お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

武士の一分

2007-01-07 | 映画2006・2007
今更ながら観てきました。
<新宿ジョイシネマ>

監督:山田洋次
原作:藤沢周平 『盲目剣谺返し』
脚本:山田洋次 平松恵美子 山本一郎
音楽:冨田勲

毒味役三村新之丞は、ある日貝の毒にあたって失明してしまう。自暴自棄になる新之丞を、妻の加代、中間の徳平は懸命に支えるのだった・・・。

時代劇を映画館で観たのは、とても久しぶり(ぶっちゃけ、キムタクじゃなければ観に行く気にならなかったカモ)。公開から一ヶ月以上経つのに、劇場はかなり混んでました。

内容は、想像していたとおり地味でした。と言っても「面白くない」ワケではありません。淡々と進行するストーリーの中にも、盲目の主人公が行動することによって画面上に常にある種の緊張感が生み出されていて、2時間を飽きずに鑑賞することが出来ました。

登場人物はみんな味があって。中でも徳平はピカイチに存在感を出してました。要所要所でもの凄く“オイシイ”役どころで、彼のおかげでこの映画が締まったと言っても過言ではないでしょう。


公式サイト

でも正直、ちょっと長かったかな。1時間半くらいでまとめていたら、より傑作に感じたかも。 web拍手お願いします。

隠し剣秋風抄

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

%(パーセンテージ) 木村拓哉写真集 -武士の一分-

マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る

一分 TAKUYA KIMURA SPECIAL BOX (3万セット完全限定)

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« ふたりはプリキュア スプラ... | トップ | 仮面ライダーカブト 47 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ。 (michi)
2007-01-17 10:04:25
TBありがとうございました。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

>徳平はピカイチに存在感を出して・・。

ですね! 名脇役だと思いました。
今まで、自分自身が時代劇の映画を観る事はないと思っていたんですが、
今回偶然チケットが当たり、観にいってきました。
意外にもイイ映画で、感動しました~!!
michiさま (edomu)
2007-01-17 22:01:29
コメントありがとうございます!

ホントに、笹野高史サン、「名脇役」と言う言葉がピッタリでした。
もちろん新之丞夫妻もその他の人達も、個性がバッチリ出ていて、その意味でも見応えのある映画でしたね。
徳平 (kimion20002000)
2007-08-18 18:28:18
TBありがとう。
笹野さん、「寝ずの番」に続いて、とってもいい演技でしたねぇ。
寝ずの番 (edomu)
2007-08-18 20:43:03
kimion20002000さま、コメントありがとうございます。
恥ずかしながら「寝ずの番」は未見なのです。笹野さんも出てらしたんですね。いつか観てみようかと思います。情報ありがとうございました。

