Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

前妻が独占告白 強欲ゴーン氏の素顔

2018年11月20日 17時15分48秒 | 世界のニュース



 11月19日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。逮捕を受けて、ゴーン氏の前の妻であるリタ・ゴーンさんが、「週刊文春」の取材に応じた。

「おカネに関しては、カルロスは正しいことをしたことがありません。高額な所得を隠すために、色々なことをしていた。今回の逮捕は、彼のような人間には当然の結果だと思います」

 リタさんは、2週間前、レバノンの法律事務所でゴーン氏と面会していたという。

「『黙らないと、賠償命令を4500万ドル(約50億円)に上げるぞ』と脅されたのです」

 リタさんは、今年5月、ゴーン氏からDVを受けたと「週刊文春」(5月24日号)で告白。レバノンで1500万ドル(約16億5000万円)の賠償金を請求されていた。

 11月21日(水)発売の「週刊文春」では、リタさんの独占告白に加え、ゴーン氏の私物化を告発した日産「極秘チーム」の動き、結婚式をヴェルサイユ宮殿であげ、世界各国に“社宅”を持つゴーン氏の金満ぶりについて詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月29日号


暗黒物質のハリケーン、地球に接近 銀河系を逆走中

2018年11月20日 17時13分48秒 | 世界のニュース

大量の暗黒物質を伴って太陽系に接近しているという



(CNN)このほど発表された論文によると、地球は宇宙ハリケーンの直撃を受ける見通しだ。およそ100個の恒星が、大量の暗黒物質を伴って太陽系に接近している。それを食い止める術はない。

ただし、このハリケーンに危険はない。むしろ、まだ観測されたことのない暗黒物質を検出する絶好のチャンスになるかもしれない。

欧州宇宙機関(ESA)の衛星「ガイア」は今年4月、太陽を取り囲む銀河系の近くにある20億の恒星の位置と軌道に関する情報を公表した。

このデータを調べた研究者は、一部の恒星が特異な動きをしていることを発見。1年ほど前には、太陽系を通過する「星の流れ」が観測されていた。その1つで、同じような年代や成分の恒星100個近くで形成される「S1」は、、普通の恒星とは逆方向の軌道で銀河系を周回していた。

これは高速道路を走行する車の一部が逆走するような状況だが、距離が離れているため衝突の心配はない。逆走する恒星は数千光年の距離に分散した状態で、数百万年以内に太陽系の近くを通過する。

S1は、10億年ほど前に銀河系と衝突した矮小(わいしょう)銀河の残骸の一部と思われる。

矮小銀河はとてつもない量の暗黒物質を伴うことがある。暗黒物質はまだ観測されていない仮説上の物質だが、宇宙の謎の多くを説く鍵になるとされ、宇宙全体で普通の恒星やガスや惑星の質量の5倍の量が存在していると考えられている。

矮小銀河は暗黒物質の量がさらに多く、銀河系を周回する矮小銀河の炉座矮小銀河の場合、10~100倍と推定される。

もしそれがS1に当てはまるとすれば、S1の暗黒物質は、普通の暗黒物質の約2倍の速度で地球を突き抜ける。S1の暗黒物質は秒速およそ550キロの速度で太陽系を飛行していると推定される。ただし暗黒物質は、もし本当に存在しているとしても、極めて拡散性が高く、太陽系に対して目に見えるような影響は及ぼさない。

こうした数字は、それを裏付ける根拠は豊富にあるものの、今のところ仮説でしかない。しかし暗黒物質が高速で地球を通過すれば、観測する絶好のチャンスとなる。

論文を発表した研究チームは、現存する観測装置と提案されている観測装置を使って暗黒物質を発見できる可能性を計算した。暗黒物質のうち、質量の重い「WIMP」は質量の特定範囲を検出できる可能性があり、質量の軽い「アクシオン」を検出できる可能性はさらに大きいとしている。


