎えた」と嘆くPanは、何度も日本航空の便を利用した経験を持ち、地元台湾の中華航空と比較していたという。「日本航空のカウンター職員や乗務員は、美人で気品がある。気軽に声をかけられない優雅さがあると感じていた」そうだ。

  「政府が半分経営しているような日本航空が、破産を宣告したなんて想像しづらい。だが先進国・日本は人件費が非常に高く、こんな状況に陥った原因として削減が難しい人件費の影響が挙げられると思う」と分析したPanは、全盛期の日本航空の乗務員は出勤時に専用車が送迎していたことや、操縦士の年収の高さを指摘した。

  「今後は日本航空の影響を受け、欧米や日本の航空会社も財務危機に陥るだろう」と述べたPanは、「ますますブラックホールに落ちていく」と懸念している。そして、“僕なりの3つの結論”として「欧米や日本の高所得・高福利の時代は消滅、地球は丸いので能力があればどこにいても波に乗れる、東洋の風は西洋の風に圧倒的に勝っている」と挙げたPan。「中国のすべての業界が勢いよく成長中。年間150機の大型ジャンボ機を購入できる中国は、まるでジンギスカンのようだ」とブログを締めくくった。



各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 



【台湾ニュース】>「バカ殿」出演の台湾人が一夜にして「売国奴」に

2010年01月26日 19時19分29秒 | 中華民國 ニュース

「バカ殿」出演の台湾人が一夜にして「売国奴」に、声明を発表

 2010年1月7日放送のフジテレビ「志村けんのバカ殿様 初笑い!時代劇スペシャル」に出演した台湾のマジシャン劉謙氏に対し、バカ殿と天皇とを誤認した中国ネットユーザーから「天皇に跪(ひざまず)いた」との批判が殺到した事件で、中国のさまざまなメディアが続報を報じている。

 事件のいきさつは25日、中国メディア「環球網」の掲示板に番組のキャプチャーとともに「劉謙氏が天皇に跪いた」とする書き込みが寄せられたことがきっかけだ。書き込みはさまざまな掲示板に転載され、誤認を鵜呑(うの)みにした中国人ネットユーザーから批判が殺到、中国の各ネットメディアもその様子を相次いで取り上げる事態となった。

 これに対し、成都商報は26日、「劉謙氏が天皇に跪いた?実はただのテレビ番組だった」と題する記事を掲載し、もっともホットなマジシャンが一夜にして「売国奴」のレッテルを張られたと報じる一方で、誤解であることを報じた。

 また、〓湘晨報も「翻訳ミスが招いた誤解だ」とする記事を掲載した。記事では事件のいきさつを紹介した上で、テレビに表示された字幕には『天皇』という言葉は一切使われていないが、掲示板に書き込まれた際、題名に天皇という言葉が使われたことによって誤解が生じ、ネットユーザーからの批判が殺到したとしている。(〓はさんずいに「粛」)

 また、劉謙氏は今回の騒動に対して声明を発表し、「殿とは城主を意味する言葉だ。また、(バカ殿は)江戸時代を背景としているため、膝をつく座り方が当時の日本の基本的な座り方であり、番組上の演出である」としたほか、記事では翻訳のミスによって生じた誤解であるとしている。(



校内賭博で未成年者10人以上を逮捕

警察局は台北県・市の約10の私立公立の専門学校、高校、中学で校内賭博の捜査を行った。10数人の学生が中心となって校内賭博を行っていたとして逮捕され、全員が未成年だった。芸能人の息子も関わっていたことから話題となり、今回の捜査に踏み切った。各校2、3人が中心となって、クラスメイトやインターネット会員などを対象にネズミ講式に賭博の利益を得る方式。インターネットを利用し、多いときは2000万元、毎月平均500万元を不法で得ていた。台湾、日本、外国などのスポーツを対象に賭博を行っていたとみられる。



