Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

新型コロナウイルスの分離に成功

2020年01月31日 | 国内ニュース



国立感染症研究所は31日、新型コロナウイルスに感染した人からウイルスを分離することに成功したと発表した。治療薬やワクチン開発に役立つと期待される。国内での分離は初。

共同通信


沢尻エリカ被告 初公判「間違いありません」起訴内容認める

2020年01月31日 | 国内ニュース






女優の沢尻エリカ被告(33)が、合成麻薬のMDMAなどを所持していた罪に問われている事件の初公判で、沢尻被告は、起訴された内容を認めました。

女優の沢尻エリカ被告(33)は、去年11月、東京・目黒区の自宅マンションで合成麻薬のMDMAやLSDを所持していた罪に問われています。

31日、東京地方裁判所で初公判が開かれ、沢尻被告は黒のスーツ姿で黒い髪の毛をポニーテールにして結んで法廷に入り、背筋を伸ばして証言台の前に立ちました。

はじめに名前の確認で「沢尻エリカと申します」と述べたあと、職業については「無職です」と述べました。

裁判官から起訴された内容に間違いがないか問われると、沢尻被告は「間違いありません」と述べて認めました。

弁護士も起訴された事実について争わないとしました。

沢尻被告は落ち着いた様子で、聞かれたことに対してはっきりとした口調で答えていました。

一方、検察は冒頭陳述で、被告が19歳のころから大麻やコカインなど違法薬物を使い始め、知人から入手していたと述べました。

警察が捜索した際には、沢尻被告自身が「お守り袋の中にMDMAやLSDが入っています」と述べ、捜索の結果、お守り袋とアクセサリーケース、冷蔵庫の3か所から違法薬物が見つかったと説明しました。

そして検察官が被告に対し、押収した薬物を示したうえで被告の物かを確認すると、沢尻被告は裁判官のほうを向いて「はい、間違いありません」と述べました。

NHK


ANA社長「中国便運休、考えざるを得ない」 11路線

2020年01月31日 | 航空・飛行機・空港

提携会見に出席した全日本空輸(ANA)の平子裕志社長(中央右)と
シンガポール航空のゴー・チュンポンCEO(最高経営責任者、中央左)





全日本空輸(ANA)の平子裕志社長は31日、新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に拡大している問題に関連し、日本と中国を結ぶ航空便について「運休は考えざるを得ない」と語った。

 31日午前、東京都内でのシンガポール航空との提携会見で語った。

 中国便については海外の一部の航空会社で運休の動きが出ているが、便数が多い日本の航空会社が運休に踏み込めば影響は大きい。

 ANAは中国10都市11地点に就航している。新型肺炎が発生した中国・武漢への定期便は3月1日まで運休するとすでに表明している。

 ANAによると、現時点での2~3月の中国便の予約状況は、中国発は前年同時期から半減しており、日本発は約4割減になっているという。(南日慶子)

■北九州―大連便欠航へ  中国東方航空

 中国東方航空は北九州空港と中国・大連を結ぶ路線を2月8日から28日まで欠航する。同社は欠航理由を「公衆衛生安全上のため」と説明。欠航の期間は変更する可能性があるという。

 同社から連絡を受けた北九州市が31日に発表した。市は、中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている影響とみている。

 東方航空によると、北九州―大連便は昨年8月に就航。現在は月、水、土曜に各1往復を運航している。発券した航空券は日付の変更や払い戻しを受け付けている。

朝日新聞デジタル


豪森林火災、首都が非常事態=17年ぶり

2020年01月31日 | 世界のニュース






オーストラリアの首都キャンベラを含む首都特別地域(ACT)政府は31日、森林火災が広がる恐れがあるとして非常事態を宣言した。

 同地域の森林火災による非常事態は17年ぶりという。

 南部の国立公園内で火災が起き、ACTの面積の約8%に相当する森林を焼失。2月1日にかけて最高気温が40度を超えて強風が吹くと予想されることから宣言に踏み切った。

 首都には連邦議会や政府機関、各国大使館などがあり、約40万人が住む。バー首席大臣は「火災は予測できず、制御できなくなるかもしれない」として住民らに注意を呼び掛けた。

