Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

二階堂ふみ『リバーズ・エッジ』のフルヌードで観客を魅了

2018年03月17日 08時57分13秒 | 国内ニュース

下着姿も迫力!! 

フルヌードの二階堂ふみ 


その3 


その4 


その5 

その6 


その7 


「昨年の試写会時、二階堂のヌードシーンに関して一部ネットメディアが言及したこともあり、配給元は週刊誌記者の試写会参加を拒否するなど、異例の厳戒態勢だった」(映画雑誌ライター)

 人気女優・二階堂ふみ(23)が、2月16日に公開した最新主演映画『リバーズ・エッジ』でフルヌードを披露している。

 映画監督で俳優の榊英雄氏(最新作『生きる街』が3月3日公開)は、自身の監督デビュー作品のオーディション時、彼女に強い印象を持ったという。

「12歳の彼女は数百人の中でも、すでに圧倒的にオーラが違っていました。この作品ではご一緒できませんでしたが、『リバーズ・エッジ』は企画段階から彼女も関わっていたと聞いています。まさに彼女自身本気の企画で、覚悟の演技を披露されたのでしょう」

 以前から演技について「リアルだから出せる空気や息づかいは確実にあると思っています。自分がやれる限りのことはやりたい」と語っていた二階堂。

 原作・岡崎京子という “青春漫画の金字塔” の実写化に挑む “覚悟” を、映画批評家の前田有一氏はこうみる。

「二階堂演じる主人公の女子高生ハルナは、どうしようもない彼氏(上杉柊平)とのホテルでの事後、ベッドを出て後ろ姿を見せます。お尻もバストトップもきれいなボディラインで観客をも魅了。ピンと背筋を伸ばした静かな座り姿勢は非常に美しかった」

 体当たりは、これにとどまらない。

「濡れ場で印象的なのは、川沿いの藪の中での青姦場面です。気持ちは彼氏から離れているのでセックスには無反応ですが、彼を受け入れ、野外で美巨乳が揺れ動く様子が映し出されます。この映画の二階堂のヌードシーンには、静と動のふたつの見せ場があるのです」

ジャンル:
芸能
この記事についてブログを書く
« 世界の生活コストランキング... | トップ | “湘南色”JR車両 関東で引退 »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事