Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

中3女子を大麻所持疑いで逮捕 合成麻薬所持でも追送検、京都

2019年03月25日 17時43分59秒 | 国内ニュース

自宅で大麻を所持したとして、京都府警少年課と伏見署が大麻取締法違反(所持)の疑いで、京都市内の中学3年の女子生徒(15)を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。生徒は「インターネットを通じて大麻を購入した」との趣旨の供述をしているといい、府警が入手経路の特定を進めている。

 また、府警は25日、女子生徒が合成麻薬MDMAも所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで追送検した。

 捜査関係者によると、女子生徒は3月上旬、市内の自宅で突然、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。その後の尿検査で大麻の陽性反応があり、室内から乾燥大麻が見つかったことから、今月7日に逮捕した。

 女子生徒は「ネットで見知らぬ人から買った。今年1月ごろに吸い始めた」などと供述しているという。


 若年層の大麻所持を巡っては、京都市内の中学3年の男子生徒=当時(15)=が昨年10月、大麻取締法違反(所持)の疑いで府警に逮捕されている。

(京都新聞)


大麻所持疑い中3女子逮捕、京都 「眠るために使った」

2019年03月25日 16時04分49秒 | 国内ニュース

 京都府警は25日までに、大麻を所持したとして、大麻取締法違反の疑いで、京都市内に住む中学3年の女子生徒(15)を逮捕した。逮捕は7日付。

 逮捕容疑は1日、自宅で大麻草を所持した疑い。

 府警によると、生徒は「インターネットで知り合った男性から買った。1月下旬に吸い始めた。家族のことで悩んでいて眠れなかった。眠るために使った」という趣旨の供述をしている。

 府警は今月25日、自宅で合成麻薬MDMAも所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで追送検した。

共同通信


ジャガー横田の夫・木下医師、“新元号”をフライング発表? ネットで批判の声殺到

2019年03月25日 16時03分21秒 | 国内ニュース



ジャガー横田の夫で、医師・タレントの木下博勝氏が自身のブログで「新元号」を発表し、物議を醸している。

 木下医師は24日にブログを更新し、「新元号は、『永光』で決まり?」というタイトルのエントリーを投稿。その中で「4月1日に発表予定の新元号ですが、以前武田氏(原文ママ)の予想されているいくつかを紹介させて頂きました」と、5月1日から施行される新元号について触れ、「その中にも御座いました、『永光』に決まったとの未確認情報が入りました」と情報源は明かさないながらも、新元号が決定したといった文面をつづった。さらに、木下医師は「約1週間後には、その真意が判明しますが、いかに」とし、「因みに僕は、徳弘(原文ママ)、押しでしたが。皆さんは、いかがですか?」と記していた。

 しかし、新元号については、政府が以前から公表前の漏洩を防止するために情報管理を徹底することを明かしており、事前に漏れれば差し替えることも発表されている。正式には4月1日に閣議決定されるとのことだが、菅義偉官房長官は、14日に新元号の考案を複数の有識者に正式に委嘱したことを明らかにしており、選定作業は現在、最終段階。木下医師がどのようなルートで「永光」に決定したという情報を聞いたのかは不明ではあるものの、ネットからは「これを書いた時点で例え候補になっていても除外されます。そんなことも知らないの?」「新元号漏れたら変わるってあれだけテレビで言ってるにこういうことするんだ…」「情報知って浮かれる気持ちも分かるけどブログで公表する意味が分からない」という声が殺到。炎上する事態になっている。

 果たして木下医師の情報は正しいのだろうか。来月1日の発表にも注目が集まる。

記事内の引用について
木下博勝公式ブログより https://ameblo.jp/0120kinoshita/

リアルライブ


386キロの大物クロマグロ 今年最大、和歌山で水揚げ

2019年03月25日 13時08分33秒 | 国内ニュース

386キロのクロマグロの水揚げを喜ぶ児玉保彦船長
25日朝、和歌山県那智勝浦町



はえ縄漁法による生鮮マグロの水揚げ量が国内有数の和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場に25日、同市場で今年最大となる386キロ、全長2.6メートルのクロマグロが水揚げされた。刺し身にすると約2千人分になるという。

