NPO法人リンケージ What's New !

発達障碍のある方への就労支援、就学前の療育、学齢期の学習・社会性支援など。実施している支援のあれこれをお伝えしています

放課後等デイサービスそらまめ2自己評価および改善について

2018年03月23日 | 療育支援
今年度も終わりに近づいてまいりました。
1年の締めくくりとして、放課後等デイサービス事業所そらまめ2の自己評価をお伝えします。
自己評価は、放課後等デイサービス「そらまめ2」の
スタッフに対して行ったアンケートをまとめたものです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

質問項目に関しては、ガイドラインに準拠し、
返答項目は、【はい・わからない・いいえ】の三択から
【「とても、そう思う」「少しそう思う」「あまりそう思わない」「全然、そう思わない」「どこに当てはまるか、わからない」】
の5択に改善し、より実情が鮮明に表すことができる様に、独自に改善しました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【質問】① 利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか
とても 1 すこし 3 あまり 1 全然 0 わからない 0

【課題は何か・工夫している点は何か】
・指導訓練室や独学するスペースなど、移動できる、ついたてなどを作りながら、
構造化にふさわしい環境をつくるべく、工夫している。
・しかし、課題としては、部屋内の音の響きや道路からの音など、がある。

【質問】② 職員の配置数は適切であるか
とても 2 すこし 3 あまり 0 全然 0 わからない 0

【課題は何か・工夫している点は何か】
・群馬一般の放課後等デイサービスと比べ、遜色の無い人数を配置していると思われるものの、
スタッフ対児童の割合が曜日によってばらつきがあり、利用する曜日の関係で、
利用者間でのサービスの手厚さに若干の不平等が存在する。

【質問】③ 事業所の設備等について、バリアフリー化の配慮が適切になされているか
とても 0 すこし 3 あまり 1 全然 1 わからない 0

【課題は何か・工夫している点は何か】
・現状で、大きく身体を障害されている、たとえば
歩行が不可である利用者等、いらっしゃらないので、バリアフリー化にあまり積極的で無い
状況である。もし、このバリアフリー化が、構造化などを含むのであれば、これからも、
構造化を推し進めていきたい、という事が話し合われた。


【質問】④ 業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか
とても 0 すこし 4 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・毎日の療育に振り返りの機会を持ち、全体ミーティングで、ケーススタディを行っている。

【質問】⑤ 保護者等向け評価表を活用する等によりアンケート調査を実施して保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげているか
とても 1 すこし 0 あまり 3 全然 0 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
・今回、アンケートを初実施したが、保護者から「PM6:00迎えに行った時、冬期など駐車場がとても暗く感じる。改善希望」という要望があり
それを受け、夜間数時間点灯する外灯を設置した。

【質問】⑥この自己評価の結果を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか
とても 2 すこし 0 あまり 1 全然 1 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
・今回、ブログ上で公開することにしたことが改善点である。

【質問】⑦第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか
とても 1 すこし 1 あまり 1 全然 0 わからない 2
【課題は何か・工夫している点は何か】
・利用者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげた(質問⑤参照)。

【質問】⑧職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保しているか
とても 3 すこし 2 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・随時、研修に行った職員には、他職員に対し全体ミーティングで講義を行っている。

【質問】⑨アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後等デイサービス計画を作成しているか
とても 3 すこし 1 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・必要とされた児童に対し、OT評価や感覚プロファイルなどの検査を行い、環境調整などに活かしている。

【質問】⑩ 子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか
とても 0 すこし 3 あまり 1 全然 0 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
・感覚プロファイル、運動年齢検査などを、随時行っているが、今後の課題として、適応行動を見ていくためのVinelandⅡなどを取っていく予定である。

【質問】⑪ 活動プログラムの立案をチームで行っているか
とても 2 すこし 2 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・毎朝の学齢期のミーティングで行っている。

【質問】⑫ 活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか
とても 0 すこし 4 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・固定化しないような工夫として、次のようなものを行っている。リクエストタイム:youtubeの音楽を流す時間。出席児童全員から、リクエストをとり、一定時間流している。効果として、比較的コミュニケーションの頻度が低く、バリエーションが乏しい児童も、「リクエスト用紙」に書き込むことで、毎回、自分の要求を支援員に伝える事が出来ている。リクエスト用紙により「手段」が確立し、本児が伝えるべき、「要求内容」のパターンを狭め、リクエストタイムという「時間」を一律に決めることで、その児童も、要求をしやすくなったのでは無いかと考えている。

