Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

外出制限のマレーシア ジョギング続けた日本人など11人逮捕

2020年03月28日 | 世界のニュース



新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出が制限されているマレーシアで、警察の制止を無視してジョギングを続けたとして、日本人4人を含む11人が現地の警察に逮捕されました。11人はいずれもすでに釈放されていますが、有罪だと判断されれば罰金や禁錮刑が科されるということです。

マレーシアの警察によりますと、首都クアラルンプールで27日朝、屋外でジョギングをしていた日本人4人とマレーシア人や韓国人、それにイギリス人など男性11人が、警戒中の警察官から自宅に戻るよう警告されたにもかかわらず従わなかったとして、伝染病の感染拡大を防ぐための条例違反の疑いで逮捕されました。

11人は、いずれもその日のうちに釈放されましたが、裁判所が有罪だと判断した場合、日本円にしておよそ2万5000円の罰金か6か月以内の禁錮刑、またはその両方が科されるということです。

マレーシアでは今月18日から、すべての外国人の入国とマレーシア人の出国を禁止したり、必要最低限の業種以外の企業を強制的に休業させたりする「活動制限令」が出されていて、不要な外出を控えるよう政府が強く呼びかけています。

NHK


世界最大級の病院船がLAに 感染者以外を受け入れへ

2020年03月28日 | 世界のニュース



 新型コロナウイルスの感染拡大に備えるため、病院の設備を搭載した世界最大級の病院船がアメリカ・ロサンゼルスに到着しました。

アメリカ海軍の病院船「マーシー」は日本時間の28日未明、ロサンゼルス港に到着しました。約800人の医療関係者と12の手術室や1000床の病院用ベッドなどを備えていて、今週末から稼働するとみられています。隔離施設は設置されていないため、新型コロナウイルスの感染者以外の患者を受け入れて市内の医療施設や設備が不足する事態に備えます。同じ規模の病院船はニューヨークにも近く配備される予定です。

テレ朝news


NY地下鉄で放火か、1人死亡=近くで不審火も

2020年03月28日 | 世界のニュース



 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、ニューヨーク市の地下鉄車両で27日未明(日本時間同日午後)、火災が発生し、運転士(36)が死亡、消防隊員を含め17人が負傷した。

 当局は放火の可能性があるとみて調べている。同じ頃、複数の地下鉄駅など付近で3件の不審火があったという。


これぞ秘宝? 米教会地下でマスク5000枚見つかる

2020年03月28日 | 世界のニュース

ワシントンのワシントン大聖堂で日曜日のミサを終えた聖職者ら



ワシントンのワシントン大聖堂から病院へ届けるため、マスクの箱を運び出す男性



新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によりマスク不足が深刻化する中、米首都ワシントンにあるワシントン大聖堂の地下聖堂で、長らく忘れ去られていた秘密の宝物──保護マスク5000枚が見つかった。

 教会の25日の発表によると、マスクは10年以上前に購入したもので、地下聖堂に保管したままその存在を忘れられていた。保健当局によるマスク不足の呼び掛けを機に、教会職員が聖職者用の備蓄マスクの存在に気付いたという。

 教会はマスクについて、病気のまん延などへの懸念が以前持ち上がったことを受けて購入したもので、「聖職者が自分の身を危険にさらすことなく、病気の人やその家族らと面会できるようにするための物だった」と説明している。

 教会はマスクの安全性を確認後、3000枚を市内の大学病院に、2000枚を小児病院に寄付するが、念のため少数を聖職者用に残しておく予定だという。(c)AFP


ジョコビッチが母国に約1億円寄付、医療器具購入を援助

2020年03月28日 | 世界のニュース



男子テニス、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は27日、新型コロナウイルスと闘うための人工呼吸器など医療器具の購入を援助するために、母国に100万ユーロ(約1億2000万円)を寄付すると明らかにした。

 現在、外出禁止令が出ているスペインで家族とともにマルベーリャ南部で身を潜めているジョコビッチは、メディアのビデオ取材に応じ、「今回の寄付は、救命に必要な人工呼吸器や他の衛生設備を購入するためのものだ」と語った。

広報担当者によると、普段はモナコに拠点を置くジョコビッチが家族とスペインに滞在しているのは「単なる偶然」だという。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でシーズンが混乱に陥っている中、32歳の同選手は「前向きな精神」で練習を続け、家族との時間を楽しんでいると話した。

 今季のテニスツアーは男女ともに6月7日まで中断され、全仏オープンテニスは延期が決まり、ウィンブルドン選手権は延期または中止の可能性に直面している。

「父親になってから、家族とこれれほど一緒の長い時間は記憶にない」と続けたジョコビッチは、テニスの話題については避け、「セルビア民族の歴史」に関する本を読みながら過ごしていると報道陣にコメント。また、「家の中で体操している動画をソーシャルネットワークに投稿する」計画も明かした。

