Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

日本高校ダンス部選手権・ビッグクラスで大阪府立登美丘が準優勝

2017年09月02日 21時02分49秒 | 国内ニュース




女子高生に「その服、どこで準備したの?」 返答に震えあがった

2017年8月17日に開催された『第10回 日本高校ダンス部選手権』の、ビッグクラス部門で準優勝に輝いた大阪府立登美丘高校ダンス部。
バブル時代を彷彿とさせる衣装に身を包み、キレのあるダンスで大きな注目を集めました。

そこで話題にあがったのが、彼女たちの衣装。いまでは見かけなくなった『ボディコン衣装』を、まだ高校生の彼女たちは、どこで手に入れたのかと気になっている人が多くいました。
その謎が、8月30日に放送された『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)で明かされ、大人たちを震え上がらせています。
その答えは予想していなかった!

番組の密着取材を受けた、大阪府立登美丘高校ダンス部。取材の中で、レポーターが生徒に対して「衣装はどうやって準備したのか」質問をします。
すると…。

「おばあちゃんから貰いました」

戦え!スポーツ内閣 ーより引用
お母さんではなく、まさかのおばあちゃん!
まさかこんなところでジェネレーションギャップを受けることになろうとは、誰も予想していなかったのでしょう。

時の流れの早さを感じさせる返答に、ネットでは動揺する声が多数寄せられています。
お母さんの間違いじゃなくて?「ひぃっ!」ってなった…。そんなバカな。

バブルがはじけて、約30年。「たった30年」と感じるか「もう30年」と感じるかは、大きな違いです。

女子高生の間でバブル時代が「こんな人たちがいたらしいよ」などと、噂話や昔話のように語られる日は、近いのかもしれません…。







この記事をはてなブックマークに追加

【今週の35】NHK天気予報 ブルゾン千佳

2017年09月02日 21時01分12秒 | 世界のニュース

【NHK気象情報でブルゾンネタ 酒井キャスターが「35億」ならぬ「35度」】 

 フリーアナウンサーで気象予報士の酒井千佳(32)が30日、NHK「おはよう日本」の気象情報に出演した際、お笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)をネタにした予報を行った。
 酒井アナは「午前中を中心に晴れて暑くなりそうです」と話した後、突然トーンを変え「じゃあ質問です。今日の東京の気温は何度まで上がるでしょうか?」と言い出すと、後ろを向いて髪をかき上げた。














この記事をはてなブックマークに追加

イスラム教の大巡礼「ハッジ」、大集結する巡礼者とバス

2017年09月02日 20時00分09秒 | 世界のニュース
















サウジアラビアでは、息が詰まるような暑さの中、イスラム教の大巡礼「ハッジ(Hajj)」が最高潮を迎えた。

 巡礼者たちは1日、5階建てのジャマラート橋(Jamarat Bridge)で行われる、悪魔に見立てた石柱に石を投げつける儀式に参加するため、焼け付くような日差しの下を聖地メッカ(Mecca)の近郊ミナ(Mina)に集まった。この地では2015年に圧死事故が起き、約2300人が死亡している。

 国営サウジ通信(SPA)は8月31日、今年のハッジには国外からの175万人を含む235万人以上が集まったと報じた。

 5日間にわたる大巡礼が最高潮を迎える中、当局は1日、今年ミナでは大きな健康・安全上の問題や混乱は起きていないと述べている。(c)AFP


この記事をはてなブックマークに追加

万景峰、ロシアが入港拒否 制裁影響で使用料払えず

2017年09月02日 19時58分19秒 | 世界のニュース



北朝鮮北東部の羅先とロシア極東ウラジオストクを結ぶ北朝鮮の貨客船「万景峰」について、ロシアの港湾当局が8月下旬、港湾使用料の未払いを理由に、入港拒否を通告したことが2日、分かった。万景峰は現在、運航を停止中。国連の北朝鮮制裁の影響で運航会社は利益を出せず、使用料を支払えずにいる。核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に資金をもたらし制裁の抜け穴になると懸念されていた露朝間初の定期航路は3カ月で廃止となる可能性が出てきた。

 万景峰は5月の航路開設以降、羅先とウラジオストクを週1回往復し、毎回、北朝鮮国籍の約40人の乗組員が乗船。給料の約40%を同国政府に納めていた。

 しかし、国連制裁により北朝鮮からの海産物の輸入や労働者の新規受け入れが禁止されたことで、期待していた利益が上げられなかった。当初100人以上を見込んだ乗客が10人に満たないこともあった。(共同)


