さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

モクセンナ

2008-01-12 11:37:04 | 花一匁
明るい感じの
このモクセンナ
別名を
スクランブルエッグ
入り卵の木というそうだ

朝食の卵
一日の元気の源だが
黄身の色
卵によって色々だ

鶏は体内で色素を作れず
色素は餌から黄身に
移るものという

自然食たる
とうもろこしや牧草を餌にすると
卵の黄身は薄黄色になり
濃い黄身色は
パプリカや海草ならよいが
人工色素を餌に混ぜて出したものという

濃い色のほうが
栄養価は高いと思ったが
薄いものと変わらず
化学物質の入っている確率が高いとすれば
選択は
薄黄色の黄身のほう

安全な卵かどうか迷ったら
高くないほうの卵を選んだほうが
良さそうだ...
コメント