さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

槿34

2011-10-23 09:05:27 | 花一匁
空色が槿に融け込んでいるようにも見えませんか?

槿はそろそろ終わるのかなー
槿が空に融け込んでいくのかなー

空に消え行くといえば
天に昇るといいのかなー
キャッツのラスト
グリザべラの昇天のシーンが思い出されます.....

キャッツは
満月の夜の都会のごみ捨て場で行われる
昇天を許される猫を選ぶ年一回のお祭りのお話

色々な猫が集まってきて
其々が自分をPRしたり歌ったり踊ったりする中で
広場に近付くことさえ許されなかった
汚い年老いた元娼婦猫が
己の過去を語り
明日への希望を語り
他の猫を説得して
昇天する猫に
選ばれる
お話

老娼婦猫の語る詩が
メモリーで
この詩に
感動しないものはいない

涙が止まらずに
恥ずかしくて
涙を鼻炎のせいにして
鼻をいつまでも
かんでいたことを思い出す.....

久しぶりに
メモリーを聴いてみようかなー
コメント   この記事についてブログを書く
« 花と蝶Ⅲ | トップ | 薔薇160 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花一匁」カテゴリの最新記事