この記事をはてなブックマークに追加

水原希子の“トイレ写真”が物議 芸能人とSNSの危うい関係

2017年09月02日 17時31分55秒 | 世界のニュース



 女優の水原希子(26)が自身のインスタグラムに投稿した一枚の写真が物議を醸している。

 先月29日に更新されたもので、水原がシャツ一枚でトイレに座って笑っている。スラリとした美脚に目がいってしまうとともに、さまざまな想像をさせる写真だ。今月16日には水原が出演する映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」が公開予定で、その“宣伝”の意味もあるのだろう。

 この一枚を巡っては、「かわいすぎ」との声がある一方で、「少しやりすぎでは」「話題作りか」などの見方も出ている。水原のインスタが注目されるのは、今回が初めてではない。以前にも乳首がポチッと浮いた写真や背中がパックリ開いたセクシー姿を投稿。ネット上は大騒ぎとなった。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「水原さんの写真は、外国では『アートだね』と言われるものですが、日本文化の中では、なかなか受け入れられないかもしれません。芸能人のインスタやフェイスブックで期待されていることは、普段見ることができない“素の姿”です。トイレの写真はプライベート中のプライベートなもの。かっこいい、オシャレと感じている人も多いでしょう。水原さんのインスタは以前から一貫していて、“ブレ”がないと思います」

 芸能人にとってインスタなどのSNSは、うまく使えば話題作りやいい宣伝になるのだが、“もろ刃の剣”でもある。最近では、女優の真木よう子(34)がツイッターで、テレビの視聴率にまつわるきわどい内容を投稿し、ひと騒動に。その後もコミックマーケットへの参加を表明したが、これも物議を醸し、すぐに撤回に追い込まれた。現在はツイッターも削除され、現在主演するドラマの収録をドタキャンしたと報じられるなど、散々な展開となっている。

「歌手の小林幸子さんのように、ネットを使って人気を盛り返した成功事例もあるが、安易に乗っかると大変なことになることもある。真木さんのケースはその典型でしょう。最初に炎上した時点で、『SNSは始めたばかりで、よくわかりません。誰か教えてください』という感じで、目線を落とせばよかったと思います。“素の自分”をさらけ出すことで、共感を得られることも多いからです」(前出の井上氏)

 お手軽に注目を集めようとすれば、すぐに見抜かれてしまうということか。


この記事をはてなブックマークに追加

大坂なおみ、“謎発言”に全米大ウケ「抱腹絶倒」 苦戦の理由はテレビCMの妄想?

2017年09月02日 17時30分02秒 | 世界のニュース



2回戦を辛勝、試合後会見の天然ぶりに大注目「…というコマーシャル知ってます?」

 テニスの全米オープンで、世界ランク45位の大坂なおみ(日清食品)は前回女王から大金星を挙げるなど、快進撃を演じている。現地でも大きな注目を集めている19歳だが、米メディアでは2回戦に苦戦した不思議すぎる理由に大注目。「抱腹絶倒」と大ウケしている。

 パワフルなテニスと天然なキャラクターで、大坂はアメリカで爆発的に人気を高めている。1回戦で前回女王の世界ランク6位アンゲリク・ケルバー(ドイツ)を撃破したことでも大きく特集された大坂だが、米紙「USAトゥデー」電子版は、愉快な発言に注目した。
「ナオミ・オオサカはUSオープンで彼女の心がここにあらずの時、いったい何が起きたのか抱腹絶倒の説明をする」と特集。クローズアップされたのは、2-1で辛勝した2回戦のデニサ・アレルトバ戦(チェコ)後の記者会見だった。

「あなたは試合中に心がここにあらずになったと話していましたが、それではどこに行ってしまったのでしょうか?」

 記事によると、ストレート勝ちで圧巻のケルバー戦と対照的に世界ランク90位を相手に集中力を欠いた戦いになった大坂には、こんな質問が飛んだ。すると、大坂はなんとも理解しがたい“謎発言”を返した。

想像を遥かに超えていた“謎発言”「なんでこんなことを考え続けるのかしら」
「なんてことなの。練習中もそうだったの。練習中にずっと……。もし、あなたやあなたの愛する人間が中皮腫と診断されてしまったら、というコマーシャルを知ってます? 練習中にこのことばかり考えていたの。なんでこんなことを考え続けるのかしら、という感じだったの」

