レース鳩日記 勝利の翼

1933年 
ポーのレースで
デュレイ鳩舎の鳩の帰還を見守る愛鳩家達

また何にかが来た?

2020-08-13 19:00:08 | 日記
今日も朝から晴天で暑い
気温35・2度の猛暑日
太陽ギンギン!暑くて参りました

今朝も出舎口全開
外へ出ないのも少なくなりましたが
出ても飛ばないのもいる
そろそろ黒旗の出番ですかね~

夕方 鳩小屋へ行くと種鳩の様子がおかしい?
また何か来たようで警戒して餌を食べない
それに比べて選手鳩は食欲旺盛

種鳩だけという事は東の窓に何か来た?
しかも日中に・・・いったい何が?

永遠のファンブリアーナ
バルセロナ1は種鳩としても大成功しましたが
日本へ導入したのが岩田兄弟
残念ながら岩田系とは合わなかった?

ファンブリアーナが来日した時に
バルセロナ1の直系が大活躍してるので
「バルセロナ1を日本へ売るんじゃなかった」
と話してましたが

それを聞いて岩田誠三さんも
「私もそう思います日本へ連れて来るんじゃなかった」

ベルギーだけでなく各国から日本へ導入され
ダメになった銘鳩は星の数ほどいます


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 相変わらず | トップ | 蜘蛛の子を散らす »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マッコリ)
2020-08-14 07:34:53
バルセロナ1って日本ではローレア号と呼んでましたね。確かに東海地方では活躍しませんでした。
マッコリさん (第3のビール)
2020-08-14 18:52:52
配合♀の問題もあったと思いますが
どう考えても岩田系とは合わないですよね





コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事