Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

「逮捕、逮捕!」叫ぶ声 北朝鮮籍の乗組員、激しく抵抗

2017年12月09日 19時29分45秒 | 国内ニュース



逮捕された北朝鮮籍の乗組員が乗った木造船は9日午前7時45分ごろ、海上保安庁の船に引かれて、北海道函館市の函館港中央埠頭(ふとう)に接岸。

 直後に道警の警察官や海保の職員らが一斉に乗り込んだ。

 午前8時ごろ、船内から「逮捕、逮捕!」と叫ぶ声が上がった。乗組員は、複数の警察官らに両脇を抱えられたり、わめき声を上げて激しく抵抗したりしながら順次下船。最後の1人は担架で運ばれ、30分ほどかけて全員が船を下りた。

 逮捕された3人は無人島・松前小島の物置から発電機を盗んだとされる。物置を所有する松前さくら漁協によると、物置と小屋から家電や漁具などが盗まれており、被害総額は約790万円に上るという。佐藤正美組合長は9日、「被害の大きさを考えれば、逮捕は当然かと思う。これで真相が解明されるはず。今後の捜査に期待したい」と話した



死まで数分“自殺幇助マシン”が物議

2017年12月09日 19時26分13秒 | 世界のニュース



ほんの数分で、苦しむことなく目的を達することができるという、3Dプリントで作られた“自殺幇助マシン”が議論を呼んでいる。

“死の医者”との異名を持つドクター・ニチキは、安楽死を推進してきた医者で、これまでにも睡眠薬をキッチンで作れるように制作過程を動画で説明するなど常に論争を生んできた。

今回開発したのは、宇宙船に備え付けられているかのような未来的外観のポッド。ボタンひとつで液体窒素が満たされ、苦痛なく意識を失い、そのまま数分でポッドは棺に変わる。ニチキ氏は「自分の死を自分でコントロールしたいと思う人は多い。安らかな死を望むのは合理的な大人の選択です」と制作意図についてコメントしている。

だが、宗教的倫理観や国ごとの法律で安楽死、尊厳死が受け入れられているわけではなく、専門家からも「悪い医学、悪い倫理観、悪い公共政策だ」「自殺が急増してしまう」と批判の声も上がった。

ネットでは「迷惑を掛けずに死にたいという気持ちはわかる」「愚かなアイディアだ。だが利用者は確実にいるだろう」「選択肢としてあってもいいのではないだろうか」「掃除機みたいなデザインだな…」「ぞっとするよ」といったコメントが寄せられている。


同僚女性に男性ホルモン混入した男が逮捕、体毛濃くなる

2017年12月09日 19時23分41秒 | 中国



中国四川省成都市で、周某なる男が会社の同僚の女性の昼食や飲み物に男性ホルモンを含んだ薬剤を混入し、半年以上も飲ませていたことが分かった。被害女性は最近、体毛が濃くなり、月経が止まったほか、気分が悪くなったため、医師の診察を受けたところ肝臓の機能障害が認められたという。

 女性は他の同僚の証言から、周が女性の食べ物などに薬物を入れていたことに気付き、警察に被害届を出し、周は逮捕され、裁判で懲役1年の実刑判決を受けたという。成都の地元紙「成都経済日報」が報じた。

 女性が知らずに飲まされていた薬剤は合成ステロイド剤「メチルテストステロン」で、男性の性機能不全やアンドロゲン不全疾患の治療用、あるいは女性の乳癌の治療薬として用いられる。

 周はかかりつけの医師から、性機能不全を訴えて、この薬を処方してもらっていたという。
 周がなぜ、被害女性にこの薬を飲ませようとしていたのかは不明だが、裁判では、周は精神的な疾患を抱えており、「冗談のつもりで、薬を女性の昼食や飲み物に混入した」と証言している。

 しかし、被害女性によると、女性は周から言い寄られて、しつこく関係を迫られていたが、女性は拒否。このため、被害女性は「周が復讐のために、薬を盛っていたに違いない」と訴えているという。

 今回のケースのように、女性が男性ホルモンを大量に摂取することについて、専門家は「前代未聞の珍しい事件だ。男性ホルモンを女性に飲ませたらどうなるか? ドーピング問題を例に出すと、女性選手の体内ホルモンが変わり、男性みたいに胸に筋肉がつくなど、筋骨隆々となってしまうとのケースがあった。その選手は長い間副作用に悩まされた。今回のケースは、まさに、これを同じだ」などとコメントしている。
 これを受けて、ネット上では「この男は、懲役1年という実刑判決の重みを思い知らなければならない。冗談で済ませられる話ではないのだ」との書き込みがみられる。