ゴーン会長 世界4か国に住宅 日産から数十億円支出か

2018年11月20日 15時14分46秒 | 国内ニュース



日産自動車のカルロス・ゴーン会長が有価証券報告書にみずからの報酬を実際より少なく記載していたとして逮捕された事件で、ゴーン会長は業務上、正当な理由がないのにブラジルやレバノンなど世界4か国で、会社側に住宅を提供させていたことが関係者への取材でわかりました。住宅を保有する関係会社には日産からこれまでに数十億円が支払われているということで、東京地検特捜部はゴーン会長をめぐる不透明な資金の流れの実態解明を進めています。

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は平成27年までの5年間に、有価証券報告書にみずからの報酬を実際より50億円余り少なく記載していたとして、19日、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)とともに、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

関係者によりますとゴーン会長はブラジルのリオデジャネイロ、レバノンのベイルート、パリ、アムステルダムの世界4か国で会社側に住宅を提供させていたことがわかりました。

住宅を保有する関係会社には、購入費用や改築費用などとしてこれまでに数十億円が日産から支払われていました。

ゴーン会長は、一部の家賃を支払っていなかったということです。

またゴーン会長がこうした住宅の提供を受けていることについて、有価証券報告書には記載されていなかったということです。

特捜部は19日の捜索で押収した資料を分析するなどして、ゴーン会長をめぐる不透明な資金の流れの実態解明を進めるものとみられます。


ブラジルのマンション リオ屈指の観光地に

日産自動車のカルロス・ゴーン会長は、ブラジルのリオデジャネイロ、レバノンのベイルート、フランスのパリ、それにオランダのアムステルダムの世界4か国で会社側から住宅の提供を受けていました。

このうちリオデジャネイロの住宅は観光地のコパカバーナビーチに面し、豪華なホテルが建ち並ぶ一角にあります。リオデジャネイロには日産の工場があり、地元の人の話ではゴーン会長が工場を視察する際にこのマンションに滞在していたということです。
ブラジル生まれのゴーン会長はリオデジャネイロで暮らしていたこともあり、2016年のオリンピックでは聖火ランナーも務めました

また、パリの住宅は高級住宅街として有名なパリ西部にあり、セーヌ川やエッフェル塔にも近い地区です。

このほか、アムステルダムの住宅は街の中心部の閑静な住宅街にあり、近くには多くの観光客でにぎわうフォンデル公園があります。
建物は地上3階建てで、このうち2階部分がゴーン会長が提供を受けた住宅とみられます。


丸源ビル脱税で懲役4年実刑判決

2018年11月20日 15時13分23秒 | 国内ニュース

川本源司郎被告(86)



東京の銀座などで「丸源ビル」という名前の貸しビルを経営する会社社長が10億円あまりを脱税した罪に問われている裁判で東京地方裁判所は、「納税義務をないがしろにし、実刑は免れない」として懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

東京の銀座や北九州市の繁華街で「丸源ビル」という名前の貸しビルなどを経営する会社の社長、川本源司郎被告(86)は、架空の不動産取り引きで損をしたように装うなどして、平成23年までの3年間に会社の所得35億円あまりを隠し、法人税10億6000万円を脱税した罪に問われています。
川本社長は「会社の所得ではない」などと無罪を主張していました。

20日の判決で、東京地方裁判所の前田巌裁判長は、「税務や会計の基本原則を無視し、したい放題に売り上げと経費の額を操作した。罪の対象となった期間の税額の全てを脱税し、納税義務をないがしろにした」と指摘しました。
その上で、「刑事責任は重く、86歳と高齢であっても実刑は免れない」として、川本社長に懲役4年の実刑と罰金2億4000万円を言い渡しました。

川本源司郎社長は、東京・銀座などの繁華街で商業ビルの「丸源ビル」など、数多くの建物を所有して貸しビル業を展開し、資産家として知られています。

一方で、関係者によりますと、銀座にある複数の丸源ビルでは、近年バーや高級クラブなどのテナントの退去が相次ぎ、中にはほぼすべてのフロアが空き、建物の安全管理を懸念する声があがっているということです。

東京消防庁によりますと、立ち入り検査などで防火対策に不備が見つかり、是正を指導したものの改善が見られないとして、平成24年度以降、銀座の6棟の丸源ビルが都の条例に違反する建物として公表されています。
さらに、このうち2棟には消防法に基づいて改善を命じる行政処分も出されています。

