EG-GAME

西九州総合釣行情報

仕込み

2018-08-26 17:46:46 | 日記・エッセイ・コラム
8月26日 南南東8m 波2mうねり 大潮 月齢14.7満月 旧暦7/16






結局、夏休み、遠征計画は台風と低気圧の残りにてまたもや出船出来ずでした。



潮もデカく、こちらの船も考えてましたが潮周りと風で釣りにくいかもと思い、気が進まず。


先に予約してるならば行くのですがギリチョン判断でしたんで結局、行かずじまい。




考えると6月あたりから仕事と釣りとで殆ど休まず。


嫁からも、よー具合悪くならんねとも(ー ー;)




親父の誕生日もあり、お袋の事を考えると元気なうちにと、あまりしてなかった孝行もと週末はゆっくり久々してました。







家に居るものでワンコ達も甘えてくる。



何もしない訳ではありませんが、いつでも行けるようにと仕掛け作りだけは。







針を買いに伊万里、まるきんさんへ。







ついでにニ味とうがらしも、まるきんさんで購入。



今や当たり前の針、エーワンのキツネ針。



市販の仕掛けにも狐針だけのやつもあるくらいです。






市販の仕掛けでは同じ針の形状、サイズが一緒の組み合わせ。




しかしハイシーズンなど簡単にベイトが付けば問題ないのですが、潮や水温、時期などでベイトが付きにくいのもあります。



ベイトが付かないと成立しない釣りなんで仕掛けには気を配るところ。




フラッシャーなどの組み合わせも勿論有効な事ですが、先ずは針の形状、サイズ、軸の太さなど。






早福港の遊漁船に乗ると船長独自の仕掛けを準備してくれたりしますが、いい勉強になります。


同じ針の種類だけは殆どなくミックスタイプが多い。


あと重要なのは仕掛けを張り、針の向きにも拘りたい。


落とし込みには針で喰わせるタイプと引っ掛け重視があります。


基本的には喰わせるタイプのようですが、上記の狐針などではフラッシャー無くとも鉛ドンで群れに直撃落下させ針掛けさせるのが食いが浅い時に有効。






フラッシャー、平打ちした針には喰わせていくのでサミングしながらスピード調整で食いを探りますが狐針は余計なサミングは要らない。





ベイトの頭や目、身体に刺さり掛かるので良いのですがベイトが外れる事もあり、ハリスを結ぶ際、フトコロが狭いのでしっかり結ばなくてはなりません。






針のミックスにて一番下からどの針をと考えてながら作るのが面白い。


意味があり自分なりの仕掛けを時期毎に組み合わせていけば色々なバージョンが出来る。





南方などの黒潮エリアでもオアカムロアジやチビキ、鯖なども普通に食ってきます。






仕掛け作りも釣りのうちだと俺は思うのですが^ ^



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 海へ来なさい | トップ | 鱗の重要性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事