さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

10月下Ⅰ

2006-10-23 08:39:16 | 時の花
種は
蒔かれたのだろうか
飛んできたのだろうか
堤防に
「寄り添って」咲いていた

河川敷は
空が大きく
車はなく
四季の移ろいがあって
リラックスに絶好だが
増え続ける
ホームレスの青テントに
現政の「放置」を見るようで
河川敷への足は重い

海外で
ドイツの放送局が
豊かな国日本を取材した番組を見たことがある
番組は
数年前まで会社を経営していた
ホームレスを引き合いに出して
何十年も過去に税金を納めてきた人を
このように「放置する」ことは
ドイツでは考えられないと結んでいた

的を得ているので
「税金とは別の料金」を払わされている
NHKでも放送されると期待したが
無かった
これも「放置」というのだろう

放置の国では
冬の厳しさは他国以上だ
何かしたくても出来ない自分が嫌になる
秋がまた来てしまった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 菊Ⅶ | トップ | 10月下Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時の花」カテゴリの最新記事