今日も一日ありがとう♪

一番の幸せは美味しい食事。
一番の幸せは優しい心とのふれあい。
一番の幸せは・・・いっぱい。
そんな日々つれづれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

募金のお願い(白石貞一郎くんを救う会)

2006年09月21日 00時01分35秒 | 伝えたいこと


実は・・・後日またBLOGにもアップしますが
19日の21時からあるチームの報告会に急遽呼ばれて
行ってきました。
その後、マンダリンパイレーツの方々が舞台に立ち
募金を呼びかけたのです。

募金のお願い(白石貞一郎くんを救う会)


そのときに配られたチラシをコピペします。

貞一郎くんの肝臓移植のための募金に
ご協力をお願いします。


宇和島市在住の白石貞一郎君31歳《通称”さだ”》は、遺伝性の難病

FAP(家族性アミロイドーシス)

を27歳で発症、現在自宅療養中です。
FAPとは親から子どもに1/2の確立で遺伝する難病で、
症状としては不溶性のアミロイドというナイロンのような
繊維状の蛋白質が様々な臓器に沈着します。
機能障害として、主に手足のしびれ、温痛などの感覚神経障害、
手足の先からの筋脱力、萎縮する運動神経障害、その他
自律神経障害、内臓障害などを起こします。
現在も根治療法はなく、全身が衰弱していき、
発症後数年で死に至ります。
唯一の病気の進行を停める方法として肝臓移植が行われ始めましたが、
国内での移植状況は困難を極め、熊本大学医学部付属病院の紹介で
海外(アメリカ:フロリダ大シャンズ病院)での移植手術を求めています。
しかし、海外で移植手術を行う場合、
医療費、渡航費、滞在治療費など5,000万円という
多額な費用が必要となります。
家族に先立たれた貞一郎君には負担できない莫大な金額です。


HPをみていただいたらおわかりになるとは思いますが補足説明です。
お父さんを9歳の時に亡くし、お母さんを同じ病気で15歳の時に亡くし、
お祖母さんも同じく15歳の時に亡くし、お祖父さんを29歳の時に亡くし
家族は貞一郎君たった一人になってしまいました。


そこで私たちは、「白石貞一郎君を救う会」を結成し、
募金活動をすることにしました。
病気に立ち向かい、社会復帰したいという貞一郎くんのために、
皆様の善意にすがる事情をご理解いただき、
温かいご支援をお願い申し上げます。


募金目標  5,000万円

募金のお振込先

宇和島信用金庫 泉町支店 TEL 0895-24-1355
      シライシサダイチロウクンヲスクウカイ
      白石 貞一郎君を救う会 (普)0537305
       宇和島信用金庫さんのご好意により
        窓口でも振込料が不要になりました

  愛媛銀行 宇和島支店  TEL 0895-22-5730
      シライシサダイチロウクンヲスクウカイ
      白石 貞一郎君を救う会 (普)2054930
       愛媛銀行さんのご好意により振込料が不要になりました

  伊予銀行 和霊町支店 TEL 0895-22-5670
      シライシサダイチロウクンヲスクウカイ
      白石 貞一郎君を救う会 (普)1333247
       ATMからのカードでの振込みは無料です

  郵便局 総合口座
      シライシサダイチロウクンヲスクウカイ
      白石 貞一郎君を救う会 16120-23924171

  ジャパネット銀行
      ハマモト シンヤ
      ハマモト シンヤ 001-7420983
      本人名義でないと口座の開設ができなかったため
      役員の名義となっております。ご了承ください。


  ダイヤルQ2
      募金専用のQ2回線を開設しました。電話1回で
      315円の募金をして頂くことになります。
      なお、携帯電話・PHS・公衆電話からのご利用は
      できませんので、お手数ですが一般電話からのご利用をお願いします。

      回線番号 0990-5-07777




お問合せ先

『白石貞一郎君を救う会』  代表 吉川 晋
〒798-0031
愛媛県宇和島市栄町港2丁目4-23 徳田ビル1F
TEL:0895-20-0275  FAX:0895-20-0276


『白石貞一郎君を救う会』は、NPO日本移植支援協会の支援、
指導のもと活動しています。





 ランキング参加中


      

もし、よかったら押してね
いつもポチッありがとう~


私は、先日TVのニュースでも見ました。
画面では元気そうに見えますが結構タイムリミット(移植)が
迫っているそうで10月いっぱいらしいです。
症状としては重体であると話されていました。
家族が誰もなく、天涯孤独というのも寂し過ぎますね。

後、すみません、画像を勝手にお借りしましたが・・・
沢山の方々に知っていただく意味も込めて
どうぞお許しくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 甘味 | トップ | BEIJING-ULANBAATAR2006 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぽぽ)
2008-06-21 21:51:13
白石貞一郎君を救う会は本人のブログも含め、今年に入ってから全くサイトを更新していません。