コメントを投稿

映画2006・2007」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

武士の一分 (ネタバレ映画館)
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・
「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。
★「武士の一分(いちぶん)」 (ひらりん的映画ブログ)
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
『武士の一分』 (ラムの大通り)
----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるかな」 ----たしか、山田洋次は「最初に高倉健に会ったとき ...
【劇場鑑賞134】武士の一分 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。
映画「武士の一分」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉 ...
武士の一分 (八ちゃんの日常空間)
ブログをやっているコアな映画ファンには満足いかないかも知れない。 だが、一般の人々、買い物ついでに友達と映画をよく観たりする人、夫婦、時代劇好き、ドラマ好きの人には大満足出来るようなすばらしい「邦画」だ。
『武士の一分』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、視 ...
『武士の一分』 (京の昼寝~♪)
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂 ...
武士の一分/木村拓哉、檀れい (カノンな日々)
時代劇でがんす。山田洋次でがんす。そして、木村拓哉でがんす。山田洋次×木村拓哉という組合せに、宮崎駿×木村拓哉をイメージしちゃった方も多いんじゃないでしょうか。アレ?私だけかな? 山田時代劇三部作ということで、が無敵なヒーローではなく、平凡な下 ...
感想/武士の一分(試写) (APRIL FOOLS)
キムタク×山田洋次監督『武士の一分』12月1日公開。事故により光を失った下級武士。目は見えなくなっても、守るべきものは見失わず。 武士の一分 随分小さないち夫婦の物語。キムタク、嫁(壇れい/元タカラジェンヌルーキー)、使用人(笹野高史)の3人で話 ...
公開前に話題にし過ぎた事が失敗。『武士の一分』 (水曜日のシネマ日記)
木村拓哉主演の時代劇映画です。
映画「武士の一分」を観て (とみのひとりごと)
知らぬ間に涙が頬をつたう場面と、意表をつく笑いの場面と・・・。
武士の一分(映画館) (ひるめし。)
人には命をかけても守らなければならない一分がある。
武士の一分 (迷宮映画館)
閉ざされた世界と閉塞感・・・どっちを感じるか。
武士の一分 (まぁず、なにやってんだか)
地元紙の懸賞で近所の映画館の招待券が当たったので、「武士の一分」を観てきました。 キムタクが時代劇に出るとどんな感じなのか興味があったのと、藤沢周平の原作だからというので期待して観ました。 キムタクの顔立ちがサムライっぽくないので、慣れるの ...
「武士の一分」:六本木六丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}六本木ヒルズにもこんな大きな木が生えているのね。 {/kaeru_en4/}六本木ヒルズの下にある毛利庭園の木だ。 {/hiyo_en2/}毛利庭園? {/kaeru_en4/}江戸時代の大名の庭園。元禄15年、吉良邸に討ち入りした後の赤穂浪士のうち岡島八十右衛門ら10人が預 ...
武士の一分 (5125年映画の旅)
海坂藩の下級武士・三村新之丞は、藩主の毒見役として、妻・加世と共に静かに暮らしていた。ある日、毒見として食した貝の毒によって三村は倒れてしまう。一命は取り留めたが、彼は視力を失っていた。絶望の中、加世は主人を救うため奮闘する。 『たそがれ清兵 ...
映画:武士の一分(いちぶん) (駒吉の日記)
武士の一分(いちぶん) @丸の内ピカデリー 「必死即ち生くる也」 仕事は物足りないけれど家禄は保証されて美人の奥さんとの幸せな毎日と将来。が毒見により倒れ失明してから一変。一家の主人として家族を支えていた側から支えがないと生きていけないと絶望 ...
武士の一分 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  その゛一分゛・・・しかと心に迫りましたでがんす  
武士の一分 (いろいろと)
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか 「たそがれ清兵衛」 「隠
武士の一分 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ご存知、山田洋次監督の藤沢周平シリーズ第3作であり、シリーズの最終作品となるようだ。主演にキムタクを起用したので、果してきちっと時代劇になるのか、少し心配であった。 ところが、意外と言っては失札だが、木村拓哉はりっぱな仕事をするではな ...
映画『武士の一分』★★★★★ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  山田洋次監督による藤沢周平原作時代劇の第3弾。前2作に続き、またもや傑作です。 『たそがれ清兵衛』と『隠し剣 鬼の爪』は刀を持つことを嫌っていた主人公が武士の仕事として嫌々闘うところがドラマの要点になっていたが、今回の作品は狡 ...
武士の一分 07019 (猫姫じゃ)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっ...
mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01~2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほど...
『武士の一分』 (たーくん'sシネマカフェ)
武士の一分を観てきました。お友達のブロガーさんのお薦めと自分でも気になっていて鑑賞♪-Story-下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻(檀れい)と穏やかな生活を送る。しかし藩主の毒見役を務め失明。妻が家禄を守ることと引き換えに、番頭の島田藤弥に弄ばれたことを....
『武士の一分』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな~『たそがれ清兵衛...
武士の一分 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人には命をかけても守らねばならない一分がある。』  コチラの「武士の一分」は、藤沢周平原作作品を山田洋次監督が描く三部作の3作目となる時代劇ムービーです。2006年12月に公開されたのですが、早々と年末にTVで放送してましたねぇ~。  「たそがれ清兵衛」...