お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

2016-01-02 | 映画2016
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:J・J・エイブラムス
キャラクター創造: ジョージ・ルーカス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス、マイケル・アーント

もう、しょっぱなのタイトルロゴとおなじみのテーマソング、「A long time ago…」のテロップだけでおなか一杯!

2時間越えの映画が一瞬に感じるほどの濃密なスターウォーズ新作、堪能致しました。
面白かった!

主人公がヒロインなのも良い感じだし。
その脇を固めるフィンとポーも味のあるキャラ。

そしてなんといってもハン・ソロとレイア!!
1~3には無かったミレニアム・ファルコンの雄姿!
堪らん!
照準のちゃっちいCGも、基本そのまんまなんだけど、微妙に綺麗になって!

第一作を彷彿とさせる舞台設定とストーリー展開。
オールドファンには堪らないものがあったのですが、これが。
エイブラムス作品としてみた場合は逆に「なんだ、置きに行っちゃったなあ」と言う感想。

もっとオリジナルリスペクトの上にエイブラムスらしい粗っぽさを乗せてくる展開を魅せて欲しかったなあ。

そして、いかにも「To be continued」な終わり方。
新シリーズの第一作としてみた場合、個人的には残念な感じデス。
ストーリーそのものに対してではなく、一本の映画のエンディングとして、って意味で。

とはいえ、今からエピソード8が楽しみな私。やっぱ公開は3年後とかなのかなあ…?

【萌えポイント】
※オープニング!
やっぱりここは、お約束ということで。

90点。

公式サイト

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうございます | トップ | 仮面ライダーゴースト 第13話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

スター・ウォーズ / フォースの覚醒  監督/J.J.エイブラムス (西京極 紫の館)
【出演】  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  アダム・ドライバー  ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー 【ストーリー】 銀河、暗黒の時代  ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が自由な世界を脅かそうと....