 セルビアは現在、中国からの医療物資や医師団の派遣で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の援助を受けており、ジョコビッチは同国への感謝も口にした。「自分自身と国全体を代表して、中国に心から感謝している」

 当局の情報によると、人口約700万人セルビアでは呼吸器疾患の新型コロナウイルスに450人以上が感染し、7人が死亡している。(c)AFP

AFP


仏16歳少女、せきの始まりから1週間でウイルスの犠牲に 苦悶の遺族

2020年03月28日 | 世界のニュース



フランスで新型コロナウイルスに感染し、1週間ほど前に「軽いせきが出始めた」という少女が26日、16歳という若さで亡くなった。少女の遺族がAFPの取材に応じ、その「耐えられない」心境を吐露した。

 首都パリで亡くなった少女の名はジュリーさん。姓はAという頭文字だけが公表されている。新型ウイルス感染症は高齢者や既往症のある人々がかかりやすいとされており、ジュリーさんは同国最年少の犠牲者となった。

パリ郊外の自宅で電話取材に応じた母親のサビーヌさんは「耐えられない。普通の人生を送るものだとばかり思っていたのに」と語った。

 サビーヌさんによると、ジュリーさんが軽いせきをし始めたのは1週間ほど前。21日に息苦しそうな様子を見せるようになり、病院へ行き新型ウイルス検査も数回受けたが、26日に亡くなった。

 ただ保健当局は、若年層の重症化は非常にまれだと強調している。サビーヌさんが知る限り、ジュリーさんには既往症がなかったという。

 ジュリーさんの姉のマノンさんは「当初から、新型ウイルスは若い人には影響しないと聞いていた。皆と同じように、私たちもそれを信じていた」と話した。

 サビーヌさんがジュリーさんの形見として持ち帰ることを許されたのは、洗礼の記念のネックレスとブレスレットだけ。他の物は全て焼却処分が命じられているという。

 ジュリーさんの遺体は、数日中に予定されている葬儀まで病院に安置される。用心のため式は執り行われず、埋葬への立ち会いは10人しか認められないとしている。

 マノンさんによると、ひつぎは閉じたままにしなければならず、ジュリーさんには「お化粧も、服を着せてあげることもできない」という。「どう受け止めたらいいのか」と、サビーヌさんとマノンさんは声をそろえた。

 フランスでは感染拡大を阻止するため、今月17日から全土で外出を制限。当局はこの措置の成果が表れるまでには時間がかかると、繰り返し警告している。(c)AFP


英首相、新型コロナ陽性と発表 保健相も

2020年03月28日 | 世界のニュース



英国のボリス・ジョンソン首相とマット・ハンコック保健・社会福祉相は27日、自身に対する新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを相次いで発表した。

 ジョンソン首相は「過去24時間に軽い症状があり、新型ウイルス検査で陽性反応が出た」とツイッターで発表。現在は自主隔離しているものの、政府の新型ウイルス対策の指揮を遠隔で続けていくとしている。

首相官邸の発表によると、ジョンソン氏は26日に軽微な症状を呈し、医療関係者の勧めで検査を受けたところ陽性との判定が出た。首相のパートナーで、現在妊娠中のキャリー・シモンズさんの健康状態は公表されていない。検査は官邸内で、国民保健サービス(NHS)の職員が実施したという。

 首相の発表から1時間余り後、ハンコック氏も自宅からソーシャルメディアに投稿した動画メッセージで、感染を公表。症状は軽度だとした上で、来月2日まで自主隔離を行うと説明した。(c)AFP


米病院船「マーシー」、ロサンゼルスに到着 新型コロナ対応を支援

2020年03月28日 | 世界のニュース



米海軍の病院船「マーシー」が27日、カリフォルニア州のロサンゼルス港に到着した。新型コロナウイルス感染者以外の患者を受け入れて陸上の医療施設の負担を減らす。

 石油タンカーから転用されたマーシーは全長272メートル。病床1000床を備えている。

 カリフォルニア州のギャビン・ニューソム知事は、エリック・ガルセッティ)ロサンゼルス市長との共同記者会見で、新型コロナウイルス感染者の急増により同州では今後6~10週間で5万床が必要になるとの見通しを示し、マーシーは大きな力になると述べた。

 カリフォルニア州と同様に新型コロナウイルス感染者が多いワシントン州もマーシーの派遣を要望していたが、人口が多いカリフォルニア州に派遣された。

 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、カリフォルニア州ではこれまでに4000人以上の感染が確認され、うち90人が死亡した。26日はロサンゼルスだけで400人以上の新規感染者と9人の死亡が報告された。