【質問】⑬ 平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか
とても 1 すこし 3 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・長期休暇の際、サーカディアンリズムが崩れがちになる児童が多い中、夏休みは、時間帯を変えることで、
学校と同じ時間に、当該施設に来て頂く事で、生活リズムの安定に寄与するために、サービスの時間帯を変えている。


【質問】⑭ 子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を作成しているか
とても 2 すこし 1 あまり 2 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・集団活動の中に、個別活動を組み込むことで行っている。しかし、そのことが、計画レベルでの記載には及んでいない。incidentalな事象を活かしているために仕方の無いところも多いのだが、課題となっている。

【質問】⑮ 支援開始前には職員間で必ず打合せをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか
とても 4 すこし 1 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・毎日の会議にて行っている。

【質問】⑯ 支援終了後には、職員間で必ず打合せをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか
とても 5 すこし 0 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
・振り返りを行い、気づいた点を共有している。また、その際に、ヒヤリハットも一緒に共有するなど工夫を行っている。

【質問】⑰ 日々の支援に関して正しく記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか
とても 3 すこし 1 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
振り返り時に記録を取っている。そして、工夫している点を書き残すなどし、アンケート集計を行っている。


【質問】⑱ 定期的にモニタリングを行い、放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか
とても 4 すこし 0 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
定期的にモニタリングを行っている。

【質問】⑲ ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせて支援を行っているか
とても 2 すこし 3 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
ガイドラインを適宜、参照している。

【質問】⑳ 障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか
とても 3 すこし 2 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
サービス担当者会議の参加は、できるだけ参加しており、その後、参画したスタッフが、他スタッフへ会議の様子を伝えている。

【質問】(21)学校や関係機関等と支援会議を通じて児童の状況把握に努めているか
とても 2 すこし 2 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
児童の状況把握は、適宜、行っている。

【質問】(22)医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか
とても 1 すこし 0 あまり 2 全然 0 わからない 2
【課題は何か・工夫している点は何か】
 

【質問】(23)就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定こども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか
とても 2 すこし 2 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
児童発達支援を当所で行っていることもあり、当所を未就学児のときから通ってきた児童についての、情報共有は、
きちんと適宜行われている。しかし、課題としては、当所を利用したことの無い児童の場合があるので、今後の課題である。


【質問】(24)学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所から障害福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか
とても 3 すこし 1 あまり 0 全然 0 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
当所に於いて、就労移行支援を行っており、当所のサービスを利用する場合に、支援内容や情報を提供している。
 

【質問】(25)児童発達支援センターや発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか
とても 3 すこし 1 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
適宜、研修に行っている。


【質問】(26)放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか
とても 0 すこし 1 あまり 1 全然 3 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
とくにないので、課題である。
 

【質問】(27)(地域自立支援)協議会等へ積極的に参加しているか
とても 1 すこし 2 あまり 0 全然 1 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
協議会へは、責任者が参加している。


【質問】(28)日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか
とても 2 すこし 3 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
送り迎え時や、「心理面談」という時間を特別に設けて、子どもの発達の状況や課題について共通理解を図っていくとともに
個別支援計画作成時や作成後に、保護者と話し合う時間を設ける事で、ともに療育を行っているんだという気持ちを
醸成していくために、随時、努力している。
 

【質問】(29)保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか
とても 0 すこし 3 あまり 2 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
特別な時間は設けていないが、「心理面談」等の時間をつかい、保護者の心理的なケアを行ったりと、
保護者支援の観点から、できるだけの支援を行おうと努力している。
 

【質問】(30)運営規程、支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか
とても 2 すこし 2 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
利用者負担についての説明が過多にならない程度に説明している。
 

【質問】(31)保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか
とても 1 すこし 3 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
質問(29)にも書いているが、「心理面談」などの時間を設け、助言や支援を行っている。 


【質問】(32)父母会の活動や保護者会の開催等により保護者様同士の連携が支援されているとおもいますか。
とても 1 すこし 3 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
父母会などは特別設けていないが、必要という声が保護者からでるようであれば、考えていく。
保護者会の開催という文言に即しているかは分からないが、
「パパママ座談会」というものを設けて、就労期まで育て上げた先輩保護者さまから話を聞く、
というイベントを行ったところ、「(児童と)一緒にどのように過ごしていけば良いのか、分かった」
「(私も)このようなイベントで話が出来る様に、日々の生活を頑張っていきたい」
など、様々な良好な反応を頂いたので、今後も続けて行ければ良いと考えている。

