Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

第3便149人帰国 10人搬送

2020年02月01日 | 埼玉県
 


中国の湖北省武漢での新型のコロナウイルスの感染の拡大を受けて、現地からの帰国を希望する日本人を乗せたチャーター機の第3便は31日午前、羽田空港に到着しました。

関係機関によりますと、10人が体調不良を訴え、空港から医療機関に搬送されたということです。

中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、帰国を希望する日本人149人を乗せた、政府のチャーター機の第3便が31日午前10時20分ごろに羽田空港に到着しました。

厚生労働省によりますと、チャーター機にはサーモグラフィーを持ち込んで医師や看護師も配置し、機内で発熱やせきなどの症状がないか確認したということです。

また全日空によりますと、感染の拡大を防ぐため一連のチャーター機では初めて客室乗務員が防護服を着て乗務したということです。
帰国した人たちは、羽田空港のターミナルビルとは別の場所にある「第2ターミナルサテライト」と呼ばれる場所で、入国手続きを行いました。

関係機関によりますと、このうち10人が体調不良を訴えて、空港から医療機関に搬送されたということです。

症状がみられなかった人たちは、政府が用意したバスで別の医療機関に移動しウイルス検査を受け、夕方までにバスで埼玉県や千葉県にある宿泊施設に向かいました。

埼玉県和光市の国の施設が入る敷地には、31日午後5時ごろから、チャーター便で帰国して、医療機関で検査を終えた人たちを乗せた大型バス4台が相次いで到着しました。

バスにはマスクをつけた人たちが乗っていて担当者に誘導されながら敷地の奥へと入っていきました。

到着した人たちはこの敷地の中にある、厚生労働省の関連施設、「国立保健医療科学院寄宿舎」に滞在するということです。

千葉県柏市にある「税関研修所」には午後4時すぎ、東京・新宿区の医療機関での検査を終えた人を乗せたバス2台が到着しました。
バスから降りた人たちはスーツケースなどを引きながら研修所の中に入っていく様子が確認できました。

東京・新宿区の国立国際医療研究センターでは、武漢から帰国したあと検査を終えた人たちが夕方までにバスで病院を出ました。
車内の人たちはマスクをつけ、疲れた様子でした。

NHK
 


保護直後の家出少女誘拐か 逮捕

2020年02月01日 | 埼玉県
 


SNSで知り合ったとみられる家出願望がある越谷市の女子高校生を誘い出して自宅に連れ込んだとして、滋賀県の26歳の男が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。

今月23日には、この生徒を同様の手口で自宅に連れ込んだとして、横浜市の別の男が逮捕されていて、警察が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、滋賀県野洲市の会社員、福谷勇希容疑者(26)です。

警察によりますと、福谷容疑者はSNSで知り合ったとみられる、越谷市に住む高校3年の女子生徒が家出願望があることを知り、「滋賀まで来る覚悟があるなら家においで」と電話で誘い出し自宅に連れ込んだとして、未成年者誘拐の疑いがもたれています。
警察の調べに対し容疑を認めているということです。

今月24日に生徒の母親から「娘がいなくなった」という相談を受けて、警察が防犯カメラの映像などを調べたところ、福谷容疑者の自宅にいることがわかり、きのう保護したということです。

今月23日には、この生徒を同様の手口で誘い出して、自宅に4日間住まわせたとして、横浜市鶴見区の会社員吉野光夫容疑者(26)が逮捕されています。

警察は吉野容疑者の自宅から生徒が保護された直後に福谷容疑者と連絡を取ったとみて、詳しいいきさつを調べています。

NHK


当面、過去2週間以内に湖北省滞在歴ある外国人の入国を拒否=首相

2020年02月01日 | 国内ニュース



[東京 31日 ロイター] - 安倍晋三首相は31日午後、首相官邸で開かれた第3回新型コロナウイルス感染症対策本部で、「当分の間、入国の申請日前14日以内に湖北省における滞在歴がある外国人、または湖北省発行の中国旅券を保持する人は特別な事情がないかぎり入管法に基づき入国を拒否する」と述べた。