 大坂の集中力欠如の理由は想像を遥かに超えていた。アスベストなどで引き起こされる病気の危険性を啓発するテレビCMを思い出し、なぜか心を奪われてしまったという。
「セットの合間も女性がフィールドを走り回るコマーシャルのように見えていたの。本当にいい練習だった。でも、心はここになかった。体が勝手に動いていた感じね。変な1日だったわ」

 19歳のシンデレラガールの不思議な世界に、米メディアもさらなる興味をかき立てられた様子だった。

 ファンから「ベイビー・セレーナ」「リトル・セレーナ」と呼ぶなど、女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者としても期待を集めているが、実力だけでなく独特なキャラクターも注目を集める要因となりそうだ。


この記事をはてなブックマークに追加

閉鎖期限直前に煙突から黒煙、米のロシア総領事館

2017年09月02日 17時29分04秒 | 世界のニュース



(CNN) ロシアによる米外交官追放への対抗措置としてトランプ米政権がサンフランシスコのロシア総領事館などの閉鎖を要求した問題で、サンフランシスコの消防当局は2日までに、同総領事館の煙突から黒煙が上がるなどの動きがあったことを報告した。

閉鎖措置の発表は先月31日で、黒煙が上がったのは1日。閉鎖期限は2日までだった。
同市消防当局はツイッター上で、火事ではないとし、問題はなかったとも説明した。ただ、黒煙の発生は臆測も呼んでおり、米カリフォルニア州選出の連邦下院議員はツイッターに、総領事館でスパイ活動が続いていたとの疑問があるとしても、黒煙で消えたと書き込んだ。
米外交官の追放や総領事館閉鎖などの米ロ関係の冷え込みは、ロシアによる昨年の米大統領選への介入疑惑や米国の対ロシア制裁措置に根差している。

米政府は総領事館閉鎖の措置と共に、首都ワシントンとニューヨークにあるロシア政府関連施設の閉鎖も求めていた。


この記事をはてなブックマークに追加

世界で1台のフェラーリ、日本の納屋で40年ぶりに発見

2017年09月02日 17時28分03秒 | 世界のニュース



(CNN) イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリの「365GTB/4」シリーズのうち、世界に1台しかない公道走行用のアルミニウム製車両が約40年ぶりに日本の納屋で見つかり、今月9日に競売にかけられることがわかった。

フェラーリは1969~73年の間、1200台以上の365GTB/4を生産した。365GTB/4は2人乗りのグランドツーリングカーで、最高時速は約280キロ。「デイトナ」という非公式の愛称が付けられている。

フェラーリは、米フロリダ州デイトナで開かれるデイトナ24時間耐久レース出場に向けて軽量合金バージョンを5台生産。このうち公道走行用の車は今回発見された1台だけ。
同車の車体番号は12653で、車体全体にアルミを使用している。1950年代から自前の工場でフェラーリの車体組み立てを担当してきた著名デザイナー、セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたものだ。

同車が完成したのは69年。71年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。何人か持ち主が変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まった。

イタリア北部マラネロにあるフェラーリの工場で今月9日、同社史上最大規模のオークションが行われ、発見された状態のまま修復を施さずに出品される。競売元のRMサザビーズによれば、170万ユーロ(約2億2千万円)の落札額を見込んでいるという。


この記事をはてなブックマークに追加

パリ、公園の一部を「ヌーディスト」に開放

2017年09月02日 17時27分01秒 | 世界のニュース



(CNN) パリ市はこのほど、同東部にある「バンセンヌの森」公園内の一部をヌーディストたちの専用区域として開放する実験的な措置を開始した。8月31日から10月15日までの期間限定となっている。

ヌーディストたちの権利などを守るため周辺にはこの措置に関する掲示板が立てられ、のぞき行為などに警告を発している。

パリの公園行政を担当する副市長は地元のAFP通信に宛てた声明で、国内には260万人以上の裸体主義者がいると指摘。今回の開放は公共空間の利用方法の一環とした。また、ヌーディズムが受け入れられているドイツ、スイスやスペインに触発されたとの動機も明らかにした。

1953年から活動を始めたパリのヌーディスト協会は今回の措置に触れ、「真の喜びだ」と歓迎。同協会のメンバーはこれまで、週に3度、プールでヌードになったり、ジムで裸で体を鍛える活動などを実施してきたという。