【質問】(33)子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか
とても 3 すこし 2 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
質問(29)にある心理面談を活用しつつ、送り迎え時の状況などを、上手く活用しつつ、これからも
苦情対応を迅速に行っていく。 

【質問】(34)定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか
とても 0 すこし 2 あまり 2 全然 1 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
今回のアンケートの結果等を受けて、学校で言う「学級だより」のようなものを発行できないかと意見が出され、
鋭意取り組んでいるところである。 

【質問】(35)個人情報に十分注意しているか
とても 4 すこし 1 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
書類上での流出がないよう、そして、保護者様との会話でのやりとりなどでも、個人情報が漏れ出ない様に
気をつけながら、ご対応していく。 

【質問】(36)障害のある子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮をしているか
とても 5 すこし 0 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
構造化や絵カードなど、随時取り込みながらも、児童によって伝わりにくさ(=言語の理解のしにくさ)には
一人一人違うのだということを理解し、評価を用いながら、配慮をこれからも続けていく。
 

【質問】(37)事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか
とても 0 すこし 2 あまり 3 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
個人情報の問題もあり、行っていない。しかし、外の掃除をする際などにあいさつを欠かさないなどの
細かい配慮を今後も続けていく。 

【質問】(38)緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、職員や保護者に周知しているか
とても 2 すこし 2 あまり 1 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
行っている。 

【質問】(39)非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか
とても 5 すこし 0 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
行っている。 

【質問】(40)虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか
とても 4 すこし 1 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
現状で、理解が不足している分野であったので、虐待防止の研修を行った。
今後もそういった研修を適宜行い、理解を深化させ、日頃の療育などに活かしていく。

【質問】(41)どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、放課後等デイサービス計画に記載しているか
とても 1 すこし 1 あまり 0 全然 0 わからない 3
【課題は何か・工夫している点は何か】
質問(40)などにも書いたが、身体拘束を行ったことが無いという認識であったので、
取り扱いが難しいが、タイムアウトなどの手法は身体拘束になる場合があるのかなど、細かい場面を想定した状況を
理解し、スタッフ間で共有していく。 

【質問】(42)食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
とても 1 すこし 1 あまり 1 全然 1 わからない 1
【課題は何か・工夫している点は何か】
食物アレルギーのある子どもに対して、食物の供与を行っていないので
スタッフの認識が甘くなっている可能性があり、今後も気をつけていく。 

【質問】(43)ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか
とても 3 すこし 2 あまり 0 全然 0 わからない 0
【課題は何か・工夫している点は何か】
毎日の振り返り時に、ヒヤリハットを出すことを明確にし、全体ミーティングにて共有も行っている。 