NHK


シカゴの病院で銃撃、3人死亡 容疑者の男も現場で死亡

2018年11月20日 14時08分25秒 | 世界のニュース

19日、銃撃事件があった病院に集まる救急隊



19日午後3時20分(日本時間20日午前6時20分)ごろ、米シカゴの病院で銃撃事件があり、医師や警官など3人が死亡した。

 発砲した容疑者の男も現場で死亡しているのが見つかった。

 地元メディアなどによると、男は交際していた女性医師と病院の外で口論になり、女性に向けて拳銃を複数回発砲。さらに女性に馬乗りになって撃ち続けた後、病院内に入って銃を乱射したとみられている。男が自殺したのか、駆けつけた警官に射殺されたのかは分かっていない。

 米国では銃の乱射事件が相次いでおり、7日にはカリフォルニア州で12人が死亡する事件があったばかり。19日午後には、コロラド州デンバーでも、1人が死亡、3人がけがをする銃撃事件が起きた。

朝日新聞デジタル


羽田空港国内線ターミナル駅、駅名看板に「くりぃむしちゅー」の特別装飾

2018年11月20日 12時35分24秒 | 国内ニュース



京浜急行電鉄は、2018年11月18日(日)から2019年2月28日(木)まで、羽田空港国内線ターミナル駅の開業20周年を記念し、駅名看板に、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の特別装飾を実施しています。

特別装飾は、羽田空港国内線ターミナル駅、京急蒲田駅、品川駅の3駅で実施されているもので、京急蒲田駅と品川駅の駅名看板には「くりぃむしちゅー」の直筆サインが入っています。

京急電鉄では、特別装飾を施した駅名看板の掲出期間中、同社ホームページでクイズによる「プレゼントキャンペーン」を展開しています。キャンペーンでは、特賞として1名に特別装飾された羽田空港国内線ターミナル駅の駅名看板の現物がプレゼントされる予定です。

キャンペーンの応募方法など、詳しくは、京急電鉄のウェブサイトを参照ください。


ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情

2018年11月20日 09時58分02秒 | 世界のニュース

試合敗北の選手が相手の「おなら」のせい



ダーツの世界大会グランドスラムの準々決勝進出をかけた試合で、スコットランドのゲーリー・アンダーソン選手(47)と対戦したオランダのウェズリー・ハームズ選手が、アンダーソン選手が発した「悪臭」に影響されたと抗議している。

試合は英イングランド中部のウルバーハンプトンで行われ、2度の世界チャンピオンのアンダーソン選手は、この試合でも勝利した。

この苦情に対し、アンダーソン選手は悪臭は観客席のほうから来たと示唆。「(ハームズ選手が)私が放屁したと考えているなら、1010%間違っている。以前、対戦中に腹具合が悪かったことがあり、そのときには不調を認めた。今回も、試合中に放屁したならうそはつかない」と反論した。

一方ハームズ選手は、「(アンダーソン選手の)傍を通ると腐った卵の臭いがしたので、彼がやったと思った。大変臭かった。その後、彼は調子が出てきたので、ガス抜きの必要があったと思った」と語った。

ダーツ・トーナメントを主催する英プロ団体PDCのバリー・ハーン会長はBBCに、これまでに「経験のない」事態とし、「こんな問題は初めてだ。悪臭を放つものは他にも存在するが、無音のおならは最悪だ」と述べた。

ロイター


ホワイトハウス、CNN記者の入館証回復 法廷論争に終止符

2018年11月20日 09時56分39秒 | 世界のニュース



米ホワイトハウスは19日、CNNテレビのジム・アコスタ記者の入館許可証を有効にする最終決定を行ったと明らかにした。法廷論争に終止符が打たれた。CNNが伝えた。

CNNがアコスタ記者の入館許可証停止は不当としてトランプ政権を相手取り提訴した問題で、首都ワシントンの連邦地裁は16日、入庁許可証の一時的な回復を命じた。

ところがホワイトハウスは同日、アコスタ記者の入館許可証を再び無効とする方針を示していた。

ロイター


ノルマンディー上陸作戦が「竹島写真」に(KBSが放送=左。AP/AFLO=右)