貴ノ岩が精神科入院準備、病院探す貴乃花親方 事態の大きさ、日馬引退に気を病んだか

2017年12月09日 19時22分49秒 | 世界のニュース



引退した元横綱日馬富士(33)から暴行を受けた平幕貴ノ岩(27)が、殴られた頭の傷だけでなく、精神的にもダメージを負い、師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=が治療を受けさせるための病院を探しているとの情報が浮上した。もっとも、貴ノ岩を精神的に追い込んでいるのは、日本相撲協会に診断書を提出しないまま開催中の冬巡業を“無断休場”させ、まるで世間の目から隠すかのように、暴行事件発覚以降その所在さえも明かさない貴乃花親方自身ではないか。モンゴル力士勢や日本相撲協会と対立姿勢を打ち出す貴乃花親方の相撲改革は一体どこへ向かうのだろうか。 

 すでに10月25日夜に鳥取市内で暴行事件が発生してから40日以上が経過している。貴ノ岩は事件直後の秋巡業や、九州場所前の11月2日に福岡・田川市長を表敬訪問した際には、ケガを負ったことを周囲に気づかれず、元気そうに振る舞う姿を目撃されている。
 同5日から9日まで福岡市内の病院に入院したが、診断書を書いた主治医は相撲協会の危機管理委員会の聴取に「9日の時点で相撲を取ることを含めて仕事に支障がないと判断し、退院とした」と答えている。

 しかし、事件が発覚した同14日以降は姿をみせず、現在に至っている。暴行事件の被害者ではあるが、ここまで事態が大きくなることは予測しておらず、結果的に母国モンゴルの先輩の日馬富士を引退にまで追い込んだことを気に病んでいる可能性もあるという。もともとは貴ノ岩は日馬富士に食事に連れて行ってもらうなど、日頃は親しい間柄だった。

 今月3日から始まった冬巡業も、貴乃花親方が休場届(診断書)を協会に提出しないため、前代未聞の無断休場が続いている。

 ちなみに、冬巡業に帯同し、休場届が提出されたかどうかを報道陣から毎日聞かれている春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「(休場届が)出たら言うよ! 今まで出なかったことはなかった。初めてだよ。何回か(貴乃花親方側へ)電話しているけど、出ないそうだよ」とウンザリ。

 危機管理委員会の鏡山部長(元関脇多賀竜)が5日に貴乃花部屋を訪れ、休場届提出を求める文書を郵便受けに入れてから2日間が経過しており、本来なら何らかの返答がなければおかしい。せめて休場届を出せない理由ぐらい、報告があっていいはずだ。もはや貴乃花親方には休場届を提出する意志がなく、処分も覚悟の上で相撲協会のルールを無視しているとみるのが普通だろう。

 自らの信念に基づいて行動している貴乃花親方はともかく、ますます立場が悪くなっているのは貴ノ岩の方だ。今年の初場所で大先輩の白鵬に勝ち「あなたたちの時代は終わった」という趣旨のことを口にしたと報じられており、仮に土俵に復帰してもモンゴル人勢力の中では針のムシロに座らされる。

 モンゴル事情に詳しい協会関係者は「いまモンゴルで一番嫌われているのは、あることないこと発信し続けている元旭鷲山。次いで、モンゴル勢を目の敵にしている貴乃花親方。3番目が一向に姿を現さない貴ノ岩だ。このままでは貴ノ岩はモンゴルにも帰れないのではないか」という。

 被害者でありながら母国で悪者扱いされているとすれば気の毒。貴ノ岩にとっては、暴行を受けたこと以上に辛い状態が続いているといえるかもしれない。

 一方で、入院すれば危機管理委員会の聴取に応じることも難しくなるだけに、「貴乃花親方は貴ノ岩を匿う場所を探しているだけだろう」と、スキャンダルを起こした政治家並みの“避難入院”とみる関係者もいる。貴ノ岩はその巨体を隠せば隠すほど、痛くもない腹をさぐられるばかりだ。


日本の消防章、実は密輸品 ウラジオの博物館に寄贈

2017年12月09日 08時13分28秒 | 世界のニュース



日本各地の消防団員の身に着ける消防バッジがロシア人船員によって同国に持ち込まれて密輸品として押収された後、極東ウラジオストクのアルセニエフ博物館に寄贈されていたことが8日、分かった。

 寄贈されたのは、愛媛や兵庫、大阪などの消防団の記章や設立記念バッジなど25点。同館の学芸員は「地域ごとに模様に違いがあり、文化的価値も高い」と指摘し、近く展示する方針だ。

