Manaboo 電子政府・電子申請コラム 

電子政府コンサルタントの牟田学が、電子政府・電子申請、その他もろもろ、気まぐれにコメントしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Dynamite!!を観て、 田村潔司選手と桜庭和志選手の差

2009年01月02日 | 格闘技
昨年の大晦日もテレビでDynamite!!を楽しみました。結果は、「Dynamite!!でDREAMファイター大活躍」でどうぞ。


さて、作者が注目する中村大介選手は、所選手に鮮やかな一本勝ち。

予想はしていたものの、これほどまでに差があるとは。。

今後の活躍が楽しみでございます。


ちょっと哀愁を感じてしまったのが、田村潔司(U-FILE CAMP)選手と桜庭和志(Laughter 7)選手の闘い。

田村選手はアラフォー世代のベテラン選手だけど、上述した中村選手の師匠にあたる。

となると、中村選手と同じような練習をしているわけで、中村選手と同じような身体の使い方(ゆる系)が、それなりにできると考えた方が良い。

ゆる系の練習は、他のトレーニングに比べると年齢に関係なく効果が出るので、アラフォー世代でも伸びシロが大きいはず。

実際、試合数が少なく相手も選んでいる(と思う)ものの、ここ数年はほとんどの試合で勝っている。


そして、このタイミングでの桜庭選手との試合である。

桜庭選手が以前から望んでいる中で、田村選手は「なぜ、今このタイミングで試合を受けたのか?」と言われるけど、作者が思うに「今なら勝てる」と判断したからであろう。

その意味では、田村選手はかなりの「策士」である。憎らしいほどに「ずるい」とも言えるし、「非情」な勝負師であるとも言える。

PRIDE&桜庭選手の全盛期であった6年ぐらい前であれば、田村選手が勝てる確率はずっと低かったであろう。

しかし、その状況下での試合は避けてきた。

田村選手にとっては、同じ負けるにしても、桜庭選手にボコられるなら、ボブサップやシウバにボコられた方が、ずっとマシなはず。。

そして、今回の二人の試合。

結果は、ほぼ一方的な展開で、田村選手の勝利でした。。

予想はしていたものの、「田村選手のKO勝ち」でなかっただけ、桜庭選手は健闘したと思う。


作者個人としては、田村選手より桜庭選手を応援したいのだけど、いかんせん今の二人の実力差(テクニックだけなら桜庭選手の方が上と思うけど)は開いてしまった。。今のままでは、この差は開く一方と思う。。

そんな複雑な思いで、二人の対戦を観たのでした

この記事についてブログを書く
« 行政改革(新版)、インプッ... | トップ | 世界の規制改革、電子政府と... »
最新の画像もっと見る

格闘技」カテゴリの最新記事