さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

メリークリスマス考

2016-12-25 06:29:06 | ダイアリー

今朝起きても奇跡はなかった…

振り返ると
クリスマス・プレゼントに関しては、4っの時代があったかなー

小学低学年までの時期:サンタさんはいると信じ、プレゼントを枕元やツリーの下に見つけていた時代

高校生までの時期:クリスマスイブの家族による夕食時にプレゼントを交換していた時代

結婚するまでの時期:25日の朝の枕元に もしかしたらプレゼントあるかも との奇跡を信じていた時代

現在:25日の朝は 普段と変わらなくなった この時代。


若者が恋人とクリスマスを過ごすは 今以てよく分かりませんが、これはある意味では、奇跡を信じてのコミュニケーション?

プレゼントが幸せの度合いを示すものではありませんが、気持ちとしては素直に伝わるものですね。年月とともに、幸せ度はだんだん下降するもののようですが…

もしお父さんお母さんがご健在なら、そしてこの先の年月が数えられるほどならば、童心に還っておられるならば、ツリーの下に 贈り物を差し上げるのも孝行の一つかも…


メリークリスマスのネット・ニュースに、アメリカではメリークリスマスとは言わずに、ハッピーホリデーと言って祝っている方が多いとありました。メリークリスマスは信仰・宗教的な差別にあたり、好ましくないというのが理由のようです。なぜそこまで敏感になるのでしょう。イスラム過激派のせいでしょうか? 因みに、メリークリスマスの支持者は共和党員で67%、民主党員で30%といい、トランプ次期大統領はメリークリスマスで何が悪いと、メリークリスマスを街中で復活させる、といっているそうです。同感です…

ハッピーホリデーか メリークリスマスかは 何かの変わり目であるのかも…

アメリカは 移民の国で 他民族が共存する世界の縮図国です。 始めに英国からの移民が渡って来て、西部を開拓したが、女性不足でレディーファーストの文化が生まれ、支配地拡大で、働き人手不足を強制的に連れてきたアフリカ人で賄った。アフリカ人の人権が意識されて、徐々に生活レベルが改善してゆくと、大地主農業であぶれた日本人が渡って来て、次にはナチスに迫害されたユダヤ人が逃げて来て、国土に経済力が付くと、今度は 中南米からラテンの民が無断に大勢入って来た。共産主義を嫌い中国や韓国やベトナムからも、中近東の紛争地からはアラブ人も、アメリカに入って来た。そして 大きな多民族国家が出来たのがアメリカなのですね。

ただ、最初に入植してきた移民は、元祖の意識を持ったまま 特に戦後の自由な競争の社会で 他の移民らに敗れ 不満を溜め込んできた歴史をたどってます。トランプ大統領も この不満をばねに 大統領に当選したのですね。

トランプ大統領が 飛躍するのか これは時代の行き過ぎの調整とも言えますね あるいは 時代の流れには逆らえないのか は メリークリスマスか ハッピーホリデーかの 選択のような気もします。 トランプさんの、メリークリスマスは 小さなことですが ある意味では 大きなメッセージ と思います。

個人的には ハッピーホリデーでは、プレゼントをもらった実感がないということと プレゼントをあげる相手も 待ちに待った記念日なのに 実感は薄いでしょうから、奇跡も信じる気にもなりませんので メリークリスマス派です。

今(のアメリカ)は時代の行き過ぎなのかなー メリークリスマスに感じ入る者の 思いです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
コメント   この記事についてブログを書く
« 保育園塩素水事件考 | トップ | 暗い廊下の流れから~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事