アブソリュート・エゴ・レビュー

書籍、映画、音楽、その他もろもろの極私的レビュー。未見の人の参考になればいいなあ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戸田家の兄妹

2015-04-14 21:04:11 | 映画
『戸田家の兄妹』 小津安二郎監督   ☆☆☆☆★

 今回初見だった『戸田家の兄妹』、1941年作品とかなり古く、DVDの映像もかなりキビしい。映像、音声ともにノイズがひどく、場面によっては滝の音のようなノイズだ。これまで私が観たDVDの中でも最悪の部類だろう。が、映画そのものは素晴らしい出来だ。傑作である。これほどの映画なんだから、映像と音声はもうちょっとなんとかならないものだろうか。

 ある家族の父親が死んで一周忌を迎えるまでの物語、ということなのでまた淡々とした日常のスケッチみたいな映画かなと思ったら、相当ドラマティックな話なので驚いた。名家の父親が死んだら実は結構負債があって、家屋敷を処分して返済しなければならない。家がなくなり、父親と一緒に住んでいた母親(葛城文子)と三女(高峰三枝子)は長男夫婦の家で面倒を見ることになる。ところがそれまでは仲良くやっていた長男の嫁(三宅邦子)が、2人をイビり始める。今日は友達が来るからどこかへ出かけてちょうだい、なんてことを言う。邪魔だから出て行け、というのだ。居候の2人は逆らえず、「どこへ行こうかねえ」などと言いながら家を出る。それから夜、寝床に入ると、長男の嫁がピアノを弾き始める。母が眠れないので止めてほしい、と娘が頼みに行くと、切り口上で「でもねえ、お互いさまじゃないかしら」

 長男(斎藤達雄)は困って、長女(吉川満子)に母親と三女を引き取ってもらう。そうすると今度は長女が母親に辛く当たる。たまりかねて、二人は空家になっているボロの別荘に住むことにする。それを聞いた次女はとぼけて「うちに来てもらおうと思っていましたけど、でも、それもいいですわね」次女の夫は「おい、うまくいったな」

 ムッチャかわいそう。このストーリーを聞いて「ははあ、これは『東京物語』の原型だな」と思うのは私だけではないだろう。子供たちから迷惑がられ、たらい回しにされる年老いた母親。行き場がなくなる老人。『東京物語』のように数日ではなくもっと長いスパンの話なので、こっちの方がより残酷である。母親が自分の娘にペコペコ謝ったりする。長女妻の三宅邦子は小津映画の常連で、優しい母親の役などもやるおっとりした美人タイプの女優さんだが、この映画ではとにかく憎たらしい。ぶん殴りたくなる。

 観ていてフラストレーションがたまってくるが、これも『東京物語』みたいに諦念とともに微妙に終わっていくんだろうなあ、と思っていたらそうじゃなかった。最後に痛快なしっぺ返しが待っている。中国に行っていた独身の次男(佐分利信)が一周忌に帰ってきて、事態を知り、長男夫婦、長女、次女夫婦をコテンパンにやっつけるのである。当時はまだ若い佐分利信だが、あの人を人とも思わない偉さはすでに健在である。しれーとした顔で、ドリルのように厳しい言葉を容赦なく投げかける。あの威風堂々たるたたずまいには誰も逆らえない。しまいには一周忌の席から、母親と三女を除いて全員追い出してしまう。いやー爽快きわまりない。観客がそれまで抱え込んできた鈍痛のようなフラストレーションを一気に解消し、強烈なカタルシスを覚える場面だ。

 佐分利信、えらい、えら過ぎる。これはもう佐分利信の男前に惚れる映画である。あまりにも頼りになる男、佐分利信。彼は次男だが、前半ではこの次男が一家の粗忽者のように扱われているのがまたニクイ演出だ。遅刻の常習犯で、しようがないわね、なんて妹に言われているのである。ところが、いざとなると一番頼りになるなんて、カッコよ過ぎるぞ。

 ラスト、妹にお嫁さんを紹介すると言われて浜辺に逃げていくのも微笑ましくていい。光溢れる海辺の透明感もあいまって、このエンディングの爽快感は類を見ない。ここまで鑑賞後の気分が晴れ晴れする映画は他にないのではないか。『ショーシャンクの空に』を余裕で上回っている。

 それから映画の途中では、佐分利信と笠智衆ともう一人が絶妙のタイミングで差しつ差されつしながら呑むという、小津映画名物の料亭シーンもちゃんと出てくるし、由緒ある名家が舞台ということで、豪華な屋敷内の美術も目を愉しませてくれる。映像と音声の状態がアレなのでそれだけ注意が必要だが、これは是非みなさんにも観て欲しい映画だ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 孤島の鬼 | トップ | バーバレラ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読んでいるだけでおもしろそうです (sugar mom)
2015-04-21 06:45:50
お久しぶりです。
「東京物語」に原型がありましたか。
しかも、まったく180度違うエンディングの物語が。
壮年期から後半の佐分利信しか知らない者にとって、このレビューの中で紹介される佐分利信像は実に魅力的ですね。
神戸のレンタルDVD店を探してみてみようと思います。
素晴らしいレビュー、ありがとうございました。
面白いです (ego_dance)
2015-04-22 11:21:36
これは面白いですよ。若い頃の佐分利信を知らない人には、特に見て欲しいです。一発でファンになりますよ。ただ画質が悪いことだけ我慢して下さい。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事