Tommy's Express ブログ

画像が見られないときは白地のメニューをクリックしてください。

印の排水溝にへその緒が付いた新生児 発見した牛乳配達員が救出

2018年08月18日 16時51分02秒 | 世界のニュース

排水溝の中から見つかった新生児



何らかの事情があり、このような残酷な行為に出るしかなかったのであろうか。このほどインド南部の州で、排水溝に捨てられた赤ちゃんが発見された。幸いにも赤ちゃんは病院で回復中だという。『The Sun』などが伝えている。

インド南部にあるタミル・ナードゥ州バラサラバッカムで、生まれて間もないとされる男の赤ちゃんが排水溝から見つかった。

牛乳配達員が「猫の鳴き声が聞こえる」と口にしたことがきっかけで、ギータさん(45歳)は排水溝の中にある直径30cmほどの鉄管の中にいる赤ちゃんを見つけた。小さな両脚をギータさんに掴まれて救出された男児は元気に泣き声をあげていたが、へその緒が首に巻き付いたままになっていた。へその緒を男児の首から外し、ボウルに入れた綺麗な水で男児の体を洗ったギータさんは後にこのように話している。

「近隣住民や通行人らはみんな男児が救出される様子を見ていました。こんなふうに捨てられた赤ちゃんに私は心が痛みました。親は排水溝の奥へ赤ちゃんを故意に押し込んだのでしょう。そうすれば目につかなくなりますから。へその緒も首に巻き付いたままだったし、放っておけばいずれ死ぬだろうと思ってそのままにしておいたのだと思います。赤ちゃんに対して、きっとなんの感情もなかったのでしょう。」

救出された男児はその後、地元の病院へ搬送された。現在も病院で治療中を受けている男児には呼吸の問題があることが判明したが、今後完全な回復が見込まれているという。男児には、ヒンディー語で「自由」を意味する「Suthanthiram(スザンディラム)」という名前が付けられたそうだ。



次期「007」の予想過熱=初の黒人俳優起用も-英

2018年08月18日 16時50分24秒 | 世界のニュース

英俳優イドリス・エルバ氏



 【ロンドン時事】人気スパイ映画「007」シリーズで主人公ジェームズ・ボンドを次に演じるのは誰か-。

 現在6代目のボンドを演じる英俳優ダニエル・クレイグ氏は2019年11月公開予定の次回作を最後に降板するとのうわさが絶えず、英国ではブックメーカー(賭け屋)やメディアも巻き込んで後任の予想が過熱している。初の黒人俳優の起用も取り沙汰されている。

 「名前はエルバ。イドリス・エルバ」。45歳の英黒人俳優イドリス・エルバ氏が今月12日、ボンドの決めぜりふをちゃめっ気たっぷりにまねてツイッターに投稿すると、ファンは騒然となった。直後に「誇張を信じないで」と呼び掛けたが、ブックメーカー各社の予想や世論調査では軒並み最有力候補と目されている。

 エルバ氏が注目を集めたのは、007シリーズのプロデューサーが親しい映画関係者に「人種的マイノリティーを起用する時が来た」と語ったと大衆紙デーリー・スターが報じたのがきっかけ。ブックメーカー最大手ウィリアム・ヒルではエルバ氏に賭け金が殺到し、オッズ(賭け率)は大幅に切り下げられた。

 人気俳優の自薦や他薦も相次ぎ、大衆紙各紙は候補者の一覧を掲載するなどして予想に余念がない。デーリー・ミラー紙は「女性が演じる時代だ」として女優の起用を促す有識者の声も紹介している。 

時事通信社


米海兵隊が踊る「U.S.A.」に反響 DA PUMPのメンバーも早速反応

2018年08月18日 16時48分57秒 | 世界のニュース



ダサくて、イケてる――。ダンスボーカルグループ「DA PUMP」が2018年6月に発売した、「U.S.A.」のブームが止まらない。

ネット上では、替え歌や「踊ってみた」が続々と上げられているのだが、ついに本家U.S.A.から「カーモンベイベーアメリカ」と呼びかける動画が投稿された。在日米海兵隊のツイート映像が、わずか30秒ながら、ネットユーザーの心をひきつけている。