 同博物館によると、2014年に富山県を訪れたロシア人船員が購入し、転売目的でウラジオストクに持ち帰ったが、必要な申告を怠ったため、税関が没収した。その後、日本側から返還の必要なしとの回答を得て、ロシア文化当局が寄贈を決めた。

 記章は非売品だが、日本国内のインターネットオークションに出回っている。日本消防協会は「消防団員の身分を証明するもので、他人の手に渡ることを想定していない」と話している。
 

小林麻耶と海老蔵が同じポーズの「匂わせ写真」をブログに投稿

2017年12月09日 08時12分28秒 | 国内ニュース



歌舞伎俳優の市川海老蔵が、娘の麗禾ちゃんと息子の勸玄くんを連れたハワイ旅行が波紋を呼んでいる。この旅行に亡き妻・麻央さんの姉でフリーアナウンサーの小林麻耶とその両親が同行しているからだ。ただ、海老蔵も麻耶もハワイでの様子をそれぞれ自身のブログにアップしているが、市川家と小林家が同行していることには一切触れていない。

 こうしたなんとも不自然な状況ゆえに、さまざまな憶測を生み、その矛先は主に麻耶に向けられている。

 これら日本での報道は海老蔵も知っているようで、12月8日に「どう思います?」と題し更新したブログには「情報がないのは心身共に良い事と思いました。日本に帰っても情報を無駄に入れない努力をしよう。情報は既に情報ではなく、偽りの雑音化しているなーと感じるのは私だけかしら?」と、マスコミに対する苦言ともとれる内容を綴っている。
 
芸能記者は「初めから一緒に行くことを明かしていれば、バッシングされることはなかった」と話す。

「ハワイには多くの日本人がいますから、一緒にいることは知られてしまいます。海老蔵と麻耶のブログでは相手のことに一切触れませんが、なのに同じ場所と思えるところで、夕日を掌にのせるという同じようなポーズの写真を、それぞれが載せているんです。こうした匂わせる写真をわざわざ投稿するから“あざとい”と思われてしまったんだと思います」
 
今回の旅行には、海老蔵一家のドキュメンタリーを撮り続けているカメラクルーもハワイ入りしている。それなのに、麻耶と一緒にいるのを隠すのは、憶測を招いても致し方ないと思うのだが…。
 

「もり、かけ、スパ」追及 立憲民主・辻元清美国対委員長「スパゲティまで出てきた」

2017年12月09日 08時11分43秒 | 国内ニュース



立憲民主党の辻元清美国対委員長は8日、森友・加計学園問題に加え、スーパーコンピューター開発のベンチャー企業による助成金詐欺事件についても安倍政権を追及する考えを示した。国会内で記者団に「もりそばと、かけそばだけだと思っていたら、スパゲティまで出てきた」と、麺類になぞらえて批判した。

 森友、加計問題に対する政権の姿勢に関し「逃げ続ける、隠し続けるから追及せざるを得ない」と強調。「スーパーコンピューターを巡る疑念も出てきている。(来年1月召集の)通常国会で真相究明しなければいけない」と訴えた。

 詐欺事件に対しては「また内閣府(関連の案件)だ。どういうメカニズムで安倍政権が物事を決めているのか」と指摘した。
 

 自民議員、収入平均5千万円超

2017年12月09日 08時10分46秒 | 国内ニュース

自民党本部



国会議員の資金管理団体と政党支部が2016年に集めた政治資金について、議員1人当たりの実収入の平均額を政党別に見ると、トップの自民党が5143万円で前年から12%増えたことが8日、共同通信の集計で分かった。2位民進党(3829万円)の1・3倍。議員別の収入額は上位19番目までを自民党が占めた。党所属参院議員の収入が15年比62%増の5674万円となり、16年7月の参院選を見据えて集金を強化したとみられる。

 政治資金収支報告書の中央分(11月30日公開)では自民本部の収入が241億3千万円と最多。政党支部などを含めても「自民1強」の資金力が裏付けられた。
 

わいせつ行為 岩泉町長が引責辞職へ

2017年12月09日 08時08分57秒 | 国内ニュース



岩手日報社の女性記者にわいせつ行為をしたとして、同社から厳重抗議を受けた岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)は8日、町議会に9日付の辞職を申し出て、全会一致で承認された。事実上の引責辞職で、公職選挙法の規定により町長選が来年1月までに行われる。

 伊達町長は、同社が問題を報じた6日に記者会見し、女性記者に抱きついたことを「迷惑行為」として認め、謝罪していた。一方で、昨夏の台風10号の豪雨災害への対応で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し、幻覚や幻聴が原因だったと主張し、キスやわいせつ目的は否定していた。

