お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

GANTZ: PERFECT ANSWER

2011-06-07 | 映画2011
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:佐藤信介
アクション監督:下村勇二
原作:奥浩哉
脚本:渡辺雄介

いや、面白かった。
1と違ってかなり映画オリジナルな展開でしたが、結末も好き。
「PERFECT ANSWER」の副題の意味がやっと分かりました。
前編でくろのが「人の役割」という就職用の持論を述べるシーンがありましたが、
これが彼の究極の「役割」だったということですね。
ただし、原作ファンじゃなくても謎を残しまくった結末には賛否両論でしょうね。
私はギリギリ納得しましたが。

アクションシーンも良かった。
とくに前半の地下鉄列車の中の攻防は、前後ろが一瞬わからなくなったくらいで、スピード感、星人のトリッキーな殺陣、カメラワーク、かっこいいの一言。制服の女の子(水沢奈子ちゃん)が良かった。

卒業生の女子メンバーがこれまた個性的な美人ぞろい。緑友利恵ちゃんに伊藤歩ちゃん。
惜しむらくはあのスーツのボディラインをもっとしっかりくっきりじっくり魅せてほしかったことくらい。

【萌えポイント】
※いつのまにか101点取ってる鈴木さん
前編・後編ともトモロヲなかなかヨカッタ。

80点。

公式サイト

GANTZ [DVD]
クリエーター情報なし
バップ

ANOTHER GANTZ ディレクターズカット完全版 [DVD]
クリエーター情報なし
バップ

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« スイートプリキュア♪ 第17話 | トップ | ベッジ・パードン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2011」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

GANTZ PERFECT ANSWER (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Sound of GANTZ PERFECT ANSWER奥浩哉の人気コミックを2部構成で実写映画化した完結編に当たる本作は、映画オリジナルのラストが見所。ただし、多くの謎を残したままの“完結”には不満が ...
No.253 GANTZ: PERFECT ANSWER (気ままな映画生活)
【ストーリー】 奥浩哉の人気コミックを、二宮和也、松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の完結編。黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”を倒すこと ...