DA PUMPのメンバーも早速反応

在日米海兵隊の公式ツイッターは18年8月18日朝、「海兵隊員が『U.S.A.』を踊ってみました」との文とともに、1本の動画を投稿した。見ると、「U.S.A.」2番のサビをBGMに、迷彩服姿でダンスをする人々が。数秒ごとに場面が切り替わり、隊員と思われる男女が踊っている。

話題の「いいねダンス」以外に、アレンジなのだろうか、隊員は思い思いの振りを披露する。数えてみると、30秒のうちに10カットも切り替わり、デスクの前や倉庫らしきところなど、6つの場所で計11人が登場していた。

U.S.A.(アメリカ合衆国)の軍が、自ら「U.S.A.」を踊る。そのインパクトが注目されたのか、投稿から8時間ほどたった18日14時現在で、すでに約4万リツイート、約8万いいねに達している。リプライ(返答)には、

「平和だなぁ」
「ノリノリで超楽しそうw」
「ある意味、公式踊ってみた動画w」
「軍人さんが楽しそうなのは平和のあかし!」
「世界で戦争じゃなくてこれ踊ってたほうが絶対に良い」

と好意的な反応が多く寄せられているほか、30秒ではなく「フルバージョン」を希望する声もある。なおこの動画は、すでにDA PUMPのメンバーにも届いている。YORIさん(38)は12時すぎ、海兵隊の投稿を引用しつつ、「U.S.A!!!」とツイートした。

ちなみに動画は、ツイッター以外に、Facebookなどにもアップロードされている。YouTubeでは18日14時現在で約450回再生と反応は少ないが、こちらはHD画質でも視聴可能で、細部までチェックできそうだ。

J-CASTニュース


乗客12人の命を救ったバスドライバー、たどり着いたサービスエリアで死亡

2018年08月18日 11時47分06秒 | 世界のニュース

高速バスドライバーが体調を崩しながらも運転を続けて乗客の命を救った



2018年8月15日、梨視頻は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に動画を投稿。中国の高速バスの男性ドライバーが、体調を崩しながらも運転を続けて乗客の命を救った様子が映っている。男性はその後、死亡した。

13日、福建省泉州市永春県発福州行きの高速バスを運転中の陳(チェン)さんが、運転中に突然具合が悪くなった。高速道路を走行中だったため停車できず、運転しながら同僚に電話をかけて助けを求めた。その後、30分間ほど運転して最寄りのサービスエリア(SA)までなんとかたどり着いた。到着してすぐに陳さんは倒れ込み、SAのスタッフと居合わせた看護師によって心肺蘇生が施されたものの、そのまま息を引き取ったという。記事は、「陳さんは12人の乗客の命を守るために、運転を続けて安全にサービスエリアまでたどり着いたが、自分は犠牲となってしまった」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「普通の人が普通ではないことを成し遂げた」「なんて素晴らしいドライバーだ。自分を犠牲にして他人を守ったんだ」「素晴らしい。普通の職業だが偉大な業績を残した」「これぞプロ」「英雄に敬意を表す」「命をもって職業モラルとは何かを教えてくれた」など称賛するコメントが多数寄せられた。

また、「ドライバーは健康診断を受けるよう強く提案する。自分とみんなのために」という意見や、「こういう状況の場合は、路肩に停めてもいいんじゃないか?」「まず路肩に緊急停車してから救急車を呼べば助かったかもしれないのに…」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