以上になります。
次年度もひきつづき、利用児さん、ご家族のニーズにお応えできるよう、
スタッフ一同、支援にあたりたいと思います。

H28年度 放課後等デイサービスそらまめ見学会予約終了のご案内

2015年09月04日 | 療育支援
みなさま

こんにちは。

そらまめのスタッフです。

おかげさまで、先にご案内させていただいた放課後等デイサービスそらまめの事前見学会の定員が満員になりました。

多くの方からお問い合わせいただき、本当にありがとうございました。

ご見学に来てくださるご本人様、ご家族の皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

またご見学にあたり、どのようなことでもご心配がありましたら、何なりとお問い合わせください。

スタッフ一同、お待ちしております。


尚、そらまめの活動のご案内や発達障害に関する講演会や研修会は引き続き力を入れてまいりたいと思います。

皆様といつか、どこかでつながれますよう(Linkage)に。




放課後等デイサービスそらまめ見学会のご案内

2015年08月18日 | 療育支援
みなさま

こんにちは。

放課後等デイサービスそらまめへのお問い合わせをたくさんいただきありがとうございます。

平成28年4月からの放課後等デイサービスご利用にあたり、

ご家族、ご本人様に実際のそらまめを見ていただきたく、事前の見学会を開催いたします。

9月2日・9日・16日・30日(水)の16:00-16:50,17:00-17:50となっております。

担当の臨床心理士がご家族の方やご本人様のお話を伺いながら、

そらまめのご利用についてご案内させていただきます。

皆様のご予約をお待ちしております。


■予約電話 027-345-7390

「放課後等デイサースの見学の件で」とお伝えください。



既にご利用されている方々への配慮もあり、日程が限られておりますこと

なにとぞご了解とご協力いただけますよう、よろしくお願いします。


理事長 石川京子

子育てスキルアップ講座のご案内

2012年11月12日 | 講演・セミナー
リンケージの石川です。

ここ1~2年は、子どもたちや若者を応援する支援者向けの講演会に

お声がけいただくことが多かったのですが、

久々に保護者向けの講演会でお話し(寸劇も!)させていただけることになりました。



なかなか、がまんができない、気持ちのコントロールってどう育つの?

一人でお勉強するようになるかしら?

忘れ物や片付けが苦手。

このままじゃ、子どもを甘やかしてるって思われないだろうか?

子育てには、喜びと不安がつきもの。



昨年、高崎市子ども発達支援センターの啓蒙冊子「poco a poco」を

作成させていただきました。

今回はその中からいくつか抜粋して、寸劇仕立てで講演会を楽しんでいただけたらと思います。

ご都合のよろしい方は、ぜひ足を運んでください。

お待ちしています。



日時:2012年11月14日(水) 10:00-12:00

場所:高崎市市民活動センター 市民ホール
(高崎市足門町1669-2 tel:329-7114)

講演:子育てスキルアップ講座「気づいてほしいな!SOS」

対象者:乳幼児期の子どもをもつ親御さん

申し込み先:高崎市教育委員会社会教育課指導担当
     tel:027-321-1295


スタッフ募集のお知らせ

2012年07月11日 | 就労支援
 新しく仲間になっていただける方を募集しております。
発達障がいのあるお子さんから成人の就労まで、
ご本人の得意を育て、特性からくる苦手をサポートする支援に
ご関心のある方の応募をお待ちしております。


【職種】相談支援員(正社員)
    就労を目指している発達障がいのある方への就労準備支援。
    ジョブトレーニングや就労準備講座のアシスタントから慣れていただき、
    将来的には、チームとして就労支援を担っていただきたいと思っています。
【対象となる方】群馬県の緊急雇用創出基金事業のため、
        現在失業されている方のみになります。
        経験は特に問いません。

詳細は、ハローワークに求人をだしております。
皆様のお目にとまりますよう、そして、新しく仲間入りしてくださる方に
お会いできることを楽しみにしております。

万場高校での社会人デビューセミナー

2012年02月10日 | 就労支援
今日は万場高校の3年生向けの社会人デビューセミナー。
社会人としての心構え、、、ではなく、
お給料明細の見かたやお金の使い方、
悪徳商法にひっかからない方法、
試用期間が終わったのに正社員になれないと言われた時、
自動車事故にあってしまったら、、、などなど。
トラブル場面でどうすればいいかを
ワークショップで体験していただきました。

これまで、何か困ったことがあったときは高校の先生に相談できたけど、
社会人になったらそうはなかなかいかないもの。
そんな時、自分で抱えちゃったり、我慢しなくてすむように、と
先生方が企画を立ててくれました。
その気持ちに賛同した、友人の弁護士やファイナンシャルプランナー、
私たちキャリア教育チームがそれぞれの強みを活かして参加させていただきました。

数年前から先生と地域の人々が連携して、いろんなプロジェクトをすすめています。
生徒さん向けのデビューセミナーといいながら、
ワークショップをつくる過程はまるで大人の部活動のようで、
とても充実した活動になりました。

昨晩、this is a big decision というメールが届き、
何々?とアルファベットの羅列に目をうつすと
そこにはランスがアイアンマンに参戦を宣言したとあります。
それも今週末のpanama戦から。

あ~、しばらく仕事に集中できなそう、な予感。

富岡市立小中学校特別支援教育育成会に参加して

2012年02月09日 | 講演・セミナー
 今日は、富岡市の特別支援教育育成会のご好意で、
小中学校の先生方と親御さん向けにお話しをさせていただきました。
講演の内容は、「発達障がいの理解とかかわり、苦手さってどういうこと?」です。

先生方だけ、親御さんだけという講演会の機会はたくさんありましたが、
今回のように子どもたちをサポートする大人たちがひとところに集まって
情報を共有するという機会はめったにありません。