 21日にも308キロのクロマグロが水揚げされたばかりで、相次ぐ「大物」に市場関係者は顔をほころばせている。

 宮崎県の川南町漁協に所属する直喜丸(19トン)が勝浦漁港から約470キロ離れた高知・室戸岬沖で22日午後4時ごろに取った。1キロ当たり5690円で落札された。

共同通信


川内優輝選手、地元の久喜マラソンで公務員ラストラン 忍者コスプレ

2019年03月25日 12時15分32秒 | 国内ニュース

久喜高の同僚らの応援を受け、ゴールテープを切る川内優輝選手



「県庁の星」と呼ばれ公務員ランナーとして活躍し、4月からプロに転向する川内優輝選手(32)が24日、地元の久喜市で開催された「よろこびのまち久喜マラソン大会」に参加した。忍者姿の川内選手は沿道から多くの声援を受けながら、市民ランナーとしてのラストランを笑顔で飾った。

 「忍」の鉢巻き、口元まで覆った黒の忍者姿に身を包み、弟の鴻輝さんらと共にハーフマラソンに出場した川内選手。アニメの聖地として知られる地元を意識し、毎年久喜マラソンにはユニークなコスプレ姿で出場して観客を楽しませている。「暑かった」と最後は苦しい表情となったが、ゴール前で競り勝ち3位でゴールした。

 県立久喜高校定時制職員として勤務している川内選手は、3月で県庁を退職する。ゴール付近では久喜高の同僚たちが手作りの横断幕を掲げて応援していた。同校の竹本淳校長(59)は「模範的な仕事ぶりで他の職員からも信頼されていた。寂しさもあるがご自身が選んだ道。今後は一ファンとして、川内さんを応援していきたい」。

 同僚の同校定時制職員五藤諒さん(32)は「土日にレースに出場して月曜日に仕事している姿を見て、本当にすごいなと思っていた。お世話になったので、感謝の思いを込めて応援できて良かった」と話した。

 レース後には多くの観客が見守る中、他のゲストランナーと共にトークショーに登場。食事やトレーニング方法、レースに関する市民ランナーからの質問に一問一問、丁寧に答えていた。今後については「たくさんレースに参加するスタンスは崩さずに、これからも各地の大会に出場していきたい」と話していた。

 5月に結婚する川内選手。その後の記者会見では「地元の大会ということで、結婚おめでとう、頑張ってとたくさん声を掛けてもらった。(市民ランナーとして)最後に久喜で走れたのは感慨深い」と語った。「これまで恵まれた温かい職場で働かせてもらえてうれしい」と応援に駆け付けた同僚らにも感謝の思いを口にしていた。

 プロ転向、結婚と転機を迎える川内選手。「人生で初めて陸上、マラソンを専門とする生活となり、いろいろな可能性も広がっている。今まで以上に埼玉に貢献し、恩返しができれば」と真っすぐなまなざしで力強く話していた。

(埼玉新聞)


いのししに92歳がくわで応戦

2019年03月24日 20時57分32秒 | 国内ニュース



24日午前8時前、神奈川県小田原市で畑作業をしていた92歳の男性がいのししに襲われ両手などにけがをしましたが、男性は持っていたくわで応戦し、いのししはその場で死にました。

24日午前7時50分すぎ、神奈川県小田原市早川の畑で、隣の家に住む92歳の男性の娘から「父親がいのししに両手をかまれてけがをした」と消防に通報がありました。

市によりますと、男性はいのししにかまれて両手と右足にけがをして病院に運ばれました。
一方、いのししは畑で死んでいるのが見つかったということです。

家族によりますと、男性は午前7時半ごろに畑に出かけて作業を始めたところ、すぐにいのししに襲われてけがをしましたが、自力で自宅に戻ってきたということです。
そして、妻に対し「いのししに襲われて、はじめ、つえでたたいたものの、つえが折れたので持っていたくわで応戦した」と話したということです。