成田空港で入国拒否の貼り紙 湖北省滞在歴ある外国人に

2020年02月01日 | 国内ニュース




 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっていることを受け、入国制限が1日から始まるのを前に、成田空港の入国審査場では31日深夜、14日以内に中国湖北省の滞在歴がある外国人は「日本に入国することができません」と、中国語などで記した貼り紙が掲示された。

 東京出入国在留管理局成田空港支局によると、三つある旅客ターミナルビル内の審査場の、すべてのブースに貼り出した。対象の旅客は、湖北省発行の旅券を持つ外国人とともに、原則として退去命令が出されることになるという。

 この措置を受けて、日本航空は1日以降、海外のすべての就航地の空港で、搭乗客に入国制限があることを伝え、該当する旅客には搭乗を取りやめるよう求めるとしている

朝日新聞


ヒトメタニューモウイルス感染か 5人死亡 徳島県

2020年02月01日 | 国内ニュース




徳島県阿波市の高齢者施設で「ヒトメタニューモウイルス」に感染したとみられる入所者5人が死亡していたことがわかった。

徳島県によると1月22日、阿波市内の高齢者施設から「感染症とみられる症状を訴える入所者がいる」との連絡が保健所にあった。

1月28日の時点で、入所者78人中36人が症状を訴え、そのうち80歳代から100歳代の5人が死亡、入院している人が8人、施設で療養中の人が23人いた。


保健所が調べた結果、17人からヒトメタニューモウイルスが検出され、このウイルスによる集団感染が発生したとみられるという。

県によると、31日現在、入院している人が5人となり、感染は沈静化に向かっているという。
ヒトメタニューモウイルスは、乳児や高齢者に見られる感染症で、2月から6月にかけて感染者が増える傾向にある。


日テレNEWS24


ヘンリー王子夫妻の王室離脱が、キャサリン妃に与えている深刻な影響とは

2020年02月01日 | 世界のニュース



英王室の主要メンバーから離脱するというヘンリー王子とメーガン妃の決断が、王子の兄ウィリアム王子と父チャールズ皇太子にとってつらいことだったのは間違いない。だが、ヘンリー王子の義姉であるキャサリン妃も、この問題で大きな影響を受けているという。

以前は「妃は信じられないほど傷ついている」と伝えられていたが、実際のところ、キャサリン妃は仲の良かったヘンリー王子が身近にいなくなったことが、「寂しくて仕方がない」のだそう。

『USウィークリー』誌に情報を提供した関係者によれば、キャサリン妃はカナダに渡ったヘンリー王子のことを、本当に心配しているという。そして、かつてのような親しい関係ではいられなくなるのではないかと、涙を流しているとのこと。

さらに、ヘンリー王子夫妻が不在となった今、キャサリン妃は重い公務の負担に対応しなければならず、そのストレスで疲れ切っているそう。ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子という3人の子を持つ妃が、新たな環境に適応していくのはなかなか難しいことなのかもしれない。

この関係者はまた、次のようにも述べている。「キャサリン妃には、ほとんど休む間がありません。眠ろうとしても、常にいろいろな思いが頭のなかを駆け巡るのです」「過剰な公務の負担で、すでにパンク寸前です。家庭生活もあるうえに、さらに公務が増えたため、それらをどのように調整していくかということについて、本当に不安を感じています」

また、ヘンリー王子夫妻が王室からの離脱を表明して以降、キャサリン妃とメーガン妃の関係は悪化する一方だそう。この関係者によれば、2人は「すっかり遠ざかってしまっている」という。

有効な解決策などなさそうにもみえるこの問題。英王室の苦悩は、一体いつまで続くのだろうか……。

コスモポリタン


今なお武漢に残る日本人 「異常な状況」と現状語る

2020年02月01日 | 中国



3回にわたるチャーター便で565人が帰国した一方で、武漢市内に今もなお残っている日本人男性がいます。現在の武漢の様子について31日午後、話を伺いました。

 華中農業大学・津田賢一教授(44):「華中農業大学という所に勤務先があって大学内に住んでいます。(大学内の)家から勤務先に移動する時もほとんど人を見かけない状態ですね。相当、異常な状況ではありますね」