 町によると、一連の報道を受け、町には8日までに全国から約100件の電話や50件以上のメールが寄せられ、ほとんどが町長の辞職を促す内容だったという。伊達町長は辞職の申し出が認められた後、議場で「体調も良くなく、治療をきちっとやっていればと悔やまれる。台風10号被害の復興途中で迷惑行為を起こし、おわび申し上げる」などと述べた。
 

拾ったIC乗車券5枚 駅員が不正に使用

2017年12月09日 08時07分55秒 | 国内ニュース

みなとみらい線の元町・中華街駅



みなとみらい線の駅員の男性が勤務中などに拾ったICカード乗車券を不正に着服し、使用していたことが分かりました。

 横浜高速鉄道によりますと、みなとみらい線の元町・中華街駅に勤務する59歳の男性が勤務中や通勤中に拾ったICカード乗車券5枚、約1万1000円相当を不正に着服したうえ、使用していたことが分かりました。

男性は自動販売機やコンビニエンスストアで飲み物などを買う際に使用していて、男性が更衣室にカードを置き忘れて発覚しました。横浜高速鉄道は、男性に対して厳正な処分を検討するとともに「このような事象がおきたのは大変、遺憾で、今後は再発防止に努めて参ります」とコメントしています。
 

中国で運転手が座る「無人運転」バスの試運転 道交法に規定なく

2017年12月09日 05時23分23秒 | 中国





中国・深セン市で2日、深セン巴士集団による「スマートバス」の公開式典が行われ、同社が「無人運転」のしくみについて紹介した。

 同社によると、「スマートバス」は「無人運転」が法律上は認められていないので実現させることができず、運転手が運転席に乗車している。無人運転に関する法整備が追いつかず、技術の発展を困難にしている状態だ。近い将来は、手動運転と自動運転を融合させた「スマート運転」を取り入れるという。

 式典で公開された「スマートバス」は、車両の運行状況をリアルタイムに監視・制御する。実際の状況に応じて、手動運転に切り替えが可能だという。

 一般のバスよりも一回り小さく、定員は25人。充電は40分間で完了する。一度の充電での航続距離は150キロ。運行時速は25キロ、最高速度は時速40キロまで出せる。
 バスの運行について、深セン市交通運輸委員会は、「スマートバス」は4か月のテスト走行が済み、現在はデータ収集のための試運転期間中だ。この間、無料で体験乗車を実施し、交通量や利用客、「スマート運転」システム運行などのデータに加え、利用客の意見なども収集する。

 自動運転システムによる世界基準はレベル0から5まである。「レベル0」はすべて人が運転することを指し、システムが加速・操舵・制動といった主制御系統の操作を行うことはない。「レベル5」は完全自動運転を指し、運転手の介入を必要としない状況ですべての操作をシステムが行う。

「スマートバス」の開発を担当した深セン海梁科技の穆毅氏は、「スマートバスは少なくともレベル3以上の自動運転が可能で、運転手による操作を必要とせず、システムによってほぼすべての操作を行えるが、人工知能(AI)が対応できないような突発的な状況に備え、運転手が監視することが必要だ」と話した。

 深セン巴士集団によると、バスが起動すると自動運転中はシステムが車線変更、加速、停車などを行うが、安全を保証するために、運転手がブレーキを踏むと手動運転に切り替わるようになっているという。

 同社広報担当の羅嵐氏は、「スマートバスが普及すれば、バス運転手の疲労を軽減できると当時に、運行の安全性も強化される。運転手不足の問題も解決するだろうし、サービスの質も向上する」と話した。

 現行の中国の『道路交通安全法』には無人運転と自動運転に関する規定がまだない。また、道路の設備など法律以外でもいまだ空白の部分が存在する。(c)東方新報/AFPBB News
 

中国の公園にガラス張りトイレがお目見え

2017年12月09日 05時20分46秒 | 中国








中国南部・貴州省安竜県の公園に、周囲全体がガラス張りの個室トイレがお目見えした。
 
中国の習近平国家主席は、生活の質の向上と観光振興のため、不潔で悪臭が漂っていることで有名な国内の公衆トイレの美化を目指す「トイレ革命」を推し進めている。(c)AFP
 

観光客激増のパラオ、環境配慮の誓約書に署名義務付け 入国時に

2017年12月09日 05時19分37秒 | 世界のニュース

パラオ・ロックアイランドの浜辺を歩く中国人



西太平洋の島国パラオ政府は、国外からの訪問者らに対して、環境への配慮を約束する文書への署名を義務付けた。当局はこの革新的な措置が、観光客の急増に伴う環境へのダメージの抑制につながればと期待している。