男性の妻はNHKの取材に対し、「20年以上にわたって畑作業を夫婦でしているが、朝にいのししの足跡を見ることはしょっちゅうあったものの、直接、その姿を見ることはなかったので驚いています。これからは畑での作業中も気をつけなければいけないと思っています。夫は襲われましたが、なんとかけがで済んでよかったです」と話していました。

(NHK)


政府専用機 新旧の交代式 B747からB777へ

2019年03月24日 20時23分34秒 | 国内ニュース

上が次期専用機








四半世紀にわたり天皇陛下や総理大臣の外国訪問などの任務に当たった政府専用機が新しい専用機と交代することになり、記念の式典が北海道千歳市で行われました。

現行のボーイング747型機の政府専用機は平成5年から26年間にわたって、天皇陛下の海外訪問や総理大臣の外遊などで世界100の国と地域に降り立ちましたが、整備に費用がかかることから今月31日で新しい専用機と交代します。

24日は、航空自衛隊千歳基地で政府専用機の交代式が行われ、およそ150人が出席しました。
式典では現在の政府専用機の機長から、搭乗口の扉に掲げられていたタカが描かれた直径40センチのエンブレムが、新しい機体を運用する機長に引き継がれました。

新しい機体、ボーイング777ー300ERはこれまでよりも燃費が向上するほか、飛行中でも無料の無線通信Wi-Fiのサービスを利用することができます。

防衛省によりますと、現在の政府専用機は民間に売却される予定で、機内の貴賓室にあるいすやテーブルなどの調度品は今後、静岡県の航空自衛隊浜松基地で公開されるということです。

(NHK)


野村克也の「イチロー評」まごうことなき天才、だが好かん!

2019年03月24日 20時12分15秒 | 国内ニュース



3月20日、7年ぶりに、マリナーズのイチローが日本で開幕戦を迎えた。そしてイチローは3月21日、東京ドームでおこなわれたアスレチックスとの2戦め終了後に記者会見を開き、現役引退を表明した。28年のプロ生活で、日米通算4367安打という記録を打ち立てた、偉大なるヒーローだ。

 そんなイチローの天才ぶりを、「ノムさん」こと名将・野村克也氏が語った(取材は引退発表前)。

「彼とは同じチームになったことはないし、話をした記憶すらない。しかし、私はイチローが好きではない。彼の仕草や態度、物言いを見たりしていると、『俺は人とは違うんだ。特別なんだ』と思っているように感じられるからだ。

 話している内容も、私のような凡人には参考にならない。野球に対する考え方、野球観も私とは違うように思う。

 周囲は彼を『天才』と呼ぶ。私は彼を好きではないが、この部分では同意するしかない。打者における天才の定義は、多く存在するが、私は『変化球を苦にしない打者』だと思う。

 投手は打ち取るために速球と変化球、いわゆる緩急を使ってくる。打者は、まず速球を頭に入れ、そして変化球に対応するが、これが非常に難しい。

 私は4年めに本塁打王になり、自信をつけた。だが、それから突然打てなくなった。それは、緩急を使われたからだ。速球を待っていて変化球がくると対応できなかった。

 だが、あらかじめ変化球がくるとわかっていたら打てる。そこでスコアラーに配球を記録してもらい、徹底的に対策を練った。そうして、私は各球団のバッテリーの傾向を知ることになり、『次は変化球だ』と “読む” ことを覚えた。

 しかしイチローは、そんな面倒くさいことをしなくても打てる。速球を待っていて変化球がきても、体がとっさに反応してくれる。そこが『天才』たる所以だと思う。

 彼を初めて見たのは、1992年のオープン戦だったと思う。フリーバッティングを見て、すぐにいい選手だということはわかった。

 同時に、なぜヤクルトのドラフトのリストに載っていなかったのかが、不思議だった。聞くと、イチローを投手として見ていたという。ため息をつくしかなかった」

(週刊FLASH 2019年3月26日号)


弓子夫人の美貌が大反響 イチローから3歩下がった姿に“奥ゆかしい”

2019年03月24日 15時30分39秒 | 国内ニュース



現役引退を表明したマリナーズのイチロー(45)が22日に米国に出国した際、同行した弓子夫人(53)の以前と変わらない美貌が「奇麗だ」「若い。50代とは思えない」と話題を呼んでいる。