台湾初のウィスキーが、スコットランドの品評会でグランプリに

台湾金車酒荘が2008年12月に発売した初の台湾産ウィスキーが、スコットランドで開催されたウィスキー品評会で高い評価を得てグランプリに輝いた。品評会にはイギリス産の4銘柄のウィスキーも参加していたが、銘柄を明かさずにティスティングするブラインドティスティング方式で行われた。台湾原住民カバラン族にちなんだシングルモルトウィスキーで、琥珀色が美しく胡蝶蘭の香り、蜂蜜・洋ナシ・バニラ・チョコレートのような味とマンゴーのフルーティーな口当たり。イギリスの新聞タイムズ紙もこれを写真入りで伝えた。





各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 







【台湾ニュース】「バカ殿」に出演した台湾人、中国から「天皇に跪いた」と非難殺到

2010年01月25日 20時45分41秒 | 中華民國 ニュース



高雄MRT通勤利用はわずか6.6%

高雄市政府主計処が去年1500戸の家庭を対象に、高雄MRTの利用状況についての調査を行った。78.3%が乗車したことがあり利用目的は買い物、旅行などが最も多く、通勤目的はわずか6.6%に留まった。高雄MRTは開通以来、利用者が少なく乗車率が低いことから平日の平均乗車率アップのため、今後通勤時間帯の優待価格を設けたり、駅へのシャトルバス運行を検討したりするなどしている。



旧正月のタクシー代、通常料金に上乗せ20元から85元

タクシー労働組合は旧正月期間中の各地域の特別料金(メーターに表示される料金にプラスして支払う料金)を決定し、各地方政府交通局に申請した。台北県、市、基隆では11日から21日までの11日間20元増し、夜間は40元増しとなる。高雄県、市では12日から18日まで50元増し。台中県、市は上乗せ料金が最も高く13日から18日まで85元増しとなる。



81%の企業で賞与発給、平均1.73カ月分

人材サービス会社1111によると今年賞与を発給した企業は81%で、平均賞与は1。73カ月分だった。去年より0.26カ月分上昇した。医薬・農産・牧畜業・貿易流通業・製造業などが多く、不動産業界が平均1.93カ月分と最も多かった。次いで貿易流通業は平均1.88カ月分で、教育・公職は最も低く平均1.27カ月分だった。


高齢化はアジアで日本に次いで2位

内政部の最新統計によると、台湾の昨年末における総人口は2312万人で、前年比8万2741人増えた。そのうち65歳以上の高齢者が占める割合は10.63%で、高齢者指数(高齢者人口÷幼年人口)は65.05%となった。過去10年で高齢者の割合は2.19%上昇し、高齢者指数は25.65%増えた。いずれも過去最高で、アジアで日本に次いで2位となった。


行政院で公共の場における授乳条例案可決

行政院はこのほど院会で、公共の場における授乳条例を可決した。政府機関、公営事業、鉄道の駅、空港ビル、MRTの乗換え駅、デパートなど一定面積以上の公共の場に授乳室設置を明確に定めるとともに、女性が公共の場において授乳することを保障する。今後、立法化へ動き出す。同条例は、地方自治体が公共の場に授乳室の設置などの責任を規定している。既に台北市政府は11日、全国に先駆けて4月1日から、女性が公共の場所で授乳する権利を保障した条例を昨年末に公告したことを明らかにしている。


. 台湾大 アジア初の動物がん医学研究センター 

台湾大学に今月14日、アジア初の「動物がん医学研究センター」が設立された。同大の獣医専業学院(学部)のほか医学、農学、生命科学、歯学などの学部が協力し、ペットの犬や猫を中心に総合的な動物のがん治療・研究を進める。劉振軒・獣医専業学院長は「今後の研究の成果を人間のがん治療に役立てたい」と語った。

 台湾も10年ほど前からペットを飼う人が急増しており、家族の一員としての意識は高まっている。ペットの犬や猫は台湾で約150万匹。寿命は1930年の7歳から13歳と高齢化し、がんの発症率が高まっている。

 同大動物病院には犬と猫が年間約2万8000匹来院し、そのうち約1800匹が「がん患者」だという。




「バカ殿」に出演した台湾人、中国から「天皇に跪いた」と非難殺到

 2010年1月7日放送のフジテレビ「志村けんのバカ殿様 初笑い!時代劇スペシャル」に台湾のマジシャン、劉謙氏が出演した。これに対し、中国のネットメディア「環球網」の掲示板には、劉謙氏が出演したシーンのキャプチャーとともに「日本の番組で劉謙が天皇に跪(ひざまず)く」と題する書き込みが寄せられた。

