平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番』

2011-05-18 23:46:24 | Weblog
 帰ってきてから、ケルビムジュニアの板取を修正し、ようやく裁断を頼むことが出来ました。町田のハンズは天井が低いので、120cmよりも長い板は縦に切れません。それで、120cmで一度裁ってから細かくするような板取が必要です。ジュニアに必要なソニー製の青いユニットは、何と二組も手に入りました。これで、見本としてケルビム三兄弟(三姉妹)勢揃いの写真が撮れます ホルホル。

 スーパーケルビムを作った理由の一つにピアノの再生がありました。しかし、あえてどの曲をイメージしたかを問われれば、それはベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番&第4番』という事になります。その中でも特に第3番ですね。

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲と言えば、絢爛豪華な第5番『皇帝』が有名です。僕も好きな曲の一つですが、あえてベストスリーにあげるなら、モーツァルト『ピアノ協奏曲第20番』、ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番』、チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』という事になります。ラフマニノフの2番は、僕の中では評価が低いのです。

 ラフマニノフの2番は、作曲家自身が弾いたCDを持っています。でも、1970年以降の有名なピアニストによる演奏の方が断然良いです。というのも、作曲家によって生み出された曲は、誕生するやいなや、演奏者や聴衆によって作曲者が考えもしなかった進化を余儀なくされる運命にあります。これは、大作曲家のベートーヴェンの曲でも同じです。

 ベートーヴェンの数ある名曲も、楽器の進化や新解釈や演奏者のインスピレーションの賜物で、生み出された時とは全く違う曲になっているはずです。音楽の世界では、楽譜に忠実という言葉は虚しいのです。楽譜に忠実でありたいという願望は必要ですが、絶対に無理なのです。

 何故かというと、特にモーツァルトの曲は顕著ですが、名曲は思い出している時が一番美しいからです。要するに、音楽は記憶の中で、自己の体験や想像力によって美化されるのです。その美化がプロの指揮者や演奏家の手にかかれば進化なのです。だから、美化されない曲は駄作なのです。

 手元にある(今日買ってきた)ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番』は、1971年のケンプ盤(マゼール指揮、ベルリン放送交響楽団)で、無骨で陰鬱な古臭い演奏です。これが、当時の代表的なベートーヴェン像なのです。しかし、僕が愛聴するのは繊細で優しいベートーヴェンです。読者に貸しているので手元にないのですが、図書館で借りてコピーしたものです。

 スーパーケルビムで再生したベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番』は、一度で読者のお気に入りに指定されました。それで、この隠れた名曲を、弟子や他の読者にも味わってもらいたいと考えました。僕の手持ちは一枚だけだったので、ブレンデルやいろいろな演奏を聴いてから推奨盤を紹介したいと思います(来週あたりに続くはず、きっと)。

19日 追加
 僕が聴いていたのは、バックハウスのピアノで、イッセルシュテット指揮 ウイーンフィルの1960年録音盤でした。コピーしたCDにプリントしたときのスキャン画像が残っていました。僕は先入観を持たないように演奏者を調べないで聴くことがあり、今回は驚きでしたね。繊細で優しいという僕の評価は、まあ他所のブログや評論では見かけることはないでしょう。なお、現在入手できるのは三枚組の全集のようです。

      エフライム工房 平御幸
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 葵祭~水没する京都 | トップ | マリア・エステル・グスマン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (marky)
2011-05-20 01:18:22
ご無沙汰しています。以前の書き込みに皐月賞予想の欄で、オルフェーヴルが優勝しました。私は競馬は全くの無知で、平さんの書く内容を拝見してから、折に触れ記事を見てはどういった意味の馬なのだろうと思うようになりました。丁度、この馬の名の意味が『金細工師』。英国のウィリアム王子の結婚されたお相手も『ゴールドスミス』で『金細工師』でした。
ところで、少し気になる記事を見かけたのですが、昨年末と昨日に能の宝生流のシテ方の方が続けてお亡くなりになりました。能楽と言えば篠山の春日神社での元朝能で、今年は観世流の『翁』だったのですが、私の田舎では能楽や狂言が盛んで授業にも織り込まれていましたので、宝生流の『鶴亀』を拝見したことがありました。震災からこれまで多くの文化人が粛正されたと書かれたコラムを読んだのですが、平さんの古代史との関係はあるのでしょうか?
と、これまでなかなか引越しから仕事とバタバタしていましたので、古代史CDの件で問い合わせが遅くなり申し訳ありませんでした。ブックマーク欄よりメールをしたいと思いますので、平さんの時間の許すときにでも、宜しくお願いします。
markyさんへ (平御幸)
2011-05-20 12:21:38
markyさんこんにちは。

>お相手も『ゴールドスミス』で『金細工師』

アイゴー それを知っていたなら本命にしたニダw

>古代史との関係はあるのでしょうか

古代史で、能の旅の僧はエクソシストとして説明しています。しかし、亡くなられたシテの方とは関係がないと思います。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事