この記事をはてなブックマークに追加

米警官、患者の血液提供を規則で拒んだ看護師力ずくで拘束

2017年09月02日 17時25分20秒 | 世界のニュース







米ユタ州の警察当局は、意識のない患者の血液サンプルの提出を拒んだ看護師の身柄を警察官が力ずくで拘束する映像が公開されたことを受け、事件の捜査を開始した。

 事件が起きたのは、ユタ州ソルトレークシティーの大学病院。警察官のボディーカメラの映像に、看護師のアレックス・ワブルズさんが同病院から手荒に連れ出されて手錠をかけられ、大声で助けを求める様子が捉えられていた。

 病院の広報担当者スザンヌ・ウィンチェスター)氏によると、ワブルズさんはパトカーに乗せられ、病院の事務職員が介入して約20分後に釈放された。
 
ウィンチェスター氏はAFPに対し、患者の血液サンプルは患者側の同意、または当局の令状があるか、患者が逮捕されている場合でなければ警察に無断で提出することは許されておらず、今回はいずれの条件も満たしていなかったため、ワブルズさんは規則に従ったまでだと説明。

「常軌を逸している。誰もが非常にショックを受けた。当院の職員にとっては動揺する出来事だった」と同氏は述べた。
 映像には、パトカーに無理やり連行されるワブルズさんが、「やめて、やめて。私は何も間違ったことはしてない。こんなのおかしいでしょ。お願いです。痛い」と警察官に訴える様子が映っている。

 この事件が起きたのは7月26日だが、ワブルズさんが8月31日に記者会見を開き、映像を公開した。(c)AFP


この記事をはてなブックマークに追加

東京新聞記者、北ミサイルでまた質問連発

2017年09月02日 13時11分46秒 | 国内ニュース




菅義偉官房長官の1日の記者会見で、東京新聞の記者が前日に続いて北朝鮮の弾道ミサイル発射をめぐる政府対応について質問を連発した。

 東京の記者は、北朝鮮による8月29日の弾道ミサイル発射の前夜に安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したのは、政府が発射の兆候をつかんでいたとの前提に立って質問を連発。「ミサイル発射の情報がありながら、国民に早い時点で通知しなかった理由は、安全だ、問題ないということか」「前夜になぜ、私たちが知らされなかったのか」などと問い詰めた。
 
ミサイル発射の兆候を、政府がどの時点でどの程度把握していたかを公表することは、日本の情報収集能力を明らかにすることを意味する。菅氏は「事柄の性質上、答えることは控えたい」「この場で発言するのを控えるのは当然のことじゃないでしょうか」などの回答に徹した。

 ただ、それでも東京の記者が質問を止めないため、菅氏は「(北朝鮮が)性善説のような質問ですけども」とチクリ。その上で「国連決議を何回となく破る無法な国家だ。そうした国に対して、ありとあらゆる対応を取って、国民の安心、安全を守る。これは政府の責務で、それに基づいてしっかりと対応している」と語気を強めて回答した。


この記事をはてなブックマークに追加

華人の男がカンガルーをナイフで19回刺す、虐殺動画に批判殺到—豪州

2017年09月02日 13時09分41秒 | 世界のニュース



オーストラリアで華人の男がカンガルーを虐殺する動画がネット上に広まり、批判が殺到している。
2017年9月1日、環球時報によると、オーストラリアで華人の男がカンガルーを虐殺する動画がネット上に広まり、批判が殺到している。

ネット上で公開された動画には、負傷して地面に伏しているカンガルーにナイフを持った中年の男が近づき、しっぽを蹴ったうえで頸部に19回ナイフを刺す様子が映っていた。カンガルーは苦痛に叫び声を上げており、最後には男は息絶えたカンガルーに向かって大笑いしている。

関係者によると、当時男が所属する狩猟クラブのメンバーがカンガルーに向けて発砲。距離が遠かったために射殺できなかったが、足を負傷して動けなくなっていたカンガルーを見た男が興奮してナイフで刺し始めたという。オーストラリアの法律では、カンガルーの捕殺は狩猟免許を持った人物が銃で仕留めることと規定されており、虐殺は重大な法律違反にあたるという。

豪放送局ABCは8月31日、男が30日の夜に野生動物傷害罪で逮捕され、すでに保釈されたと報道。3万8000豪ドル(約330万円)の罰金と6〜24カ月の禁固が言い渡される可能性があると伝えている。

動画を見た現地のネットユーザーは怒りを爆発させており、動物保護機関に大量の苦情が寄せられた。また、現地在住の華人も「華人の名声を傷つけた。厳罰に処すべきだ」との意見で一致しているという。男は遼寧省の瀋陽からメルボルンに移住し、骨董業を営んでいたとみられ、SNSアカウントのプロフィールには「究極の目標はアフリカのサイを狩ること」などと書かれていたという。


