幸せに生きる(笑顔のレシピ) & ロゴセラピー 

幸せに生きるには幸せな考え方をすること 笑顔のレシピは自分が創ることだと思います。笑顔が周りを幸せにし自分も幸せに!

「侏儒の言葉」 芥川龍之介著 ”物事は見る立場により解釈も変わる”

2015-05-06 03:45:32 | 本の紹介
「侏儒」とは体の小さい人、また知識のない人の蔑称 

処世術
 最も賢い処世術は社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。

自然
我我の自然を愛する所以は、・・・少なくともその所以の一つは自然は我我人間のように妬んだり欺いたりしないからである。

阿呆
 阿呆はいつも彼以外の人人を悉く阿呆と考えている

可能
 我々はしたいことの出来るものではない。只出来ることをするものである。これは我我個人ばかりではない。我我の社会も同じことである。恐らくは神も希望通りにこの世界を造ることは出来なかったのであろう。

結婚
 結婚は性欲を調節することには有効である。が、恋愛を調節することには有効でない。

多忙
 我我を恋愛から救うものは理性より寧ろ多忙である。恋愛も亦完全に行われる為には何よりも時間を持たなければならぬ。ウェルテル、ロミオ、トリスタン 古来の恋人を考えて見ても、彼等は皆暇人ばかりである。

言動一致
 言動一致の美名を得る為にはまず自己弁護に長じなければならぬ。

文章
 文章の中にある言葉は辞書の中にある時よりも美しさを加えていなければならない。

感想;
物事は見る立場が変わると、その物事の解釈が異なるということを教えてくれています。
自分を苦しめている物事は、見方を変えると苦しまなくてよいことなのかもしれません。
そこからの脱却は一人では難しいと思います。そのためには出逢いが必要なのだと思います。
言葉との出逢い、本との出逢い、人との出逢い、病気との出逢いもあります。
人は出逢いにより苦しむこともありますが、出逢いにより助けられ成長していくのだと思います。
コメント