アブソリュート・エゴ・レビュー

書籍、映画、音楽、その他もろもろの極私的レビュー。未見の人の参考になればいいなあ。

ガス人間第一号

2006-09-29 20:09:10 | 映画
『ガス人間第一号』 本多猪四郎監督   ☆☆☆☆

 『マタンゴ』に続いて、これも本多猪四郎&円谷英二のゴールデン・コンビの手による作品。これは『マタンゴ』のようなトラウマ系のホラーじゃなくて、特撮ものでありつつ実はかなり悲劇的なロマンス映画である。

 『ガス人間第一号』なんていかにもチープなタイトルにもかかわらず、日本舞踊のシーンなんかも多く、意外と格調高い映像を見せてくれる。役者陣も豪華だ。じいやの左卜全や刑事の三橋達也もいい味出しているが、なんといってもヒロインの八千草薫である。美しい。その彼女が般若の面をかぶって日本舞踏を踊るシーンなど、普通の映画としてかなり見ごたえがある。

 最初は銀行強盗、それを追う警察、そして新聞記者と、犯罪もの的な展開をするが、八千草薫が捕まり、彼女を助けるために土屋嘉男のガス人間が警察にやってくるところから一気に特撮SFの世界に突入していく。しかし犯行予告があったり、ニセの犯人が捕まったりと前半の展開も豊富で飽きさせない。ガス人間が現れてからも、新聞社がガス人間に対談を申し込んだりと面白いエピソードが多い。土屋嘉男がガス人間誕生の経緯を語る回想部分だけが、昔のチープなSFっぽくて面白くなかった。あの研究室のセットや、古臭い効果音が良くない。あんな映像はなしにして話だけで簡単にすませた方が良かったんじゃないか。この映画は基本的に昭和の町の風景、警察署、日本舞踊、藤千代の屋敷などが背景になっていて、それがいい味を出している。あの研究所のシーンだけが「いかにも特撮映画」で、かえって安っぽく見えた。

 最初はまじめな図書館員として登場する土屋嘉男が、ガス人間の正体をばらしてから不敵な態度を見せるようになるが、彼がすごくいい演技をしている。丁寧な口調で喋りながら、口を歪めてニヤリと笑うなど印象的な場面がいくつかある。

 最後は八千草薫演じる藤千代が土屋嘉男と抱擁しつつ、自らライターの火で劇場を爆発させて死んでいく、という悲劇的な結末を迎える。最後のシーン、群集が見守る中、燃え盛る劇場のドアから瀕死のガス人間が這い出てきて、力尽きて死ぬ。あそこを私は土屋嘉男が一人で出てきて死んだとずっと思っていたが、今回DVDを見直してみると、最後に死んで横たわっているのは八千草薫じゃないだろうか。衣装は明らかに藤千代が着ていた着物だ。死体の横顔も、すすで汚れていて見づらいが八千草薫のように見える。ということはつまり、あれはガス人間が藤千代の体を必死になってあそこまでひきずり出し、力尽き、藤千代と一体になるようにして死んで行った、ということなんじゃないだろうか。そう思うとまた感慨ひとしおの結末である。しかし、この映画についての色んなレビューを読むと、みんな「水野は一人で死んでいった」とか「ガス人間は死に様をさらしたが藤千代はその死を見せなかった」みたいに書いている。やはり私の目がおかしいのか? しかし何度見ても、最後に死んでいる顔は八千草薫に見える。この映画のDVD持っている人は、ちょっと確認してみてくれませんか?
 
 それにしてもこの映画にしても『マタンゴ』にしても『ゴジラ』(最初のやつ)にしても、傑作といわれる昔の特撮映画を見ると、最初は「うーん、今見るとちょっとショボいな。まあこんなもんだろう」と思うのだが、しばらくしてもう一回見ると「あれ? 結構面白いじゃん」となるパターンが多い。時代を経た特撮ものの宿命だろうか。というわけで、皆さんもこれらの映画を観る時は一度目でがっかりしてもめげず、あとでもう一度観て欲しい。そうするとほーら不思議、意外と面白かったりするんですねえ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« シュルツ全小説 | トップ | シャルビューク夫人の肖像 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2007-05-07 04:12:01
最後、あれは絶対に家元ですyo!
で、訳わからなくなってしまうのですが、、、
やっぱり (ego_dance)
2007-05-08 10:14:22
そうですよね。賛同してくれる人がいて嬉しいです。あのシーン何度見かえしたことか。それにしても見せ方が微妙すぎる。
ガス人間第1号 (斉藤勇司)
2007-07-02 07:31:58
突然すみません。
「ガス人間第1号」の検索の途中、偶然ここに来ました。
僕が特撮物が好きなので家内もテレビの良い番組が無い時には僕の特撮映画を観たいと言いだしたので、「ガス人間第1号」が適当かなと思い見せたんです。

感想は?と聞くと、最後の炎上する建物から出てきたのは藤千代だというのです。僕はガス人間だろうと思い込んでいたので「何を言ってる!」と見てみると・・・ほんと・・藤千代ですよね。何の先入観も無い状態で見た方が分かるのでしょうね。

本当に突然書き込んですみませんでした。
そうそう! (ego_dance)
2007-07-03 10:55:28
だんだん同意見の人が増えてうれしい限りです。猫姫さんも絶対そうだとおっしゃってます。ということは、やっぱりそうなんだなあ……でも普通に見るとあそこはガス人間だと思ってしまいますよね。私も気づいたのはDVDを二回目に観た時でした。奥さんに観察力はすごいです。
コメント戴けて嬉しいです。 (斉藤勇司)
2007-07-03 19:55:13
本当に良く発見出来たものです。
僕なんか今まで何度も観ているのに気が付かない。。。

ダメなんだな~僕は

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

ガス人間第一号 (昭和35年・1960) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
ガス人間第一号本多猪四郎 三橋達也 佐多契子 東宝 2002-01-25 胸をえぐる白いガス、科学が生んだの未曽有の恐怖 満都を恐怖のどん底に叩き込んだ姿なき人影 ガスマン!  第1作『ゴジラ』と同...
ガス人間第1号 ( 1960 / 日本 ) (くんだらの部屋)
東宝の「変身人間シリーズ」の4作目にして最高傑作とする声も多い作品。 今回はなんと、人間が ガス、つまり気体に変化するという、こればかりは理屈のつけようがない(笑)漫画チックな設定。 しかし、内容は、怪しげな科学者の人体実験により、ガス人間と化した ...
蒸気の男 情鬼の女 (オタクイーンの「恋するネヴュラ」)
「ネヴュラ」の男性読者で、スーツの内ポケットに手を入れる時、ちょっと口元を歪めて
ガス人間第1号 07105 (猫姫じゃ)
ガス人間第1号 1960年   本多猪四郎 監督  円谷英二 特技監督  田中友幸 制作東宝スコープ &パースペクタ・ステレオフォニック・サウンド三橋達也 八千草薫 土屋嘉男 佐多契子 左卜全 松村達雄 塩沢とき この映画をどうして、「美女と」ガス...