お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

SP THE MOTION PICTURE 「野望編」<試写会>

2010-10-21 | 映画2010
観てきました。
<有楽町よみうりホール>

監督:波多野貴文
アクション監督:大内貴仁
原案:金城一紀
脚本:金城一紀

衝突する二つの運命。

圧巻。
二年待った甲斐がありました。
ドラマから「地続き」のストーリー展開のため、待ちこがれていたTV版からのファンにとっては堪らない内容。これぞ「SP」って感じ。

前半、井上の「予知」から「犯人」との格闘まで、息を詰まらせて観てしまいました。とにかく岡田クン、よく走ったなあ。
その後の展開は、テンポ的にはもたついた感もあったモノの、四係の面々とテロリストの戦い、少しずつ見え始めた尾形の背景など、見どころだらけ。エンドロールが始まったときはそれまでの緊張が解けて、大きくフーっと息を吐いてしまいました。
期待以上の出来。早く後編が観たい!

【萌えポイント】
※庶務のオバチャン、尾形への態度が激しくなってる?!

ただ一点。もっと真木よう子サンを活躍させて!!

90点。

公式サイト 

SP 警視庁警備部警護課第四係 (角川文庫)
金城 一紀
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る

コメント   この記事についてブログを書く
« ナイト&デイ | トップ | TBSドラマ「SPEC」×よってこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2010」カテゴリの最新記事