富岡市のように先生も親も支援者も子どもと関わる大人が共通理解を持ち、
それぞれのかかわりができれば、
子どもたちの混乱はどれほど少なくなることでしょう。
子どもだけではなく、担任の先生も親御さんも支援者も
一人ぽっちではうまくいきにくいことも、行き詰ることもあります。
そんなとき、隣にいる人と子どもたちが難関を乗り越えようとしている、
そのたくましさを語り合えたら。。。

講演会後の親御さん方との懇談会では、
皆さんの切実な言葉のひとつひとつに心を揺り動かされ、
同時に、どれほど多くの余りある愛情が子どもたちに注がれているかを
感じる時間となりました。

 富岡のママたちには、リンケージ設立当初からいつも心強い応援をいただいています。
そして、今日も参加の機会をいただき、心より感謝申しあげます。
ありがとうございました。






児童デイそらまめの手作り教材

2012年02月07日 | 療育支援
リンケージでは、就労支援のほかに児童デイサービスそらまめで
未就学児さんと学齢児さんの療育を提供しています。

子どもたちは日々着実に成長していきます。
療育で使用する教材も子どもたちの育ちや好みに合わせて、
たくさん手作りします。
いつの間にか、教材室は選り取りみどりの教材たちであふれかえってます。

最近のヒットはジョブトレーニングの若者たちとコーチさんが
設計図から全部作り上げた、木材の平均台

平均台を目にした子どもたちは、自分たちで高さを変えたり、
サーキットを組み立てたりしながら、想像力とバランス感覚を育んでいます。


女子高!?

2012年02月06日 | 就労支援
3年前から実施している、就労準備講座。
これまでの受講生は男性が圧倒的に多く、講座室は未体験の男子校のよう 
それが、今年度最後の2.3月コースはなんと全員女性 
懐かしい女子高、女子大の雰囲気。

本日は、受講生の講座に寄せる期待を確認しあった後、
MI(The Theory of Multiple Intelligences )を活用して、
自分たちの強みを理解することに。
音楽、映像、論理、言語、身体、内省など、皆さんが強みとして使っている
知能がたくさん出てきてました。
豊かな講座になりそうな、そんなワクワクを感じます。

2か月間、どうぞよろしくお願いします 

ボランティアさんに感謝!

2012年02月04日 | 療育支援
 毎週土曜日は、小・中・高校生のソーシャルスキルクラブ。
今日は、中学生と高校生のクラス。

協働作業のランチづくりは、手作りハンバーグ。
「もうすぐ出来ます!」「出来ましたよ~。食べに来てください!」と
事務所にいるスタッフにも明るく声をかけてくれます。
おいしかった。
今、隣の部屋では残りのハンバーグをスタッフの男性が夜食としていただいてます。


ソーシャルスキルクラブでは、絵カードを用いながら状況判断のお勉強。
『A君が歩いていると、通り道にB君の荷物が置きっぱなしで、踏んづけてしまった。
荷物を通り道に置いたほうが悪いんだから、踏みつけて荷物を壊してしまったぼくは悪くない。
だから、誤る必要なんて、ないんだあぁぁぁ。』
このような状況のときに、さあ、君たちならどうする?


謝罪すること自体は、決してそのまま”自分の負け””自分はだめ”を意味するものではありません。
もし、自分の行動にも改めたほうがよいところがあれば改め、
お互いが自分はどうすればよかったか、今後どうすればよいかを考えるきっかけにもなる、
大切な行為なのです。
そんなことを皆で考えたり、意見を出し合ったり、謝罪のロールプレイングをしてみたり。
今日もわきあいあいとした時間でした。

その時間を支えてくれたのが、本日初めて参加してくれたボランティアの女性。
フリータイムのポケモンの話しも、まじめな意見も温かく聴いてくれる、
その姿に皆もすぐとけこんでいました。

来週からも、どうぞよろしくお願いします 






気になる子どもの子育て10のポイント

2012年02月03日 | 講演・セミナー
 先日、太田市こども早期療育委員会主催の講演会で
気になる子どもの子育て10のポイントと題し、お話しさせていただきました。

多くの親御さんや支援者の方々とお仕事をさせていただく中で、
教えていただいたポイントを整理して、お伝えしました。

  脳の白黒作戦にだまされるな!
  自信とほめるの落とし穴!
  叱り方を見直してみる!
  60点が教えてくれること!
  成功の立役者は本人に!
  問題行動には意味がある。
  見えや聞こえの問題は?
  記憶の問題は?
  体の動かし方の問題は?
 子どもにあきらめさせない。

