幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

居直りNHKに批判殺到 安倍首相「サンゴ移植」の嘘タレ流し "NHKの態度は結果的に逆では?”

2019-01-13 08:36:08 | 社会
http://news.livedoor.com/article/detail/15859054/ 2019年1月11日 日刊ゲンダイ
 これで公共放送といえるのか――。
“外交の安倍”赤っ恥 会見で質問取り違えメイ英首相がア然
 安倍首相は6日、NHK「日曜討論」で、辺野古基地移設工事で希少なサンゴや絶滅危惧種が死滅する恐れについて、「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」などと放言。根拠のない話を事実のごとく語っていたが、何のチェックもせずに放送したNHKにも「ウソを垂れ流しか」などと批判が集まっている。

 驚きなのは、安倍首相の“フェイクニュース”を放送したにもかかわらず、NHKが訂正や釈明の姿勢を一切見せていないことだ。

 辺野古問題に詳しいジャーナリストの横田一氏が8日に、①琉球新報の指摘通り事実誤認ではないか②訂正放送の予定はあるか③首相の事実誤認発言を放送したことを検証する予定はあるか――とNHKに文書で問い合わせると、次の回答だったという。
「番組内での政治家の発言について、NHKとしてお答えする立場にありません。また、他社の報道についてはコメントいたしません」(広報部)

 法大名誉教授の須藤春夫氏(メディア論)がこう言う。
「国民に安倍首相の発言を伝える必要はあるものの、報道機関の役割はあくまで、事実を検証することです。今回の場合、安倍首相の発言を受けて、サンゴをどこへ、どのように移したのか調べなければなりませんでした。言っていることを流すだけでは、“広報機関”と変わりません」

 さらに、公共放送として重大な過ちを犯したという。
「放送法第4条は、公平公正な報道や多角的な論点を明らかにすることを義務付けています。メディア法学者の中には、この規定が、視聴者と放送事業者との間の倫理規定であり、法的な契約だとみなす人もいます。つまり、第4条は視聴者との向き合い方を定めたものなのです。権力者側の言い分を垂れ流していては、4条違反だとのそしりを免れません」(須藤春夫氏)
 いつまで“政権広報”の立場に甘んじているつもりか。

感想
安倍首相の誤解(意図的?)をNHKはそのまま流しました。
NHKは検証する機会があったかもしれません。
あるいはNHKも勉強不足で知らなかったのかもしれません。

人はミスをします。
大切なことは、ミスをした後の考え方と行動です。
ミスなら、ミスと訂正する”勇気と行動”が求められています。
それがNHKのトップにはないと多くの国民に思われてしまいます。
安倍首相も同じなのですが・・・。
結局、その人の大きさ、限界なのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「オープンダイアローグとは... | トップ | 「父をゴーン氏と同じように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事