 こう語るのは、研究機関が集まる地区の大学で食物免疫学を研究している津田賢一教授です。武漢市は1週間前の23日に公共交通機関がストップしました。

 長江の南、武昌地区にある比較的新しいショッピングエリアには人が全く行き交っておらず、店も閉まっています。一方、スーパーでは、買い物客の行列ができていました。レジは1時間待ちの状態だということです。この翌日、24日からは津田教授のもとに、こんなメールが届くようになりました。

 華中農業大学・津田賢一教授:「大学外には出ないというのと大学外から学内には入らないという通達は来ています。安否確認も毎日」

 大学構内にウイルスが入らないよう、万全の態勢が取られているといいます。

 華中農業大学・津田賢一教授:「この大学門が4つぐらいあって、そのうち3つは完全に閉鎖されていて、1つが10人ぐらいのセキュリティーの態勢で体温検査ですね。IDチェックもしている感じです」

 大学の春節休みは来月10日までですが、再開の見通しは立っていません。

 華中農業大学・津田賢一教授:「(Q.武漢に残ろうと決めた理由は?)僕は中国人の学生を面倒見る立場なので、(彼らを)ここにおいて帰ることはできないと思いました」

 津田教授は、食料などは今のところ問題ないといいますが、20日間ぐらい大学から出ていないということです。

テレ朝news


韓国でも帰国便 住民が閣僚に卵投げ抗議も

2020年02月01日 | 韓国




韓国政府のチャーター機が31日午前、中国・武漢から360人あまりの自国民を乗せ帰国した。

韓国政府のチャーター機は午前8時頃、ソウル近郊の金浦空港に到着した。チャーター機で帰国した人々は、通常の旅客とは異なるルートで誘導され、屋外に設置されたテントで検疫を受けるなどしてからバスに乗り込んでいった。

1機目のチャーター機には、帰国希望者のおよそ半数にあたる368人が搭乗した。保健当局によると、そのうち18人に発熱などの症状があるという。

韓国政府は国内の公務員研修施設2か所で帰国者を2週間隔離する方針だが、施設の周辺では感染拡大を恐れ、住民らが反対を訴えている。
災害対策などを担当する閣僚らが説得のため現場を訪れたが、一部の住民が生卵を投げつけて抗議するなど混乱も起きている。

日テレNEWS24


新型肺炎公表前に警鐘鳴らした医師を処分、武漢市当局に批判の声

2020年02月01日 | 中国

中国誌・財新(電子版)は31日、新型コロナウイルスによる肺炎の流行が公表されるより前に事実でない情報を広めたとして、湖北省武漢市の公安当局から訓戒処分を受けた男性医師(34)のインタビューを報じた。

 医師は「肺炎流行への警鐘を鳴らそうとした」と主張しており、インターネット上では当局の対応を批判する声が上がっている。

 財新の報道によると、医師は昨年12月30日、自身が勤務する武漢の病院で、患者の検査結果が重症急性呼吸器症候群(SARS)の陽性反応を示していたことを知った。このことを約150人の同窓生が参加するSNSのグループチャットに「7人がSARSと診断された」と投稿した。当時、武漢市は肺炎患者の発生について公表していなかった。

 この投稿が問題視され、医師は12月31日に病院幹部から事情聴取を受けた。今年1月3日には当局に呼び出され、「事実でない情報を広め、社会秩序を乱した」として、訓戒処分を受けたという。医師は「情報を捏造ねつぞうしたわけではない。周囲に注意を呼びかけようとしただけだ」と語った。

 公安当局は1月1日、同様の容疑で8人を摘発したと発表していた。ネット上では、8人全員が医師だったという情報が出回っており、「政府の情報公開が迅速でないことが問題で、むしろ彼らに敬意を表すべきだ」などとの意見があふれている。

読売新聞オンライン


戦前の首里城の写真見つかる 「なじみ始めた姿、貴重」

2020年02月01日 | 国内ニュース



・1921(大正10)年に撮影した首里城正殿。劣化が激しいが、左の2階には女性と機織り機のような物が見える。当時、首里区立女子工芸学校(後の沖縄県立首里高等女学校)の校舎として使われており、学校の100周年記念誌によると、機織り実習室として使われていた