 ロイター通信によると、ACTを含む豪州東部では昨年9月からの大規模森林火災により33人が死亡。森林など1170万ヘクタール以上の土地が巻き込まれた。 

時事通信社


マスク不足深刻化の中国で、500枚を警察署に置いて立ち去った男性

2020年01月31日 | 中国







依然として感染拡大の勢いが衰えない新型コロナウイルス。死者数も増えるばかりだが、マスク不足が深刻化する中国で、ある男性が突然警察署を訪れ、大量のマスクを置いて名も告げず足早にその場を去っていったという。『South China Morning Post』『Newsflare』などが伝えた。


中国では新型コロナウイルスから身を守るためのマスクが品薄状態にあり、マスクを補充しても値段を釣り上げるという悪質な店まで出てきている。そのような状況のなか、日々市民のために働く警察官にマスクを無償で提供した男性が人々の心を温かくしているようだ。

今月27日の午後、安徽省六安市にある警察署に突如現れた心優しい男性の一連の行動を同署の監視カメラが捉えていた。そこにはマスク10箱(500枚)を両手に抱えて、警察署の正面玄関から入って行く若い男性の姿があった。男性はそのまま同署の中まで入り、カウンターの上にマスクの箱を全部置いた。

カウンターの向こう側に座っていた2人の警察官が一瞬驚いて身を引く様子が見られるが、男性は「お仕事お疲れ様です」と一声かけて、箱を置いたまま足早に去っていったのだ。

すぐにその箱がマスクだと気づいた警察官は、お礼を述べるために男性の後を追った。しかし男性は小走りで去っていき、追いかけてきた警察官に軽く手を振り、どこかへ行ってしまった。あっという間の出来事に唖然とする2人の警察官だったが、男性が去った方向を見ながら姿勢を正して敬礼していた。

この監視カメラの映像はSNSに投稿され、人々からは次のような声があがっている。

「中国だけでなく近隣諸国もマスクの値段を釣り上げる店が多い中、この男性は本当に心温かい人だ。」
「中国政府はどうかと思うけど、中国人のなかには結構優しい人も多いんだよね。」
「アピールするんじゃなくて匿名でするところがいい!」

このたびの親切な男性は監視カメラがその姿を捉えているものの、彼自身もマスクをしていたため顔を確認することができなかったようだ。同署のある安徽省は、新型コロナウイルスが発生した武漢市がある湖北省のすぐ東隣に位置するため、マスクを入手するには困難な地域だったに違いない。ちなみに男性が寄付したマスクは、日本製の使い捨てマスクだったという。

Techinsight


長年続いた激しい頭痛、脳内の寄生虫が原因だった 米テキサス州

2020年01月31日 | 世界のニュース

寄生虫を取り除く手術を受けた男性と主治医



(CNN)長年にわたってひどい頭痛に悩まされていた米テキサス州の男性が、脳内に条虫が寄生していると診断され、病院で寄生虫を取り除く手術を受けた。受診がもう少し遅ければ、命を落としていたかもしれないと主治医は話している。

患者のジェラルド・モクテスマさん(40)は何年も前から頭が割れるような頭痛に見舞われていたといい、強いめまいに襲われて意識を失ったことをきっかけに、テキサス州オースティンの病院を受診した。

MRI検査の結果、脳が圧迫されて生命を脅かしかねない状態だったことが判明。原因は、第4脳室の脳脊髄(せきずい)液の中に何匹も詰まっていた条虫の幼虫だった。

こうした症例は、脳内で寄生虫の嚢胞(のうほう)が発達して起きる「神経嚢虫症」と呼ばれる。

モクテスマさんのような症例はまれで、米疾病対策センター(CDC)によれば、米国内での神経嚢虫症の症例は、年間約1000例前後にとどまる。

医師によると、寄生虫がモクテスマさんの体内に侵入したのは、メキシコに住んでいた時だったと思われる。しかしメキシコから米国に移住したのは14年以上前だった。つまり、条虫は10年以上もモクテスマさんの体内に寄生していた可能性がある。

条虫は火が通っていない豚肉や、条虫の卵が付いた食品や水、土壌などを通じて人に感染し、通常は腸に寄生する。条虫が寄生していながら、そのことに気付いていない人も多いという。

