さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

時事ニュースから…

2017-12-06 20:12:12 | ダイアリー


昨日からニュースでは 何か また 世界が大きく動き出しそうな感じです…

気になったのは、

a)韓国平昌冬季五輪に、(国/組織ぐるみのドーピングを認めない一方 延べ 2000人のアスリートがドーピングをしていた)ロシアの出場を認めない と IOC が決めたこと。
b)米トランプ政権がパレスチナ自治政府とヨルダンに、イスラエル米大使館を(ユダヤ教/キリスト教/イスラム教の聖地)エルサレムに移転することを通知したこと。 これはエルサレムをイスラエルの首都と米国が認めたことになるのです。
c)英国の EU 離脱交渉に、英国とアイルランドの国境問題が浮上してきたこと。
d)ロシアゲート関連で、ムラー特別捜査官がドイツ銀行に トランプ氏の口座情報を出させるべく 召喚状を出したこと。
e)米韓空軍が 地上爆撃や空中戦を想定した 過去最大規模( 230機)の軍事演習を 韓国各地で始めたこと。

それで何が起こるかというと、

a)ロシアではドーピングそのものがないとプーチン大統領は言ってますので、良い方に解釈すれば、ロシアではドーピングは罪でもなんでもないということでしょう。これでは IOC と そして他国と見解を異にしますので、今後とも ロシアは国として 国際大会には出場は出来ないということでしょう。

・IOC のバッハ会長はドイツ人で、ドイツ人にしてはオリンピックの新種目(東京五輪に5競技18種目の追加)の認定にあっさり寛容であったり、また、夏季五輪開催地のパリ・ロスの同時決定と 柔軟な対応力を持つ 即妙な方 ドイツ人らしからぬ方 だとみていましたが、今回の スポーツはルールに公平でなくてはならない との 高い規範意識では 改めてドイツの方だと 理解しました。素晴らしい方ですね。

・ロシアは また 五輪に代わる 自国の息のかかった国との スポーツ競技会を開催するのでしょう。ロシアを主役にスポーツ界の政治化が進むということでしょう。安倍・プーチン路線で日本もロシアでの競技に参加する?

b)エルサレムの西はイスラエルが実質 統治管理しているので エルサレム東は現在の管理体制のままと パレスチナに配慮した言い方をすれば 混乱(アラブ諸国と米国との関係悪化)は起きるでしょうが、それほどのものに発展しないように思います。 だた エルサレムの東西全体を イスラエルの首都と認めると 大ごと(アラブ諸国と米との断交やテロの増加)になるでしょう。トランプ大統領の今後の説明しだいで中東に火がつくということでしょう。

・日経平均が今日 445円も下がったのは 多くの投資家が エルサレム全体をトランプ氏がイスラエルの首都と認めたのでは としたのでしょう。アラブ対米国となれば 石油の安定供給は?と日本へのとばっちりは計り知れません…

c)英国とアイルランドとは、 人種/宗教の間の争いで中世から対立を繰り返してきましたが、1922 年のアイルランド独立と 1949 年のイギリス連邦からの離脱以降は、北アイルランド内の宗教対立や独立紛争はあるものの、比較的穏健な関係を続けてきました。従って、北アイルランドは英国ですが、その住民の 3割はアイルランド国籍のままであり、アイルランド人は英国空港では英国人同様に扱いだったり、今もってほとんどの農産物は英国向けだったりしています。 英国と北アイルランドとの人・モノの流れは 英国と他EU 国とはかなり違います…

・英国が EU 離脱すると EU に残るアイルランドとの国境管理が残るのです。アイルランドも英国も 現状維持を希望しているようですが、メイ英首相と EU 大統領との会談では 現状維持は困難とのことに どうもなったようです。なぜならば、アイルランドを介在して EU を離脱した英国と EU 国との間 に 人・モノの自由な流れを作ってしまうことになるからです。

・英国がどのような国境管理をアイルランドとの間に敷くかによって 英国とアイルランドとの歴史的な転換点にもなるだろうし、北アイルランドで血なまぐさい独立運動がまた起き始めるかもしれません。英国の日系企業にとっても高い関心事でしょう。

d)ロシアゲートの捜査はお金の流れの調査に入ってきたようです。アルカポネも ロッキード事件も お金の流れが決め手になりましたので、ドイツ銀行が 世界最強国の統治者の銀行口座を ‘ハイ’と素直に司直に手渡すかどうか? でしょう。ドイツ銀行の対応は世界を大きく変えるかも?安倍さんはトランプさんと一体ですので大丈夫?

e)次は 北朝鮮がどんな反応を示してくるか でしょう。核実験に発展しなければいいのですが… 核実験後 中国が北朝鮮に侵攻しなければいいのですが… 12 月中旬北京での中韓首脳会談でどんな北朝鮮対策を話し合うのでしょうね… 米国議員は 在韓米軍人家族は離韓するべしとしているようです…


日本では 相撲界の権力争い、天皇退位、北朝鮮の漂流船、NHK 受信料などがニュースで、危険 ‘地帯’ にある割には 我々は穏やかだなー と あらためて感じました…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 散歩道12月b | トップ | 散歩道12月c »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事