 大正から昭和初期にかけて撮影された首里城(那覇市)の正殿や、城内を行き来する庶民の姿を鮮明にとらえた写真が、朝日新聞大阪本社で見つかった。沖縄の戦前の写真は戦争で焼失したものが多い。専門家は「生活になじみ始めた首里城の姿を写しており貴重」と話す。

 昨年10月31日の首里城火災から31日で3カ月。火災後、戦前の写真を保管する大阪本社で首里城関連の写真を探した結果、紙焼きの13枚が見つかった。写真の大半に1921(大正10)~36(昭和11)年の日付のスタンプが押されており、この期間に撮影されたとみられる。


(詳  細)

朝日新聞


甲子園優勝の元主将ら5人を逮捕 千葉で強盗致傷容疑

2020年02月01日 | 国内ニュース

千丸剛容疑者



強盗目的で住宅に侵入し住人にけがをさせたなどとして、千葉県警佐倉署は、東京都町田市鶴川4丁目の無職、千丸(ちまる)剛容疑者(20)ら男5人を強盗致傷と窃盗の疑いで逮捕・送検し、31日発表した。関係者によると、千丸容疑者は花咲徳栄高(埼玉)の野球部が2017年夏の甲子園で優勝した時の主将。千丸容疑者ら4人は容疑を認めているという。

 ほかに逮捕されたのは、神奈川県大和市渋谷2丁目の自称とび職吉添勇人(22)▽同市下和田の自称会社員山本光輝(21)▽同市福田の会社員保田崚(22)▽同県茅ケ崎市香川5丁目の会社員越川正翔(まさと)(22)の4容疑者。保田容疑者は容疑を一部否認しているという。

 署によると、5人は共謀して昨年4月26日午後9時45分ごろ、千葉県八街市の電器店兼住宅に侵入、バールで住人の夫婦を殴るなどし、夫(60)に頭蓋骨(ずがいこつ)骨折の重傷、妻(58)の顔に切り傷などを負わせた疑いがある。妻が大声で助けを求めたため、何も取らずに立ち去ったという。

 5人は同26~27日、八街市内で駐車中の車からナンバープレート2枚を盗んだ疑いも持たれており、署は自分たちの車に貼り付けていたとみている。

 周囲の防犯カメラの映像などから5人の関与が浮上した。知人同士もいたが、互いに面識がない者もいたといい、県警は役割分担などを調べる

朝日新聞


トラックで引きずって13キロ走行か、男性死亡 愛知

2020年02月01日 | 国内ニュース



愛知県豊田市小坂本町4丁目の国道153号で31日午前2時ごろ、トラックと40代ぐらいの男性が衝突した。豊田署によると、男性は事故現場から約13キロにわたりトラックに引きずられたとみられ、消防が駆けつけた時にはすでに死亡していたという。

 署は、トラックを運転していた愛知県半田市花園町2丁目の会社役員、榊原康行容疑者(50)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。調べに対し、「ゴミを踏んだと思ったら人だった」と話しているという。

 榊原容疑者は車を運転中に異音がしたため、トラックの荷台下部を調べたところ男性を発見。自ら110番通報したという。衝突したとみられる現場には、男性の所持品や血痕があったといい、署が身元の確認をしている。

朝日新聞


火振り回す「トーチ」禁止へ 小中高、やけど後絶たず 名古屋

2020年02月01日 | 国内ニュース





名古屋市の市立小中高校が野外活動などで続けてきた「トーチトワリング」(トーチ)について、市教育委員会が事実上禁止する方針を固めた。火がついたたいまつを回す演舞のため、やけどなどの事故が後を絶たず、市教委が「安全確保が困難」と判断した。

 トーチは「火の舞」や「火踊り」とも呼ばれ、野外活動のキャンプファイアなどの際に子どもたちが披露してきた。長さ50~60センチのステンレス棒の先端にタオルを巻き付け、灯油を染みこませて着火し、回しながら演舞する。市内では2018年度、高校14校中4校、中学校110校中109校、小学校261校中32校が実施した。

 しかし、昨年7月、市立中学2年の男子生徒が校庭での練習中に、服の袖に火がつき、腕をやけどする事故が発生。灯油を絞り切っていないなど、学校の安全対策が不十分だった可能性が高かったことがわかった。昨年8月現在で、トーチで17~19年度に37件の事故が起きており、市教委は昨年8月にトーチを19年度は行わないよう通知し、今後の対応を検討していた。