この記事をはてなブックマークに追加

テレ東キャスター降板の“現場セクハラ”は日常茶飯事!? ADを苦しめる「モラル崩壊」

2017年09月02日 10時29分40秒 | 国内ニュース



テレビ東京の報道番組『ゆうがたサテライト』の進藤隆富キャスターが、ADへのセクハラにより番組を降板していたことがわかった。

「週刊文春」(文藝春秋)によると、進藤キャスターは7月下旬、番組スタッフとの飲み会の後、20代の女性ADを別の店に連れ出し、キスを迫るなどしたという。記事では、テレ東の広報から「社内規程の違反があったため処分した」との回答があったことも記載されている。

 この件について、ある全国ネット局の番組ディレクターら制作スタッフの間でちょっとした議論が持ち上がっている。

「キス迫ったぐらいで降板なら、ウチのMCはいなくなる」
 SNSにこう書いたのは同局の情報番組ディレクターで、自身が制作している番組の司会者は、酒の席で女性ADの胸をわしづかみにしたり、性的な質問攻めにしたことがあったが、笑い話で終わったという。さすがにマズい暴露だったか、2日後にはその記述は削除されていたが、このディレクターは進藤キャスターの件について「こんなの大問題にすることかね」と処分に異を唱えていたため、同局の女性たちから批判が殺到したのである。
「ADへのセクハラは本当にひどい。被害に遭っている女性はたくさんいて、ようやく最近はコンプライアンスが厳しくなってきたのに、いまだにこういう意識の低い人間が現場には複数いる」

 こう話すのは、AD出身で自身もセクハラ被害者だという女性ディレクター。ほかの女性ADからも「偉そうな出演者が立場を利用してセクハラをしてくることがよくある」という話が上っている。

 また、テレビ朝日の情報番組を担当していたという女性ディレクターからは「現場のセクハラ、パワハラがひどくて辞めた。先日はプロデューサーに蹴られたADが泣いているのに、何も処分されなかった」との具体的な証言も飛び出しているほどだ。

 テレ東の件が他局の問題に飛び火している様相だが、それだけ進藤キャスターの降板はショッキングな話である。進藤キャスターは主に経済畑で記者やディレクターを務めた後、2010年から人気番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』を担当。一時、ニューヨーク支局に勤務していたが、昨年11月から『ゆうがたサテライト』を任された。「フィールドキャスター」を名乗る現場取材派で、過去に番組ホームページに「趣味・ケロロ軍曹」と書いていたことから、視聴者からは「軍曹」のニックネームで親しまれていた。

 かつて一緒に仕事をしたことがあるというテレ東の元ディレクターによると「現場では、ときどきオタク心をくすぐることを言っていたのが好評で、愉快なオッサンという感じだった」という。

「幕張でのゲームショー取材では、自らゲーマーであることを公言したり、無知な女子アナそっちのけでマニアックなアニメの話をすることもありました。社会問題を深く突っ込むよりも、そういうやんわりした話のほうが向いているんじゃないかと思うほど。女性スタッフにも割と人気があった人なので、本人はセクハラというより、恋愛のつもりだったのかもしれませんけどね」(同)

 過去、番組では自分の結婚披露宴の経験談を基に、若い女子アナにアドバイスをしていたこともある進藤キャスターだったが、前出の元ディレクターは「進藤さんはセクハラに厳しいアメリカで働いてきたのに、そこを学んでこなかったんですかね」と首をかしげている。
(文=片岡亮/NEWSIDER)


この記事をはてなブックマークに追加

トランプ氏“人種差別”有罪元保安官に恩赦

2017年09月02日 08時01分37秒 | 世界のニュース


 アメリカのトランプ大統領は25日、人種差別的な取り締まりを続けたとして「有罪」宣告を受けたアリゾナ州の元保安官に対し、恩赦を与えると発表した。

 アリゾナ州のアルパイオ元保安官は今年7月、中南米出身の不法移民らを狙い撃ちにした差別的な取り締まりを続けたとして、有罪の宣告を受けていた。ホワイトハウスは25日、この元保安官について、「犯罪や不法移民から公衆を守るという職務を55年以上も続けてきた」と説明し、トランプ大統領が恩赦を与えたと発表した。

 この恩赦で、白人至上主義者を擁護していると批判されている大統領への反発がさらに高まることは必至。元保安官は「(トランプ大統領は)政治的な魔女狩りだと理解してくれた」とコメントしていて、28日に記者会見を開くという。



