さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

話し合い そして素直な評論・・・

2018-07-30 13:34:56 | 抜き書き
<ニューヨーク・タイムズによると、サルツバーガー氏(ニューヨーク・タイムズ紙社主)はトランプ氏の招待を受け入れて 20日に会談した。サルツバーガー氏は声明で、トランプ氏が意に沿わない報道を「偽ニュース」と呼んで攻撃していることに懸念を示し「記者に国民の敵とのレッテルを貼っていることにさらに大きな憂慮を伝えた」とした。 だが、トランプ氏はツイッターで「報道の自由には正確に報道する責任が伴う」とし「メディア報道の 90%は政権に否定的で、メディアへの信頼は過去最低だ」と主張。サルツバーガー氏の意見を拒否した(共同)>2018/7/30付 産経ニュース「ニューヨーク・タイムズ紙社主、トランプ大統領と衝突 会談でメディア攻撃を批判」より

ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の社主が大統領に招かれて会談したという。 NYT は CNN、ワシントンポスト、BBC など同じ文調でトランプ大統領の政策に批判的で有名な新聞社です(因みに NYT は何故か 日本の対中、対韓外交へも盲目的に批判する新聞社です)。

産経ニュースの上記の記事を見る限り、会談の結果はお互いに素直に意見を交換した ということでしょう。

すごいと思いました。

安倍首相が テレビ朝日、 TBS、朝日新聞、毎日新聞などの社長を招待して 報道姿勢について意見を交換することはあり得るだろうか? 会談実現の前に、あるいは会談があったとしても その内容に触れる前に、新聞TVは一斉に 行政による報道の自由についての干渉 などと書き立てるような気がします。これを見越して官邸は 新聞TVを招待することはないでしょう(ね)

安倍首相がプーチン大統領と会談しても 会談後の記者会見でプーチン大統領・安倍首相(お互い友達的で、トランプ氏とプーチン氏との関係に近似してますね)が 会談内容をはぐらかすようなことを披露しても、日本の新聞TV は 安倍・プーチン両氏を 批判しません。 米国の新聞TVは(ロシアの米大統領選への干渉もあったためですが)プーチン専制国家に厳しく 先日のヘルシンキでの トランプ・プーチン会談も 何のための会談 と手厳しく論評しました。日本のプレスとは随分違いました。

プレスも含めて 日本と米国と どちらが より民主主義的でしょう(か)

改めて米国の 強さ=民主 を感じた 産経ニュースでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プロ野球を面白くしてください… | トップ | 中国の為替操作? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

抜き書き」カテゴリの最新記事