 複数の関係者によると、有識者から安全面で否定的な意見が相次いだ。児童生徒への調査で、代用のケミカルライトでも火と同等の満足度が得られたことが判明し、市教委は、今後は火を使わず、ケミカルライトを使うなど安全を最優先するよう2月にも各校に通知することにした。

朝日新聞


餓死した3歳児は「洗剤を食べていた」 パーティ三昧の母親に13年の有罪判決(露)

2020年02月01日 | 世界のニュース

母親のマリア・プレンキナ



娘のクリスティーナちゃん





3歳の娘を自宅に1週間以上も置き去りにして餓死させ、友人らとパーティ三昧の生活をしていたロシアの20代母親に今月、懲役13年の有罪判決が下された。母親は「娘を愛していた。殺すつもりなどなかった」と殺意を否認しているものの、あまりにも身勝手は振る舞いには「母親の資格なし」「13年では刑が軽すぎる」といった怒りの声があがっている。

ロシア中東部キーロフ在住のマリア・プレンキナ(21)に今月17日、殺人罪で懲役13年の有罪判決が言い渡された。マリアは昨年2月13日から20日までの8日間、娘のクリスティーナちゃん(3)をアパートに置き去りにし、友人らとバーやナイトクラブで遊び惚けていた。

『The Sun』によるとマリアは2月13日の外出時、クリスティーナちゃんにほんの少しのヨーグルトとチキン、ソーセージを残していたようだが、アパートには鍵をかけ、水道も止めていた。また部屋に電気は通っておらず、クリスティーナちゃんは寒い部屋の中で母親の帰りを待っているうちに餓死したようだ。8日間、一度たりとも帰宅することがなかったマリアだが、実母のイリアさんにはSNSで「娘も私も元気よ」と毎日のようにメッセージを送っており、一緒に遊んでいた友人らには「娘の世話は頼んであるから心配ない」と話していたという。

しかし2月20日、イリアさんがクリスティーナちゃんの3歳の誕生日のプレゼントを持ってアパートを訪ねたことで、マリアの嘘が発覚することとなった。物が散乱した部屋の中でイリアさんが目にしたのは、何も身に着けず、ガリガリに痩せて倒れている孫の姿だった。現場には救急車が呼ばれたが、クリスティーナちゃんはその場で死亡が確認された。

その後、殺人罪で起訴されたマリアは取り調べや裁判でも始終冷静で、関係者は「娘を死なせてしまったことに対し全く罪悪感が見られず、まるで感情を持ち合わせていないかのようだった」と明かしていた。ただ判決前には「娘を愛していた。必要な物は全て揃えてあげたし、しっかり世話もしていた。殺すつもりなど全くなかったし、まさか娘が死んでしまうとは思いもしなかった」と涙ながらに訴えた。

裁判官のローマン・ブロンニコフ氏は「クリスティーナちゃんは寒い部屋で、ゆっくりと苦しみながら死んだのです。お腹が空きすぎて、粉の洗剤まで口にしていたことも分かっています。マリアはバーやナイトクラブを友人たちと渡り歩き、仕事を探していたようですが、自宅に戻ったのは娘の死の報告を受けたからであって母親でありながら1週間以上も放置していたのです。発見当時、クリスティーナちゃんの体重は3歳児平均の半分ほどの7.7キロしかありませんでした。マリアは決して精神疾患があったわけでもなく、自分が何をしているのかしっかりと理解していました。これは非常に残酷な殺人です」と述べ、マリアには今月17日に懲役13年の有罪判決が言い渡された。

イリアさんはこの日の娘の判決に頷くと、肩を落としてこう語った。

「マリアはアパートに鍵をかけ、クリスティーナが水を飲めないように水道まで止めてしまった。そのうえみんなに嘘をつき、1週間も家を空けて自分だけが楽しんでいたのです。娘にこんな酷いことができるとは、思いもしませんでした。もしクリスティーナが独りぼっちでいることを知っていたら、私が引き取ることもできたのに、残念でなりません。娘は自分の罪としっかり向き合う必要があるのです。」

