さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

TV解説は回りくどい?

2015-11-18 06:27:54 | ダイアリー

パリ同時テロはベルギー・ブラッセル近郊のアラブ人住居地域で組織されたという。昨夕 TVを見ていたら、この地域の者たちが IS=暴徒に染まったのは、

・ベルギーは宗教に対して寛容であり、武器に対しても規制は多くない。

・アラブの多くの若者は将来への不安を抱えていて、この若者の疎外感を 過激派宗教指導者が上手に感化いるようだ と 報道していた。


確かに ベルギーには周辺国より自由がある。 街は 新旧の建物が混在しているし、商売の国なので 世界中どこからも人が集まってくる。

知人に、お父さんが著名な外科医で、オートバイ店主の方を知っていた。 勉強嫌いでオートバイ好きを 父親は 十代から認めていたという。こういう家庭や家族も多い国です。グルメの方が多いということもでもあり、レストランは美味しいところばかり。それもごく普通の街角にある。周辺国のドイツやオランダより たくさんのグルメや自由な雰囲気を求めて人々がやってくる。ベルギー人は 物価以外 自由・博愛・個人の国 フランスをめざしている。

自由と裏腹の疎外感が 自由度が大きい分 ひどくなっている そして ISへ?


色々な規制があった高校から 大学に入ったらその自由さに驚いた記憶があります。あまりの自由さに、一人ぼっちを感じた大学でした。おまけに外見のそれらしかったのか、食堂で、受講前の廊下で、よく、原理主義や 革マルに、そして社青同に 誘われました。ただ 学外で語学を習ったり アルバイトだったり 試合だったりで、一日が忙しく、野生的な勧誘女子には惹かれたが、難を逃れた、経験がある。

疎外感は皆若者は持っているので、悪いのは 宗教指導者でしょう。また、過激思想の指導者がいるということは、地下活動としても、アラブ人居住地域でなら分かるはず。住民の見てみない振りして 若者を IS化に染まらしているのでは?

見てみない振りが IS 暴徒化を促しているのでしょう。
VW も 東芝の社内も 然りでした。

パリテロ犯の元凶は ベルギーのアラブ人居住地区全体の 問題だったのですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« TVが友かー | トップ | 多くの人に日本を見てもらい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事