お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

フラガール

2006-10-23 | 映画2006・2007
観てきました。
<池袋シネ・リーブル>

監督:李相日
脚本:李相日 羽原大介
音楽:ジェイク・シマブクロ

昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島ハワイをイメージした施設の目玉はフラダンス。ある日、そんな何もない田舎町に、東京からフラダンスの先生がやって来た・・・。

観よう観ようと思っていて、やっと観に行けました。

面白かった。そして泣けました。

子供の頃、テレビのコマーシャルで知っていた「常磐ハワイアンセンター」。
恥ずかしながらその成立の事情は知りませんでした。

炭坑しかない町で、炭坑以外に生き方を知らない人々。
ある日突然、働く場所を奪われ、全く違う価値観を押しつけられて、戸惑い、悩む姿が哀しくて。
それでも必死に新しい仕事、新しい生活に向かっていく姿が逞しくて。
町を、生活を守るために、踊ることにその価値を見出していく女の人達は美しく。

フラの踊りに込められたメッセージ。
その事をみんなに伝えるシーンの松雪先生の手先、指先の動きがたおやかで情緒豊かで。惚れ惚れと観てしまいました。

ひとり黙々と練習場で踊るシーン。
前半で松雪先生のその姿に感銘を受け、フラダンスを続けることを決意する蒼井優と徳永えり。
後半では蒼井優の真摯な踊りを観てフラダンスやセンター建設に反対していた母親(富司純子)の頑なな心が溶かされていく。
台詞のないこのシーンが、それぞれ圧倒的な説得力で観る者に訴えかけるこの構成は見事。もちろん二人の踊りの表現があってこそ、ですが。

それにしてもしずちゃんの配役はちょっと反則だと思うな。まさか彼女に泣かされることになるとは、観る前は思ってませんでした。ズルイですね。

あと、豊川悦司と実年齢一歳くらいしか違わないのに、片や高校生の兄、片やその同級生の父ってのは、高橋克実があんまり可哀想じゃありませんか?


→クリックしてもらえると嬉しいデス。宜しくお願いします。 m(_ _)m  web拍手を送る



公式サイト


フラガール

メディアファクトリー

このアイテムの詳細を見る

フラガール
ジェイク・シマブクロ, サントラ, ナレオ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


コメント (12)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 仮面ライダーカブト 38 | トップ | TVアニメ マーフィーの法則 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事な映画でした (たろ)
2006-10-23 22:57:39
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、様々な味わいを感じさせる丁寧な物語展開、松雪泰子さん、蒼井優さん、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんをはじめとした女性陣のフラダンス、脇を固める豊川悦司さんや岸部一徳さんなど、出演者の皆さんの優れた存在感、そして、これらをまとめた李相日氏の優れた手腕が光った、見事な映画でありました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



たろさま (edomu)
2006-10-24 00:28:04
コメントありがとうございます!



仰るとおり、出演者がそれぞれに存在感があって、ステキな映画でした。フラダンスもそれぞれのシーンで印象的であり、圧巻であり、絶妙なバランスで効果的に物語を盛り上げていて素晴らしかったですね。
TBありがとうございました。 (スナッチャー)
2006-10-24 07:48:34
おはおうございます。



ほとんど期待せずに観て

スクリーンの前で

「良かった~~」

という映画でした。



ところで、

>豊川悦司と実年齢一歳くらいしか違わないのに、

そうなんですか?!

ほえ~~
スナッチャーさま (edomu)
2006-10-24 10:14:15
コメントありがとうございます。



>期待せずに

私の場合は蒼井優チャンの踊りが良いと評判だったので「期待して」観に行きました。

が、それ以外の部分も含めて期待以上でした。

ホント「良かった~~」デシタ!
Unknown (km_achin)
2006-10-24 14:15:25
トヨエツと高橋克実が一歳違いとは・・・!

どっちがどう、とは言えませんが、びっくりしました~。



私もこういう映画が大好きです。

笑いもあり、泣かせるところもいっぱいあって、観終わってとても温かい気持ちになりました。
km_achinさま (edomu)
2006-10-24 18:44:32
コメントありがとうございます!



思いっきり泣けて笑えて、ダンスに感動して。ある意味とっても贅沢な映画でしたね。また観てみたいです。
TBありがとうございます^^ (COO)
2006-10-24 19:02:26
しずちゃん、確かに反則技ですよね^^

映画のCMでセクシー(?)なダンスを

みせてくれたおかげもあるのでしょう

そのギャップが素敵でしたね。

こちらからもTBさせてくださいね♪
COOさま (edomu)
2006-10-24 21:09:36
コメントありがとうございます!



確かに、一番ギャップのある配役でしたね。

しずちゃんが「踊らせてくれ」って言うシーン、ボロボロ泣いてしまいました。その後のシーンはしずちゃんばっかりに目が行ってしまいました。「やられた」って感じです。
遅くなりまして (kino)
2006-10-29 09:13:53
お伺いするのが遅くなりましてすみません!

TBありがとうございました。

イイ映画でした。ベタだけど、泣けました・・・

もっとコメディタッチかと思っていたのですが

真面目な映画ですよね。

ハワイアン・リゾート、行ってみたいなー!
kinoさま (edomu)
2006-10-29 13:14:08
コメントありがとうございます。



冷静に見るとストーリーはありがちでしたが、ステキな映画でしたね。

私も、現地に行ってフラダンスをこの目で見てみたくなりました。

コメントを投稿

映画2006・2007」カテゴリの最新記事