Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

村主章枝の“全裸ヌード”に、フィギュア界から大ブーイング!

2016年05月03日 06時29分42秒 | 国内ニュース















 2002年ソルトレイクシティ、06年トリノの五輪2大会で上位入賞したフィギュアスケーターの村主章枝が、「週刊ポスト」(小学館)誌上に初のセクシーグラビアを掲載。このための食事制限とトレーニングに励んだという肉体をセミヌードで披露したが、スケート関係者の間では、かなりヒンシュクを買っているという。

「この世界は、プロは別として、アマチュア競技の原点がヨーロッパ貴族の娯楽ですから、選手に高潔さを求める傾向が強いんですよ。なので、元選手であっても、ヌードグラビアには反感を持つ関係者が思った以上に多いです。ぶっちゃけ、女子選手をエロ目線で見られることに強い抵抗を持つのが、日本スケート連盟ですから」とスケート競技に携わる関係者。

「村主の場合、現役時代にも周囲の反対を押し切ってグラビアに出たことがあり、もともと関係者から反感を買っていました。いまだにそういうのを根に持って、村主を嫌っている女性関係者は、延々とネットの掲示板に悪口を書いていたりするほど」(同)

 確かに、フィギュアスケートでは美しさを見せる一方で、過剰に肌を露出するような衣装の着用を厳しく禁じている。最近多用される素肌色のストレッチ生地も、その“抜け道”みたいなもの。それでもルールで「裸を連想させないこと」と規定されている。

「実際に減点となった例は聞きませんが、女性のジャッジにセクシー路線を嫌う傾向があるのはよく知られていて、下品なものは採点に影響があるといわれています」と関係者。

 かつて安藤美姫が赤いブラジャーをシースルーの上着で覆った大胆なコスチュームで話題になったこともあったが、これは公式試合ではなく、エキシビションだった。

 村主は14年11月に引退、現在は振付師をしながらプロスケーターという立場なので、今回のグラビアに問題はないはずだが、関係者は「気持ちの問題ですから、連盟は彼女を遠ざけると思う」という。

「例えば連盟が絡んだ何かの式典などに『村主を呼ぶのはやめよう』となったり、テレビ番組などで『村主が出る番組なら、選手を出演させない』と共演NGが出されたりすることは考えられます」(同)

 現役時代、氷上のアクトレス(女優)と呼ばれた村主は、1学年下で金メダリスト荒川静香のライバルとして知られた。全日本選手権では何度も激闘を繰り広げ、ソルトレイクシティ五輪でも荒川を破って代表枠を争い初出場を決めたが、逆にトリノ五輪では荒川に金メダル獲得で先を越され、自身は4位入賞に終わった。その後は3度目の五輪出場を目指して現役を続けたが、成績は振るわず、33歳で引退している。

 人気選手の荒川と常に対峙していたことに加え、気が強く、さらにホストクラブにも通う奔放な一面などから“アンチ”も増えた。ネット上では彼女の中傷が延々と続いていたりするのだが、引退をTwitterで報告したとき、選手や関係者からの返信コメントがまったく見られないなど、内輪でも敬遠されている感はあった。

 村主と10年ほど前から付き合いがあるという飲食店経営者によると「品行方正なタイプじゃないけど、友達として付き合うと、下ネタでもなんでもぶっちゃけて話せるし、気取ったところがないから、ネットで言われるほど性格悪いなんてことはない」とかばうが、ライバルの荒川がいまや連盟の副会長というのとはあまりに対照的で、そう考えると今回のセミヌードグラビアは、そんな傾向をダメ押しする可能性はある。

 しかし、男性ファンからは35歳でのグラビアは意外に評価が高く、「第2弾を期待したい」という声も上がっている。巨乳キャラでタレント活動する浅田舞の例もあるだけに、いっそのこと本業を“冷たい”世界から移してみるのもアリかもしれない。



ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 指原莉乃の熱愛記事をスクー... | トップ | ロシアの愛国バイク集団、ポ... »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事