幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

おばさん二人の会話が人をけなしまくり ”見る人の 心ごころに 任せおき 高嶺に澄める 秋の夜の月”

2015-05-20 00:58:00 | 笑顔
マックでノマド族で仕事をしていました。
先にいたおばんさん二人の会話(一人が一方的に)が人をけなしまくっていました。

1)坂上しのぶは男前でないのに何であんなにTVに出ているのか。面白くもないのに。
2)西川女医は医者なのにTVによく出て、医者の仕事をしていないのでは。
3)浅田真央はもう歳なのに選手に復帰なんて。

そこまで言えるのかと驚きました。
タレントの中には、見当違いな批判だとわかっていても、聞くと気分が悪くなるので一切批判は見ない人もいるとのことです。
有名人になるとどんなによくても必ず悪く言う人がいますから。
ネットでは匿名なのでさらにひどいことを書き込んでいます。

けなした人は自分の人生を送り、自分は自分の信じる人生を送る。

「見る人の 心ごころに 任せおき 高嶺に澄める 秋の夜の月」新渡戸稲造の愛していた古歌
人の批判を気にしていたら、何もできなくなります。何をしても言われますから。
ただ、謙虚な気持ちは忘れないでいたいと思います。

人は人をけなすことで、自分の存在を保っているのでしょうか?
人が他の人をけなしているのはよくわかりますが、いざ自分のことになるとそれに気が付いていないのかもしれないなと思いながら聞いていました。
他人の問題点はわかりますが、自分の問題点はわからないと言います。
謙虚に耳を傾けることは難しいですが、気を付けないといけないなと改めて思いました。
コメント