このニュースには「10年もしたら出てくるんだろう。そしたらまた妊娠して子供を持つことも可能ってことだよね」「悲しいニュースだけど、同じ過ちが繰り返されているよね」「どうしてこんなことができるのか。刑が軽すぎる」「この子の命はもう取り戻せないんだ。母親は死刑にすべき」「悪魔だ」「誕生日なのに子供を置き去りにしてパーティ三昧だなんて、言葉もない」と厳しい声があがっている。

Techinsight


新型ウイルス、WHOが緊急事態宣言 客船の7千人足止めや国境封鎖も

2020年02月01日 | 世界のニュース

イタリア・チビタベッキアの港に停泊中のクルーズ船「コスタ・スメラルダ」
(2020年1月30日)



香港(CNN)世界保健機関(WHO)は30日にスイスのジュネーブで開いた緊急会合で、新型コロナウイルスの流行について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

WHOの緊急事態宣言は、新型ウイルスが発生した中国以外の国でも人から人への感染が確認されたことを受けた措置。ドイツなどに続いて米国でも30日、初めて人から人への感染が確認された。

新型ウイルスによる死者は少なくとも213人に上り、中国本土で30日までに確認された症例数は、前日より1982例増えて9692例に達した。感染者数は、2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を上回る。ただし致死率は2%前後にとどまっており、SARSの9.6%に比べるとはるかに低い。

湖北省武漢市で発生した新型ウイルスは、アジア、北米、欧州、中東にまたがる20カ国・地域に拡大。症例数は100例を超え、インドとフィリピンでも新たに感染が確認された。

世界的に不安が広がる中で30日、イタリアではクルーズ船の乗船者7000人が船内で缶詰め状態になり、ロシアは中国との国境閉鎖に踏み切った。

イタリアの首都ローマ北西のチビタベッキア港に停泊している大型クルーズ船「コスタ・スメラルダ」は、乗員1000人を含む7000人が下船できなくなった。

同船を運航するコスタクルーズがCNNに語ったところによると、乗船者の54歳の女性に発熱の症状があり、この女性と夫の2人が新型ウイルス感染確認の検査を受けている。イタリアのANSA通信などは、検査を受けているのは香港から来た夫婦で、現在は同船の診療所内で隔離されていると伝えた。

同船は地中海をめぐるクルーズ船で、スペインのパルマデマヨルカを経て、チビタベッキアに入港した。

イタリア保健省は30日夜、検査の結果は陰性だったと発表した。しかし乗客の下船がいつ許可されるのかは分かっていない。

ロシア国営メディアは30日、新型ウイルス感染の拡大を防ぐため、中国との国境封鎖令にミシュスチン首相が署名したと伝えた。極東地域の中国との国境を封鎖するなどの対策を講じるとしている。

ロシアの極東地域は中国、モンゴル、北朝鮮と国境を接している。この発表に先立ち、ロシアの旅行会社やチャーター便の運航会社数社が中国行きの便の運航停止を発表していた。

タス通信によると、中国とロシアを結ぶ列車の運行も31日から制限する。

香港では10例の症例が確認され、政府は中国本土と香港を結ぶ高速鉄道の駅を閉鎖すると発表した。新たな規制も導入し、中国本土から香港への旅行者の数を80%削減するとした。

CNN特派員によると、香港はゴーストタウン状態になり、例年であれば春節の祝賀ムードでにぎわう商店街も人影はまばら。市民らは3時間以上並んでマスクを買い求めている。

米国や日本、欧州連合の複数の国は、国民を武漢市から退避させている。英国も、武漢市から国民を帰国させる便の運航にようやくゴーサインを出した。

航空各社もブリティッシュエアウェイズ(BA)、アメリカン航空、エア・カナダ、KLMオランダ航空、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空などの大手が相次いで中国便の運航を停止した。複数カ国の政府が、不要不急の中国渡航を避けるよう呼びかけている。

アジアなどの各区にでは、中国から到着した旅行者全員を対象とする検査を強化した。ただ、新型ウイルスは症状のない人から感染することもあると報告されており、こうした検査は役に立たない可能性もある。