さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

変革力…

2015-02-04 17:15:01 | ダイアリー

昨日の朝の NFL スーパーボール、ペイトリオッツ対 シーホークスの試合は面白かった。

大試合になると、実力も意欲も拮抗している同士故、ちょっとしたプレーで始まる試合の流れの変化で、試合全体が決まってしまい、一方的な試合になることが多いが、昨日は 28対 24の僅差だった。また、最終盤のプレーでは 勝敗がひっくり返る可能性のあるプレーもあって 最後まで楽しめた。

ハーフタイムショーがよかった。ケイティー・ペリー主演のショーだったが、陸と海の王者、ライオンとサメがモチーフされた奇想的且つカラーフルな企画で、歌と踊りが立体的に展開され、さすがアイデア王国と感心した。

大きなライオンの模型に驚き、ケイティーとヤシの木とサメのダンスに笑みがこぼれた…

サッカー アギーレ全日本監督が スペインでの訴訟事件に絡んで解雇されたという。後任は日本人か外国人かと今色々な思惑が飛んでいるが、日本は依然としてシュートの決定力・シュートに絡む連携プレーに 相手をひるませる企画力・体力・スピードがないという 問題を残している。 何年も何年も 外国人監督が何代続いても同じ課題を抱えて その意味では日本人でもよいのかもしれないが、やはり 選手を動かす力には欠けている?

2020 年の東京オリンピックも、金メダル以上に、日本を世界にアピールさせるものは、開閉会式のイベントだろう。長野冬季オリンピックで落ちた日本の企画力の評価を挽回したいもの。


よく分からないが、日本人は、独創的な着想・構成力に乏しい ようだ。 一人ならともかく 大勢の多数決で進む企画ものでは 特にその傾向は強いもの。和重視のDNAのせいでしょうか…

サッカーも、オリンピックも 生まれ変わるには 純国産では限界があるような気がします。企画力だの構成力が試される 特にスポーツ分野では やはり外国(人)の力は必要だでしょう。

そんなことを感じさせるスーパーボールでもありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 未熟と邪悪さは同一ではない… | トップ | 最近読書が遅くなる… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事