モクテスマさんは、病院で条虫を取り除く緊急手術を受けて順調に回復。その後は頭痛も消えて仕事に復帰している。


中国・成都にも「ザハ建築」!建設中の「ユニコーン島」がまるで未来都市

2020年01月31日 | 中国









“ユニコーン企業”と呼ばれる時価総額が10億ドルを超えるスタートアップ企業。かつては、ほとんどがシリコンバレーから誕生していたが、近年は中国発の企業が急速に台頭してきているという。

そんな急速に成長する中国スタートアップ企業の勢いをさらに加速させるべく、中国・成都市は世界初の「ユニコーン島」を建設中。世界的な建築事務所「ザハ・ハディド・アーキテクツ」がデザインしたマスタープランが先日公開された。

67ヘクタールに渡って設計されたこのユニコーン島。7万⼈の研究者、オフィススタッフ、居住者、訪問者を受け入れることが可能だという。

公園や農園などの緑も多く、生活環境と労働環境の両方が整備。中央広場や地下鉄駅を取り囲むように建造物が並び、それが放射状に広がっていることで、徒歩や⾃転⾞でもすぐに島全体にアクセスできるという。

また、現在設立済みのユニコーン企業に用地を提供するだけでなく、成都発のスタートアップ企業の育成にも尽力すると発表。

今後"次世代のIT都市"としてシリコンバレーに続く、新たな拠点になるのだろうか……?

TABI LABO


首相の昭恵夫人に日当支払い 答弁書、首相公務補助で

2020年01月31日 | 国内ニュース

こんなのに税金使うのか??



政府は31日の閣議で、安倍晋三首相の昭恵夫人に対し、首相の外国出張や行事出席に同行した場合に交通費や日当を支払っていたとする答弁書を決定した。2013年度は航空賃と日当で85万4980円、14年度は同95万5310円を支出していた。立憲民主党の有田芳生参院議員による質問主意書への答弁。

 「内閣官房および外務省で確認した限り」として回答した。15年度は鉄道賃1万4910円、16年度は鉄道賃および航空賃90万1630円、17年度は該当なし、18年度は鉄道賃1万7480円、19年度は鉄道賃1万9230円。

 昭恵夫人専用の公用車は割り当てられていないとした。

共同通信


東京ディズニーランド・シー 客とキャラの接触 一部取りやめ

2020年01月31日 | 国内ニュース



新型のコロナウイルスの感染を防ぐため、「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」では、1月31日からキャラクターと来場客が直接触れ合う演出を一部で取りやめる対応をとりました。

千葉県浦安市にある「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」では、キャラクターが来場客と握手したり一緒に写真を撮影したりする演出を行っています。

これらの演出について、テーマパークを運営する「オリエンタルランド」は、ウイルスがキャラクターを介して来場者に感染することがないように、31日から一部で取りやめることにしたということです。

オリエンタルランドでは、スタッフに手洗いを徹底させたりマスクの着用を認めたりするなどの対応もとっていて、国内の状況を見ながら、こうした対応をいつまで続けるか判断することにしています。

オリエンタルランド広報部は「あらゆる方法で感染の防止に努め、来場客には安全に楽しんでもらいたい」と話しています。

NHK


チャーター機第3便 日本人149人到着 8人を搬送

2020年01月31日 | 国内ニュース



中国の湖北省武漢での新型のコロナウイルスの感染の拡大を受けて、現地からの帰国を希望する日本人を乗せたチャーター機の第3便は31日午前、羽田空港に到着しました。関係機関によりますと、体調不良がみられた8人を救急車で羽田空港から医療機関に搬送したということです。

中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、帰国を希望する日本人149人を乗せた政府のチャーター機の第3便が31日午前10時20分ごろに羽田空港に到着しました。

厚生労働省によりますと、チャーター機にはサーモグラフィーを持ち込んで医師や看護師も配置し、機内で発熱やせきなどの症状がないか確認したということです。

また全日空によりますと、感染の拡大を防ぐため、一連のチャーター機では初めて客室乗務員が防護服を着て乗務したということです。

帰国した人たちは、羽田空港のターミナルビルとは別の場所にある「第2ターミナルサテライト」と呼ばれる場所で入国手続きを行ったあと、政府が用意したバスで医療機関に移動し、症状のある無しにかかわらず全員がウイルス検査を受けることになっています。

