幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

政府に「人質救出の可能性損ねる誤りなし」 「イスラム国」日本人殺害事件で、検証委が報告書

2015-05-28 01:28:20 | 社会
産経新聞 5月21日(木)15時55分配信
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2497463.html
 政府は21日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件の対応を検証した報告書を公表した。報告書は政府対応を「人質救出の可能性を損ねるような誤りはなかった」と結論づけた。同時に海外での情報収集体制の強化や危険地域への渡航制限の検討などの課題も指摘した。

 報告書は、今年1月20日にイスラム国が湯川遥菜(はるな)さんと後藤健二さんを拘束した動画公開後、安倍晋三首相がテロに屈しない姿勢や人質の早期解放に向けた努力を表明したことについて「内容的に適切だった」と評価。今後とも迅速かつ丁寧な国民への説明が必要と指摘した。

 首相が今年1月にイスラム国対策として2億ドル(約240億円)拠出を表明した中東政策の演説に関しては「問題はなかった」とする一方で、「人質を救出できる可能性がある場合は、対外的発信には十分注意が必要」とする有識者の指摘も盛り込んだ。

 政府の情報収集体制については、大使館や総領事館などがない地域での情報収集・分析能力の強化に取り組むよう要請。専門家の育成や適正な配置も必要と指摘した。危険地域への邦人渡航に関しては、現行制度では事前に把握して未然に防ぐことが困難として、対応策を検討する必要があるとした。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は21日の検証委で「検証結果を踏まえ、国際テロ防止のため邦人の保護と安全に全力を尽くしたい」と述べた。

感想;
歴史は正しいと思っていました。ある本に歴史は、権力者が作ったものである。
つまり、AとBが戦ってAが勝つと、Aを正当化しBをひどく悪いように記録に留めるとのことです。

今回の検証チームの報告を聞いて、それを思い出しました。
今回は政府が指名したメンバーです。後藤さんの奥さんには調査を行わなかったとのことです。
つまり、イスラム国と直接やり取りできる手段があったのを行わなかったことになります。
その時、身代金を払っていれば助かった可能性があります。お金を払って助けるかどうかは議論のあるところです。
身代金がイスラム国の活動資金になって、もっと多くの人が犠牲になる可能性があります。

もう一つの観点は、人質になっているのに、わざわざ中東に行き、「イスラム国に対抗している国を支援する」との発言です。
この発言がイスラム国に口実を与えてしまったことはイスラム国の主張からも伺えます。

何が正しくて、何が間違っているかがわからない時代になって行くように思えてなりません。
TVで政府を批判する人をゲストに招いたら、必ず政府を支持する人もゲストに招いて両論がでるようにと政府から要請が出されています。前は、そんなことはなく、自由にゲストを呼んでいたようですが。
コメント