 マーシーの姉妹船である病院船「コンフォート」はニューヨークに向かう。(c)AFP


<中共肺炎>スペイン、中国製検査キットの感度30% 「使用する意味がない」と返品へ

2020年03月27日 | 世界のニュース



スペイン保健省が中国から購入した中共ウイルス(新型コロナウイルス)検査キットの感度が30%しかないという。同国大手紙、エル・パイス(El País)が26日に報じた。

現在、スペインで5万人の感染が確認された。スペイン保健省は25日、中国からマスク5億枚、検査キット550万個、呼吸器950台を4.74億美元で購入したと明らかにした。

中国深圳にあるBioeasy(易瑞生物)によって製造されたこのキットは、80%以上であるはずの感度が30%であると、事情に詳しい情報筋が同紙に伝えた。

スペインではこれまで核酸検査(PCR法)を採用していたが、結果が出るまで4時間かかる。この検査キットは、妊娠検査と同様の方法で行われる。鼻咽頭から採取したサンプルを希釈してカートリッジに入れ、10~15分後に陽性、陰性、無効のいずれかのマーカーが浮かび上がる。

スペインはこのキットにスクリーニングの機能を期待していた。陽性反応の出た患者に治療を開始するが、陰性反応や疑いのある患者にはさらにPCR検査を追加する。

検査キットの予備テストに参加した同国の専門家は、30%の感度しかないならこのキットを使用する意味がないと批判した。今後、キットの使用を中止しこれまでのPCR法検査に戻るという。

スペイン保健省は、検査キットを中国のメーカーに返品し、代替品の送付を求めるという。

チェコのメディアも中国から購入した検査キットのエラー率が80%と報じた。

大紀元


アルマーニ、イタリアの全工場で医療用作業服を生産

2020年03月27日 | 世界のニュース



伊高級ファッションブランド「アルマーニ」は26日、イタリア国内の4工場全てで使い捨て医療用作業服の生産を始めると発表した。

「ジョルジオ アルマーニ」「エンポリオ アルマーニ」などを展開する同社によると、「新型コロナウイルス感染と闘う医療従事者の防護」のため使用される。

創業者ジョルジオ・アルマーニ氏はここ数週間で、流行が特に深刻な北部のベルガモやピアチェンツァをはじめ国内各地の病院に総額200万ユーロ(約2億4000万円)を寄付したという。(c)AFP


ジャック・マー氏寄付のマスクと医療品、ケニアに到着

2020年03月27日 | 世界のニュース

馬雲公益基金会とアリババ公益基金会から寄付された医療機器がエチオピア航空機から降ろされるのを見守る空港の職員ら



ケニア保健省は24日、中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が新型コロナウイルスの感染拡大予防対策として寄付した医療品を受け取った。

 ムタヒ・カグウェ保健相は、馬雲氏が設立した馬雲公益基金会が提供した検査キット、防護服、マスク、医療機器などがエチオピアからケニアの首都ナイロビに到着したと発表。

カグウェ氏は記者団に対し、「馬氏から2万5千点の検査キットを受け取った。医療においてわれわれの仲間が迅速な検査と医療サービスを提供してくれることに感謝する」として、「今日受け取った機器は、わが国の医療従事者の安全確保に大いに役立つ」と述べた。

 ケニアは、アフリカ諸国の中では厳重な措置を講じてきた国の一つで、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために移動や濃厚接触などを制限している。(c)Xinhua News/AFPBB News


イタリアの死者8000人超える、火葬追い付かず 新型コロナ

2020年03月27日 | 世界のニュース



新型コロナウイルスの感染が拡大するイタリアで26日、死者数が8000人を超えた。パンデミック(世界的な大流行)の中心地となっている都市では、犠牲者の火葬が追い付かず、多くの遺体が近隣の町に運ばれた。

 同国当局によると、26日の新たな感染者は6153人、死者は662人で、この1週間に報告された1日の感染・死者数とおおむね一致している。イタリアではこの2週間、外出禁止措置が取られているが、感染・死者数はあまり減っていない。

 イタリアの新型コロナウイルスによる死者数は8165人となり、昨年12月に最初に感染が確認された中国と、死者数が世界で2番目に多いスペインを合わせた数をも上回る。

 北部のパンデミックの中心地ベルガモでは犠牲者が後を絶たず、多くの遺体が近隣の町の火葬場に運ばれている。

 AFPのカメラマンは26日、緑の迷彩柄の軍のトラック6台がベルガモの墓地からひつぎを運ぶのを確認した。

 ベルガモのジョルジオ・ゴリ市長はAFPに「犠牲者が多く、ベルガモの火葬場だけでは対処できない」と説明した。(c)AFP


東京五輪代表決定選手、自動的に2021年大会出場へ IOC方針

2020年03月27日 | 世界のニュース



2020年東京五輪の延期決定前にすでに出場権を獲得していたアスリートに関して、国際オリンピック委員会(IOC)との電話会議に出席した関係者は26日、大会が2021年に開催されるまで資格は保持される見通しであると明らかにした。