関係機関によりますと、体調不良がみられた8人を救急車で羽田空港から医療機関に搬送したということです。


帰国者は医療機関に移動 ウイルス検査へ


帰国した人たちはチャーター機から降りて、羽田空港のターミナルビルとは別の場所にある「第2ターミナルサテライト」と呼ばれる場所で入国手続きや手荷物の受け取りなどを行っています。

そしてその後、政府が用意したバスで医療機関に移動し、ウイルス検査を受けるということです。


滞在先に民間フェリー 東京湾に派遣を決定 防衛省




新型のコロナウイルスの感染が広がる中国・武漢から政府のチャーター機で帰国する人たちの滞在先として、防衛省は自衛隊の部隊の輸送などのために契約している民間フェリーを東京湾に派遣することを決めました。

派遣されるのは兵庫県の相生港が拠点の民間のフェリー「はくおう」(およそ1万7000トン)で、防衛省が、自衛隊の部隊の輸送などのために契約しています。
 
このフェリーについて、防衛省は、今後、政府のチャーター機で
中国・武漢から帰国する人たちの滞在先として活用できるよう東京湾に派遣することを決めました。

フェリーにはおよそ100人が滞在できるということで、きょう午後、相生港を出港し、あす(1日)には東京湾に到着する予定だということです。

その後、港に船を接岸させて、受け入れ体制を整えることにしています。

このフェリーはおととしの西日本豪雨や北海道の地震で、被災者の浴施設として使われたことがあります。


加藤厚労相「帰国時に症状なくてもフォローを」

加藤厚生労働大臣は記者団に対し、日本国内で30日に症状のない人の感染が確認されたことについて「中国全便からの帰国者に武漢の滞在歴などを聞く質問票を配るべく対応している。その段階では無症状でも、日本国内に入ったあとはしっかりとフォローアップができる仕組みを立ち上げ、都道府県とも連携をとりながら対策をしっかりとっていきたい」と述べました。


帰国者 国立国際医療研究センターに到着

検査が行われている東京 新宿区の国立国際医療研究センターには、第3便で帰国した人を乗せたバスが午後2時ごろから次々と到着しました。

車内の様子はうかがえず、バスは駐車場の入り口を通って敷地の奥に入っていきました。

NHK


中国当局、台湾市民の武漢退避を認めず 中国籍配偶者も

2020年01月31日 | 中国

現地時間1月29日、中国武漢市に在留していた約200人の米国人を載せた政府のチャーター機が、カリフォルニア州西部のマーチ空軍基地に到着した



中国で新型肺炎の感染が急速に拡大しているなか、湖北省武漢市に滞在する自国民を退避させる動きが広がっている。英国とドイツのメディアによると、中国当局は中国人配偶者の出国を認めない方針だ。また、中国当局が台湾政府に対して、武漢市にいる台湾人の退避を承認しないことが明らかになった。

英紙ガーディアン1月29日付によれば、英外務省は中国当局に対して、英国籍国民とその中国籍の配偶者、英中両国の国籍を持つ市民の退避について、協議を行ってきた。しかし、中国当局は、英国籍を持つ市民のみの退避を承認した。

英政府は30日にチャーター機を武漢市に派遣する予定。約200人の英国国民が帰国できる。

また、独誌「デア・シュピーゲル」27日付によると、ドイツ政府は武漢市に軍用機を派遣すると計画していた。中国当局は軍用機の飛行が「市民に恐怖を与える」として難色を示したという。また中国籍配偶者の出国にも応じなかった。

時事通信29日付の報道では、菅義偉官房長官が記者会見で、在留邦人の中国籍の配偶者と家族への対応について、「中国側の方針も踏まえつつ調整を進める必要がある」と協議を行っていることを示した。

一方、台湾政府も台湾人を退避させるため、中国と交渉を行った。しかし、中国の台湾政策を所管する国務院台湾事務弁公室は台湾側の申し出を拒否した。武漢市には現在、約300人の台湾人が在留しているという。

1月28日、中国の国務院台湾事務弁公室の馬暁光・報道官は、台湾メディアの報道は「事実と違う」とした。馬報道官は、新型肺炎が発生して以来、「湖北省にいる台湾同胞は十分な配慮を受けている」「同省では1月27日午後まで、台湾同胞の感染確認は報告されていない。今後、武漢にいる台湾同胞に気を配っていく」などと述べ、中国からの退避を認めない姿勢を示した。