 元TBSアナウンサーで、結婚後は公に姿を見せる機会がほとんどなかった弓子夫人。ニット帽を目深にかぶりカジュアルな服装で成田空港ロビーを歩くイチローの後方を、やや離れて続いた。ファッション評論家の石原裕子氏は「黒のフリースの重ね着にジーンズ、メンズライク(男性風)なブーツというシックなファッション。スポーツ選手の奥さまとして、最高の着こなし」と評価した。

 8歳年上の姉さん女房だが「イチローさんに合わせ、カジュアルに徹している。シンプルながら上質で生活感がなく、同世代は憧れますよ」。特に若々しさを際立たせたのが、やや茶味を帯びたサラサラな長い髪。アナウンサー時代、ショートカットの印象が強かっただけに目を引いた。

 米国ではセレブが頻繁に美容院に通い、髪をケアするが、石原氏は弓子夫人の髪も「ツヤがあり、よく手入れされている」と指摘。米シアトルで美容サロンを経営したこともある弓子夫人の美しさとセンスを絶賛した。

 夫の後を2、3歩下がり、ややうつむき加減で歩く姿も印象的だった。引退会見で、2800個のおにぎりで夫を支えてきたエピソードが明かされたが、そんな献身ぶりが垣間見える一幕に、石原氏も「勝負師の夫を毎日送り出してきた奥さんらしい」と感心していた。

スポニチアネックス


ゴリラ赤ちゃん名はキンタロウに

2019年03月24日 15時28分12秒 | 国内ニュース






京都市動物園で去年生まれたニシゴリラの赤ちゃんの名前が「キンタロウ」に決まり、23日命名式が開かれました。
京都市左京区の京都市動物園では去年12月、絶滅が危惧されているニシゴリラのオスの赤ちゃんが生まれ、来園者の投票で名前を募集していました。

その結果、得票数などから名前は「キンタロウ」と決まり、23日の命名式で発表されました。

母親のゲンキと父親のモモタロウから、それぞれ字を受け継いでいて、昔話の「金太郎」のように強く育ってほしいという思いがこめられているということです。

動物園によりますとキンタロウは一日中、母親に抱かれて過ごしていますが肌色に近かった顔や手も少しずつ黒みを帯びてゴリラらしく成長してきているということです。

訪れた女性は「ずっと抱っこされていて、母親が手を離すときはぎゅっとしがみついてました。強くたくましく育ってほしい」と話していました。

飼育員の安井早紀さんは「両親の名前を受け継ぐ良い名前になりました。成長するとお兄ちゃんやお父さんとも遊ぶようになるので家族の様子をみてほしい」と話していました。


懇親会でセクハラ=読売記者

2019年03月24日 06時35分57秒 | 国内ニュース



 読売新聞グループ本社は23日、富山支局の男性記者(32)が、報道各社の懇親会で、酒に酔って他社の女性記者にセクハラをしたと発表した。

 懲戒処分とし、支局長の監督責任も問う方針としている。

 同社によると、男性記者は今月1日夜、富山市内で開かれた懇親会で、女性記者に性的な発言をしたり、体に触ったりした。制止されても繰り返したという。

 読売新聞グループ本社広報部の話 被害に遭われた方、関係者の皆さまに深くおわびします。今後、再発防止に努めてまいります。 

時事通信社


救急車が道順誤り到着遅れ、滋賀 高速道、バイクの男性死亡

2019年03月24日 06時34分48秒 | 国内ニュース

滋賀県湖南広域消防局



滋賀県湖南広域消防局は23日、同県草津市の名神高速道路でオートバイの事故があり、救急車が道順を誤ったため到着が予定時間より約10分遅れたと発表した。オートバイを運転していた静岡県富士市の会社員山崎幸靖さん(46)は病院に運ばれたが死亡した。即死状態で、医師は到着の遅れと死亡の因果関係はないと説明したとしている。

 同消防局は経緯を検証し、全職員に管内の道路状況を把握するよう徹底するとしている。木村政行局長は「心よりおわび申し上げる。今後は救急隊の資質の向上に努める」とのコメントを出した。