2018年11月20日 09時53分16秒 | 韓国



「歴史を忘れた民族に未来はない」──日本の戦争責任などを問う際に、韓国で繰り返されてきた言葉だ。だが、韓国では“歴史”が正しい史料に基づいて認識されていないのではないか。

 2015年1月にKBS(韓国の公共放送)が放送した教養番組『根深い未来』の予告編映像の画像を見ていただきたい。番組は第2次世界大戦後の竹島の歴史を紹介するもので、「独島を奪おうとした日本」というテロップとともに、旭日旗を掲げた日本軍が竹島を目指す様子を写している(写真左側)。だがこれは、1944年6月のノルマンディー上陸作戦時の写真(同右側)に、旭日旗を持つ日本兵と竹島を合成したものだった。

 放送したKBSは、韓国の地上波3大ネットワークの一角を占める公営放送局である。韓国メディアに詳しいジャーナリストの崔碩栄(チェソギョン)氏が解説する。

「同局は全国に支局網を有する韓国で最も歴史のあるテレビ局です。ニュースの信頼性も高いと評されている。そのKBSが『独島(竹島の韓国名)の歴史を紹介する』番組の予告編で〈独島を奪おうとした日本〉との字幕とともに繰り返し流したのが同写真です。

 目にした瞬間、“見たことがある写真だな”と感じ、調べると合成写真と判明しました。KBSに事実確認の問い合わせをすると、『番組を制作したのは外部のプロダクションなので、そちらに訊いてくれ』と逃げの回答に終始し、最後まで非は認めませんでした」


 崔氏によれば、「第2次世界大戦後、旧日本軍が旭日旗を掲げボートで侵略を試みたが、韓国の独島義勇兵によって撃退された」という合成写真で表現されている“歴史”が、韓国では国民に浸透しているという。

 もちろん、実際の歴史は全く違っている。竹島は1951年9月に締結されたサンフランシスコ講和条約で日本の領土であることが確認されている。しかし1952年1月、当時の李承晩・大統領が一方的に軍事境界線(李承晩ライン)を引き、竹島の領有を宣言。以降、韓国の不法占拠が続いている。

※週刊ポスト2018年11月30日号


ゴーン容疑者の捜査で司法取引 特捜部に日産社員協力か

2018年11月20日 09時51分26秒 | 国内ニュース



東京地検特捜部は19日、日産自動車(本社・横浜市)の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕し、発表した。

 両容疑者は、ゴーン会長の報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いがある。特捜部は認否を明らかにしていない。特捜部は同日夕、日産の本社など関係先を捜索した。押収した資料などの解析を進める。

 関係者によると、ゴーン会長に対する捜査をめぐっては、捜査に協力する見返りに刑事処分を軽減する司法取引制度が適用された。同社の社員がゴーン会長の不正について捜査に協力したとみられる。同制度は今年6月に始まり、適用は2例目になるとみられる。

 特捜部の発表によると、ゴーン会長とケリー代表取締役の2人は共謀のうえ、2010~14年度の5年度分の有価証券報告書に、実際はゴーン会長の報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円と過少に記載した疑いがある。

朝日新聞デジタル


NYタイムズ“ゴーン氏が驚くべき転落”

2018年11月20日 09時50分03秒 | 世界のニュース



19日、日産自動車の会長カルロス・ゴーン容疑者らが有価証券報告書にウソの記載をしたとして金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

ゴーン容疑者の逮捕を受けて、海外でも衝撃が広がっている。

AFP通信によると、ゴーン容疑者の逮捕を受けてフランスのマクロン大統領は訪問先のブリュッセルで会見し、「フランス政府はルノー・日産・三菱グループの安定を見守りたい」と語った。

フランス政府はルノーの筆頭株主だが、フランス株式市場では日本時間19日夜の時点でルノー株価は先週末の終値に比べ8パーセント以上下落している。

ゴーン容疑者が会長を務めるフランスのルノー本社は「ルノー・日産・三菱自動車グループの利益を見守っていく」とのコメントを発表した。早急に取締役会を開き、対応を協議するとしている。