この記事をはてなブックマークに追加

トランプ氏、「全米一タフな保安官」に恩赦 人種差別の批判

2017年09月02日 07時30分00秒 | 世界のニュース



ドナルド・トランプ米大統領は25日、法廷侮辱罪で有罪判決を受けていたアリゾナ州の元保安官ジョー・アルパイオ氏(85)に恩赦を与えた。アルパイオ氏の移民に対する強硬な姿勢は、物議を醸していた。

自称「全米一タフな保安官」のアルパイオ氏は、法律違反を犯していない移民の拘束を止めるよう指示する2011年の裁判所命令に背き、有罪判決を受けていた。

トランプ氏はアリゾナ州フィーニックスの支援者集会で恩赦を発表した。会場の外には大勢のトランプ氏に抗議する人たちも集まっていた。

アルパイオ氏は、2016年の大統領選でトランプ氏の選挙演説にしばしば登場した。

アルパイオ氏は特に早い段階からトランプ氏を支持していた一人。一方のトランプ氏は大統領当選前から、「法と秩序の候補者」を自認していた。

アルパイオ氏はラティーノ系不法移民を強硬な手法で取り締まるほか、不法移民の疑いのみを根拠にスペイン語話者を多数拘束し、全国的に有名になった。不法移民を取り締まる権限は、連邦捜査員に限られている。

共和党の保安官だったアルパイオ氏は、州法違反の疑いのない移民を拘束してはならないという2011年12月の裁判所命令に意図的に違反したため、今年7月末に法廷侮辱罪で有罪判決を受けた。量刑言い渡しは10月の予定で、禁錮6カ月の実刑判決を受ける可能性があった。

テント・シティー

アルパイオ氏はマサチューセッツ州スプリングフィールド出身。米軍を経て、警察官になった。
1993年に初めてマリコパ郡の保安官に当選し、その後5回再選されたものの、2016年11月に落選した。
マリコパ郡には人口400万人以上の州都フィーニックスがある。そのうち約30%はラティーノだ。

アルパイオ氏は1993年、不法移民を収容する屋外刑務所「テント・シティー」の建設で初めて大々的に知られるようになった。「犯罪にはタフ」に対処することを売りとしていた保安官は、屋外刑務所は過密状態の刑務所に対する、タフな解決策だと自賛していた。



アルパイオ氏は囚人たちにピンクの下着と靴下、そして昔ながらの白黒しま模様の囚人服を着せたことで知られた。受刑者たちはアリゾナ砂漠の酷暑の中、屋外で生活させられた。
保安官はさらに、チェーン・ギャング(囚人を鎖でつなぎ屋外作業をさせること)を復活させた。女性受刑者たちが、生活環境の改善と引き換えに自発的に参加する、チェーン・ギャングもあった。
アルパイオ氏に勝利し当選した民主党のポール・ペンゾーン新保安官は今年4月、フィーニックス市の屋外刑務所を閉鎖すると発表した。

法廷闘争

2007年には複数のラティーノ系住民が、保安官の部下たちがパトロール中の職務質問対象を人種で選別しているとして、アルパイオ氏に対し集団訴訟を起こした。

連邦地裁のマリー・スノウ判事は2011年、在留資格を根拠にした移民の拘束をアルパイオ氏に禁止する一時差し止め命令を下した。

さらに2013年、スノウ判事はアルパイオ氏率いる保安官事務所が、ヒスパニック住民を不当に職務質問の対象にしていると判断し、禁止命令を恒久的なものにした。

この裁判を機に、保安官は連邦当局の捜査対象となった。その結果、ヒスパニック系の受刑者がスペイン語を話したからと処罰したことを含め、複数の公民権侵害の疑いで、司法省がアルパイオ氏を訴追した。

アルパイオ氏はこの司法省の捜査を「魔女狩り」と表現。事件は2015年に和解が成立した。

早い段階からトランプ氏支持

アルパイオ氏はトランプ氏と共に、バラク・オバマ前大統領は米国出身ではないと主張し、その出生証明書の信ぴょう性を疑問視する運動の中心的存在だった。

2012年にアルパイオ氏がオバマ氏の市民権について「未解決事件を捜査組織」を作った際、トランプ氏はアルパイオ氏を大いに応援。ツイッターでも、「バラク・オバマの『出生証明書』は偽だと主張する未解決事件捜査を成功させた
@RealSheriffJoe(アルパイオ氏のアカウント名)、おめでとう」と書いていた。
Skip Twitter post by @realDonaldTrump


この記事をはてなブックマークに追加