共同通信


改元ひかえ企業に「元号離れ」 伝統重んじる声も

2019年03月24日 06時33分24秒 | 国内ニュース



天皇陛下の譲位に伴い5月に元号が新しくなるのを前に、企業が外部に向けて発表する資料の年表記を、元号から西暦に切り替える動きが加速している。

 「元号離れ」には、経済のグローバル化と同時に「国内でも西暦の方が分かりやすい」との判断があるが、元号そのものに関しては「日本人にとって特別な意味がある」(財界首脳)と肯定的だ。(牛島要平)

 株式会社が証券取引所に提出する決算短信、金融庁に提出する有価証券報告書(有報)・四半期報告書などは元号と西暦のどちらの年表記でも可能。これまでは慣習的に多くの企業が元号で表記してきた。

 しかし、今年5月1日の改元が決まった平成29年12月以降、決算や有報を西暦表記に切り替える動きが相次ぐ。関西の主要企業ではシャープが30年3月期通期から、住友電気工業が同年4~6月期から、決算・有報の表記を切り替えた。

 JR西日本、関西電力など国内事業の比重が大きい企業にも西暦表記が広がっている。今年5月ごろに発表される31年3月期の通期決算・有報では、ダイキン工業や大阪ガスも西暦に切り替えることを決めた。JR西広報は「事業の国際化を踏まえ、業務上の混乱を回避するために、社内で全般的に元号を西暦に見直す動きがある」と話す。

 さらに、国内でも若い層を中心に「西暦志向」が強まっている。産経新聞が昨年12月に実施したアンケートでは、日常生活の中で主に元号と西暦のどちらを使うか尋ねたところ、「元号」と答えた人は70代以上で6割以上、60代では7割近くを占めたのに対し、30代では5割弱、20代以下では約4割にとどまった。

 シャープ広報は「業務の中では西暦の方が使いやすいと、多くの社員が感じている」と説明。企業には5月の改元が西暦に切り替える絶好のタイミングと映っている。大ガス広報は「西暦なら元号が変わるたびに年表記を変える必要がなくなる」と話す。

 ただ、関西経済同友会の池田博之代表幹事は「元号には日本の歴史と伝統を感じる意味がある」と指摘。大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「ノスタルジーで(情感を込めて)時代を振り返るときには元号、ビジネスでは西暦と使い分けたらいいのでは」と話した。

産経新聞


逮捕された容疑者 テレ東「YOUは何しに日本へ?」の通訳…瀧容疑者に薬物譲渡

2019年03月23日 06時48分28秒 | 国内ニュース



麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)にコカインを譲り渡したとして、関東信越厚生局麻薬取締部が22日までに同法違反の疑いで逮捕した横浜市の通訳業田坂真樹容疑者(48)が、テレビ東京の人気番組「YOUは何しに日本へ?」に通訳として出演したことについて同局がデイリースポーツの取材に答えた。

 同局は「田坂真樹氏が、弊社の番組制作に携わっていたことについては、確認しました」と回答した。

 逮捕容疑は11日夜、横浜市内にある田坂容疑者の自宅近くのコンビニ駐車場で、瀧容疑者にコカイン若干量を譲り渡した疑い。同容疑者は「知り合いに頼まれて渡したがコカインとは知らなかった」と容疑を否認している模様。

デイリースポーツ


客のバイオリン勝手に…1500万円で別の楽器店に転売

2019年03月23日 06時46分25秒 | 国内ニュース

野々山昌弥容疑者



 客から預かった高級バイオリンを勝手に転売した疑いです。

楽器販売会社の元経営者・野々山昌弥容疑者(57)は2015年2月、東京・調布市で経営していた楽器店で70代の男性客から販売を委託されたバイオリンを無断で別の楽器店に1500万円で転売した疑いが持たれています。警視庁によりますと、事件後、野々山容疑者はフィリピンへ国外逃亡していましたが、21日に強制送還されました。

着服した金を会社の運転資金に充てていたとみられています。取り調べに対して容疑を認めているということです。

テレ朝news