笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

親子鷹―勝小吉の人情

2018-01-10 20:57:12 | 日記
あまりテレビは見ないのですが、時代劇専門チャンネルというのがあって、今「親子鷹」をやっています。主人公は親子ーそう勝小吉と勝麟太郎。若き日の勝海舟です。勝海舟を理解するとき、やはり勝小吉の存在を見ていないと理解できません。そして明治政府の参議兼海軍卿や徳川幕府の軍艦奉行をしていた勝海舟から親父が勝小吉であることは想像できません。江戸城無血開城で火消しの新門辰五郎や浅草の弾左衛門に協力を求め江戸庶民を救った行動は、まさに親父勝小吉からの付き合いで、親子ゆずりの血が通った人情が成し遂げたものです。正に親子鷹が江戸を救ったのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事に活動に少しづつ動き出... | トップ | 人の出会いが人生を変化させ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事