幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

阿川佐和子さん「サワコの朝 遠藤憲一さん」 ”強面の悪役から好感度俳優に。昨年CM契約社数第一位”

2018-11-17 08:08:08 | 生き方/考え方
ATMも分からない。一人で銀行行ったことがない。
ドラマ、バラエティ、CMに活躍。服は女房が買ってくれる。最近は飲みに行かない。家にいる時は同じ服。中学の同級生に毎年会うが服が同じだった。

阿川佐和子さんはハグする人だと思って(ハグして)。
1961年生まれ。22歳でTVドラマにデビュー。犯人か悪役。
強面を様々なシーンで見かける。甘えん坊。年上の女性に特に弱い。

メチャクチャ忙しい。CM契約社数第一位(昨年)。強面の好感度。ドラマが4つ。勝海舟役。高校中退している。歴史上の人物を演ずるときには、教師をしている友だちに講義してもらっている。今は仕事のことに関することを学ぶことが嬉しく感じている。

1曲目、ベートーベン「交響曲第一番」。18歳で演劇に目覚めて、本を読むことを始めた。初めて読んだのが太宰治著「人間失格」。タイトルが自分に似ている。面白くて面白くて。音楽だとベートーベンだと。聴いたら涙が止まらなかった。流石ベートーベンだと。朝から清々しい気持ちに(サワコ)。
音楽を聴いていた方が演技の発想が生まれる。
悪役を演じていた時にも悲しみがあるので、それをわからないように加えていた。無名塾を10日間で辞めた。無名塾800人で合格したのが6人なのに。朝が早かった。この業界は朝が早いことを後で知った。思い出横丁で友だちに愚痴を言った。その内友だちも聴いてくれなくなった。飲み屋の知らない人に話した。特に年上の女性に弱い。年上ですか? 弟と同じ年(サワコ)。何でも聴いたげるよ(サワコ)。

最初のTVに出たのは、TBS「青が散る」。22歳。この頃は人と話せない。溶け込むのが苦手だった。後半になって佐藤浩市さんに一緒に飲みに誘われた。
その後悪街道まっしぐら。太陽にほえろ!の最終回の犯人役だった。
そっけなくした恐さをやっていた。監督からはもっと芝居がかった話し方を注意された。今はそっけなくが普通になった。女房がきっかけだった。わがまま、心配性など悪いところをいっぱい持っていた。覚えるのがすごく遅い。29歳で結婚した。女房も女優をやっていて、自分より稼いでいたが結婚したらすぐに女優を辞めた。マネージャーをやって欲しいと3年頼んでいた。「だったら、私通りにやってね」と言われた。敏腕マネージャー兼社長。バラエティは苦手。瞬発力が苦手。テレホンショッピングで出るのが嫌で。「笑っていいとも」で大失態。ゲストを当てるのに名前が出てこなかった。最後になってゲストから「久しぶり」と言われても名前が出てこなかった。
女性を説教する番組。キャバクラ嬢に同情してしまった。休憩時に女房から「あんたの話がつまらない」と言われた。その後はしっちゃかめっちゃかになった。もうバラエティには慣れてきた。世間のことを何も知らない。ATMも知らなかった。

映画「アウト&アウト」。きうちかずひろ監督が脚本、演出兼。新作映画でアイデアを監督に言った。アイデアを言って3日目に、「アイデア出さないでくれるかな。やりたいことがたくさんあるから」と監督に言われた。最後は語尾も言われた通りにやった。出来上がりが不安だったが、力強い作品になっていて、監督に「ありがとうございました」と言った。

2曲目「アウト&アウト」。旅をした気分になれる曲。ロケ先で聞くと旅をしている気持ちになれる。
お酒は完全に止めた。今年1月1日に女房にコテンパンに言われて止めた。

感想
悪役だったのが、今では好感度の役に。
CMにもたくさん出ています。

狭き門の無名塾を10日で辞めてしまうなど。
それでも今があるのがすごいと思いました。

遠藤憲一さんの弱いところを奥さんが支えておられるのでしょう。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 失踪実習生調査結果に誤りと... | トップ | 「苦悩する人間」V・E・フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生き方/考え方」カテゴリの最新記事