さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

国連管理下の選挙も一法でしょう…

2013-07-05 19:21:08 | ダイアリー
エジプト軍が同国の大統領を解任し、憲法を停止したという。
一年前に選挙で選ばれた大統領が飛ばされたことは、クーデターか、それとも革命かで意見が分かれている…

発端は、大統領の政権下、物価は上がるは・経済は悪化するはで日々の生活が苦しくなったこと+改正された憲法はイスラム教色が強くなり今まで許されていたことが禁じられたこと=全国的な一大反大統領の運動・デモが拡大の一途をたどったこと。今は大統領派のデモ隊が軍隊に反発していて死者も出ているという…

目的は手段(クーデター)を正当化するか?
法治国家では否だろうが…

シリアのような事態、国民が分裂し内戦化して収拾がつかない事態、を目の当たりにした場合は、軍隊の行動は、内戦を避ける緊急避難的な対応といえないことはない…

早い機会に選挙を実施して、古代エジプト王朝時代のあの豊かな国へと向かって、ほしいもの…
コメント   この記事についてブログを書く
« 覆水盆に返らずかー | トップ | お願い事ってなんだっけ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事