Record China


希少な「タケネズミ」、マチュピチュの竹林で10年ぶり確認 初撮影

2018年08月18日 11時45分58秒 | 世界のニュース

10年ぶりに確認された「タケネズミ」と呼ばれるげっ歯動物



【AFP=時事】南米ペルーのマチュピチュ遺跡周辺で、「タケネズミ」として知られる希少なげっ歯動物が10年ぶりに確認され、このたび初めて写真撮影に成功した。

 ペルー国立自然保護区管理事務局によると、保護区に囲まれたインカ帝国の城塞都市マチュピチュの竹林で、警備員が「Dactylomis peruanus」という学名のげっ歯動物を発見した。マチュピチュでは、2008年を最後に目撃例が途絶えていた。

 ペルー当局によると、この「タケネズミ」は亜熱帯または熱帯雨林気候の地域に生息している。ボリビア北部のアンデス(Andes)山脈中腹でも目撃例がある。ペルーでは極めて希少なために、その存在はほとんど知られていない。


24人死亡事故のバスから麻薬579キロ エクアドル

2018年08月18日 11時44分23秒 | 世界のニュース

バスの床下に隠された麻薬



 南米エクアドルで14日に起きた24人死亡の長距離バス事故に関連して、同国警察は17日、事故を起こしたコロンビア発のバスから麻薬579キロが見つかったと発表した。

 エクアドル警察は大麻など末端価格170万ドル(1億8800万円)相当で、120万回分以上の使用量になるとしている。

 発表によると、麻薬は548袋に小分けにされ、座席の床下に隠されていた。現地メディアなどによると、乗客のうち約20人はコロンビアからの「無料旅行の招待客」だったといい、麻薬密輸との関連が疑われている。

 エクアドル警察によると、同国とコロンビアの国境付近は麻薬密売組織の活動が活発。長距離バスを使った麻薬密輸の摘発が相次いでおり、4月以降だけでコロンビア発のバスから1トン以上を押収した。コロンビア当局と協力して、捜査を進めているという。

 事故は14日未明、エクアドルの首都キト近郊の幹線道路で起きた。バスが車と衝突後に横転して24人が死亡、22人が負傷した。(サンパウロ=岡田玄)

朝日新聞デジタル


超高温の系外惑星、大気中に鉄とチタンを検出 重金属検出は初

2018年08月18日 07時04分32秒 | 世界のニュース



KELT-9bの周回する恒星は太陽の約2倍の温度と高温なため、青白く見える



(CNN) 欧州の研究チームはこのほど、地球から650光年離れた位置にある超高温の惑星について、大気中に気化した鉄とチタンを検出したと明らかにした。惑星の大気中に重金属を検出したのは初めて。

研究結果は英科学誌ネイチャーに今週発表された。惑星の名称は「KELT-9b」で、恒星と系外巨大ガス惑星の中間に位置づけられる「ウルトラホットジュピター」の典型例だという。

その平衡温度は3770度に達し、表面温度も太陽に近い。

KELT-9bは昨年、はくちょう座の調査を行う研究チームが発見した。今回の研究結果を受け、この惑星への関心がさらに高まりそうだ。

研究者のケビン・ヘン氏がブログで明らかにしたところによると、この惑星は極めて高温であるため、大気中の鉄原子やチタン原子は他の分子に結合した形ではなく、単独の原子として検出された。

鉄とチタンは長年、系外惑星形成理論の一部を占めてきたが、直接検出されたことはない。ヘン氏らの研究チームは今回、KELT-9bが恒星の前を通過する際の光の様子を調べ、そのスペクトルデータの揺れから大気中に重金属が存在するという証拠を突き止めた。

こうした恒星の存在から、KELT-9bには紫外線や高エネルギーの放射線が降り注いでいるとみられる。

ヘン氏によれば、こうした技法は惑星形成に関する貴重な情報などをもたらすだけでなく、将来的には、生命の痕跡を探すうえでも活用できる可能性があるという。

ただ、KELT-9bで生命存在の証拠が見つかる可能性は低そうだ。

KELT-9bは恒星のすぐそばを周回しているため、公転周期は1.5日と短い。さらに、この恒星は太陽の約2倍の温度で、系外惑星の主星として知られている中で最も熱いという。