 書き込みでは、「劉謙氏は天皇に跪いたほか、幼少の頃から殿のファンだったと語った。劉謙氏の悪劣極まる行為は13億の中国人民の感情を傷つけた」とし、劉謙氏を中国大陸から全面的に締め出すべきだとした。

 掲示板に書き込んだ中国ネットユーザーは、バカ殿を演じる志村けん氏は「天皇陛下」を演じていると勘違いしているほか、「殿=天皇」であると誤認していると見られる。この書き込みは中国共産党機関紙である環球時報のウェブサイト「環球網」のトップページの目立つ場所にリンクされているため、大きな注目を集め、今後も大きな波紋を呼ぶことは必至と見られる。

 中国のネット上の意見を見ると、「中国人は劉謙氏を排斥(はいせき)すべきだ」など、掲示板に書き込まれた内容を鵜呑みにした反応がほぼすべてを占めていた。





各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース  
 








【台湾ニュース】欧陽菲菲さんが台北アリーナで公演

2010年01月25日 05時59分43秒 | 中華民國 ニュース

ジャイアント自転車董事長、今年はオランダへ


世界的な自転車メーカー、「ジャイアント」の劉金標・董事長は昨年、中国大陸の北京-上海1668キロを走破。

今年はオランダで走る自転車交流が目標。







欧陽菲菲さんが台北アリーナで公演



欧陽菲菲さんが23日夜、台北アリーナでコンサートを。

スタートが45分遅れるというハプニングに謝りながらも渾身の熱唱でファンを喜ばせた。





李登輝元総統「無私の精神養成」 3月に指導者塾、本土派結集模索?

台湾の李登輝元総統は22日、産経新聞のインタビューに対し、次代の台湾の担い手を養成するための指導者養成塾を3月に開設すると語った。塾生を20人に絞り、「自由、民主、人権の価値観」を土台に、指導者に不可欠な「高度な知恵と判断力、無私・無我の精神養成」をめざす。そのために自身の12年の施政経験を踏まえた政治・経済講座に加え、「日本の武士道精神養成や、禅、囲碁の修行を取り入れる」という。

 李元総統は昨年9月の訪日前にも記者にこの構想を語っていた。当時、台湾は台風災害で、馬英九政権の救援活動の不手際、危機管理能力の欠如に世論の批判が集中していた。「指導者には政治、経済などの専門知識はもとより、危機に動じない精神力や決断力、使命感が不可欠」(李元総統)とのことだった。

 その構想が半年で具体化することになった。塾の講師には、台湾の神学院院長、禅協会会長、囲碁の先生らを加え、塾生に座禅や托鉢(たくはつ)などを体験させる予定だ。

 李元総統自身は、自らの任期中の中台危機(1996年)、アジア金融危機(97年)、台湾中部大地震(99年)などの経験をもとに、危機管理や内政運営策などを講義する。毎週土曜、計52日364時間を予定しているという。

 台湾では、中国国民党の馬英九政権の支持率が低下し続けている。台湾の月刊誌「遠見」の世論調査(21日発表)では、政権への満足度(支持率)は23・2%、不満足(不支持)は66・3%にのぼった。

 対する野党第一党の民進党は、昨年末の統一地方選、1月の立法委員(国会議員)補選などで連勝し党勢を挽回(ばんかい)しつつあるが、議席は3割にみたない。女性党首の蔡英文主席の評価は上昇しているが、蘇貞昌、謝長廷の両元行政院長(首相)ら「四天王」と称される有力者が林立しており、結束力を欠いている。

 こうした中、年末の台北市など5大都市首長選、2012年の総統選に向けた李元総統の動静に関心が高まりつつある。

 李元総統はこれについて明言を避け、「私の立場で台湾政治を直してみたい」と述べるにとどめたが、現在の二大政党の枠組みを超えた台湾本土派の結集、連合の道を模索しているもようだ。




★  ・・・台北に「殴られ屋」 





各国ブログ紹介 京都ニュース 中国ニュース 大山ニュース