フランスのルモンド紙は、「彼の高額な給与は、いつも議論の的だった。今回はそれが原因で日本の司法の前に引き出されることになった」などと報じている。
また、イギリスのBBCテレビが「会計上の不正行為で自動車業界の経営トップが逮捕された」と報じたほか、アメリカのニューヨークタイムズも「日産の金融崩壊を救った人とされていたが、逮捕はゴーン氏にとって驚くべき転落だ」などと報じている。

日テレNEWS24


ゴーン会長 世界4か国に住宅 日産から数十億円支出か

2018年11月20日 09時48分00秒 | 国内ニュース

NHK 2018年11月20日 4時02分

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が有価証券報告書にみずからの報酬を実際より少なく記載していたとして逮捕された事件で、ゴーン会長は正当な理由がないのにブラジルやレバノンなど世界4か国で会社側から住宅の提供を受けていたことが関係者への取材でわかりました。住宅を保有する関係会社にはこれまでに数十億円が支払われているということで東京地検特捜部はゴーン会長をめぐる不透明な資金の流れの実態解明を進めています。

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は平成27年までの5年間に有価証券報告書にみずからの報酬を実際より50億円余り少なく記載していたとして19日、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)とともに金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

関係者によりますとゴーン会長は業務上の正当な理由がないのにブラジルのリオデジャネイロ、レバノンのベイルート、パリ、アムステルダムの世界4か国で会社側から住宅の提供を受けていたことがわかりました。

住宅を保有する関係会社には購入費用や改築費用などとして会社側からこれまでに数十億円が支払われていましたが、ゴーン会長は一部の家賃を支払っていなかったということです。

またゴーン会長がこうした住宅提供を受けていることについて有価証券報告書には記載されていなかったということです。

特捜部は19日の捜索で押収した資料を分析するなどしてゴーン会長をめぐる不透明な資金の流れの実態解明を進めるものとみられます。


ブラジルのマンション リオ屈指の観光地に

日産自動車のゴーン会長が会社側から提供を受けていた住宅の1つが、ブラジルのリオデジャネイロにあるマンションです。

リオデジャネイロ屈指の観光地コパカバーナビーチに面し、豪華なホテルが建ち並ぶ一角にあります。

リオデジャネイロには日産の工場があり、地元の人の話ではゴーン会長が工場を視察する際にはこのマンションに滞在していたということです。

ブラジル生まれのゴーン会長はリオデジャネイロで暮らしていたこともあり、2016年のオリンピックでは聖火ランナーも務めました。


17歳の女性ドライバーがマカオGPで壮絶クラッシュ、背骨折る重傷

2018年11月20日 07時39分17秒 | 世界のニュース







レース前のソフィア・フローシュ選手



18日に行われたF3マカオGP決勝で、17歳の女性ドライバーが、マシンが高速で宙を舞う壮絶なクラッシュを起こした。ドライバーは背骨を折る重傷を負ったが、意識はあり、命に別条はないという。

 事故を起こしたのはファン・アメルスフォールト・レーシングのソフィア・フローシュで、16番手で走っていたフローシュは、ギア・サーキットの「リスボア」と呼ばれる右への急カーブ手前の直線で他車と接触。マシンのコントロールを失い、縁石に乗り上げながらトムスの坪井翔のマシンに当たって高く跳ね、マーシャルとカメラマンがいる場所のバリアーに突っ込んだ。事故の衝撃的な映像には、観客が息をのむ様子もとらえられていた。

 この事故で、フローシュの他に坪井とカメラマン2人、マーシャル1人が病院へ搬送された。フローシュは脊椎骨折で救急救命室へ運び込まれたが、生命兆候(バイタルサイン)は安定しているという。フローシュ本人がその後ツイッターで「取り急ぎお伝えします。私は大丈夫ですが、明日の朝に手術を受ける予定です。皆さんからの励ましのメッセージの数々に感謝します。またすぐに更新します」とファンに無事を報告した。