台湾の台中政策を所管する大陸委員会の邱垂正・報道官は29日、米ラジオ・フリー・アジアの取材に対して、「武漢市にいる台湾市民から、中国政府の主張と異なる状況を聞いている」「台湾市民は政府に対して、早期救出を求めている」と話した。報道官によると、現地に止まっている台湾市民の多くは旅行などの短期滞在が多い。「台湾市民は、薬品などが不足し、宿泊施設を転々としていると訴えた」という

大紀元


安倍首相、台湾のWHO会議参加の必要性を強調

2020年01月31日 | 国内ニュース

安倍首相は30日、新型コロナウイルスの感染例が増加していることを受けて、台湾のWHO加盟を支持した



安倍晋三首相は1月30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染者の拡大を受けて、台湾の世界保健機関(WHO)が開催する会議に加わる必要性があることを強調した。中国を念頭に「政治的な立場で一部地域を排除して健康維持や感染の防止は難しい」と語った。

中国は、台湾のWHO加盟や年次総会へのオブザーバー参加を阻んでいる。今回の新型コロナウイルスの流行に対応する組織の緊急会議でも、台湾の代表者は招待されていない。

これまでに、台湾で新型コロナウイルスによる肺炎の症例が8件確認されている。また、460人の隔離措置が取られている。台湾政府は、伝染病の発生を監視し、報告を受け付ける中央伝染病対策センターを設置した。

大紀元


<新型コロナウイルス>初期の感染者、死亡率は11% 中国研究者が医学誌に報告

2020年01月31日 | 中国

1月26日、保護ゴーグルとマスクを付ける香港空港職員



新型コロナウイルスが昨年12月から中国湖北省武漢に広がり、現在、世界十数カ国以上に感染者が出ている。医学誌「ランセット」1月29日付けの研究報告によると、このウイルスによる初期の感染者の死亡率は11%だった。

「ランセット」は、武漢市や上海、中国国立ウイルス研究所などからの複数の中国学者による調査報告書「2019年新型コロナウイルス肺炎の99例の疫学的および臨床的特徴(Epidemiological and clinical characteristics of 99 cases of 2019 novel coronavirus pneumonia in Wuhan, China: a descriptive study)」を掲載した。

この報告書は、2020年1月1~20日に、武漢の金銀潭病院に移された新型コロナウイルスに感染した99人の患者の臨床症状を分析した。

99の症例のうち、17人が呼吸不全の一種である急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を発症し、11人が多臓器不全で死亡した。死亡率は11%になる。2020年1月25日現在、57人が入院中で、31人が退院した。

調査と分析の結果によると、新型コロナウイルスの患者99人のうち、49人が華南海鮮市場を訪れていた。患者の年齢は21~82歳で、40歳未満は10人、40〜49歳は22人、50〜59歳は30人、60〜69歳は22人、70歳以上は15人。

99人の患者のうち、50人に慢性疾患(一部は複数の慢性疾患)があり、心血管および脳血管疾患が最も多く、40人だった。消化器疾患は11人と次に多い。

臨床症状で最も多かったのは発熱と咳で、8割以上に症状がみられた。エックス線検査では、74人の患者が両肺に肺炎を患っていた。

1月29日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は記者会見で、30日に緊急委員会を再招集し、新型コロナウイルスの流行を、国際公衆衛生の緊急事案とするかどうかを判断するとした。

大紀元


米司法省、中国政府代理人で中国軍中尉らを起訴 すでに出国

2020年01月31日 | 世界のニュース

ボストン大学



米国司法省は1月28日、中国軍中尉・葉燕青(29)を、中国政府の代理人であることを申告していないとして、刑事起訴した。葉はすでに米国から中国に戻った。同省は同時に、ハーバード大学の教授と中国籍の2人の起訴を発表した。省代理人によると、これらの起訴は、中国共産党政権による米国の知的財産窃盗の活動の一環だという。

司法省の発表によると、葉は学生ビザ(J-1)で2017年10月~2019年4月までボストン大学に留学していた。このほど、同大学の物理研究所に務めるとして、学生ビザの延長を申請した。米審査官が背景を調査したところ、葉が中国軍に兵役し、かつ中国政府のために活動する「外国政府代理人」であることがわかった。

起訴状は、葉が「中国政府の代理人として行動していたが、これを司法長官に通知していなかった」と指摘した。また、軍位を隠して学生ビザを申請していたため、虚偽に基づくビザ申請として追訴している。