会則で決められていた定期的な収支報告も1昨年の9月が最後だなんて・・・大人の募金活動は集まり難く、大変だろうと寄付したのに、メールを出しても無視されるし、裏切られた気持ちです。
難しい問題ですね (未来→ぽぽさんへ)
2008-06-21 22:57:55
どこかの心臓移植サイトで問題になっていましたね。
このあたりは人の良心に関係してくるので
寄付をしたのなら良い行いをしたということで
あまり関知しない方がいいのでは?
私も無責任に勝手にBLOGに載せた責任を感じますが
白石さんは一応お元気で日本に帰られたようだし
メールはそれでなくても返事がないのは
健康な人でも多いですよ。
お金に関してははっきりした方がきれいだとは思いますが・・・
わかりません。
ちゃんとした支援組織じゃなかったのかもわかりませんね。
Unknown (ぽぽ)
2008-06-23 11:16:43
白石さんを救う会は日本移植支援協会の指導で運営されてました。

http://www.ishokushien.com/recip/recip.html
>当協会に関係するレシピエントの近況を、本人または家族の了承を得て掲載しています。尚、身元、医療関係状況の調査確認を受け、推奨できる団体のみでございます。

この断り書きを信じた私がバカでした。
1人1人の寄付は少額でも数千万円のお金が動いたんですよ。会則を破っているのに関知しないほうがいいですって?もう二度と個人の難病募金には寄付しません。
ここで紹介しなかった方が (みらい→ぽぽさんへ)
2008-06-23 19:10:28
良かったんでしょうかね~。
私は街頭募金はしたことがありますが、
全然知らない人の戸別訪問での募金とかはお断りしています。
ぽぽさんが今回のことでそう思われたのなら
寄付はやめた方が良いのかもしれません。
私にはちょっと・・・コメントしかねます。
頼まれて出た報告会(県文のサブホール)のあと
マンダリンパイレーツの面々が呼び掛けたものだから…
真剣だと思いました。
成功したら終わりってのもおかしいとは思いますが・・
その事務局はまだ実在するんでしょうか?
メールも届いているのかどうか・・・
Unknown (ロシスキー)
2013-09-23 05:03:07
白石さん治ったんですか。良かったですねー。僕は2005年頃に4回ほどダイヤルQに掛け募金したのですが、それ以来忘れていました(笑)お金についてですが・・・・非常に申し訳ないのですが自分のお金ではなく親に頼ったお金で募金しました。

ぽぽさんへ。会則云々については知りませんがブログの更新を催促するような押し付けってどうなんだろう?僕らは善意でやってるんであって其れを答えるか答えないかは相手次第ですよ。僕ならそんな押し付けのお金なんて要りませんね。
Unknown (ロシスキー)
2013-09-23 05:23:11
訂正。募金したのは2006年頃かもしれません。何せ全くといって良いほど忘れてましたから記憶が曖昧で曖昧で・・・(笑)

2008-06-21 22:57:55の未来さんへ。
色んな方のサイトを見てますと消えてるページが多いですね。まあプライベートなんで全く不思議なことではありませんが。

>ちゃんとした支援組織じゃなかったのかもわかりませんね。

実際にそういう組織もありますからね~。でも其れと白石さんの件を絡めて話すのは下衆なような気もします。それとそれと「白石さんの病状」と「組織」とは切り離して考えるべきかと思います。まあ・・・・某国には弱者を利用する為政者もいるようですがね。そこのところのバランスは難しいです。でも弱者が苦しんでいること。これには変わりはないですね。P.S.写真はarchiveのキャッシュで見ました。見る限りは支援者の人は悪い人達ではなさそうですね。見た目で判断してはいけませんが・・・・(笑)
5年以上前の・・・ (☆ロシスキーさんへ)
2013-09-23 10:12:04
私のこと以外に関する記事のことでコメントをいただいても
その後のことはわかりません。
同じ愛媛で、ある企業の報告会でひめぎんホールの
たくさんの人の前に出てお願いされたので
本物と思い、ネットでも調べ、その後移植に成功して
海外から帰国したニュースも見ましたが、その後のことまで
確認はしていません。
もし確認してわかったとしても、私にはどうすることもできないし、金額にかかわりなく寄付するかしないか・・・
私には申し訳ありませんが、わかりません。
今まで心臓とかいろいろと海外移植でのこの手の募集はたくさんありましたが自分のBLOGにアップしたことはありません。
たまたま身近に感じたので紹介したのみで・・・
無責任で申し訳ありませんでした。

コメントを投稿

伝えたいこと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事