幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

「コンカツ」 石田衣良著 "誘わない男性と待っている女性でコンカツパーティは繁盛”

2015-05-08 02:05:16 | 本の紹介
主人公Aは29歳の大手自動車会社に勤める総合職の29歳独身女性。
結婚相手を見つけたいがなかなか希望に合った人が見つからない。
3歳上の大学の先輩B(バツイチ、子どもなし)とルームシェアを始めた。
その先輩は25歳までには子どもを設けたい。この35歳が第一子を産む基準にしている。
大学同級生の同じく29歳の女性Cも一緒にルームシェアをする。

その女性に誘われて主人公はコンカツパーティに行くが、今一つの男性しかいない。
そのコンカツパーティを主催しているのがCの友達Dで、Dいわく「男性は一度断られると直ぐに諦めて誘うことをためらってしまう。
女性は男性からの誘いをまっているだけ。
そのようなタイプの男女でコンカツパーティは繁盛しているが、実際にゴールインするまでのカップルは少ない」と。
男性は断られるのを恐れて誘わない。女性は待っているだけだから、なおさら付き合うチャンスも少ない。

そこへ会社の後輩Eがルームシェアに入れて欲しいとのことで、4人のコンカツ活動がそれぞれ展開して行く。
Eは既婚者の会社社長の子どもを妊娠して一人で産むことに。子どもは認知してもらい、生活費の支援は受けることに。

Aは大手物産会社に勤め、かって雑誌のモデルをやたこともあり身長も顔もOKで、相手から好かれる。
しkし、結婚相手には仕事を辞めて海外転勤に同行して欲しいとの希望があった。
Aは仕事も続けたいのでその相手の申し出を断る。結婚だけでなく、仕事も続けたい。

AはPR広報の部署にいて、撮影で人気アイドルのマネージャーと知り合う、
お互い好印象を持ち、最初のデートはドライブに行き、唇を重ねる。
そしてその帰りにホテルに寄る。Aはホテルの可能性も考え下着はおニューの勝負下着を身に付けて準備はしていた。
全て自分の基準以上なのだが、セックスの相性があまりにも悪すぎた。
この相手と一生このセックスをやるのかと思うと、引いてしまった。

BはAの大学時代からの男友達Fから付き合って欲しいと積極的にアプローチがあったが、Bは断ってしまう。
男友達FはAに、Bと付き合えるように取り持って欲しいと依頼し、付き合い結婚までこぎつけた。

Aは会社の後輩のコピーライターGと一緒に仕事をすることがあったが、どうも最初の印象は悪かった。
そのため付き合う対象にもならなかったが、仕事での接点が多く、そのうちに人柄に惹かれて付き合うこといなる。

感想;
著者はコンカツをしている女性にインタビューして様々な女性を描いているのでしょう。
Aは大学時代の男友達Fとは一緒に映画や食事やよく二人ででかけていたとの設定です。
二人で一緒に映画や食事は付き合っているとなるのではと古い人間は思います。
でも、現在はセックスしていなければ付き合っているとは言わないそうです。
Aにとっては男友達Fは友達として二人で行動するのは楽しいが結婚対象にならない。
古い人間には、なぜそんなに一緒にいて楽しいなら結婚しないのだろうと思ってしまいました。

これを読んで、男性は振られことを恐れないで声をかける。
一度や二度断られても、ストーカーにならない範囲で何度も声をかける。
女性は待っているだけでなく、気の弱い男性が声をかけやすいように働きかける、あるいは女性から声をかけてもよい。
そうしないとなかなか結婚できない時代になってきているようです。
コンカツと言うより、人生の生きる姿勢のように感じました。
聖書の「山上の垂訓」を思い出しました。「門をたたけ、求めよ。
門をたたくものには門が開き、求めるものは得る」。
をたたく勇気と、門の叩き方のノウハウが必要になるのでしょう。
コメント