Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

保阪尚希 7歳の誕生日3日後に両親が自殺

2018年02月17日 06時35分39秒 | 国内ニュース



俳優・保阪尚希(50)が16日、TBSで放送された「金スマSP」に出演。7歳の時、両親が自殺したことなど、壮絶な過去を明かした。

 サラリーマンだった父、主婦だった母、4歳下の妹、祖母の5人暮らし。保阪は「すごい教育ママだった」母親のもと、英語、ピアノ、エレクトーン、そろばん、習字、器械体操など多くの習い事をし、幸せに暮らしていた。しかし、7歳の誕生日を迎えた3日後の1974年12月14日、両親が自ら命を絶った。メディアでは無理心中などと報じられた。

 いつもは両親、保阪が2階で寝ていたが、その日だけは、父親から「尚希はきょうはおばあちゃんの部屋(1階)で寝なさい」と言われたという。翌朝、目が覚めると、玄関に「同じ革靴がぶわーっと脱ぎ捨てられてて」と多数の警官が自宅に駆け付けており、祖母が質問攻めにあっていたという。

 保阪と当時2歳半だった妹は、親戚のおじ宅に連れていかれたが、「何も分からない。急すぎて。(当日の)記憶がないんです」「記憶を消したのか覚えてないのか、そこだけ記憶が断片的なんです」と振り返った。葬儀の後、保阪は「1人で生きていく」と誓ったという。

 その後、祖母との3人暮らしが始まり、保阪は極力、祖母に迷惑をかけまいと、料理、家事を自分でやっていたという。しかし、両親の死から2年後、9歳の時に祖母が脳いっ血で倒れ、半身不随になってしまう。

 その時、いち早く駆けつけた叔母が発したのが「あんたが迷惑かけるからよ」という非情な言葉だった。わずか9歳だった保阪だったが、この時、「1日でも早く自立する、1円でも稼ぐ仕事をする」と誓ったことなどを明かした。

ジャンル:
芸能
この記事についてブログを書く
« 女性専用車に男性3人居座り... | トップ | 特養入所17人が骨折や打撲... »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事