米警官、タンポポ摘んでいた87歳女性をテーザー銃で鎮圧

2018年08月18日 07時02分48秒 | 世界のニュース



【AFP=時事】米南部ジョージア州で、タンポポを摘んでいた高齢女性を警官がスタンガンの一種「テーザー銃」で鎮圧する事件があったが、地元警察当局は「最小限度の力の行使」だったと現場の対応を擁護している。

 事件が起きたのは州都アトランタの北方およそ135キロにある町チャッツワース。マーサ・ビシャラさん(87)さんが10日、自宅近くの青少年クラブの敷地に生えているタンポポをナイフで切って摘んでいたところ、施設職員の通報で駆け付けた警官にテーザー銃で撃たれた。

 警官はビシャラさんにナイフを捨てるよう指示したが、ビシャラさんは英語が話せず、指示に従うことができなかった。警官はテーザー銃を使用してビシャラさんを気絶させ、手錠を掛けた。

 チャッツワース警察署のジョシュ・エザリッジ署長は「現場における脅威を阻止するためだけの、最小限度の力の行使だった」と警官の対応を擁護した。

 しかし、ビシャラさんの孫娘マーサ・ドゥーネさんは米テレビ局NBCに対し、「祖母は銃で撃たれたと思ったそうだ」と語った。ドゥーネさんによると、ビシャラさんはスタンガンやテーザー銃の存在を知らなかった。事件後は不眠症になり、外出を怖がるようになったという。

 エザリッジ署長はビシャラさんについて、潜在的な脅威でありテーザー銃の使用は妥当だったと主張。「87歳の女性でも、ナイフを持っていれば警官を傷つけることが可能だ」と述べた上で、警官は「殺傷能力のある武器を避け、テーザー銃を使用した」と強調した。


2千年前の古代ローマの墓発見、パレスチナで道路工事中に

2018年08月18日 07時00分37秒 | 世界のニュース



【AFP=時事】パレスチナ自治区・ヨルダン川西岸のヘブロン近郊で、約2000年前の古代ローマの墓地が道路工事中に見つかった。関係者が16日、発表した。

 ローマ帝国が同域を統治していた1世紀ごろのものとみられる墓地は、約2週間前にヨルダン川西岸南部のイドナ村で発見された。

 32基ほどの墓に加え、骨や陶器が約50メートルにわたる石の中に見つかった。ヘブロン観光遺跡課のタレブ・ジュブラン主任は、考古学者らが見れば、公的機関による発見以前に他の遺物が盗み出されてしまったことは明らかだと話している。

 関係者らはこの墓地を観光地にしたい考えである一方、発見物の詳細やその重要性を明らかにするために調査が続けられるという。


韓国免税店で乱闘劇繰り広げた中国人

2018年08月18日 06時58分33秒 | 韓国



最近、中国のソーシャルネットワークキングサービス(SNS)のウェイボ(微博)では韓国免税店に訪問した中国人が殴り合う姿が映された映像が話題になった。

15日撮影されたと推定されるこの映像で男性1人と女性2人など3人は、ソウル明洞(ミョンドン)ロッテ免税店の化粧品コーナーで殴り合った。

黒い上着を着た女性が倒れると、白い上着を着た女性が相手方の上に乗って拳骨をふるった。そばにいた男性は倒れた女性の頭を足で数回蹴飛ばした。この男性は白い上着を着た女性の夫と知らされた。

新浪財経など中国のメディアは現場の目撃者の話を引用し、乱闘劇を繰り広げた人々は代理購入商人で、化粧品を先に買うために殴り合ったと伝えた。

中央日報


女が銭湯浴槽にシンナーか “袋に液体”注意受ける

2018年08月18日 06時07分22秒 | 国内ニュース



スーパー銭湯の浴槽にシンナーのような液体を入れた疑いです。

 高橋沙也香容疑者(27)は16日午後9時すぎ、名古屋市中川区のスーパー銭湯で女性用の浴槽にシンナーのような液体を入れた疑いが持たれています。警察によりますと、従業員が液体の入ったビニール袋を持ち歩く高橋容疑者を注意しましたが、その後、高橋容疑者は浴槽に液体を入れたということです。

