さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

足りない年金・・・

2019-06-13 22:24:47 | be short


40年ほど働いて迎えた65歳定年で、以後30年間 夫婦で生活するとしたら、公的年金だけでは2000万円ほど不足する、2000万円を確保するには金融投資はいかがなもの、とする金融庁の報告書が今問題となっています。

野党は、この報告書は、2000万円も退職時まで用意出来ないとする人々・国民に不安を与えるものだ と金融相の麻生副総理を攻撃し、麻生氏は、これは表現が不十分で、金融相としては、正式な報告書としては受け取れないものだ とし、国会では 役人と野党と麻生氏との間で、もみあい状態をもたらしています。

現在の定年退職時の世帯貯蓄額は平均で2250万円といわれてますが、中央値は1500万円程のようで、この年金不足問題は 過去の成功例から、野党の格好の参院選戦術に入っています。各マスメディアも、年金大問題と、盛り上がっています。

でもそんなに重大な問題だろうか?


年金の支給額(21万円程)だけでは(月5.5万円)足りないなら、物価や税金の安い地方に行けないだろうか?
そもそも公的年金だけで老後を過ごせると思って、今、退職する人はいるのだろうか?
年金が足りない話は今世紀初めから問題になっていた話ですので、皆さん若い時から貯蓄をしたり、積立型投資信託を始めたり、企業年金や個人年金保険に加入してるでしょうに?
貯蓄がどうしても足りない方は 働き続けるしか方策はないように思います。

野党は年金が足りないのは政権の所為とでもいうのだろうか?
現役世代が減って高齢者が増える現状では年金支給額の減少は仕方がないことでしょうに。
野党は年金増額の財源を明示しない限り、選挙公約に挙げられないでしょうに、普通なら・・・

政権与党は年金不足解消手段を金融投資以外にもいろいろ提言(金融庁以外の各省庁からの提言)してもらいたいもの。
思うに一番欲しい政策は、65歳以上の就職斡旋(働く気概のある全員に仕事を斡旋する)機関の創設です(今のハローワークは窓口は親切ですが、実質何もしないものが大半です)。
男性には工事現場の交通整理係以外が、女性はスーパーのレジ打ち以外が欲しい(例えば簡単な補習で保育士や学童保育士に採用される等々)ところです・・・

私?


年金だけでは生活できないので、金融投資(内訳は国内株式と国内債券で、銀行預金は小)を続けています。
株取引を始めた頃は成長株・割安株に投資していましたが、今の取引は主に高配当優良株を運用中です。
いざというための資金元は、株式の含み益ですが、そのほとんどは10年ほど持っている株のものです。株は急には儲からない・長期投資で・・・

友人Aは自宅を改築して3軒の貸し部屋を付け加え、家賃収入で年金を補っています。
友人Bは退職後鍼灸師の資格を取って無理のない日程で働いています。
目が悪くなった友人Cは神奈川県の奥地に住んでいます。
知り合いは研修後介護施設で昼夜働いています。


残念ですが、年金だけではなかなか生活できません。
分かってます。
いまさら&ことさらこの点を言い出す役人、大問題だと声を張り上げる野党、逃げる与党、皆さん国民をなんだと思っているのでしょうね・・・
馬鹿?

気になった、そして延々と続く ニュースについて・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 塞翁が馬~ | トップ | 中東負のスパイラル… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

be short」カテゴリの最新記事