子どもたちは、どんなにうまくいかなくても、
自分もみんなのようにできるようになりたい、と思っています。
だから、どんなときも「この難関を子どもたちはたくましく乗り越えようとしている」
という周囲のポジティブで柔軟な見方がきっと役に立つと思います。
子どもたちに、誇りと充実した生活をあきらめさせてはいけない。
そう思う毎日です。

今日は早期療育委員会の中心メンバーのひまわり学園さんと
楽しいお食事を囲んでの、意見交換の予定です。
今日も一日、きっといいことがありそうです。

よい子のダイヤル・家庭教育電話相談での講演会 

2012年02月02日 | 講演・セミナー
 今日は、群馬県生涯学習センターが実施している
よい子のダイヤル・家庭教育電話相談」の相談員の先生方向けに
「発達障害の特性とその支援」というテーマでお話しをさせていただきました。

よい子のダイヤル・家庭教育電話相談では、育児やしつけ、家庭の人間関係、
お子さんの性格や健康、いじめや不登校、お勉強、対人関係など、子育てに関する
悩みを匿名で専門家に相談できるサービスです。
上毛新聞にも掲載れているので、ご存知の方も多いことと思います。
お顔もお声からも温かみが伝わってくる、ご経験豊富な先生方が担当されており、
長く事業が必要とされている理由のひとつが分かった気がします。

子育てに不安を感じたときに、一人ではないことを教えてくれる、そんな先生方でした。


おとなの発達障害講演会のお知らせ

2012年02月01日 | 就労支援
 来る、2/5(日)に高崎市主催のこころの健康づくり講演会が開催されます。


【内容】 おとなの発達障害~その人らしくいきるために~

     「大人になった当事者からのメッセージ」 
      講師 NPO法人リンケージ 発達支援員 五位野岳司

     「発達障害のある方が強みや特性を活かして仕事に就くために
      ~事例をとおして~」
      講師 NPO法人リンケージ 臨床心理士 石川京子

【日時】 平成24年2月5日(日)午後1時30分~4時

【会場】 高崎市総合保健センター2階 第一会議室

【参加費用】 無料

【お問い合わせ】 高崎市障害福祉課 027-321-1358

【備考】 申し込み先着200名


この講演会でお話しをさせていただくのも3回目となります。

毎年多くの方にご参加いただき、「それぞれの方が感じている現状に対して

共通理解をもつ機会となった」とのお声を寄せていただいています。

ご関心のある方はぜひお越しください。


ペアレントトレーニング

2012年01月31日 | 療育支援
週に一度嘱託で勤めている高崎市の子ども発達支援センターで、
今年からペアレントトレーニングのセミナーを実施しています。

ペアトレの目的は、親子のかかわりが楽しく、関係がよりよくなること。
時には、ほめることの練習のように紹介されることもありますが、
ここには大きな落とし穴があります。
頭の中でイライラしながらほめても、言葉と表情は食い違います。
それではかえって、親にも子どもにも大きなストレスになります。

ほめることの目的は、いつも自分を認めてくれるお母さんが言うことだから、
ちょっと乗り気でないことも、できればやりたくないことでも、
試しにやってみようか、と親子の信頼関係をつくっていくことにあります。

今日はその2回目。
工夫上手なお母さんたちと笑い声のたえない、
楽しい一時を過ごすことができました。
最後に、子どもと2人きりのスペシャルタイムの設け方をみんなで考えて、終了。
隣の部屋からも子どもたちの笑い声が聞こえてくる、そんな午前中でした。





高校3年生向け社会人デビュー講座

2012年01月30日 | 就労支援
昨年から、キャリア教育のひとつとして、
高校3年生向けの社会人デビュー講座を実施しています。

お給料明細の見かたから、お金の使い方、保険や税金のこと、
悪徳商法にひっかかったらどうすればいいか、自動車事故にあったらどうすればいいか、
解雇や雇用関係など契約と違うけど、なかなか言えない。などなど。
残念ながら、守られた学校生活と異なり、
様々なトラブルに遭遇することもあります。
その時に、誰にどう相談すればいいかを知るために寸劇を見て考えたり、
ワークをしたり、専門家から教えてもらったりする講座です。

今晩も様々な分野の専門家が、夜な夜なトラブル寸劇の練習をかさねています