 世界初とされるこの「パラオ誓約」はパスポートにスタンプされ、観光客は入国時に署名を求められる。

 誓約書は、「客人として、皆さんの美しい島を保護し保全することを誓います」「足運びには慎重さを、行動には思いやりを、探索には配慮を忘れないと約束します」といった文面になっている。

 日本とオーストラリアの中間付近に位置するパラオは、澄み切った海、手つかずのサンゴ礁、豊かな海洋生物を誇る世界有数のダイビングスポットとみなされ、かつては知る人ぞ知る観光地だった。

 しかし近年、観光客が爆発的に増加。主に中国からの訪問者が多く、インフラと環境の両方に負荷がかかってきた。

 自分撮り(セルフィー)のためにカメを捕まえる、もろいサンゴの上を歩く、浜辺にごみを放置するといった行為も見られ、地元住民らの間で怒りが広がっていた。(c)AFP
 

客が残した機内食を食べる中国のCA激写される

2017年12月09日 05時17分25秒 | 中国



客室乗務員(以下CA)も休憩時間に客と同じように、あの機内食を食べているのだろうか。いや、ファースト・ビジネスクラスのある路線だから、実はもっと豪華なものを食べているに違いない―旅客機においては誰もが一度はそんなことを考えるものである。だが現実は…!? 中国で今、ある旅客機のギャレーでCAについて撮影された動画が物議を醸している。

問題の動画が流出したのは、中国国内に29路線を持つ「ウルムチ・エア(Urumqi Air/乌鲁木齐航空)」。最近このエアラインのフライトを利用した乗客がSNSに投稿したもので、撮影場所はCAが機内食や飲み物の準備を行うギャレーであった。若い女性CAの目の前にはフタの取られたメインディッシュが10数個ずらりと並べられており、彼女はそれをスプーンですくってはせっせと口に運んでいる。

こんな動画の流出を受け、同エアラインは「これらは回収されたもの、つまりお客様の食べ残しです。ただしこれは会社の規定に反する行動であり、該当のCAを任務から外しました」との説明をしている。もっとも同僚CAが制止する様子もなく、その行為は暗黙の了解のなかでCAに強いられていた習慣であった感じは否めない。いずれにせよ世間に悪印象を与えることを心配した「ウルムチ・エア」であったが、微博(ウェイボー/weibo)におけるネチズンの反応は意外なものが多かったようだ。

「残った食べ物、誰も手をつけなかった食べ物をCAが食べる。何が問題なんですか。大したことではないはずです。」

「むしろ、こんな場所をこっそりと撮影してSNSに流出させる神経がわからない。」

「この動画の投稿者はすごく嫌な人間だと思う。」

CAには“クルーミール”を摂る時間があるが、それがエコノミークラス向けのメニューなのかファースト・ビジネスクラス向けの豪華メニューなのかは、エアラインごとの規定やその時の食材の余り具合、当人の好みによるのであろう。ただしフライト時間が短いのに慌ただしく食事を配り、回収するような路線においてはCAにも「美味しい」などと言いながら楽しく食事を摂る時間などない。エコノミークラス向けのメインディッシュとフルーツを少しだけパクついて終わり、あるいは食べないというCAも多いそうだ。
 

英国とEU、離脱条件で合意 協議は通商問題へ

2017年12月09日 05時15分43秒 | 世界のニュース

ベルギーのブリュッセルで行われた欧州委員会(EC)で、ジャンクロード・ユンケル委員長(右)と握手する英国のテリーザ・メイ首相



英国と欧州連合(EU)は8日、英国のEU離脱の条件について合意した。これに先立ち、テリーザ・メイ英首相と欧州委員会のジャンクロード・ユンケル委員長が、ベルギーの首都ブリュッセルで早朝から協議を行っていた。

 欧州委員会は、アイルランドとの国境問題や英国が支払う清算金、在英のEU加盟国出身者らの権利保障など離脱に関する問題において、英国との間で「十分な進展あったと勧告する」と表明。「3つの優先分野それぞれで十分な進展がなされたことに満足している」と述べた。
 今回の合意により、今月14~15日に行われるEU首脳会議で、貿易や移行期間について協議する第2段階の交渉開始に向けた道筋が見えたことになる。

 メイ首相とユンケル委員長は4日にも離脱交渉の進展に向け協議を行ったが、メイ氏率いる保守政権に閣外協力している北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)が北アイルランドの国境管理の条件について強く反対。通商交渉開始に向けた期限を10日まで引き伸ばしていた。(c)AFP