平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

ケネディ大使の上賀茂神社訪問

2013-12-29 03:55:19 | Weblog
 安倍総理の靖国神社参拝の裏で、同日に米大使のケネディ女史が家族を連れて京都への旅行。プライベートなので報道は地元だけですが、行く先が上賀茂神社と聞いてなるほどと納得。総理と同じ姓で話題となった、あの安倍晴明も賀茂氏に学んだ陰陽師ですから、ただの旅行とは思えません→こちら

 上賀茂神社と言えば、幕末の孝明天皇行幸の攘夷祈願→加茂行幸図。1863年に行われた237年ぶりの行幸は、外敵を撃つ攘夷の祈願でした。この後に下鴨神社にも祈願しています。孝明天皇は日米修好通商条約に断固拒否し、井伊直弼の独断調印を経て、1867年に35才で崩御されています。

 ところで、ケネディ大使の父であるケネディ大統領が暗殺されたのは何年でしたか?そう、孝明天皇行幸から100年後の1963年でした。しかも、36才の時の出来事です。孝明天皇にも毒殺説があり、二人はよく似ているのです。

 このように、ケネディ女子にとって、上賀茂神社への参詣は孝明天皇行幸を倣うに等しいのです。ということは、ケネディ家にとって外敵となる存在がアメリカを支配し、それを攘夷に見立てて滅ぼそうと祈願したと捉えることが出来るのです。アメリカ内の外敵とは、それは父親を暗殺した者たちです。

 TPPという、アメリカが要求する第二の日米修好通商条約を見て、否応なしに開国を迫られた幕末がダブって見えます。しかし、ケネディ女史のいない空き巣に、米大使館はフェイスブックという影響力の小さい方法で、安倍総理の靖国参拝を非難。誰が書いたかも分からないおまけ付き。明らかにアメリカは分裂しています。

 アメリカは国務省と国防総省が対立し、日本支配に邪魔になったヒラリーを引退させて、無能な側近で固めたオバマ第二次政権を誕生させました。オバマ自体が無能なのではなく、無能を演じなければ第二のケネディです。オバマは逆転ホームランを打って、自分の身を守ることが出来るか。それで画策されたのがケネディ女史の駐日大使就任。

 韓国も中国も経済崩壊が秒読みで、両国に投資している欧米のファンドは巨大な損失で死ぬと見られています。アメリカのファンドは、少なくとも韓国の負債は日本に押し付けて自分たちは逃げ延びたいと思い、ヨーロッパのファンドは中国の崩壊を少しでも遅くしたいと思う。これが靖国参拝を非難した理由です。

 しかし、安倍総理は韓国を切るために靖国を利用し、それに釣られた韓国は財務省事務レベルでの話し合いを白紙に戻さざるを得ませんでした。見事に墓穴を掘ったわけです。対して、中国はデモも禁止して、国内の政情不安を回避。今の中国は国内問題だけで大変なのです。

 もうすぐ干支が甲午に変わりますが、120年前の甲午の年に朝鮮滅亡のきっかけとなる甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)が起こりました。奇しくも今と同じ女帝の閔妃(ミンぴ)の時で、清の軍事介入を招きこんだことにより日清戦争の契機となりました。このままではパク・クネを第二の閔妃と呼ぶことになりそうです。

 ミス・インターナショナルの吉松さんの事件も、毛沢東の120回めの誕生日に行われた靖国参拝も、報道しない自由や偏向報道のマスコミと、その裏でつながるコミンテルン(国際的共産主義組織=ユダヤ)の炙り出しなのです。在日ヤクザもコミンテルンの駒に過ぎず、芸能界が北朝鮮系のヤクザとつながっているのも同じ理由です。もっとも、南トンスランドは便乗しようとしてK-POOPで失敗しましたが。

参考 
【政治】 安倍首相の妻・昭恵夫人 ストーカー被害のミス世界一に“全面協力”「マスコミの皆さん、彼女のことをきちんと報道して下さい」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388197462/

    エフライム工房 平御幸
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 16cmバックロードホーン~ミ... | トップ | 国旗を掲げましょう »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うずしお)
2013-12-29 10:34:57
先生おはようございます。

ケネディ大使の父暗殺と攘夷祈願に100年という繋がりがあったのですね・・・
吉松さんのことも他のマスコミでは報じてないようですねorz

クネ大統領は労組の糾弾デモで支持率低下してるようですね・・・

スピーカー作成おつかれさまですm(_ _)mかたつむりさんと同じく、隅木はハンズがあるので大丈夫です。
うずしおさんへ (平御幸)
2013-12-29 12:12:23
うずしおさんこんにちは。

