Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

【台湾ブログ】台湾で小林幸子のコンサート

2010年01月30日 12時32分43秒 | 各国ブログ
【台湾ブログ】22歳の女子大生、小林幸子の歌に酔いしれる


日本の演歌の女王・小林幸子が、1月16~17日に台北国際会議中心でコンサートを開催した。プライベートでは何度も台湾を訪問しているという小林だが、コンサートを行うのは初。また女性演歌歌手の台湾コンサートは初めてで、“あの紅白の衣装が初めて海を渡る”ということも話題になり、大注目を浴びた。

  「子どもの頃から日本の演歌が大好き」!
とブログにつづっているのは、なんと22歳の女子大生・小新。「流行のポップソングも聴くけれど、心を落ち着かせたい時に聴くのは演歌」という小新は、あこがれの小林幸子の公演を見に行き、感想を述べている。

  「今一番好きな演歌歌手は、小林幸子さん。小林さんの歌声は人々を魅了するが、もっとすごいのは紅白歌合戦の衣装。華麗な衣装で観客を楽しませる小林さんは、本当に素晴らしい歌手だ」という小新は、台湾コンサート開催のニュースを聞き、一番高い席のチケットを購入。「コンサートの日がどんなに待ち遠しかったことか。開演1時間前に会場に到着した私はCDを買って張り切っていたが、周囲を見てビックリ!座っているのはおじいちゃんとおばあちゃんばかりだったのだ。観客3000人の中で自分が一番若い、と感じた」そうだ。

  衣装をはっきりと見るために、6列目の席に座ったという小新は小林が歌った曲目を記憶し、ブログに載せている。ファンとデュエットしたり、テレサ・テンの曲を歌うなど、台湾ならではのパフォーマンスがあったようだ。

  「コンサートを見ることができて、本当に嬉しかった」と感動した小新は、「演歌のコンサートが台湾で見られるなんて、夢の中にいたような気分。衣装がきらびやかなだけではなく、小林さんは一曲ずつ心をこめて丁寧に歌い、ステージに立つ姿は華麗だった。観客全員が、小林幸子の歌の世界に連れていかれたと思う。素晴らしいコンサートだった」と絶賛。歌手生活45年の小林が観客に感謝し思いやる気持ち、紅白の一曲のために、半年以上かけて衣装を準備するその努力に感服したそうだ。そして「小林幸子は演歌の概念を変えた」と力説。「“着物姿で悲しい曲を歌うのが演歌”というイメージだったが、彼女はそれを変えた。成功者の小林さんは、私のような新世代の若者の心もつかんだ。
私の同世代、そしてもっと若い人たちも、演歌の魅力に気づいてほしい」と文を結んでいる。
ジャンル:
芸能
この記事についてブログを書く
« 【台湾ニュース】台北国際ブ... | トップ | 「バカ殿騒動」の台湾人がブ... »
最近の画像もっと見る

各国ブログ」カテゴリの最新記事