新型コロナウイルスの影響でIOCが24日に東京五輪の日程を遅らせた際に、およそ1万1000人の出場予定選手のうち約57パーセントがすでに出場資格を獲得していた。そして同日に開かれたIOCと32の国際競技連盟との電話会議では、これまでの代表選考プロセスを尊重する方針が決められたという。

会議の参加者はAFPの取材に対して、「(IOCの)トーマス・バッハ会長は、まず最初に大会延期の理由を説明し、それから2020年東京五輪の代表に決定しているアスリートに関して、自動的に2021年大会の出場資格を得られると述べた」と明かした。

「主な議題の一つは、代表選考会の時期と方法だった。一部の競技連盟は、代表資格を得ていないアスリートを大勢抱えている。そして、五輪の代表を選ぶには少なくとも3か月はかかる」

 今回の世界的な衛生問題によって、多くの五輪競技ではボクシングをはじめ大多数の代表選考会が中断または中止となった。その一方で、セーリングなどは9割の選手がすでに出場権を獲得している。

 会議の別の参加者によれば、「割り当てられた定数は、そのまま保持される」という。「トーマス・バッハ会長は、(2021年大会の新しい日程に関する)決断は今後4週間のうちに行うと断言している」「日程は2021年5月が望ましいという意見や、6月という声も上がっていた」 (c)AFP


NY市、仮設の遺体安置所を設置 9.11以来

2020年03月27日 | 世界のニュース

ベルビュー病院の前にトラックや白いテントが設置された



(CNN) 米国で新型コロナウイルスの感染者が急増するなか、ニューヨーク市は死者の増加に備え、仮設の遺体安置所の設置を進めている。市内の病院2カ所の前では26日、安置所として使う冷凍トラックが待機する様子も見られた。

ニューヨーク市が仮設安置所を前回設置したのは、2001年9月11日の米同時多発テロの後だった。当時、市検視当局は世界貿易センタービルで死亡した2753人の遺体の身元特定に当たった。

ニューヨークのデブラシオ市長は26日、新型コロナウイルス感染症により少なくとも281人が死亡したと発表。感染が確認された人は2万1873人に達した。

ニューヨーク州全体での死者は385人に上る。全米で8万人を超える感染者のうち、同州の感染者が3万7000人以上を占めている。

米国内の死者数はこれまでに1100人を超えた。

クイーンズ地区にあるエルムハースト病院では今週、24時間で少なくとも13人の患者が死亡。報道官によると、検視当局は同病院に冷凍トラックを配置したという。直近の24時間ではさらに4人の死亡が報告された。

検視当局の建物に隣接するベルビュー病院の前にも、トラックや白いテントが設置された。

報道官はこれらの冷凍トラックについて、新型コロナウイルスの死者のみに用いるわけではないとしている。病院の遺体安置所が収容能力の限界に達した場合、必要に応じてトラックが利用される見通し。


米空母で新型コロナ感染者が急増、25人に 海軍当局者

2020年03月27日 | 世界のニュース

米空母「セオドア・ルーズベルト」



ワシントン(CNN) 米空母「セオドア・ルーズベルト」に乗艦する海軍要員25人が、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことが26日、わかった。海軍当局者がCNNに明らかにした。米国防総省は24日、同艦の要員3人から陽性反応が出たと発表しており、わずか2日で感染者が急増した形だ。

海軍は今後も艦内の陽性者は増える見込みだと説明。当局者の1人はCNNの取材に、新たに「数十人」の陽性者が出る可能性もあると明かした。

ただ、海軍作戦部長のギルデイ大将は声明で、「我々の積極的な対応により、地域内でのセオドア・ルーズベルトの即応能力を維持できると確信している」としている。

モドリー海軍長官代行はこれに先立ち、艦内で新たに「数人」の感染者が出たと述べたが、具体的な人数は示していなかった。

モドリー氏によると、セオドア・ルーズベルトは現在、米領グアムに入港する準備を進めている。グアムでは乗組員が埠頭(ふとう)周辺以外の場所に立ち入ることは禁じられるという。

セオドア・ルーズベルトは2週間以上前にベトナムに寄港していた。海軍要員が最初にウイルスに感染した場所は不明。海軍は現在、すべての要員を航空機で搬送する手続きを進めている。

米軍では26日午前の時点で少なくとも280人が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、25日の227人から53人増となった。文民や契約業者などを含めた国防総省全体の感染者は600人近くで、モドリー氏によると、うち133人が海軍所属だという。