利用客から健康被害などの相談はありません。高橋容疑者は取り調べに対して容疑を否認していますが、警察は液体がシンナーとみて鑑定を進めるとともに動機などを調べています。

テレ朝news


同級生の裸の動画拡散の疑い 高校生ら14人を書類送検

2018年08月18日 06時05分11秒 | 国内ニュース



 中学時代の同級生の少女に裸の動画を送らせたり、この動画を拡散させたりしたとして、愛知県警は17日、県内に住む元高校生の少年(16)や高校1~2年の男女計14人を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)などの疑いで書類送検し、発表した。

 全員容疑を認めているという。

 少年課によると、元高校生の少年は5~6月、中学時代の同級生だった少女(15)に自身の裸の動画をスマートフォンで撮影・送信させ、受け取った動画を他の元同級生ら3人に送った疑いがある。

 動画はさらに無料通信アプリ・LINE(ライン)を通じて拡散し、高校生の男女計約50人に広まったという。このうち、他人に動画を提供するなどした生徒13人も書類送検した。

朝日新聞デジタル


パチンコ店でスプレー噴霧か、10人以上搬送 大阪市

2018年08月18日 06時03分26秒 | 国内ニュース

大阪市消防局によると、17日午後8時40分ごろ、同市西成区のパチンコ店でスプレーがまかれ、けが人が出ていると119番があった。喉の痛みなどで10人以上が搬送されたが軽症とみられる。共同通信が報じた。

ライブドアニュース速報


宇治市役所の金庫から94万円紛失 職員による窃盗か…市が被害届提出

2018年08月18日 05時55分16秒 | 世界のニュース

宇治市役所



京都府宇治市は17日、市役所の金庫から現金94万円を紛失したと発表した。

 職員による窃盗の可能性があるとして、市は京都府警宇治署に被害届を提出した。

 市によると、紛失した現金は遺産の引き取り手が不明で、市が火葬した市民が保有していた現金。会計室にある地域福祉課の金庫で4人分の計約135万円を保管していたが、9日に職員が引き取り手が見つかった1人分の現金を取り出そうとしたところ、紛失に気付いた。10日に再び確認したところ、別の1人分の現金がなくなっていることも分かったという。

 金庫には鍵はかかっていた。最後に職員が全額があるのを確認したのは4月末だった。山本正市長は「業務の再点検と問題点の整理を行い、再発防止に取り組む」とのコメントを出した。

産経新聞


豪州の干ばつ、今後3カ月はさらに悪化の見通し 林野火災の恐れ

2018年08月18日 05時54分02秒 | 世界のニュース



[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリア気象局は16日、国内の多くの地域が見舞われている過去最悪レベルの干ばつについて、今後3カ月はさらに悪化するとの見通しを示した。当局者によれば、冬季には異例の林野火災が発生する恐れが一段と高まっている。

気象局の予報によると、暖冬に続き春も平年より気温が高くなる見込みで、同国東部の一部地域で干ばつが悪化する恐れがある。降水量は多くの地域で、11月まで平年を下回る見込み。

国内農業生産額の約4分の1を担うニューサウスウェールズ州は、公式統計によると、全域が干ばつ状態となっている。

当局によれば、16日は同州の低木・草原地帯の81カ所で自然火災が発生した。豪州の冬季には珍しいことだという。 ニューサウスウェールズ州の消防当局者はロイター通信に対し、干ばつが林野火災に「大きな影響」を与えていると指摘。「今後3カ月の気温・降水量予報を見ると、現時点では前向きな見通しが全くない」と述べた。