米国の覇権も綱渡り状態です。一度落ち込めば世界から叩かれるようなことばかりしてきましたから。イスラムのユダヤと米に対する憎しみは日本人には想像ができません。

韓国のデモはソウルのライブカメラでも見られるので、これからも楽しみです。でも雪が全く積もっていないことに驚きです。
Unknown (真央らぶ)
2013-12-29 19:51:27
先生、こんばんは!
ケネディ大使の上賀茂神社参拝は知りませんでしたが、そんな繋がりがあったとは・・・。
マスゴミはこぞって批判していますが、安倍内閣は支持率7割越えで涙目ですw
http://www.hoshusokuhou.com/archives/35275654.html

来年は午年です。真央ちゃん、ザックジャパン、はやぶさ2打ち上げ、競馬と盛りだくさんです。緊張もするでしょうが、今はなんだか来年が楽しみです!
真央らぶさんへ (平御幸)
2013-12-29 21:54:15
真央らぶさん今晩は。

韓国の隠れ負債は雪だるま式に増えるのが常套なので、破綻後の雪だるまが楽しみです。

今日は今年の干支の巳のパンと、来年の干支の午のパンを買ってきました。これから(゜д゜)ウマーします。

巳年にミノモンタが失脚し、蛇のように長い縄のキズナ(木綱)がダービーを勝ちました。

午年には皐月賞馬はダービーに勝てないので、皐月賞からの巻き返し組を狙うと当たりそうです。ダービーの頃まで覚えているかが問題ですね。
Unknown (hinoko2)
2013-12-29 22:11:12
先生 こんばんは。

私もケネディ大使の上賀茂神社参拝は知りませんでしたが、日本に駐在することになる要人はいろいろ繋がりがあるのですね。

アメリカが靖国参拝を批判するのは意外な気がしていましたが、巨額の損失のツケを日本におしつけようとする為とは・・・orz
日本もアメリカも内なる外敵とどう戦っていくか、、、
来年は世界も大きく変わっていくのでしょうか。
hinoko2さんへ (平御幸)
2013-12-29 22:26:29
hinoko2さん今晩は。

プライベートとは言っても、神社側の対応は特別なものですね。八咫烏に極秘で面会されたのでしょうか。

共産主義も金融支配も同じユダヤの悪巧みです。右と左の両方の裏にいて対立を煽る。人類共通の敵と戦うには神の加護と知恵が必要です。

来年はイスラエルとパレスティナが騒々しくなるかもしれません。
Unknown (訓)
2013-12-29 22:27:43
先生こんばんは。

ケネディ女史が上賀茂神社参拝とは不思議な気がしますが、
きっと優秀なブレーンがついているのでしょうね。

来年は私は年男で36歳になります。
孝明天皇のように若くして亡くなられる方もいるので、
生きていられることに感謝しつつ、自分の役割をしっかり
果たすことができるようになることを目標にしたいと思います。
訓さんへ (平御幸)
2013-12-29 22:36:20
訓さん今晩は。

ケネディ女史の仕事はメトロポリタン美術館で始まりましたから、至宝の日本美術を通して理解が深まったのだと思います。旦那さんがユダヤ人で、イスラエル宗主国の日本についても知っていると思います。

やりたいことをすべてやるには人生は短すぎます。無駄にしているとなおさら。
Unknown (かたつむり)
2013-12-29 22:51:04
先生、こんばんは。

靖国参拝を批判した大使館のFBが炎上しているみたいですね。
反省するかは別として、直接日本の国民の意見を伝えられたのは良かったかなと思います。

第二の閔妃と呼ぶのに秒読みな気がしますが、やっぱり歴史は繰り返すというか何か大きな事が起こるのは節目節目に起こるのが不思議です。
かたつむりさんへ (平御幸)
2013-12-29 23:22:58
かたつむりさん今晩は。

120年以上も前に、朝鮮は大清国属高麗国旗を使用して、清の一地方であることを認めています。属国ですらない一地方です。

ノムタンこと盧武鉉大統領が中国を訪問した時も、大清国属高麗国旗と同じ黄色地でした。黄色地は中国の支配下という意味です。

中国www 韓国を未だに属国扱いw わざわざ黄色い太極旗を用意して、お土産に石印を贈っていた → それを受け取るノムヒョン大統領(当時)
ttp://www.hoshusokuhou.com/archives/35017169.html
44: タイガースープレックス(東日本):2013/12/19(木) 14:25:20.81 ID:S6yx47QY0
>>32
朝貢してる国のランクは
金印>銀印>銅印>石印となる
国王には金印を贈るが朝鮮王は地方長官扱いなので石印

これが韓国の現実で、本当は反日している暇はないはずですけどね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事