 複数のメディアが引用した大会組織委員会の発表には「搬送の時点で全員に意識があり、現在は治療を受けているところです。新しい情報が入りましたら、可能な限り早くお知らせします」と書かれている。巻き込まれたマーシャルは顎の骨を折り、他に1人が肝臓を損傷して腹部の痛みを訴えているという。

 欧州F3選手権王者で、元フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)ドライバーのミハエル・シューマッハ氏の息子ミックも、「全員の無事と回復を願っている」とコメントした。

 マカオGPの会場である有名なギア・サーキットでは、過去に少なくとも3人が亡くなっている。2017年のモーターサイクル部門では、英国のダニエル・ヘガティ氏が「フィッシャーマンズ・ベンド」のコーナーでバリアーに衝突し、命を落としたほか、2012年には同じくバイクの選手が2日間で2人死亡した。

 レースはレッドブル・ジュニアチームの19歳、ダニエル・ティクトゥムが制した。マカオGPは過去にミハエル・シューマッハ氏やアイルトン・セナ)氏といったF1の名ドライバーも優勝している由緒ある大会。(c)AFP


四川・峨眉山で小型ヘリが墜落、パイロットが軽傷

2018年11月20日 07時38分07秒 | 中国



中国・四川省峨眉山市委員会宣伝部によると、18日午後12時10分頃、小型ヘリコプターが峨眉山景観区の張山橋附近の一般道路に墜落し、ヘリコプターのパイロット2人が軽傷を負った。

 ネットユーザーの撮影した動画では、事故現場は峨眉山景観区の道路上で、白い民間用小型ヘリコプターが墜落して損傷した様子が映っている。メインローターの羽はねじ曲がり、後部のテールローターは完全に折れて破損していた。現場には人が集まり、路上で車両整理に対応する警察官の姿も映しだされていた。

 このヘリコプターを所有する民間航空会社の四川西林鳳騰通用航空の林孝波董事長は、「不時着時に発生した事故だ」とコメントしている。

 現在、けがをした2人のパイロットは現地の病院で治療を受けている。ヘリ墜落によって観光客や車両への被害は出ていない。事故原因については、関連部門が調査を進めているという。(c)CNS/JCM


仏で不明の邦人留学生、絞殺された可能性 検察が示唆

2018年11月20日 07時36分07秒 | 世界のニュース

エティエンヌ・マントー検事



黒崎愛海さん



ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者



フランス東部ブザンソンで2016年、日本人留学生の黒崎愛海さん(当時21)が行方不明になった事件で、仏検察当局は19日、黒崎さんが大学寮の自室で元交際相手のチリ人の男によって絞殺された可能性が高いとの見解を示した。

 黒崎さんは2016年12月4日夜、元交際相手のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者と夕食を共にした後、消息を絶った。


 ブザンソンで記者会見したエティエンヌ・マントー検事は、黒崎さんは殺害されたとみられるものの、近郊の森林地帯の広範囲を対象として行われた捜索にもかかわらず遺体は発見されておらず、死因の特定は困難だと説明。一方で、黒崎さんの部屋には血痕がなかったことから、絞殺された可能性が高いとの見解を示した。

 また同検事は、セペダ容疑者が当時、黒崎さんが別の男性と交際を始めたことに嫉妬していたと指摘し、同容疑者は「これまで以上に、この殺人事件での主要容疑者であると考えられている」と説明。さらに、黒崎さんが行方不明となる数日前、同容疑者がスーパーで可燃性液体5リットルとマッチを購入していた他、利用したレンタカーが返却時に泥で覆われていたことを明らかにした。

 フランス当局はチリに帰国したセペダ容疑者に対し国際逮捕状を出したものの、チリ当局は身柄拘束を拒否している。仏当局は、容疑者の取り調べのため予審判事をチリに派遣すべく、「今後数週間」以内にチリ当局に対し協力を要請する予定だ。

 マントー検事は「われわれは遺体の発見のために手を尽くしたが成果が出なかった。これを受け入れ、外交段階に移る必要がある」と言明。さらにフランスはチリに対し容疑者引き渡しの正式要請は行っていないとし、国外での裁判のために自国民の引き渡しに応じる国は少ないと説明した。(c)AFP