司法省の起訴状によると、葉には、2人の協力者がいる。名前は公開されていないが、どちらも、中国軍に直属する国防技術大学の仕事をしている。そのうちの1人は「ロケット発射装置に関する軍事研究プロジェクト」に参加し、もう1人は同大学の教授だという。

葉ら3人の上司は中国軍大佐で、国防技術大学の教授だという。上司は、米軍サイトの調査や米軍の研究文書を中国へ送付、葉のアカウントを利用して中国からボストン大学のネットワークにアクセスすること、海軍大学の教授の調査等々を指示していた。

起訴状にある録音記録には、葉が同僚との会話で「米国人は私たちに対して、予防策を講じている」と発言したという。

葉は中国ソーシャルサイト微信(WeChat)を使って、中国国内の同僚と連絡を取り合っていた。WeChatで「中国軍による米軍軍事戦略データの解読とリスク評価」に関する研究論文について議論していた。

葉はまた、ターゲットとなる米大学の教授の情報を収集するよう命じられた。

葉は2019年4月、米ボストンのローガン国際空港で出国準備中、米国税関・国境警備局および米捜査局(FBI)職員から質問を受けた。葉は、中国軍に所属していることを認めたが、政府の代理人であるとは言わなかった。葉らはすでに中国に帰国しているため、逮捕されていない。

司法省はほかに、2件の中国関連の刑事起訴案件を公表した。ハーバード大学の化学・化学生物学部の学部長チャールズ・リーバー教授を、中国の研究機関との関係について米政府機関への開示を怠ったとして、虚偽申告の罪で起訴した。

教授は、中国政府が海外の優秀な人材を支援する「千人計画」に参加し、武漢工科大学に2012~17年まで「戦略教授」として所属していた。教授は、武漢工科大学から3年間、毎月5万米ドル(約540万円)の給料のほか、年間15万米ドル(約1620万円)の生活費を支給されている。さらに、研究所設立費として150万米ドル(約1億6200万円)以上の資金を受け取っていた。

また、2019年10月、ボストンのローガン国際空港で、細胞サンプル21点を小瓶に入れて中国に密輸しようとした、鄭肇松を刑事告発した。鄭は、2018年から、同市ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターでがん細胞の研究者として勤めていた。

司法省代理人アンドリュー・レリング弁護士は28日の記者会見で、この数件の中国共産党に絡む起訴を「大規模で長期的な米国の技術窃盗の行為の一環」とした。

大紀元


熱帯魚釣りにバスケ=新型肺炎拡大で外出できない中国人、「家の中で楽しく過ごすアイデア」が話題に

2020年01月31日 | 中国







中国では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて外出を自粛する動きが起こっているが、ネット上では「家の中で楽しく過ごすアイデア」が次々とシェアされ、注目を集めている。28日には中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「リビングで何ができる?」が検索ワードランキングの上位に登場した。

型肺炎の全国的な拡大を受け、中国政府は国内外への団体旅行を禁止したほか、春節(旧正月)休暇を2月2日まで(元は1月30日まで)に延長すると発表した。また、春節期間中は中国国内で多くの祝賀イベントが中止された。

こうした中、微博では人々が自宅で、果物などを景品に見立てて輪投げ遊びをしたり、バドミントンやバスケットボール、卓球をして体を動かしたり、友人らとスマートフォンアプリで同時通話をしながらおしゃべりを楽しんだりする様子が盛んにシェアされた。

このほか、家庭用アクアリウムで飼育している熱帯魚を釣る男性の映像や、ごみ箱や布をかぶって春節の風習である獅子舞踊りを演じる2人組の映像などは、その斬新さが多くのネットユーザーの興味を引いた。

微博ではこうした娯楽のほか、自宅での休暇を充実させるアイデアとして「料理を極める」「ひたすら筋トレ」「ドラマの一気見」などが挙げられている。

中国のネットユーザーからは、「外に出られなくても運動を欠かさないのは素晴らしい!私は家で食べて寝てばかり」「明日早速まねしてみよう」「くれぐれも(騒音や振動が)近所迷惑にならないようにね」「のびのび遊べるほど広い部屋に住んでいない僕はどうすれば…」「大変な時期だけど力強く乗り越えていこう」といったコメントが寄せられている

サーチナ