さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

なめ日本…

2013-11-23 18:11:15 | ダイアリー
中国は とうとう日本上空まで 領空圏と言い出した。

中国国防省は本日、23日 防空識別圏を発表し、尖閣諸島上空をその中に入れた。

防空識別圏とは、中国の許可がない限りその上空を犯したものに、防御的措置(戦闘態勢に入る)を取るというものだから、空中戦を日本に宣言してきたようなもの。

今まで、中国による尖閣侵入には海上保安庁(海上の安全と治安を図る国土交通省の外局)が対応してきたが、空中戦となると、自衛隊以外に対応すべき部局はない。そして 自衛隊 vs 中国国防省となると、一触即発の危機は遅から早かれやってくる…

中国はすでに尖閣諸島周辺に無人機を飛ばしてきており、ステルス戦闘機もそのうち飛ばしてくるだろう。中国の 二波 三波にもわたる空中戦の仕掛けに 日本はどう対応するのだろうか?

米国の姿勢は、11月18日 中国の侵犯行為に 日本は抑制的な対応をしており感心していると言ったハリス太平洋艦隊司令官に代表されるように、我関せず というもの。韓国も反日目的で軍備増強をしているので 反日の観点から 了とするでしょう。 周辺事情は中国に分あり ということでしょう。

沖縄の米軍基地が、対中(将来は対韓?)戦を 無視することになれば、日本にとっては意味のないもので 基地の半分は県民へ半分は自衛隊に返してほしいもの…

日本は きれを機に 中国とともに米国にも毅然とした態度で、国土を守る姿勢を示すべきでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 来季の中日はきっと見ものに... | トップ | 中東危機からユーラシア危機へ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事